FC2ブログ
    つれづれ蕎麦 
    国分寺 「きぬたや」
    2011年03月02日 (水) 17:58 | 編集

    行きたいなー、行きたいなー…と、このところずっと思っていて、
    武蔵境の午後からの用事を前に、咄嗟に向かっていた、国分寺。
    駅に降り立った瞬間、あの蕎麦の姿が瞼をかすめ、気もそぞろ 。

    大丈夫、今日はまだまだ時間も充分…。

    11-3-2 途中2

    と、「お鷹の道」への、ほのぼのとした細い路地を入って行くと、
    無人の路地野菜の販売所などが点在する、のどかな風景。
    その中を、心ワクワク、てくてくと歩いていき…

    11-3-2 お鷹のみちしるべ

    「お鷹の道」の道しるべが出たら、もうすぐその先。

    11-3-2 店

    ぽっかりと開けた一角に、穏やかにほこっと現れるかわいい建物。
    この佇まいも、山中さんのお人柄が滲み出ているよう…futt.gif

    国分寺 「きぬたや」


    扉を開くと、すっぽり木で覆われた小さな店内があったかい。
    丁度昼時、忙しそうに釜前に立ちながら、にこっと微笑んで下さるご主人に、
    そっとご挨拶をして、空いていたカウンターの椅子によじ登る。

    一枚板で作られた、ゆったりとしたテーブル席もいいけれど、
    真剣な面持ちのご主人の姿を眺められる、この席も、又特等席 niko.gif

    この後予定はあるのだけど、美味しいお蕎麦を食べる前だもの、
    やっぱり、蕎麦前は頂きたい…

    11-3-2 品さけ

    と置かれていた品書きを手にし、中から「醸し人九平次」を。

    11-3-2 酒

    小さなグラスに半合ほど注がれた九平次は、すっきりとして軽やか。
    蕎麦前に頂くのに心地のいい、清らかな味わい。

    11-3-2 田楽

    そっと添えて出してくれたのは、ほかほかの「みそ田楽」
    しっかり弾力のある蒟蒻で、ほっこりこれは、美味しいな…m001.gif

    11-3-2 粕漬け

    さらに、こそっと出してくれた「粕漬け」二種。

    まだ恋ヶ窪にあった頃から、「きぬたや」の粕漬けが大好きで、
    覚えていて下さっているのが、何よりうれしく…
    さっくりとして味わい深い、この漬物をゆっくり口に運びながら、
    ちょこちょこと、近況などご主人と交わすひと時が、とても楽しい。

    11-3-2 絵石臼

    お変わりの「磯自慢」を頂き、これも来た時から目に留まった、
    「きぬたやの蕎麦を支える、4台の石臼」を、じっくり眺め…

    挽き具合、その蕎麦の状態などあれこれとお聞きし、これが又奥深く、
    一つ一つ、愛らしい名前がついているのも、山中さんだ futt.gif

    11-3-2 蕎麦の耳

    と、程なく出された、「きぬたや」さん名物のお通し「蕎麦の耳」。

    11-3-2 蕎麦の耳たべ

    熱々の風味ある蕎麦湯の中に、はらりと沈んだ蕎麦の切れ端。
    もっちもっちとして、かみ締めるとじわ~っと広がる蕎麦の味。
    ああ、これだけでもうれしくなってしまうよう…u-n.gif

    お酒はまだ残っていても、この蕎麦の耳で助走がついてしまったよぅ…、

    11-3-2 品

    早速、お蕎麦を頂きたい…の言葉に、「もういいの?(笑)」と言われたが(^^;;
    今日の蕎麦をお聞きすると、すべて丸抜きで5種打たれているそう。
    「少しずつ全部食べてみて」、との言葉に、もっちろん、「是非♪」

    ここからは、もう、夢の始まり…

    11-3-2 1福井在来40

    まず一枚目は、福井在来種、「ひこべえ」挽きの、篩い40の生粉打ち蕎麦。

    11-3-2 1福井在来40あぷ

    ほんのりと緑ががかった、繊細ではかない美しい細切り。
    手繰りあげると、ふわっと軽やかに広がる穀物の香りに、
    口に含むと、どこまでもしなやかで、するりとした滑らかな舌触り。

    あっという間に、軽やかにすべり落ち、はかなく喉に消えていく。
    まるで、か弱い乙女のような、清らかな蕎麦。

    きっと、誰もがこの蕎麦を愛さずにはおれないだろうなあ…futt.gif

    11-3-2 2福井南宮地在来32

    と、続いて二枚目、福井の、これは珍しい南宮地在来種、
    それを「まさるくん」で挽いた、篩い32メッシュの生粉打ち蕎麦。

    11-3-2 2福井南宮地在来32あぷ2

    一枚目に比べて、ごくごくわずかだが、太めに断たれた蕎麦には、
    透明な蕎麦の粒がびっしりと覆い、その姿に一瞬見とれる。

    手繰りあげると、日向を思わせる香りがふわっと漂い、
    口に含むと、ミシミシっとしっかりと感じる穀物感。
    ああ、蕎麦を食べている…、という素朴な蕎麦の味わいが実に深い。
    ああ、これは、美味しいなあ…love.gif

    ここでちょっと休憩、この二枚の蕎麦についての感想など述べつつ…

    11-3-2 3

    三枚目は、福島、会津の桐屋さんから届いた、会津のかおり。
    オーストラリアの石臼、モラで挽いた篩い24メッシュの生粉打ち。

    11-3-2 3あぷ

    あ、これは、又きれいな蕎麦…。
    燐として、ぴんと伸びた繊細な細切りの中に、びっしり埋まる蕎麦の粒。

    かみ締めると、心地のいい弾力の中に、すぐに感じるぷちぷち感。
    なんて軽やかに感じる粒の感触に、弾けるように広がる香ばしさ。
    これもいいなあ…futt.gif

    11-3-2 4

    と、続いて4枚目、福井、丸岡の在来種。
    これもモラで挽いた、篩い24メッシュの生粉打ち蕎麦。

    っと、何っ!この、濃厚な香りっ…love.gif
    目の前に置かれた瞬間に、ぶわっと立ち込める蕎麦の香りに、
    箸を伸ばす前に、もううっとり。

    11-3-2 4あぷ2

    目の覚めるような、鮮やかな緑色した蕎麦は、粒粒で繋がっているかの如く、
    口に含むと、もちっとした感触に、口中を掠めていく蕎麦の粒。

    11-3-2 4たべ

    もちもち、ぷつぷつ、かみ締める先から、染み出るように広がる濃厚な味わい。
    蕎麦という穀物の持つ、たまらないこの味わいに、
    もう、何度も何度も唸ってしまう~。

    美味しい、美味しい、美味しい…love.giflove.gif

    思わず興奮状態になったところを、鎮め、鎮め…

    11-3-2 5

    最後は、北海道の、これもうれいしい、品種牡丹。
    まさるくんで挽いた、篩い24メッシュの、つなぎ5分。

    11-3-2 5「あぷ

    ああ、これも美しい…、どこかガラス細工のように透明感のある蕎麦に、
    影絵のように映り輝く、さまざまな蕎麦の欠片。

    11-3-2 5あぷ

    口に含むと、ぷりぷりっとした弾むような腰があり、これが心地いい。
    その中で、かすかに感じる、かさりとした欠片の感触。
    かみ締めると、香ばしさの後に、甘みがじわ~っと広がり余韻を残し、

    最後にふさわしい、落ち着いて淡い夢のような…
    この蕎麦を、最後にじっくりと味わい慈しむ futt.gif

    ほとんど漬けずとも食べてしまった汁だが、
    最後に熱々の、さらりとした蕎麦湯を注ぎ頂くと、
    ふっと広がる鰹の香りに、きりっとしてすぅ~っと伸びる汁も美味しい。

    「どうでした?」とにこにこおっしゃるご主人と、
    余韻をかみ締めながら、感想など述べながら…

    同じ蕎麦でも、臼によって変わるし、目立てでも変わるし、
    120種類打ってもまだまだなんだものねぇ
    と、うれしそうに話すご主人。
    「だんだん、前のお店(恋ヶ窪)の頃のように戻しているんですよ」
    の言葉に、心が詰まり、じ~ん…。

    11-3-2 店内

    どうして、こんなに間を空けちゃっていたのかしら、
    と、もう、明日にでも又来たくなる心地になりながら…

    ご馳走さまでした~hahha.gif

    マニアックかもしれない、
    でも、やっぱりここは、蕎麦囚われ人の、サンクチュアリだ…



    11-3-2 暖簾
    「きぬたや」

    国分寺市東元町3-19-34  
    042-326-7399
    11:00~16:00  
    月曜、第1,3火曜


    2010年 5月19日 「6種の蕎麦」食べ比べ
    2009年 9月 9日 「天ぷら」に絶品6種の蕎麦
    2009年 8月19日 再び訪問、6種の蕎麦を堪能
    2009年 6月24日 「『きぬたや」にて、野菜天ぷらにせいろ三種」

    移転前のお店
    2006年 9月13日 「賛・きぬたや」最後に頂く蕎麦三種
    2006年 2月23日 私の為に打ってくれた蕎麦

    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント
    この記事へのコメント
    のこ様
    のこ様も、近眼ですか?(私も超ど近眼のコンタクト使用です)。

    今度行かれたら、私の友達っておっしゃってご主人とお話しして下さい♪。
    でも、いつか…、のこさんいは、どこかでお会いできそうな気がしています(u_u*)~
    2011/03/10(木) 04:53:27 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    行ってきました♪
    あれこれの用事はさておき、国分寺まで。
    福井在来と丸岡在来(だったかな?)頂いてきました~もちろんおいしかったです。
    惜しむらくはメガネを忘れたこと、よく見えなかったんですよね。
    2階にお客様がいらしたようですが、下には私だけ、気さくそうなご主人だったのに、
    恥ずかしくってお話できませんでした。また次回。。
    2011/03/09(水) 15:01:28 | URL | のこ #-[編集]
    のこ様
    ぜひぜひ♪。
    きっと、のこ様だったら、ご主人とのお話しも楽しいと思います(u_u*)~
    2011/03/07(月) 09:04:15 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    うわっ
    行ってみたい、、
    食べてみたい、、
    2011/03/06(日) 22:10:56 | URL | のこ #-[編集]
    gun様
    そうなの、なんだかかわいいでしょう、石臼(^^)。

    私も、あのひろひろだけで、お腹いっぱい食べたくなってしまいました。
    実に味わい深くて、もちもちで…
    私も大好き♪。

    大盛り、って、今度頼んでみようかしら(^^)
    2011/03/06(日) 07:58:55 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    箸袋様
    本当に、本当に…
    これまでにも、140種くらいは打たれているようで、もう、聞いているだけでも、うずうずしてしまいました。

    是非。
    何と言うか、昔の繊細な、美しい蕎麦の味わいが帰ってきた感じがしていましたよ。
    2011/03/06(日) 07:57:26 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    ふるふる様
    うけました~っ(ლ╹◡╹)ლ
    >〇ぬきや

    それはそうと、
    んー、たしかにふるふるさんだったら~(汗)。

    この5枚で、一応1.5人分はあったんですけどねぇぇぇ。
    2011/03/06(日) 07:55:51 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    …様
    そうなんです、すべてを食べたくなってしまう程の、無限の可能性。
    今日は、明日は、この天気には、この蕎麦の実には…
    と打たれているのをお聞きしていると、もうたまりません。
    「こいけ」のご主人にも、又お会いしたい。

    私こそ、あと体がいくつか欲しいくらいなんです(^^;
    2011/03/06(日) 07:52:26 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    4台も石臼あったんですね。しかも名前
    つけて…。^^)

    それにしてもあの蕎麦のひろひろはいい
    ですよねー。他でやってないのが不思議
    なくらいです。
    2011/03/06(日) 00:17:10 | URL | gun #nEx7PFYA[編集]
    さすが・・・
    いつもながらにご主人のお蕎麦に対する情熱と姿勢には感服します。

    石臼×篩い×繋ぎ=無限のバリエーション
    これはもう一期一会・・・の味わいです。

    しばらく訪ねてないので、また行きたくなりました。
    2011/03/05(土) 15:27:24 | URL | 箸袋 #4JcWZNxE[編集]
    あいやぁ~~~()
    こ、こんな出され方されたら30枚は食べなくては・・・・(笑)。

    すんごい美味しそうなお蕎麦ですね。

    ココだけの話、先程までお店の名前を誤認していました。

    「○ぬきや」さんって・・・・(汗)。
    2011/03/05(土) 15:21:59 | URL | ふるふる #-[編集]
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2011/03/05(土) 10:33:39 | | #[編集]
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >