久米川 「手繰りや 玄治」 秋茄子せいろ

2011/09/21/22:36  [東京都下の蕎麦]東村山市 画像あり

さて出かけようか、と思っていた矢先に、先生から電話がかかる。
「台風がすごいから…、お稽古は中止にしましょう」
家を揺るがす程の風が吹き荒れ、ほっとして家事などしていたが…、

昼時になったら、さすがにお腹が空いて来た。
雨や風は、止んだり降ったり、の時間差で交互に来る程度。

旅路後、今日はどうしても東京の美味しいお蕎麦が食べたい、
なあに、ほんの一時間ほど。
どうせ買い物には行かなくちゃならんのだし、行っちゃおう bikkuri.gif

と、咄嗟に向かった、久米川駅。
夏すぎて、秋の品書きが出ているかも~…

11-9-21 店

と、降り立った途端に、すさまじい雨風に吹かれ、

豪雨の中に、見知ったお店の暖簾が見えてきたら、
もうそれだけで、ほっと安堵し、肩の力も抜けるよう u-n.gif

久米川 「手繰りや 玄冶」


昼もとうに過ぎた、そろそろ2時になろうかとする…
しかも、これから台風が到着すると言う日だもの、そりゃそうだ、先客はない。

足を踏み入れた途端に、びっくりしながら迎えてくれる奥さんの笑顔に、
ああ、やっぱり来てよかった、と心底うれしくなってしまう。

「大丈夫ですか~?家の近くに川とかないですか?」
などと心配されつつも、すぐに始まる世間話。

これから、が、台風の本番、さっさと食べて戻りなさい
と、頭の中でささやく声が聞こえるが…

11-9-21 品酒11-9-21 品酒2

ここに座ったら、しかも貸し切りの今、
ちょっとだけ、とお願いした、福島のお酒「天明」。

11-9-21 酒

南蛮味噌が添えられた、たたき胡瓜の充てが、しみじみと美味しく…

11-9-21 品料理

お酒を頂いたのなら、玄冶さんのお料理もちょっとだけつまみたい。

と、秋バージョンに変わった品書きを眺め、
中から惹かれた、「いろいろ茸みぞれ酢和え」(400円)。

11-9-21 きのこ

硝子の器に、たっぷりとかかった、甘酢仕立ての大根おろしに、
さまざまな茸が、これもたっぷり。

11-9-21 きのこたべ

しゃきしゃききのこはもちろんのこと、風雅な香りの菊花が添えられ、
何よりも、このみぞれ酢の塩梅が、実に美味しい。

と、頂きながら、他にお客さんのない店内で、
ご主人、奥様とのあれこれと交わす会話が本当~に楽しくて…

11-9-21 暖簾211-9-21 暖簾

もう一杯~と、腰を据えたくなってしまうところだが、
ふと見る扉の外の暖簾は、さらに勢いを増し、パタパタと暴れてる。
流石に、そろそろ切り上げた方がいいなあ…

と、〆のお蕎麦を、と改めて品書きを手にすると、ここもすっかり秋景色。

11-9-21 品そば

11-9-21 品うどn

「とりきのこ汁」にも興味が湧いたが、たっぷりの茸を食べたばかり。
これは…、秋新メニュー「秋茄子せいろ」を頂こう~hahha.gif

11-9-21 手引あります

しかも、うれしいな、台風のお陰で、この時間でも手挽きがまだ残ってる。
お蕎麦は、手挽きにしてもらって、早速注文~。

11-9-21 そば

程なく出されたお盆には、たっぷりの暖か漬け汁に、手挽きのせいろ。

11-9-21 そばどあぷ

ざっくりと断たれた細切りの断面は、穀物感たっぷりで、
顔を寄せた途端に、ぐわ~っと込み上げてくる、濃厚な蕎麦の香り。

この時期でこんなに豊かな香りがするなんて…!
と、思わずうっとりしつつ、「これ、どこの蕎麦ですか?」とお聞きすると、

北海道の秋新、「秩父別(ちっぷべつ)」の蕎麦だそう。

「挽いてても、香りがすごくて、これは確保しときたい蕎麦なんですよ」
と、ご主人の自信にみなぎったにこにこ顔が、とてもうれしい。

11-9-21 そばあぷ

しかも、今日の蕎麦は、粗挽きであってもきれいにつながり、
口に含めば、ぷつぷつ混ざった蕎麦の欠片の感触が、ざらりと掠め、
噛みしめると、ほろりとしてたおやかな腰が心地いい。

そして、その瞬間、じわりっと広がる香ばしさ。
美味しいい~~love.gif

ああああ、来てよかった、としみじみと。
玄冶さんの蕎麦は、来る度に美味しさを増してきている…
うれしくて、しばしそのまま蕎麦だけで堪能し、

11-9-21 茄子汁

横で、ほかほかと湯気を立てた「秋茄子汁」をば。

11-9-21 そば絡めたべ

と、蕎麦をそろり浸し頂くと、出汁がじわりと染みた汁が実に旨いっ。
熱々汁に浸り、ほろりと零れる蕎麦からは、ふわっと甘みが広がってくる。

おおおお、これは美味しい~buchu-.gif

11-9-21 茄子たべ2

しかも中には、繊細な格子目の入った、茄子紺輝く茄子が二切れ。
とろりとした茄子は、噛みしめた途端に、じゅわ~と広がる茄子の甘み。

11-9-21 茄子とそば

これを蕎麦と一緒にほおばれば、茄子の甘みが蕎麦と絡み合い、
思わず目尻が下がってしまう、旨み抜群。
後にほんのりぴりりっと、唐辛子の辛味がアクセントになり、
後はもう、夢中で手繰り浸し…と、食べてしまう。

最後に、熱々さらさらの蕎麦湯で、しっかりと余韻を楽しんでいると…
ゴロロロロ…、と、何時の間にか、石臼の前に座っていたご主人。

11-9-21 ひいてる11-9-21 ひいてる2

見せてもらった蕎麦は、常陸秋蕎麦以上に、ふっくりとした大きな実。
ああ、これが、あの旨さなんだ…と、台風が吹こうが、
こうして丁寧に手挽きしている蕎麦を頂けた事を、心から有難く思う。

ご馳走様でした~hahha.gif

電車が止まる前に、自駅にも到着。
蕎麦を食べてる間だけ、神様も見守ってくれたのかな…futt.gif



11-9-21 最後暖簾
「手繰りや 玄治」

東村山市栄町2-38-2
042-398-5833
11:00~21:30
11:00~15:00(月曜)
火曜日定休  
禁煙



2011年 7月11日 「和風ピクルス」に、しゃりしゃりかき氷「冷かけそば」
2011年 5月27日 「淡々トマト蕎麦」
2011年 3月24日 「たらこのからすみ」に、「若竹せいろ」
2011年 1月26日 「煮やっこ蕎麦」
2010年10月13日 「焼き茄子の生ハム巻き」など蕎麦前を、絶品「松茸そば」
2010年 8月 4日 「夏野菜のじゅれかけそば」
2010年 6月28日 「夏野菜のじゅれかけ」絶品「トマト坦々そば」
2010年 3月21日 「若竹せいろ」
2009年 8月 5日 手挽きで「冷かけそば」
2008年 8月 8日 「自家製さつま揚げ」に「冷かけそば」
2008年 3月 7日 「海老しんじょう」に、「鴨ロース付き鴨せいろ」
2008年 1月29日 豪華っ「野菜天せいろ」
関連記事
トラックバックURL

http://chibiyukarin.blog4.fc2.com/tb.php/2027-36825238

◄ prev next ►