FC2ブログ
    つれづれ蕎麦 
    宇都宮 「石奈多」
    2011年01月27日 (木) 23:30 | 編集

    今日は前々から計画していた、楽しみなプチ蕎麦トリップ niko.gif
    仲良しご夫婦と蕎麦友と、ずっと行ってみたいと思っていたお店へと…。

    冬晴れの青空が気持ちよく、好調に車を走らせ、辿り着いた、宇都宮IC。
    日光へと続く、のどかな冬の田園風景の広がる通りを進んでいくと…
    広々とした林檎園の中程に、ふっと現れてくる、温もり溢れる赤い屋根。

    11-1-27 店

    …ここだっhahha.gif

    11-1-27 みせあぷ

    広い広い敷地に、ところどころに残った残雪に映える赤い屋根。
    大らかでどっしりとした、懐かしい心地いっぱの、古民家。

    11-1-27 みせ入り口

    ちょっとした経緯で、お知り合いになったご主人にお会いしたい、
    そのお店に伺ってみたい…とずっと思っていた、念願のお店。

    宇都宮 「そば処 石奈多」



    ぐるりと周りを見渡し、キンっと澄んだ空気の中、
    垂れ旗の下ろされた扉を開き入ると、ちょっとした土間の空間。

    11-1-27 品おすすめ

    横に「本日のおすすめ」の手書きの看板が置かれ、
    んっ?、これ、いいな~、セルフサービスとのおでん、100円 onpu.gif

    11-1-27 店内

    と、中の硝子戸を引き、改めて入った店内は…、

    わあ、なんて素敵…hahha.gif

    途端に心に染みてくる、ノスタルジア溢れたこの空間。
    思わず呆然と見とれる、古の良さが隅々に染みた古民家独特の空気いっぱい。

    11-1-27 店内炭

    土間に掘り込みの炭焼きが作られ、心をゆるがす郷愁に、

    11-1-27 店内2

    ゆっくりと入って行く床の、その足裏に感じる心地よさ。
    飴色に輝る骨董の箪笥や家具に、もう入っただけで憩ってしまう。
    何かこう、古い古い心の中の記憶を思い起こされる、懐かしさ。

    ああ、もう、この空間にいるだけでたまらない…futt.gif

    11-1-27 お茶で

    しばし、ゆっくりと空間を楽しませて頂いて、ようやく腰を下ろしたら、
    ずっとずっと、ここに座っていたくなってしまう。

    11-1-27 品冷そば

    程なく出されたお茶を頂き、ようやく手にし開くお品書き。
    脱サラして、会津で修業なさったご主人は、蕎麦は地元の「会津のかほり」。
    中の「もずくそば」が珍しい、冷たいお蕎麦がいくつかに、

    11-1-27 品温そば

    暖かいお蕎麦が、これもいくつか並び書かれる。
    今日は平日だけど、週末限定の「蕎麦ご膳」これは食べてみたいなあ。

    11-1-27 品のみもn11-1-27 品一品

    …と、こんな空間に座ったら、やっぱり蕎麦前も楽しみたい。
    それと、表に書かれたいた「おでん」だっ、おでんっ

    11-1-27 ビア

    …と、瓶ビールに、non alc.ビア(運転手さん、ごめんなさいっ)にお料理を注文。
    添えて出された、「白菜の浅漬け」が、しみじみと本当に美味しく、
    さらにうれしい、息子さんからの差し入れ「からすみ」まで

    11-1-27 からすみ

    うれしいうれしい、サプライズ love.gif
    杉山くん、ありがとうぅぅぅ~

    11-1-27 ストーブ

    と、くぅっとビールで喉を潤わせ、セルフサービスの「おでん」に向かうと、
    これ又、味わいある炭ストーブに、その上にくべられた大きなお鍋。

    11-1-27 おでん

    蓋を空けてみると、ほわぅっと湯気が立つ、ぐつぐつと炊かれたおでん種。
    置かれているお皿に、好きなものをいくつかよそって…

    11-1-27 おでん取り分け

    皆で取り分け頂くおでん、これが格別 futt.gif
    優しい味わいの、ほぉ~っとしていしまう、美味しいおでんを頂いていると、

    11-1-27 玉子

    頼んでいた、ほかほかの「出汁巻き玉子」(500円)が、テーブルに。
    甘さのない、きりっと出汁の利いたふわふわ玉子に、

    11-1-27 天麩羅

    二皿頼んだ、盛り沢山の「野菜の天麩羅」(450円)。
    地元野菜、南瓜にいんげん、ししとうに、太い葱、それに大葉に、
    どっしり実厚のジューシーな椎茸などなど、どれもからりとしてさくっさく。

    11-1-27 酒

    軽やかで美味しい天麩羅に、早速お酒をと、熱燗を。

    11-1-27 酒のみ

    待っていました、熱燗で頂く「からすみ」を、心から楽しんで…love.gif

    11-1-27 天明

    お酒をお代り、いくつか揃った冷酒の中から、選んだ酒、「天明」。
    お酒もすべて、会津のお酒を揃えている拘りが好ましく、
    うっすら濁った天明は、ふわっと柔らかく口を満たす、美味しいお酒。

    11-1-27 ごぼう

    さらに、これも杉山君(息子さん)からの差し入れ「山牛蒡の素揚げ」。

    11-1-27 ごぼうたべ

    かぶりつくと……、さっくり。
    中から山牛蒡のエキスがじわりと染み出て、これも美味し~い hahha.gif

    と、ゆっくりと天明と共に楽しんで…
    そろそろ、お目当てのお蕎麦を頂こうと、改めて開くお品書き。

    「もり」はもちろん、気になる「もずくせいろ」も食べたいし…、
    周りで頂いている方々の、あったかいお蕎麦が又美味しそう。

    11-1-27 そば

    と、相談してまずは「もり」に「もずくせいろ」の二つを4人で取り分け頂こう。
    お猪口を人数分出して下さる配慮もうれしく…

    11-1-27 そばあぷ

    早速手繰る「もりそば」は、やや挽きぐるみの淡いグレーの凛々しい蕎麦。
    艶々と輝く蕎麦は、ふわりと広がるほっこりとした穀物の香り。

    11-1-27 そばたべ

    口に含むと、しなやかな心地のいい腰があり、するするっと落ちる喉越しの良さ。
    軽やかで、爽やか、食べ進めるに従い、じわじわ広がる味わいがあり、
    いつまでも食べ続けていたい心地にさせる。
    ああ、これは、美味しいなぁ~futt.gif

    出汁がまろやかなに広がる、やや甘めの汁がよく蕎麦に合い、

    11-1-27 もずく

    さらに、これも皆で分けて頂く、添えて出された「もずく」の小鉢。

    11-1-27 もずく入れ

    これを、もり汁の入った猪口にそろりと入れて…

    11-1-27 もずくと絡め

    蕎麦をゆっくり絡め頂くと、これは…、美味し~い love.gif
    とろりとした粘りに、しゃきっとしたもずくの優しい磯の風味。
    これが、ほろりと蕎麦に寄りそい、一緒に頂く蕎麦がたまらない。

    11-1-27 蕎麦湯

    頃合い見て出された蕎麦湯は、濃厚なポタージュ仕立てで、
    まるでお粥を頂いているかのようで、これも美味しく頂いて…

    美味しいお蕎麦は、まだまだ余裕で食べられる、
    と今度は、温蕎麦をそれぞれ一人ずつ一つ選んで、再び注文。

    11-1-27 葱セット

    一つは、「本日のおすすめ」のむぎとろ(200円)を付け、

    11-1-27 葱

    浅葱が散らされた中に、辛味大根が盛られた「葱そば」に、

    11-1-27 きつね

    もう一つは、三角お揚げの乗った「きつねそば」。

    11-1-27 山かけ

    私の選んだのは、とろろも大好き「山かけそば」。
    工芸品のような、素塗りの漆器の器が手に柔らかく…

    11-1-27 山かけ汁

    汁をすくい口に含むと、ああ~…と声が出てしまう、柔らかく優しい味わい。
    すっきりとして円やか、心地よく体に染みるかけ汁で…

    11-1-27 山かけたべ

    蕎麦を手繰れば、温そばらしい、しっとりとした口当たり。
    汁に浸ってふわっと立つ、蕎麦の香りが又うれしく…

    11-1-27 山かけとろろとたべ

    かけられたとろろを絡め頂くと、これが美味し~い love.gif
    粘りのあるしっかりとした自然薯の、濃い風味に、
    とろんっと絡まる蕎麦を一緒に頂く、この幸せ。

    11-1-27 ご馳走様

    結構たっぷりとあった蕎麦も、気づいたら汁まですっかり飲みほして…
    お腹もいっぱい、至福の心地 futt.gif

    ようやく手の空いたご主人と、ちょこっとお話しまでさせて頂くひと時。
    ご主人のさばさばっとしたお人柄が、とてもうれしく、
    春には竹の子が裏の庭で掘れるそうで、となったら…♪

    ご馳走様でした~hahha.gif

    心から楽しめた、素敵な古民家に美味しいお蕎麦、
    又是非訪れたい…と心から思った、素敵な素敵なプチ蕎麦トリップ。

    Nご夫妻、Kさん、ありがとうございました~hahha.gif



    11-1-27 品そばは
    「そば処 石奈多」

    栃木県宇都宮市石那田町1101
    028-669-3033
    11:00~16:00
    火曜・第2、第4月曜定休
    禁煙、Pいっぱい

    お店のHP


    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント
    この記事へのコメント
    伸太郎様
    情報、とてもとてもうれしいです。
    ありがとうございます♪
    是非、行ってみます(^^)。
    2012/03/25(日) 09:25:21 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    栃木県のそば。お店は古いが味はピカイチ。是非行かれてみて下さい。

    山の神ドライブイン

    鹿沼市上粕尾
    2012/03/24(土) 21:10:21 | URL | 伸太郎 #-[編集]
    トム様
    又、近くに訪れたら、石奈多さんに行きたくなってしまいそうですが…

    それでもとてもうれしい情報、ありがとうございます♪
    ボリューム満点となると、彼も喜びそうです。
    栃木も行きたいところがいっぱいで、、、、
    ああ、やっぱり、体があとみっつ。。。
    2011/02/13(日) 23:46:12 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    雪は風情有りますが、冬のこの辺りは本当に冷え込むのでお店も大切でしょうね。宇都宮と言うより日光が近い位ですし。この冬も何度も水道凍結したそうです。頑張って欲しいです。
    近くの蕎麦店情報です。日光街道沿い宇都宮IC近く下金井町「藤茂登ふじもと」さん。石臼手打ちの綺麗な店内で美味しいですよ。ご家族経営?の落ち着ける雰囲気。ランチセットはボリューム有り安い栃木価格。蕎麦三位セットも良いかと。機会有れば行ってみて下さい。
    2011/02/12(土) 21:19:10 | URL | トム #-[編集]
    トム様
    東京も今現在、しんしんと雪が降り続いています・・・
    (薪ストーブ、欲しいなあ)
    2011/02/11(金) 11:42:05 | URL | yuka #H6BUcOWI[編集]
    関東地区も雪の中、またまた伺いました。雪景色の中、良い雰囲気です。薪ストーブと暖かい蕎麦茶に迎えられ。後は何も言わない(笑)
    また行きます(笑)
    2011/02/11(金) 11:05:59 | URL | トム #-[編集]
    トム様
    そんなお話しを聞くと、出張が羨ましくなってしまいます~(^^;

    そうそう、私も寝ころびたい気持ちに駆られてしまいました。蕎麦いなり、大好きなので食べてみたかったです。

    又行きたいなあ…
    と、しみじみ思っています。
    2011/02/06(日) 08:42:58 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    節分の前日に
    また近くに出張の折、閉店間際滑り込みでに遅い昼食頂きに伺いました。先客無くあの空間を貸切り独り占め。畳の上で寝っころがりたい衝動を抑えつつ(笑)。蕎麦いなりと辛み大根の釜揚げ蕎麦を頂きました。甘めのいなりに茹立てキッチリと冷水で締めた蕎麦がタップリと。紅生姜が載せてあり懐かしい味。釜揚げも一度水で締めた後に湯盛りされていて腰と香りがちゃんと残ってます。蕎麦湯も少し加えているかも。このお湯が蕎麦の風味が溶けだし頗る旨い。全部呑んでしまい更に蕎麦湯も頂き大満足でした。お座敷奥の趣ある古家具の上に、ちょっと早めの立派なお内裏様とお雛様が鎮座されいて。郷愁をそそられます。この後仕事で無ければずっと寛んで居たい素敵なお店ですね。サラリーマン社会の大先輩ながら物腰柔らかなご主人に正座で見送って頂き。後ろ髪引かれつつ。微力ながらずっと応援していきたいお店になりました。来週も出張予定です。ラッキー(笑)
    2011/02/06(日) 01:22:47 | URL | トム #-[編集]
    三棒庵様
    いいですよね~
    本当に、いるだけで和む、言葉にならない素敵な空間でした。

    私もこんな実家が欲しいです…。
    2011/01/31(月) 11:14:06 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    蓼喰人様
    コメントありがとうございます。

    >杉山君のお父さんの…
    そうそう、それでずっと行ってみたいと思っていて…。
    当日、本人は東京で仕事で来られなかったそうで、弟さんがお手伝いに駆けつけていらっしゃいました。
    ここは、是非、行って欲しいお店です。
    そうそう、バスも出ているそうで・・

    雨幸さん、
    私も心配していたところでした。
    うれしい情報です。私も折みて、伺ってきます。
    ありがとうございました。
    2011/01/31(月) 11:13:11 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    トム 様
    すみませんっ、多、でした。
    それと、そういえば、きちんと見ると、てっきりねぎとろかと読んでいたのですが、ねじゃなくてむでした(^^;

    ずっと行ってみたかったお店、行けて本当によかったです。
    おおらかでさばさばとしたご主人のお人柄の現れているような蕎麦にお店。
    是非又伺いたいお店です。
    2011/01/31(月) 11:11:14 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    夢のような・・・
    囲炉裏に板の間
    薪ストーブ、座敷、
    広々とした庭に畑、
    郷土の料理と旨い酒・・・
    いつかこんな環境で
    蕎麦屋を打って暮らしたいものです♪
    2011/01/31(月) 08:43:30 | URL | 三棒庵 #4JcWZNxE[編集]
    杉山君のお父さんのお店ですよね
    いつもお世話になっております。

    こちらは石神井の「菊谷」さんにいた杉山君が、お父さんの店が宇都宮に在ると教えてくれたことで、思い出しました。
    一度伺いたいと思いつつ、車で無いとなかなか無理なようなので、行かずじまいになっています。(やはり蕎麦屋さんでは一杯飲みたいので・・・)
    先日「菊谷」さんに伺った時、巣鴨の新しい店のオープン時には、杉山君も手伝いに来てくれるとおっしゃっていました。

    話は違いますが、yukaさんのご本にも掲載されている豊島園の「雨幸」に、本日行ってまいりました。
    ご主人が病気療養中にはしばらく店を閉められていましたが、息子さんが意思を継いで、週末に限りお店をやられています。
    ご主人も挨拶に2階から下りて来られて、すっかり痩せられていましたが、お目にかかることが出来ました。
    詳しくは食べログの小生のレビューをご覧ください。
    2011/01/30(日) 22:56:46 | URL | 蓼喰人 #-[編集]
    こちらお店
    ご存知でしたか。さすがyukaさん(笑)。今月この近くに出張した折に日光街道沿いの小さな看板を偶然見つけて二回程伺いました。里山古民家の佇まい。囲炉裏にマキストーブが郷愁そそります。冬も良いですが春や秋の時期も良さ気ですよね。座敷を上がった奥の家具、雑誌が並ぶ所の畳は床が抜けてるので気をつけて(笑)。冬期限定の青ねぎ蕎麦にセイロでお腹一杯。青ねぎの風味が良いです添えられる自家製柚子コショウとも良く合います。会津産の細切り江戸蕎麦もつゆも優しい美味しさ。なんと言っても店主さんのお人柄と蕎麦への愛情が素敵でつい応援したくなるそんなお店ですね。お人柄が料理に現れてる様な。温そばで蕎麦湯をお願いしたら快くお猪口に辛ツユまで添えて頂き恐縮至極。セルフおでんは会計時自己申告で言い忘れ注意。私は危なく忘れそうになりましたよ(笑)。今週また出張予定なので今から楽しみです。次回は釜揚げ(正式名は失念)を戴いてみようかと。
    店名、「石奈多」さんですよね。後、「むぎとろ」ご飯の間違いかと。細かい事を済みません。
    日光街道沿いくにもう一軒良いお店訪問したので情報また書かせ頂きますね。
    長文失礼しました。
    2011/01/30(日) 11:28:25 | URL | トム #-[編集]
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >