つれづれ蕎麦 
    六本木 「夢路」
    2011年10月17日 (月) 22:02 | 編集

    ちょっと前に、片倉さんのブログを拝見していて、
    六本木、しかもミッドタウンすぐ近くに新たなお店が出来たと知り…

    時折、所用で訪れる六本木。
    これは、とても興味しんしん。

    ようやく今日、近くまで来たついでに、お昼を頂きに寄ってみよう niko.gif

    六本木駅、ミッドタウン出口の大通りから入った、細い路地。
    ゆるい下り坂をどきどきしながら道沿いに下って行くと…
    程なく、ガラス越しに打ち場が見える、モダンなお店に辿り着く。

    11-10-17 店

    紅紫の細長い垂れ旗が趣き感じる、すっきりとした佇まい。

    六本木 「純手打そば 夢路 soba yumeji」

    11-10-17 品ランチ

    店前に置かれた品書きに目を通そうと、近づくと…、
    あ、これはいいなぁ、「本日のランチ」は、
    「野菜たっぷり」との、「掻き揚げせいろ」(950円) onpu.gif

    きちんと整頓された打ち場に目をやり、扉を開き入ると、
    あ…、これは素敵 hahha.gif
    真っ白な壁に、白木で統一されたテーブルが目に柔らかく、
    新しいお店の清潔感が漂う、優しく心地のいい空気に満ちている。

    11-10-17 店内

    既に1時もとうに回った昼下がり。
    5卓程並んだテーブルに一組のお客さん、4席のカウンターにはお一人。
    すぐににこにこっと優しい笑顔の女将さんに迎えられ、
    奥のテーブルに腰を下ろす。

    後ろに静かに流れるBGMは、サンサーンスの「瀕死の白鳥」。
    芸術劇場が近いだけあって、この曲が又しっくりと胸に染み…

    11-10-17 品ひやおろし11-10-17 品ひやおろし

    早速置かれている品書きを手にすると、うれしいな、
    お昼でも、きちんとお酒の品書きが置かれてる futt.gif

    11-10-17 品酒あぷ

    珍しいお酒など、なかなか豊富に並ぶ品書きに目を通し、
    「やわらかく優しいふくらみ」の文字に惹かれ、「一白水成」をお願いすると、
    「これ、美味しいですよ、私も好きなんです、お勧めです♪」
    と、愛らしい笑顔で応えて下さる、女将さん。

    「お猪口で頂きます?、それともグラスにします?」
    と聞いて下さるのも、うれしく、猪口で頂くのが私は好き。

    猪口でと、お願いし、表にあったランチの「掻き揚げせいろ」を天先で、
    の注文も、するりと通るのが又うれしい futt.gif

    11-10-17 酒

    出して下さった片口は、美しい浅葱色の陶器の器に、
    幻想的な彫りの入った、青色のグラスのお猪口。

    11-10-17 酒あて

    充てには、うれしいなぁ、好物の「山葵菜の醤油漬け」。
    浸かり具合もぴたり、ツーンと鮮烈な山葵の辛味が心地のいい。

    11-10-17 品一品

    これを口にしつつ、改めて品書きを手にしてみると、
    お昼にもきちんと、ちょこちょこっとした一品料理が並び、

    11-10-17 品そば

    お蕎麦は、「せいろ」に、「田舎」の二種類があり、「合い盛り」もあるよう。
    となったら、と急ぎ、「せいろ」を「合い盛り」にお願いしたら…、
    残念~っ、今日はもう、「田舎」が終わってしまったそう hanamizu.gif

    11-10-17 かきあげ

    無い物は仕方なし、…と思っているところに、
    目の前に出された、こんもりとした「野菜の掻き揚げ」。

    11-10-17 かきあげあぷ

    見るからにカラリと揚がった掻き揚げには、椎茸や南瓜が見え隠れ。

    11-10-17 かきあげ食べ

    箸を入れると、ザクザクザク…と崩れ、
    さっくりというよりは、かりかりっとした歯ごたえ。
    どこかクリスピーのような感覚の天ぷらだが、油っぽさもなく軽やかで、
    添えられた天つゆを浸し頂くと、これがお酒に程良い。

    しかも、ほこほこっとした南瓜の甘みに、肉厚の椎茸は風味が濃厚。
    この充てでしばし楽しみ…futt.gif

    11-10-17 そば

    お声かけして出して頂いた「せいろそば」。

    11-10-17 そばあぷ

    北海道雨竜の新蕎麦との蕎麦は、微粉で打たれた艶やかな細切り。
    強くはないが清々しく、ほっこりとした香りが、ふわ~り。

    11-10-17 そばどあぷ

    手繰り口に含むと、優しい腰加減に、するるっと落ちる喉越しの良さ。
    二八くらいだろうか、江戸前の蕎麦らしさが伺え、
    噛みしめると、ほのかに広がる、フレッシュな蕎麦の味わい。

    そっと口にする汁は、まろやかで雑味なくすぅ~っと伸びる旨みがあり、
    蕎麦をそっと支え、これは美味しい futt.gif

    量も思ったよりもしっかりあるのも、食べ終えたら、満足度たっぷり。
    頃合い見て出して下さる配慮もうれしく、ナチュラルな蕎麦湯を注ぎ入れ、
    「お勧めのお酒、美味しかったです」
    と伝えて、気さくでかわいい女将さんとちょっとお話しなどなど…

    11-10-17 品夜

    「夜はこういう一品料理もあるんです」
    と見せて頂いた品書きは、この地にしてうれしい手頃なお料理。
    「ぜひ、夜もいらっしゃって下さい(^^)」
    の言葉がとてもうれしく、殺伐としていそうな六本木にありながら、
    この暖かなもてなしが、何よりも心に染みるよう。

    ご馳走様でした~hahha.gif

    六本木駅からも程近く、でありながら隠れ家めいた場所も魅力的。
    今度は是非夜にでも…
    それと、次回は是非「田舎」も食べてみたいな niko.gif



    11-10-17 のれん
    「純手打そば 夢路 soba yumeji」

    港区六本木7-9-7
    03-3479-0678
    11:30~14:00 / 17:30~21:00
    日曜祝日・第2月曜定休
    禁煙


    関連記事
    スポンサーサイト

    コメント
    この記事へのコメント
    四川赤熊猫様
    きのこのつけ汁、良さそう♪
    はい、北海道から始まり、新蕎麦の季節(^^)。

    こちらでも新蕎麦だったんですね♪
    2012/10/03(水) 09:16:48 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    秋の味覚!
    本日、木の子つけ汁せいろ(1,300 圓)大盛(+400 圓)をいただいてまいりました!
    美味しかったにゃああ。

    新そばの季節なのですね。
    2012/10/02(火) 22:40:41 | URL | 四川赤熊猫 #-[編集]
    よしのp様
    そうなんです、行きたいな、と思っているところなので、近々行きますね♪。
    結構前から、考えていたのですが、
    なかなか、時間が合わなくて、まだなんですが…。

    待ってて下さいマシ。
    2011/10/19(水) 19:42:23 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    ロケーション
    にして行きやすそう、近場のあっち(「H」)と比べても。(汗;

    さて、話は「片倉さん」の方へ...
    立川で先に閉店された「そば〇」さんのお店に、ほぼイヌキで
    入られたのは?

    そうですね、片倉さんのほうのHPに紹介のある「ふたつ庵」さん。

    つまり、

    『玄庵出身者 ⇒ 一茶庵出身者』

    というリレーなんでした!(ま、今日日驚いたことでもないか?
    2011/10/19(水) 16:45:58 | URL | よしの #-[編集]
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >