FC2ブログ
    つれづれ蕎麦 
    福生 「喜郷」 美味なるランチセット
    2011年02月08日 (火) 22:23 | 編集

    拝島まで所用があったので…、
    又訪れたいと思っていたお店に、ちょっと足を伸ばしてお昼を頂きに niko.gif

    福生駅南口の、懐かしい空気漂う「銀座通り」から折れた通り沿い。
    白壁に、白い暖簾が下ろされた、凛々しい佇まい。

    11-2-8 店

    …おっ、平日の今日は、うれしい「ランチメニュー」の品書きが onpu.gif

    11-2-8 品外

    掻き揚げに天丼セットが並び、その下の「前菜にそば」、に興味シンシン…futt.gif

    福生 「手打そば 喜郷」

    昼もとうに過ぎた、もうすぐ2時という時分。

    他にお客さんのない店内は、しっとりと落ち着き、心地良く流れるジャズのBGM。
    「いらっしゃいませ」と、厨房からにっこり頬えんで下さるご主人の
    その笑顔がうれしく、ゆったりとしたテーブルに腰を下ろす。

    11-2-8 店内

    すぐに出されたお茶で、かじかんだ手を温めながら、
    さっそく手にする、定番の品書きの横に置かれた「ランチ」の品書き。

    11-2-8 品ランチ

    「そばと掻き揚げ」、「そばと天丼」そして、最後に書かれた「蕎麦と前菜」。
    自家製おぼろ豆腐に、前菜三点、さらに揚げそばがきもついてるなんて、
    これは、とても魅力的 heart.gif

    車屋で修業されたご主人、是非お料理も食べてみたいと思っていたので、
    これはうれしい♪、…と、早速これをお願いし、

    11-2-8 品酒

    所用も澄んだし、お料理に合わせて蕎麦前をも。

    11-2-8 酒

    と、凍えた体も温めたく、中から選んだ多摩の酒「嘉泉」の熱燗に、
    添えて出して下さった「自家製こんにゃくと菜の花の酢味噌和え」。

    11-2-8 こんにゃく

    口にした途端に、ふわっと体が暖まる、味わい深い熱燗を口にし、
    この蒟蒻を食べてみると、これが…、美味っしぃ~

    11-2-8 こんやくたべ

    摺り硝子のごとき透明な、ぷるっぷるの瑞々しく繊細なこんにゃくで、
    かけられた酢味噌が実によく合う、熱燗にうれしい一品。

    刺身こんにゃくもいろいろだけど、これは実に美味しい… futt.gif
    と、ゆっくりと熱燗で楽しみ始めていると、

    11-2-8 前菜

    お盆の乗せられた、「自家製豆腐」に「前菜」が目の前に置かれる。

    11-2-8 前菜豆腐

    塩を添えて出された、おぼろ豆腐は、そのままでも大豆の甘みがじわ~り。
    たっぷりよそられているのも、豆腐好きとしてはうれしい限り。

    11-2-8 前菜の皿

    さらに、この「前菜」が、とっても贅沢な盛り合わせ。

    美しく巻かれた「出汁巻き玉子」は、上品な出汁がしっかりと染み、
    これだけで、料理のセンスの良さが伺える、手練の技。

    さらに、柔らかくジューシーな鴨ローストは、鴨苦手な私も納得する旨さに、
    さっくりと甘酢で漬けられた、「菊花蕪」、
    そして、これがうれしい「蕎麦寿司」の盛り合わせ hahha.gif

    一つ一つをうれしく大事に、熱燗と共に楽しんで…

    11-2-8 蓋

    食べ終えた頃合いに出される、次のお盆は蓋のされた漆器の器。

    11-2-8 あげそばがき

    蓋を空けると、楽しみにしてた、ほかほかの「揚げそばがき」。

    11-2-8 あげそばがきたべ

    箸を入れると、すすっと入ってしまう、柔らかさ love.gif
    口に含むと、周りはかりかりと香ばしく、中はとろ~り。
    まるで、生クリームのようにふわっとほどけ、時折感じる蕎麦の粒。

    張られた出汁も、きりっとして上品、
    添えられた大根おろしを加えながら、もううっとり、夢見心地で頂いてしまう。

    その一つ一つのどれもが、手抜きない逸品ばかり、
    と、心から満喫して頂いていると、
    以前伺った私を覚えていて下さったようで、ご主人とちょっとお話し。

    石臼に話が移り、電動、手挽き共石臼は、「蕎楽」さんの臼だそうで、
    今日は前回頂かなかった「せいろ」をと思っていたが、
    「手挽き」」となったら、又粗挽きも食べてみたいという気持ちがむくむく。

    「もしよかったら、二種盛りにしましょうか?」
    と、おっしゃって下さるの言葉がうれしく、喜んでお願いする事に。

    11-2-8 せいろ

    …と、まず出されたのは、外一で打たれた「せいろ」そば。

    11-2-8 せりおあぷ

    気品感じる、凛々しい艶やかな細切りの蕎麦は、ふわりと漂う蕎麦の香り。

    口に含むと、しっとりしなやかな腰があり、途端に喉を落ちる軽やかさ。
    するり、とんっ、この爽やかな喉越しがとても心地よく、一気にするする。
    これも美味しいな~futt.gif

    11-2-8 粗挽き

    と、あっと言う間に喉をすべりおちた笊に変えて、
    手挽きし、30メッシュで篩い、外一で打たれた粗挽き蕎麦が続いて置かれる。

    11-2-8 粗挽きあぷ

    さらに香ばしさを増した蕎麦の香りが鼻孔をよぎる。

    11-2-8 粗挽きたべ

    ざらつき…というのではない、噛みしめると微かに感じる粒の感触。
    きしきしと、しっかりその粒を噛みしめている感触が何とも言えず、
    飲み込んだ後に、じわっとこみあげてくる香ばしさ。

    せいろの、繊細な蕎麦もいいが、やっぱり粗挽きは美味しい~buchu-.gif

    11-2-8 品うどん

    と、さらりと白濁した蕎麦湯を注ぎ、ふわっと鰹の風味のたつ汁も楽しみながら、
    改めて品書きを見ていると、ご主人のお気持ちが書かれた一筆にじ~ん。

    11-2-8 甘味

    しかも、最後の「甘味」は、うれしい蕎麦がきぜんざい。

    11-2-8 甘味たべ

    程良い甘さの小豆がかかった、蕎麦がきもふわふわとろ~り。
    軽やかで、小豆と絡まり、濃厚な穀物の風味が口いっぱいに…。

    ああ、もう、最後の最後まで幸せいっぱい futt.gif

    お料理に蕎麦、すべて満喫しきった、贅沢なランチのひと時に。
    ご馳走様でした~hahha.gif

    今度は、誰か誘って、コースも頂いてみたいなあ。



    11-2-8 店正面
    「手打そば 喜郷」

    福生市本町72-2
    042-553-0708
    11:30~15:00 / 17:30~21:00
    木曜定休
    禁煙
    近くに市営駐車場あり



    2010年10月16日 「温おぼろ豆腐べっこうあん」に「粗挽きそば」
    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント
    この記事へのコメント
    yoshino様
    いらっしゃって下さったんですね、ですね♪。
    お会いしたかった…。

    「喜郷」さんの粗挽き、ほのかに殻が含まれているような、粒の色彩がある、繊細でありながら、腰のしっかりとしたお蕎麦。
    思い出します。
    修業先とは又違うお蕎麦に、ご主人のオリジナリティを感じ、頼もしく思っているところです。汁も美味しいのが、又うれしく…。

    そうそう、結構なボリュームあるので、私もものすごくお腹がいっぱいになってしまいました。

    一日で二つの粗挽き、いへいへ、多摩の事ですもの、もう一軒くらい大丈夫ですよ~(^^)。
    お帰りは、遅くなってしまったのでは、などとその辺りまで心配してしまいました。

    多摩にも、ぽちぽちと新しいお店が出来ています。
    又、ぜひ、いらして下さい。
    2011/08/21(日) 09:02:30 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    前コンが
    プツッと壊れまして;(XP)、新しいの(Win7)をやっと今時調達したて
    であります。(大汗;

    さて、『9人目の子供』を迎えに(因みにその『親』は2店舗??)近くに
    寄りましたので、初めて『喜郷』さんに行ってみました。

    昔はこの界隈、毎週通っていたのにな(笑)、でも1年くらい前にできた
    お店なので知らないのも仕方ない・・・。

    昨日は↑でご紹介のおぼろ豆腐と出汁巻き玉子(小)をマジでお願いした
    もので、お腹がたちまち出来上りました。(最近小食...)

    さて、蕎麦は『粗挽き』をいただきました。
    極細い切りの、しかも強いコシが特徴。
    丸抜きからの自家製粉ということですが、蕎麦の百花繚乱的な色合いがある。
    花萼がひきこまれて混じる(ご主人談)ようなことから、やや玄蕎麦色の強い
    色合いのものとなっているようでした。

    汁もしっかりと出汁が取られたもの(辛口)で、とても好感がありましたよ。

    9:1ということですが、24メッシュと伺った粉であそこまで細く打つと、
    繋がりが少し気になりました・・・。

    総体的に、『気合い』が入っていましたね!(理想的です。それが大事な時期
    だと思います。地元に溶け込んで行ってほしい・・・(って当方はおりませんが

    さらに余計なことですが、当日は『無○』さんに立ち寄り、同じく粗挽きをいただきました。
    2種類を同日にいただくというのは罰当たりのことですかね?(でも、ほんの『タマ』に、の
    ことです。(蕎麦と汁の比較も楽しい

    2011/08/21(日) 01:20:41 | URL | yoshino #-[編集]
    麟太郎様
    ありがとうございます♪♪
    とっても参考になりました。
    この古民家というのも憧れるし、三産地を食べられるのも楽しみ。
    機会作って是非とも伺ってみたいです。

    静岡にお住まいだというのが、羨ましくなってしまいます…。
    2011/02/11(金) 10:05:32 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    ようやくですが
    先日、yukaさんも気になっていたという、掛川の「居尻」に行ってきましたよ。
    ツユは甘めで、僕の好みに合わず残念でしたが、蕎麦はとても美味しかったですよ。

    また、静岡県内で気になる蕎麦屋がありましたら、リサーチしますね。
    2011/02/09(水) 23:18:29 | URL | 麟太郎 #bMUbTW1E[編集]
    よしの様
    このセット、お得すぎですよね~♪
    掻き揚げとせいろの880円もすごい(このお蕎麦でですもの)と思っていたのですが、この前菜セットは、立派なコースですもの…。

    きれいで誠実な、そして純粋な美しい蕎麦。しっかり腰があるのに、滑らかで軽やかでいい蕎麦でした。粗挽きもおっしゃる通り、丸抜きを挽いた繊細な粗挽き。
    いいお店になると信じています。

    よしのさんの蕎麦、一度本当に食べてみたい…。
    まずは、どこのお蕎麦を挽くのかしら…
    2011/02/09(水) 18:13:49 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    まがり様
    そうそう、だからこういうサイズで食べられるのって、本当にうれしいですよね、蕎麦がき。

    この蕎麦寿司もよかったですよー。
    あんまり酢が強くない、私の好みの蕎麦寿司でした。
    そのゴールデン街のお店も、気になりますねぇ。。
    2011/02/09(水) 18:10:07 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    そばと前菜
    値ごろ感以上のものがありますね!
    (驚き

    揚げ蕎麦掻き、こういうタイプが好きなんですよね、当方も。

    せいろも粗挽きも綺麗な切りで、シゴトが丁寧であることが
    分かります。
    何れも丸抜きからの製粉でしょうから、色合いも清楚、すっきり。

    >30メッシュ
    当方も今度32メッシュを調達して篩ってみたいと思います。
    (どれくらいの粒子になるか、楽しみです。
    2011/02/09(水) 14:06:33 | URL | よしの #-[編集]
    そう言えば
    蕎麦掻きのぜんざいは食べたことが無い
    蕎麦の寿司はキュウリも巻くのは大賛成
    年越しのゴールデン街で
    スタッフの方お手製の蕎麦寿司が
    形は多少アレでしたがきゅうりが巻いてあって
    とても美味しかった
    あの子、将来いいママになるわ
    蕎麦掻き食べたい
    けど、拙者が行く店
    皆、量が多いのよ
    食べちゃうと肝心要のお蕎麦が
    食べられなくなってしまう~

    2011/02/09(水) 12:38:51 | URL | ☆まがり★ #-[編集]
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >