FC2ブログ
    つれづれ蕎麦 
    駒込 「玉江」 4年ぶりに再会した蕎麦
    2011年03月28日 (月) 23:58 | 編集

    又伺いたいな、と思っているうちに…
    あれよあれよと言う間に、すっかり「予約の取れないお店」になっていて、
    行きたいなあ、ご主人どうしていらっしゃるかなあ、
    などと、遠くに思っていたところ…

    今夜は、思いがけずのうれしいお誘いを頂けて…
    4年ぶりに、ご主人の蕎麦づくしを頂ける hahha.gif

    11-3-28 店

    と、心うきうき、駒込アザレア通りを抜け、不忍通りの先の住宅街。
    すっかり日の暮れた夕闇の中に、ぽっかりと灯りが程なく見え…

    11-3-28 看板

    小さな看板だけが目印の、住宅街の中にひっそり佇む、
    ご主人の「蕎麦工房」futt.gif

    駒込 「手打そば 玉江」

    扉を開き入ると、玄関の裏すぐから立派な石臼がお出迎え。

    11-3-28 石臼

    靴を脱ぎつつ見つめていると、ご主人が出てきて下さり、ご挨拶…、
    も、そこそこに、早速始まる、石臼談義 niko.gif

    日高の石臼だそうで、御影石の堂々とした立派な石臼。
    自分で徐々に目立て、挽き加減の調整などなさっているそう。
    その調整具合など、あれこれ見せて頂いて、
    通常40メッシュで篩っているとの蕎麦に、早くも期待高まりながら…

    皆さん集まっている、すっかり用意されたリビングへ。

    11-3-28 品書き

    テーブルに各々置かれた品書きに、以前来た頃の事を思い出し…

    11-3-28 ビア

    まずは、ビールで乾杯を。
    ハートランドはすっきり優しく、鈴製のグラスで飲むビールはさらに旨いっ。

    11-3-28 ほむろ

    と、喉を潤わせていると、テーブルの隅に置かれた訪露で温められていた…

    11-3-28 板わかめ

    桐箱に盛られた「板わかめ」が回ってくる。
    ぱりっとして、口に入れるととろりと溶ける磯の風味いっぱいの板わかめ。
    海苔とは又異なる味わいで、これは、美味しいな~futt.gif

    11-3-28 焼き味噌

    と、順々に出される「そば焼きみそ」。

    11-3-28 焼き味噌たべ

    しっとりとして優しい西京味噌の中に、蕎麦の実や胡桃がたっぷり。
    葱や胡麻など、様々混ぜられ、この蕎麦味噌は実に美味しく…

    11-3-28 酒

    さっそく、これらを前にお酒に切り替えようと…、

    11-3-28 酒 一耕

    冷蔵庫に入った幾つかのお酒の中から、まずは、出羽桜「一耕」を。

    11-3-28 サラダ

    すっきり軽やかで柔らかな口当たりのお酒を片手に、
    大皿に盛り付けられた「蕎麦サラダ」。

    11-3-28 クレープ

    さらに、これも楽しみだった「蕎麦クレープ」も続いて出される。

    11-3-28 クレープあぷ

    うすく焼かれたクレープに、胡瓜に白髪葱、貝割れ大根、錦糸卵。

    11-3-28 クレープ味噌

    味付けは、これだけでもつまみたくなる、蕎麦味噌で…

    11-3-28 クレープたべ

    自分でわいわい巻きながら食べるのが、又楽しい niko.gif

    11-3-28 早そば

    と、楽しんだ後に、ほかほか湯気を立てた「早そば」が heart.gif

    11-3-28 早そばあぷ

    掻き立てのとろ~り柔らかい蕎麦がきに、大根の千切りが混ぜられて、

    11-3-28 早そばたべ

    口にすると、ほろりっと溶ける蕎麦がきに、しゃきしゃき大根が心地いい。
    優しく滋味深く、大根と蕎麦がきの相性がたまらない。
    はらりとかかった汁が又美味しく、体に優しいこの味わい。
    ああ、これは毎朝でも食べたいなあ…futt.gif

    11-3-28 酒 クボタ

    と、知らず知らず、お酒の盃も重ね重ね…

    11-3-28 鴨

    「早そば」でほっこりしたところに出された、
    豪華にたっぷり盛られた大皿料理、「鴨の南蛮漬け」。

    11-3-28 鴨あぷ

    南蛮酢の優しい酸味が、鴨の臭みを全く消し去り、さらに身がふわっと柔らか。
    私でもこれなら美味しく食べられちゃう、鴨肉に、
    とろ~っと焼かれた葱の甘みがよく合う。

    11-3-28 そばはっと

    そして…、郷土蕎麦第二弾の「そば法度」。

    蕎麦は贅沢品と言われた江戸時代、
    「これはそば切りじゃありませんっ」と、言い逃れ、
    こっそり食べられていたという蕎麦は、薄く伸された板状の蕎麦。

    11-3-28 そばはっとたべ

    大根や茸類と一緒に炊かれた、このかけ汁がなんて美味しい…futt.gif
    優しく柔らかい、飲んでる体を優しく癒すような汁にまずうっとり。

    中の蕎麦は、この汁を纏い、噛みしめるとほろりとほどけながら、
    じわっと蕎麦の香ばしさを残していく。
    ああ、これも美味しいな~…futt.gif

    11-3-28 揚げそばがき

    と、ほっこり気分になったところで、次は揚げもの「そば掻き揚げ」。

    11-3-28 あげそばがきたべ

    揚げられた表面は、かりっと香ばしく、中はふわっとろ。
    早蕎麦もそうだったけど、ご主人の蕎麦がきは、本当に優しくて、
    大根おろしの汁をかけながら、これもペロリ。

    11-3-28 茄子

    最後のお料理は、さっぱりと「なすのそばみそ掛け」。
    蕎麦味噌と一緒に食べる茄子の甘みを十分に味わって…

    11-3-28 そば

    いよいよメインの蕎麦が出される。

    11-3-28 そばあぷ

    常陸秋そば、二八で打たれた、端正に切り揃った細切りの蕎麦は、
    顔を寄せる、柔らかく広がる蕎麦の香り。

    11-3-28 そばたべ

    手繰り口に含むと、しっとりしなやかな腰に、するりと落ちる爽やかな喉越し。
    さんざん食べた後だというのに、軽やかで、するすると入っていってしまう。
    食べ続けて行くうちに、じわじわ広がる蕎麦の甘みを感じ、
    ああ、ご主人のお人柄が現れたような、優しい温もりを感じながら…

    11-3-28 そば挽きぐるみ

    お代り蕎麦は、これが見目全く異なる玄ごと挽かれた「挽きぐるみ」。

    11-3-28 そば挽くぐるみあぷ

    艶やかな表面には、ところどころに蕎麦の欠片が散り、
    手繰り上げると、ああ、これは濃厚~hahha.gif
    焙煎したような、香ばしい香りがぐわっと豊かに鼻孔にのぼる。

    噛みしめると、これもつるりとした喉越しで、
    するりと落ちながら、しかと口に残していく蕎麦の香ばしい味わいに…

    ああ、もう大満足 futt.gif

    11-3-28 ゼリー

    さらりとした蕎麦湯と共に、出されたデザートの「柚子ゼリー」。
    爽やかな最後の甘味が、口に体に優しく、心から満喫した思いに浸る。

    ご馳走様でした~hahha.gif

    ずっとずっと、又訪れたいと思っていただけに、感無量。
    初めてお会いした皆さんとのひと時が又心から楽しくて…
    Zさん、皆さん、ありがとうございました~futt.gif



    *おまかせ 5,500円~


    11-3-28 hiru
    「手打そば 玉江」

    文京区本駒込5-34-6
    03-5814-0977
    03-5814-0955(そば工房)
    全日予約制




    2007年 7月26日 素晴らしき「蕎麦づくし」
    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント
    この記事へのコメント
    蕎麦喰亭ぽん太様
    同郷の方とお聞きして、私もとても楽しみにしています。

    よろしくお願い致します♪
    2011/04/01(金) 23:59:58 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    玉江さん、最高!!
    こちらのご主人とは10数年来のお付き合いで、大変素晴らしい方です。

    今度、吉祥寺でご一緒しますが、そちらにはyukaさんもご一緒にお越しになられるとの事ですので、その日を楽しみにしております。
    2011/04/01(金) 17:11:07 | URL | 蕎麦喰亭ぽん太 #OQ1982EQ[編集]
    たかみのみかた 様
    ほかに、東京でも食べられるお店があればいいんですが…。
    秋山郷の方にいけば、食べられるみたいです(^^)。
    2011/03/31(木) 09:34:23 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    ありがとうございます。
    これは、是非食べてみたい!!!
    食べられるお店を探してみますっっっ。
    2011/03/30(水) 18:19:45 | URL | たかみのみかた #-[編集]
    たかみのみかた様
    「早そば」というのは、すぐに食べられる蕎麦という事で、千切りした大根を煮立て、その中に水で溶いたそば粉を入れてできた、お団子状のおそばだそうです。秋山郷に昔から伝わる郷土料理だそうで…
    (参照)
    http://www.nikkoku.co.jp/sobanokuni/031/culture.htm

    これが、優しくてほんっとに美味しかったです。その土地土地にある、郷土蕎麦、楽しいです♪
    2011/03/30(水) 09:24:56 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    とあ様
    そうなんです、蕎麦にもいろんな食べ方があって面白いです(^^)。

    2011/03/30(水) 09:20:14 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    なになにっっっ
    「早そば」って、何?
    めちゃめちゃ魅力的な画像に、思わず喰いついてしまい、一人で「なになにっっっ?!」
    と呟いてしまいました。

    私の想像力では足りないっっっ

    2011/03/30(水) 07:44:17 | URL | たかみのみかた #-[編集]
    そばのフルコース
    って感じですね、おいしそう(笑)

    どれもこれも魅力的です
    ん~、食べたいっ、呑みたいっ
    2011/03/29(火) 21:39:54 | URL | とあ #-[編集]
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >