FC2ブログ
    つれづれ蕎麦 
    牛込神楽坂 「志ま平」 二色せいろ
    2011年04月27日 (水) 21:24 | 編集

    又、行きたいと思いながら、気付いたらすっかりご無沙汰。
    今日は乗り換え継いでの神楽坂、お散歩がてら、久しぶりに行ってみよう niko.gif

    長い年月培った、年季の入った貫録ある蔵扉に、
    捏ね鉢の看板のかかった、独特の雰囲気漂う…

    11-4-27 店

    牛込神楽坂 「巽蕎麦 志ま平」

    思えばもう、何年ぶりだろう。
    初めて入った時の事を思い出しながら、扉を開き入ると…、

    11-4-27 店内

    ああ、変わらない…、江戸情緒どっぷり溢れたこの空間。
    ふと、懐かしさが込み上げてくるような、骨董の古箪笥に、
    長火鉢、磨きぬかれた板間の足に触れるこの感触…。

    ぬっと、カウンターから顔を出したご主人も、
    やや強面の、江戸職人の雰囲気を纏った様も、相変わらず futt.gif

    昼ちょっとすぎ、贅沢にも他にお客さんのなかった店内の、
    座り心地のいい、踏みこみ式のカウンターの端に腰を下ろす。

    11-4-27 品

    やや緊張しつつも、久しぶりに伺ったこのお店。
    しかも、この空間に、次の予定にはまだ間がある…。

    すかさずお聞きした、品書きの「冷酒」の中から、
    獺祭をお願いし、おずおずとご主人にご挨拶すると、
    ああ、とふっと笑みがこぼれた、ご主人の笑顔がうれしいなぁ…niko.gif

    「あれから、蕎麦、変わりましたよ」
    などとおっしゃっりながら、

    11-4-27 猪口

    いくつもの味わい深いお猪口が出され、

    11-4-27 酒

    錫の酒器で出された猪祭は、すっきりとして殊の外美味しく…
    「前菜、お付けしましょうか」
    の言葉に、ご主人のお料理の美味しさを思い出し、是非 niko.gif

    11-4-27 前菜

    テキパキと盛り付け出して下さった、「前菜の盛り合わせ」。
    細やかで美しい、見ているだけでうれしくなる、小鉢の品々。

    11-4-27 豆

    「納豆や、味噌になる手前のもの、なんですよ」との、「醤油豆」。
    これが、ああ、美味しいなぁ…niko.gif

    派手な味わいではないものの、しみじみとして、実に滋味深い。
    ぽつりぽつり口に含めば、納豆をじっくり味わった後に広がる、
    あの、大豆のほっこりとした、大地の旨み。

    11-4-27 いちじく

    さらに、これが感動もの bikkuri.gif
    ウットリするほど美味しい、「無花果の胡麻汁かけ」。

    とろりとした無花果の持つ甘みに、とろりと胡麻の風味が絡まり、
    言葉にならない美味しさに、思わずうっとりと、唸ってしま~う love.gif

    11-4-27 のり

    さらに、まるでもずくのような、新鮮で磯の香りが濃厚な「生海苔」に、

    11-4-27 ふき

    しっとりと炊かれた、「蕗味噌」。
    口に含んだ途端に、独特の蕗の風味が口いっぱいに広がり、
    ほんのり苦みのある、春の味わいを心の底から味わいながら…

    お話し好きのご主人と、留まる事なく話が進み、
    このひと時が、たまらなく楽しい、ゆるりとした午後のひと時 futt.gif

    すっかり話に夢中になる中、そろそろお蕎麦を頂こう。
    ここはやはり、「せいろ」と「深山」の二色でお願いすると…

    11-4-27 二色

    話ながらも、職人ならではの俊敏な美しい身ごなしで、
    せいろ、深山と瞬時に盛られ出された二色そば。

    11-4-27 せいろ

    まずは、角がキリリ、瑞々しく輝く、端正な細切りの「せいろ」から。

    ふわっと広がる、馥郁たる、蕎麦という穀物の持つ豊かな香り。
    しなやかで心地のいい腰に、軽やかな喉越し。
    噛みしめると、じわ~り広がる、香ばしさにほんのり残る甘み。

    いくらでも、するする入ってしまう、このエア感のある心地よさに
    これは、美味しい…love.gif
    もっともっと食べていたい、汁を浸すのを忘れ、あっと言う間に食べしまい…

    11-4-27 田舎

    双璧の面持ちをした、挽きぐるみの存在感のある、深山をば。
    手繰り上げようとした途端に、
    あ…、な、なんて濃い香り…bikkuri.gif

    むせかえるような、カカオを思わせる、香ばしく濃厚な香りに途端にうっとり。

    挽きぐるみの色目の中に、びっしり埋まった蕎麦粒。
    噛みしめれば、極粗挽きされた粒の感触が、キシっと歯に当たり、
    途端に、じわ~り濃厚な穀物の香ばしさに甘みが口を満たす。
    これも、汁もいらない、味の濃さ。

    お・美味しい…love.giflove.gif

    噛みしめ噛みしめ、じっくり味わい、この蕎麦に心がいっぱい。

    確かに、この深山、以前と変わって、豪快な程粗挽きだ…。
    と、この深山の美味しさに、うれしく驚き、もっと食べたい、
    とどちらをお代りしようか、と思いながらも、ご主人のお話し聞き入っていると、

    「蕎麦湯入れましょう」
    のお言葉に、お代りは次に来た時の又の楽しみ。

    11-4-27 蕎麦湯

    程良く白濁した熱々蕎麦湯も、お代りをして頂いて…

    今度は、又夜にでも、しっかりご主人のお料理も堪能しに、
    是非、訪れたいと、しかと心に思いながら…

    ご馳走様でした~hahha.gif

    久しぶりに訪れ、ゆっくりとお話しできた、素敵な午後のひと時。
    扉を出たら、又すぐ、あの二色、食べたいなぁ…futt.gif



    11-4-27 店 - コピー
    「巽蕎麦 志ま平」

    新宿区納戸町33
    03-5261-8381
    昼~14:00ごろ / 夕方~22:00ごろ
    日曜休 (祝日営業)
    禁煙




    2006年 6月21日 おまかせお料理に「二色そば」
    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント
    この記事へのコメント
    桃猫 様
    入るのも、入ってからも、初めはちょっと緊張しちゃいますよね(^^)。

    そう、通う程味の出るお店かと思います。
    手挽きも始めようとのご主人、ますます楽しみなお店です…(u_u*)~。
    2011/05/04(水) 08:01:37 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    こんにちは。志ま平、、好きです。はじめて伺ったときは、かなり緊張しました。お店も、外見は、質素で、、、通うほどに味が出そうな店のひとつです。
    2011/05/03(火) 10:31:23 | URL | 桃猫 #halAVcVc[編集]
    ・・・様
    きゃーっ、ありがとうございます。
    いのししだったら、怖いかもです~
    2011/04/29(金) 12:27:07 | URL | yuka #-[編集]
    蓼喰人様
    そうなんです、話だすと、そのお話しもおもしろく、笑った顔がチャーミングな、ご主人ですよね(^^)。

    今、だんだんに手挽きにしていこうかと思っていらっしゃるそうです。
    それも、楽しみにしているところ…
    又すぐに、伺いたくなる、そんなものがあるんですよね♪
    2011/04/29(金) 12:25:50 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    とあ様
    美味しかったですよ~(^^)
    一合でとどめるのがつらかったです♪

    さて、とあさんは、どこから行かれるのか、
    楽しみになってきました(^^)。
    2011/04/29(金) 12:24:18 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2011/04/29(金) 07:30:28 | | #[編集]
    居心地の良いお店ですよね
    こちらのご主人は一見強面ですが、言葉を交わせばなかなか気さくな方ですね。
    カウンター越しに人柄が直に伝わる雰囲気が良くて、2.3か月に一度は通い続けています。
    酒を楽しませる肴の数々も素晴らしく、ついつい長居をしてしまいます。
    2011/04/29(金) 00:13:03 | URL | 蓼喰人 #-[編集]
    前菜の盛合わせ
    美味しそうですねぇ…ほんとに。
    特に前菜の盛合わせに釘付けです

    お蕎麦屋さんて、ほんとに楽しそうです

    私が行ったら、きっと前菜でお酒が進んでしまいそう~
    〆のお蕎麦もキリッとしていて
    おいしそうですね
    2011/04/28(木) 14:00:23 | URL | とあ #-[編集]
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >