FC2ブログ
    つれづれ蕎麦 
    神楽坂 「蕎楽亭」 トマトそば
    2011年07月15日 (金) 21:18 | 編集

    乗り変えついでの、神楽坂でお昼をば。
    …と、駅を上がってみたら、およよっ、この、熱気充満した空気は何ぞや?

    暑さを一層際立たせているかのような、祭りムードの、熱気溢れた神楽坂。

    11-7-5 街

    成程~、20日からの「神楽坂祭り」の高ぶる気配、なのかしらん~。
    と、ずらりと連なる提灯に、なんだか私もこころ沸き立つのを感じつつ…

    11-7-5 店

    昨日に引き続き、トマトのお蕎麦が食べたい気分。
    すっかり夏の風物詩、「蕎楽亭」のトマト蕎麦、夏に一度は食べなくちゃ niko.gif

    神楽坂 「石臼挽き手打 蕎楽亭」

    扉を開き入ると、外のむんっとした暑さを凌ぐ、心地のいい空気が流れ、
    こんな時間でも、まだまだお客さんが、ゆったりと寛ぐ空気が心地よい。

    スタッフ皆さんの、あったかな応対も心地よく、
    ゆったりとしたテーブル席を、贅沢に座らせて頂いて…、

    11-7-5 品酒

    楽しそうに年配のグループが昼酒を楽しんでいるのを横目に見つつ、
    私も一杯だけなら…、

    11-7-5 酒

    と、お願いした、この陽気にはすっきりとしたお酒、「水芭蕉」。

    11-7-5 酒あて

    添えて出されるお通しの「煮昆布」の、ほんのり甘めでピリっ。
    これ、美味しいなぁ…futt.gif  

    11-7-5 品こづゆ

    お酒に合わせて、この所、福島話題を見ていて、妙に食べたくなってた、
    会津の伝統料理「こづゆ」を注文。

    11-7-5 こづゆ

    頼むと程なく、小さな器にたっぷり注がれた、熱々「こづゆ」。

    11-7-5 こづゆあぷ

    小町麩に、人参、里芋、蒟蒻、きくらげ、ちくわ、大根…
    様々な具が入ったお碗は、それだけでご馳走もの。

    11-7-5 こづゆ貝柱

    貝柱で取られた出汁は、心に染みるように優しくて滋味深く、
    出汁を取った後の貝柱も、歯ごたえしゃきっとして、これも美味。

    じんわ~り、あったかな心地のほのぼのとした心地になりつつ、
    ゆっくりと冷酒を傾けていると、

    11-7-5 煮こごり

    そっと出された、「鱧の子の煮こごり」

    11-7-5 煮こごりあぷ

    じ~んわりと鱧の風味の染みた煮こごりの中に、粒々がたっぷり。
    口にすれば、出汁の風味の中に、ぷちぷち粒々がうごめく快感。
    こ、こ、これは、魚卵好きには、悶絶もの~っっlove.gif

    と、これでうれしくたっぷりと蕎麦前を楽しませて頂いて…

    11-7-5 品ランチ

    いよいよ、お目当てのお蕎麦をばっ。
    ランチのお得なメニュー「鱧天ざる」に、一瞬心揺らぐものの、

    11-7-5 品トマト

    今日は、これっ、これが食べたい、「トマト蕎麦」。

    11-7-5 トマトそば

    頼むとすぐ、蕎麦猪口に蕎麦汁が置かれ、程なく、主役登場~。

    11-7-5 トマトそばあぷ

    繊細に立たれた細切りの蕎麦の真ん中に、品よく盛られた特製トマトだれ。

    11-7-5 そばたべ

    まずは、そのままの蕎麦をば、と手繰れば、
    繊細に混ざった蕎麦の欠片の星が美しく、かすかに感じるざらつき感。
    しなやかな腰に、心地のいい喉越し。

    この蕎麦が旨いっ、んー、このままもり汁で食べたくなってしまうな~futt.gif
    と、いくばくか、素のままの蕎麦をたぐり、もり汁で味わって…

    11-7-5 トマトでたべ

    ではっ、と、この蕎楽亭オリジナルトマトソースに絡め頂くと、
    んん~んっ、やっぱりこれは美味しい~buchu-.gif

    トマトの酸味甘みが、蕎麦汁とじわりと交わった、和の味わいに、
    時おり、ふわっと広がるバジルの風味が実に新鮮。
    …と、食べ続けていると、次第にぴりりっと唐辛子の辛味が、さらに後引く。

    だんだん辛さを感じてくるも、辛~いと思いつつも、これが妙にクセになり、
    気付いたら、いつの間にか、空のお皿。
    やっぱりこれは…、夏に食べたい一蕎麦だ futt.gif

    11-7-5 蕎麦湯

    最後には、残ったトマトにもり汁に蕎麦湯を注ぎ、ゆっくりと余韻に浸り…

    ご馳走様でした~hahha.gif

    と、お勘定をしていたら、置かれていた、かわいいフィギュア。

    11-7-5 白虎隊

    さすが、会津出身の長谷川さん、がんばれ東北の「白虎隊」 hahha.gif
    チャリティー、義捐金になるそうです。



    11-7-5 がんばろう東北
    「石臼挽き手打 蕎楽亭」

    新宿区神楽坂3-6 神楽坂館1F
    03-3269-3233
    11:30~15:00 / 17:00~21:00
    日曜、祝日休み(月曜は夜のみ)
    禁煙・・だと思う




    2010年11月30日 お料理いろいろ「ホット湯葉そば」「カレーそば」「並そば」「十割」「冷麦」「うどん」
    2010年 8月25日 「トマト蕎麦」
    2008年12月19日 「小づゆ」に熱燗、「ホット湯葉蕎麦」
    2007年12月 7日 「けんちん汁」に「二色そば」
    2006年 1月14日 お料理もいろいろ堪能、「新年会」
    2005年 7月11日 新店舗での宴会、「十割そば」に「二八そば」そして「ひやむぎ」
    2005年 2月10日 初めての訪問@市ヶ谷での店時代
    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント
    この記事へのコメント
    shin様
    こちらのお店は、以前は、市ヶ谷から坂を上った、牛込神楽坂の途中にあったんです。お蕎麦は、元々松翁仕込。
    ご主人のお人柄が、きっと人を呼ぶのかなぁ、などとも思っています。

    いいお店ですよね(^^)。
    2011/07/18(月) 08:40:23 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    この店中々です
    蕎楽亭はかなり人気ですね
    食べログという庶民的な情報WEBでも凄い支持です
    多分人気の秘密は小気味のいいアイデア料理と、基本がしっかりした蕎麦そのものですね
    この店も最近yukaさんから知りました
    いつから故郷神楽坂にこんな素敵な連中がいついたのでしょう
    2011/07/18(月) 00:18:07 | URL | shin #ELD9pjOg[編集]
    たかみのみかた様
    うふふ、妄想、好き♪

    では、もっと悩ましちゃうのは…
    銀杏@大島に、潮@西国分寺のトマトも併せて、どれにします~?(^^)




    って、私でも、全部!
    になっちゃいます(^^;
    2011/07/17(日) 22:51:14 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    桃猫様
    まあっ、もしかしたら、一日違いだったのかしら。
    「こづゆ」熱々なんですが、これがなんともしみじみとおいしくて・・・・。
    次回は、ぜひぜひ。

    ここの、冷麦もいいですよね♪
    2011/07/17(日) 22:49:26 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    LM2様
    コメントありがとうございます♪

    ぜひぜひ!
    8月いっぱいはやっていると思いますので…。

    私も今年は、近江屋のとまとそば、食べようと思っているところです(^^)。
    出石皿そば、又しても、食べられず、心残りでいます。。。
    2011/07/17(日) 22:47:30 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    妄想
    同じトマトを使った蕎麦でも各お店で全く違うところが面白いですね。

    いつもの事なのですが、食べられる訳でもないのに「眠庵さんのクリーミーと、蕎楽亭さんのピリ辛、どっちのトマト蕎麦がいいかなぁ・・・」と悩んでしまいました。

    答えは、両方!!!

    ちょっと虚しい・・・。
    2011/07/17(日) 17:56:23 | URL | たかみのみかた #-[編集]
    こづゆもよさげ。
    お暑うございます!行かれましたか、、、自分は、こづゆがアツアツで避けたのですが、、、やっぱり良さげだなぁ~と、、、夏場は、蕎麦屋へ行く回数が上がりますね。
    2011/07/17(日) 12:24:28 | URL | 桃猫 #halAVcVc[編集]
    トマト、トマト、トマト
    連日のトマトそば、素晴らしいですね。
    私も今夏中にいただきにいきます。
    あ~、おいしそう(笑)
    2011/07/17(日) 10:36:05 | URL | LM2 #d65amsog[編集]
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >