つれづれ蕎麦 
    新江古田 「じゆうさん」 夜の宴
    2011年10月23日 (日) 00:16 | 編集

    ひょんな事から話しが出て、とんとんと決まったプチ蕎麦会。
    北海道からの友人を迎えて、小田原からも一人来て下さり…

    私も、考えてみたら夜の「じゆうさん」は初めて。
    東京在住組3人と共に、わくわくしながら、お店へと…niko.gif

    11-10-22 店

    すっかり日も落ち、目白通りの大通りに面してひっそりと、
    ほのかな灯りが灯され、そっと静かに佇む。

    新江古田 「じゆうさん」



    扉を開いた途端に、店内の柔らかな灯りに包まれて…、
    奥の小上がり席に既に到着していた3人の横に、私も並んで腰を下ろす。

    11-10-22 乾杯

    急ぎビールをもらって、早速乾杯~。

    11-10-22 ビア

    恵比寿生は、乾いていた喉に心地よく流れ、
    添えられた、角切りの揚げ蕎麦が、軽やかでとても美味しい。

    11-10-22 品

    すぐに話が始まる中、まずは「今日のお勧め」を手にすると、
    常連Hさんが、いくつか既に頼んでおいてくれたそうで…

    11-10-22 鰊

    程なく出された、じゆうさんの絶品「鰊煮」。
    半身分たっぷり、5日間ことこと炊かれた鰊は、銀肌が艶やかに輝き、

    11-10-22 鰊たべ

    箸がすっと入り、ほろろと零れる程柔らかい。
    臭みなど全くなく、味がしっかりと染み…、これを口にしたら早速お酒 niko.gif

    11-10-22 たまご

    程なく、ふっくらジューシーな熱々の「出汁巻き玉子」も到着し、

    11-10-22 焼き味噌

    竹やぶ独特の石焼き風の「焼き味噌」には、

    11-10-22 焼き味噌たべ

    海老の頭など混ぜ込まれ、これはやっぱり美味し~い buchu-.gif

    11-10-22 そばがき

    そして、待っていました♪の「粗挽きそばがき」。

    11-10-22 そばがきあぷ

    ほかほか湯気を立てた蕎麦がきには、
    ぷつぷつとふんだんに埋まる、丸抜きの蕎麦の粒々。
    置かれた瞬間に、むわ~っと立ち込める芳しい蕎麦の香りにうっとり futt.gif

    11-10-22 そばがきたべ

    箸を入れると、ふわんとしてもっちりとろり。
    口に含めば、口中をこの蕎麦粒があちこちに駆け回り、
    その間にじわじわと広がる濃厚な味わい。

    この感触にこの風味、この蕎麦がきはやはり絶品~ love.gif

    11-10-22 ぜんまい

    と、すっかりお酒も飲みほしてしまい…、
    熱燗に、「ぜんまい」を追加注文。

    11-10-22 熱燗

    どっしりと太く、上品な出汁が染み入ったぜんまいに熱燗がたまらない。

    心地よく酔いも回ってきたところで…
    そろそろお蕎麦を頂こう niko.gif

    11-10-22 せいろ

    まずは、黒姫の蕎麦で打たれた「せいろ」から。

    11-10-22 せいろあぷ

    切りムラ一切なく、角がきりりと立った、優雅で毅然とした美しさ。

    11-10-22 せいろたべ

    手繰り上げれば、鼻孔を豊かにくすぐる、馥郁とした蕎麦の香り。
    口に含めば、しっとりとして心地のいい絶妙の腰が歯を返し、
    噛みしめた途端に、豊かに広がる穀物の味わい。

    美味しい…と思っている瞬間に、するりと落ちる喉越しもよく、
    今日は又一段と味わい豊かで、この「せいろ」、これは美味しい love.gif

    11-10-22 田舎

    続いて…、玄ごと挽いた、福井の蕎麦で打たれた「田舎そば」。

    11-10-22 田舎あぷ

    どこか透明感のある、清らかなグレーの細切りの中に、
    ぱらぱらと散る蕎麦の欠片。

    11-10-22 田舎たべ

    手繰り上げれば、先の「せいろ」とは又異なる、焙煎したかのような香りが立ち、
    口に含めば、しっとりとしてしなやか。
    ほのかにざらりとした感触が口肌をかすめ、これがたまらない。

    噛みしめれば、じんわり広がるえぐみを含んだ香ばしさがあり、
    軽やかに喉を通り過ぎ、その後でむんっと返ってくる香ばしさ。
    素朴な田舎とは違う、気品溢れた「田舎そば」、
    やはり、これは美味しいなぁ love.gif

    11-10-22 かけ

    さらに、「かけ」に、食べてみたかった「鰊そば」をお願いすると、
    そうだったのか~、「鰊」は別盛りのよう。

    11-10-22 かけあぷ

    と、澄んだうつくしいかけ汁を眺め、器にとりわけ頂くと…

    11-10-22 かけたべ

    ああ、このかけ汁、これは、本当に本当に美味しい~love.giflove.gif

    すぅ~っと柔らかく、静かに体に染み入るような上品なかけ。
    まろやかで奥深く、それでいてすっきりとして、
    何度も何度もこの汁だけをすすってしまう。

    中の蕎麦は、熱々汁の中でも、きちんと歯ごたえを残し、
    この汁を纏った蕎麦が、又美味しい。

    11-10-22 かけ鰊

    と、添えられた、「鰊」を崩し浮かべれば、
    途端に鰊の旨みが汁の中に染みわたる。

    11-10-22 かけ鰊たべ

    蕎麦と共に口に含めば、鰊と蕎麦とのコラボレーション。
    こ、これ、ずるいよっと思わず言いそうな程、美味し~い buchu-.gif

    と、皆で手繰っていたら、あっという間。
    すっかりお蕎麦も満喫し…

    11-10-22 品栗

    来た時から気になっていた、「そばハチミツ・和栗の蕎麦デザート」。
    皆同じく気になっていたようで、銘々これも頂こう~onpu.gif

    11-10-22 栗

    と出された、ガラスの器の中には、
    粗挽きのそばがき(?)に、栗がたっぷりとトッピング。

    11-10-22 栗たべ

    食べてみると、蕎麦がきよりも柔らかくとろ~り。
    蕎麦粒のぷりぷり感に、ほんのりと広がる蕎麦ハチミツの甘みがかかり、
    栗はほこほこっとして、これは、美味しい hahha.gif

    私にはやや甘さ控えめだけれど、これは男の人にもいいだろうな~。
    と、すっかり満たされ、楽しい「じゆうさん」での夜の宴。

    ご馳走様でした~ hahha.gif



    北海道からのY様、お土産まで頂いたU様、
    そして、セッティングして下さったH様、
    貴重なお土産を下さったF様、皆さんありがとうございました~hahha.gif


    11-10-22 暖簾
    十割蕎麦 手挽蕎麦
    「手打蕎麦 じゆうさん」

    中野区江原町3-1-4
    03-3951-3397
    11:00~14:30 / 17:00~21:00
    月曜休  近くにコインPあり
    禁煙

    ご主人のブログ



    2011年 7月26日 「夏野菜の冷菜」に「梅おろし」
    2011年 6月26日 「夏野菜の白和え」に「鰊の冷かけ」
    2011年 3月 8日 来迎寺在来の「せいろ」に「九条葱おろし」
    2010年10月19日 蕎麦前を堪能、せいろに田舎、「かけ」三昧
    2010年 7月27日 氷結「梅おろしそば」
    2010年 4月15日 「かき菜のお浸し」、「葱鶏そば」
    2009年 8月14日 極上「おとうふ」、夏限定「梅おろし」
    2009年 5月23日 お料理をいろいろと、「手挽き田舎」を堪能
    2008年 7月23日 絶品、「氷結梅冷し」
    2007年 8月22日 五臓六腑に染みわたる 「氷結梅冷し」
    2007年 5月 8日 「鰊煮」に「山葵漬け」、「十割せいろ」
    2006年 7月 4日 片松葉で初訪問 「天麩羅」に「手挽きせいろ」
    関連記事
    スポンサーサイト

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >