FC2ブログ
    つれづれ蕎麦 
    赤坂 「伊兵衛」 料亭の蕎麦
    2011年05月12日 (木) 20:18 | 編集

    朝の花活けの後、所用で本部に寄った帰り道。
    何となく、久しぶりに赤坂へとぶらぶらと歩いていたら、
    ふと思い出した、長年、食べてみたいと思っていた「料亭の蕎麦」。

    せっかくのこの機会、今日は思い切って行ってみよう~niko.gif

    11-5-12 店

    加賀料理の伝統的後継者、との「赤坂浅田」さんの裏側に、
    こちらは、表の「浅田」さんの重厚な佇まいに比べ、
    すっと下ろされた暖簾に、上品ながらも、まだ身近な雰囲気を漂わす。

    赤坂 創業萬治二年・加賀料理 赤坂浅田「伊兵衛」

    11-5-12 品店頭

    入口前に品書きが置かれているのも、安心させられ…

    11-5-12 品店頭あぷ

    食べてみたいと思っていた「加賀百万石蕎麦」を確かめて…、

    蕎麦専門別館とは言え、料亭のオーラが漂う暖簾にやや緊張し、
    くぐり入ると、すぐ出迎えて下さった、着物に身を包んだ上品な花番さん。

    一人であると告げると、「カウンターでよろしいですか」と、
    丁寧に通された間を前に、すっと背筋が伸びてくるよう…。

    11-5-12 店内

    すっと伸びた一枚板のカウンターに、静まり返った格式のある空間。
    作業後のカジュアルな格好で来ちゃったけど…、と心の中でちょっとオロオロ。

    そんな私に、優しい頬笑みを向けながら、出してくれた温かいお茶に、
    フェイスタオル大の、上質のタオル生地の太いお絞りを出して下さり…

    一通り品書きを眺め、お願いした「加賀百万石蕎麦」。

    11-5-12 そば

    しずしずと出されたお盆には、二つの器に盛られた蕎麦に、
    醤油露と汐露の二つが出されるのが、珍しい。
    横には、艶々輝くご飯に、三種の佃煮が盛られていて…

    11-5-12 そばあぷ

    早速、白山麓鳥越村産で打たれたとのお蕎麦をば。
    やや挽きぐるみのグレーに帯びた、端正に切り揃った細切りの蕎麦。
    中に、細かな微粉の蕎麦粒が見え、ふわりと軽やかに蕎麦の香りが漂う。

    口に含むと、きりっとして心地のいい歯ごたえがあり、
    するりと落ちる爽やかな喉越し。
    噛みしめると、じんわりきちんと香ばしい蕎麦の味わいも感じ、
    料亭の蕎麦とは言え、これはなかなか本格的 bikkuri.gif

    次は汁だ、とまずは醤油露に浸してみると、
    鰹ベースの、やや醤油味がきつめの、しっかりとした汁で、
    この蕎麦には、やや強いような心地もするが、悪くは、ない。

    11-5-12 そば汐で

    そして…、東京では見た事のない、透明な「汐露」。
    昆布出汁に塩で作られたそうだけど…

    と、浸し食べてみると、これが美味しい hahha.gif

    柔らかくまろやかな出汁に、そっと添えるように広がる塩味。
    醤油のキツさに比べ、柔らかく、蕎麦の風味を後ろでそっと支えるよう。
    成程…、これが加賀流の蕎麦汁なのかっ、としみじみと感じながら、
    すっかりこの汁にはまってしまう。

    食べている間もずっと目の前に立たれているので、やや緊張もするのだが…
    蕎麦を食べ終える頃合いぴたり、程良く白濁した蕎麦湯が出され、
    この塩露に注ぎ入れると、極上の吸い物のよう。

    11-5-12 三点盛り

    と、ぺろりと食べてしまった後は、添えられたご飯をも。
    浅利の佃煮に、牛蒡の醤油漬け、松の実入りの牛肉のしぐれ煮で、
    ふっくらご飯も、又美味しく頂いて…

    11-5-12 デザート

    お盆が下げられた後には、そっとお茶を継ぎ足して下さり、
    出されたデザート二品が美しい、
    「マンゴーのゼリー寄せ」に、「黄粉のムース」。

    このムースが、うっとりする程美味しくて…
    ご馳走様でした~hahha.gif

    いささか緊張しつつも、長年の念願かなった満足なお昼。
    いつか…、蕎麦がきやお料理なども楽しめる「蕎麦御膳」も食べてみたいなあ。



    11-5-12 店あぷ
    「浅田屋 伊兵衛」

    港区赤坂3-6-4
    03-3585-6606
    11:30~14:30 / 17:30~22:00(月~金)
    17:30~22:00(土曜)
    日曜・祝日定休
    禁煙
    お店のHP


    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント
    この記事へのコメント
    とあ様
    この汐露は、さすが東京にはない味かと…。
    上品で、奥行き深い、美味しい汁でした。

    お蕎麦もご飯も、上品盛りなので、男の人は、お蕎麦追加した方がいいかも、の量でしたよ~
    2011/05/14(土) 11:00:47 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    まがり様
    ほんと、その通り(^^)。
    こちらは、料亭の、蕎麦専門の別館なんです。
    だから、ちょっとは気楽かしら、、
    2011/05/14(土) 10:59:37 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    まあやん様
    この辺りも、近距離でお蕎麦屋さんが密集していますよね(^^)。

    この汐露が、とてもよかったです。
    今度は、ぜひ(^^)。
    2011/05/14(土) 10:58:35 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    よしの様
    確かに…、実際に、金沢行って、食べてみたいですね~。
    その時は、きちんと身なりも整えて(^^;;

    「どちらかというと」というのが面白いですが、山独活、大好きなんです!やっぱり、まっちろな東京ウドとは違って、あの野生味ある香りに味。(私は、これで育ったので…)
    ダンボール一箱とは羨ましいです。
    (キンピラが特に好き)

    工房さんと連絡が…
    よかった、本当に、、、よかった…(u_u*)~
    2011/05/14(土) 10:56:11 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    汐露、気になります

    どんなお味なんでしょう~

    黄粉のムースもおいしそうですね

    おなかいっぱいになりそうです(^^♪
    2011/05/14(土) 00:53:39 | URL | とあ #-[編集]
    料亭のお蕎麦って
    一通りコース料理を食べた後
    「ご飯になさいますか?お蕎麦になさいますか?」
    とかって聞いてきて
    ぽちょん、と
    ちょっぴり出てくるのだったらどうしよう
    って料亭って入った事無いわ・・・

    2011/05/13(金) 17:21:36 | URL | ☆まがり★ #-[編集]
    美味しそう~
     お久しぶりです。この前は何度も通っていますが、入ったことはありませんでした。が。しかし、写真と記事を拝見すると~行きたくなっちゃいますです。
     美味しそうですね~♪
    2011/05/13(金) 16:16:05 | URL | まあやん #-[編集]
    とても
    当方の野良着スーツでは行けない雰囲気ありあり・・・
    ...orz(大汗;;;;

    実際に金沢に行って、待合で食膳が整うのをシンミリと待ち、
    お席にご案内されて肘掛のある膳で上品に無茶苦茶飲み食いする。
    (笑 そのほうがよさそう?

    さて、郷里の友人が、「どちらかというと山独活」を送って
    くれました。真冬に当地のいただきものお流れ菜花をダンボール一つ
    送ったお返しです。春になったら送るから、ということで楽しみに
    しておりましたら、やはりダンボール(ミカン箱くらい)で。(汗;

    独活はいいですね、楽しみ方色々。天ぷら、キンピラ、酢の物、味噌汁、
    胡麻和え様々。
    どちらかというと中高年向きではありますが、山菜の中でもツブシが
    利きます。
    (なんのことやら...

    蛇足:過日『工房』さんからメールが入り、情報を改めて確かめることが
    出来ました。
    色々ご心配おかけします。有難うございました。
    2011/05/13(金) 13:36:04 | URL | よしの #-[編集]
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >