つれづれ蕎麦 
    渋谷 「澟」 蕎麦屋酒で女子会
    2011年12月09日 (金) 23:35 | 編集

    今夜は、久しぶりに学生時代の友人と、忘年会を兼ねての女子会。
    かつて肩を並べて学んだ懐かしき学び舎の程近く、
    ここは是非、このメンバーで訪れたいと・・・futt.gif

    11-12-9 店

    宮益坂から入った、喧騒もなくなったほの暗い路地沿いに、
    ぼんやりと柔らかな灯りが、暖簾を通してほのかに洩れこぼれてる…。

    渋谷 「石臼挽き手打ち蕎麦・酒彩 凛」


    ほぼ一年ぶりに会う友人達とは、会ったらもうすぐ、昔のまま。
    すぐに話が盛り上がり、こりゃまるでおばちゃんの集まりだ ase2.gif

    11-12-9 品酒11-12-9 品ビア

    品書きを見ているのももどかしい程の我々だが、
    ようやく、好きな飲み物をそれぞれ選び…

    11-12-9 乾杯

    早速、再開に乾杯~

    11-12-9 ビア

    サッポロ黒生ビールでぐびっと喉を潤し、
    添えて出されたお通しは、軽やかで香ばしい「クワイの素揚げ」。
    ぽりぽりカリカリとつまみながら、お料理をとじっくり吟味。

    11-12-9 品つまみ

    回し見る品書きは、居酒屋顔負けしそうな程、豊富な品書き。
    まずは、「蕎麦屋定番のおつまみ」があり、

    11-12-9 品夜111-12-9 品夜2

    さらに、手頃な値段で並ぶ「夜の一品もの」がずらり。
    他に、一枚紙で「本日のおすすめ」(撮り忘れ)もあったりで、
    顔寄せ合って、あれこれ選んで、ようやく注文~onpu.gif

    11-12-9 ポテサラ

    頼むと程なく、あればついつい頼んじゃう、定番の「ポテトサラダ」。
    とろりとしてほっこり、コーンの甘みが程良く、ビールにぴったり niko.gif

    11-12-9 温やさい2

    続いて「本日のオススメ」の中にあった「温野菜」。
    ブロッコリーにカリフラワーなど、ほっこりと蒸された旬の野菜は、
    甘みに風味が濃く、添えられたオーロラソースがとても美味しい heart.gif

    11-12-9 たこ

    テンポよく、次々と、「たこの唐揚げ」が置かれ、

    11-12-9 とろろ

    海苔がからり、磯の風味がしみじとした「とろろの磯辺揚げ」

    11-12-9 揚げ

    これも大好物な、新潟の「栃尾の油揚げ」などが次々に並び…

    11-12-9 猪口

    これらのお料理を前にしたら、そろそろお酒が飲みたいな。
    …と、飲んだ事のない「大山」を選びお願いすると、様々な猪口が籠に出される。

    11-12-9 酒

    すっきりとして、クセのないストレートな旨みあるお酒は、食中酒にぴったり。
    ワイワイ話込みながら、お料理にお酒を堪能し…

    11-12-9 鶏わさ

    「鶏わさ」を追加して、お酒もお代り、熱燗を。
    銘柄失念~っ、お勧めされた熱燗が、とても美味しい。

    11-12-9 トマト

    最後に、気になっていた「トマトの卵あんかけ」もお願いし、
    古民家風のゆったりとした店内での、古の友人達との時間は愛おしい程。

    花番さんの応対も、気さくで暖かく、何とも楽しいほのぼのとしたひと時。。
    …と、すっかり満喫したところで、そろそろお蕎麦を頂こう~hahha.gif

    11-11-4 品

    と、お蕎麦の品書きを前にし、これも銘々選んで注文。

    11-12-9 せいろ

    Mちゃんは、シンプルにせいろそば、
    私の選んだ、「たぬきせいろ」と共に、それぞれ笊に盛られた蕎麦が置かれ…

    11-12-9 せいろあぷ

    やや平打ちぎみの、きりりっとした姿の蕎麦には、
    ところどころに蕎麦の欠片が散った、野趣さ感じる佇まい。

    顔を寄せれば、ほわ~んとふっくらとした蕎麦の香りが実に豊か
    しなやかで、ほのかに掠める蕎麦の欠片のざらつき感。
    噛みしめれば、じんわりと広がる香ばしさ、いいなあ、この蕎麦 futt.gif

    と、揚げ玉の入った猪口にもり汁を注ぎ入れ、絡め頂けば、
    さくさくっとした揚げ玉のコクがクセになる楽しさで…、

    11-12-9 ぶっかけ

    Jちゃんの頼んだ、「ぶっかけそば」は、大鉢丼に豪華に盛られ出される。
    とろろになめこ、辛味大根に海苔に卵黄、
    これをざっくり混ぜて食べる蕎麦、これがとっても美味し~い buchu-.gif

    11-12-9 湯葉そば

    と、次々交換して食べるのも楽しく、
    Kちゃんは、季節のお蕎麦、「湯葉きのこのあんかけそば」。

    11-12-9 湯葉汁

    私も初めて、そっと蓮華ですくって頂いたかけ汁、これが美味しい hahha.gif
    上品で優しく、出汁が柔らかく染みたしみじみ~と染みる旨汁。
    そこに、湯葉がほろろと溶け染みだし、これは絶妙。

    11-12-9 湯葉たべ

    と蕎麦を湯葉に絡めながら口にすれば、熱々汁に浸ってもなお、
    しっかりとした歯ごたえのある蕎麦が、実に旨いっ。
    おっ、ここの温かいお蕎麦、これはいいかもっ hahha.gif

    と、4人いれば、4種の蕎麦が食べられる、これもうれしく…
    さらりとしてしっかりと白濁した蕎麦湯をゆっくりと頂いて、
    久しぶりの友人とのひと時に、言葉にならない気持ちでいっぱい。

    花番さんの応対も暖かく、料理も美味しく大満足。

    ご馳走様でした~hahha.gif

    11-12-9 暖簾

    帰り道も、昔何度も通った道を肩並べ歩きつつ、
    懐かしい道を思い出話で楽しんで…

    何年経ってもかけがいの無い、学生時代の友人達。
    又、来年も、こうして会えたらいいなあ…futt.gif


    11-12-9 看板
    「石臼挽き手打ち蕎麦・酒彩 凛」

    渋谷区渋谷2-4-6
    03-3797-3060
    11:30~14:30 / 17:30~23:30
    日曜定休
    禁煙



    2011年11月 4日 「ランチセット」せいろと鶏そぼろ丼
    関連記事
    スポンサーサイト

    コメント
    この記事へのコメント
    shin様
    夜、次々にお客さんが入ってきて、よく繁盛していました。
    お料理のレベルも、蕎麦もきちんとしているので、いいのかもしれないですね。
    これからが、ますます楽しみです。
    蕎麦は、香りと風味があと一つあれば、言う事ないかも、です(^^)
    2011/12/14(水) 09:03:02 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    まがり様
    そうそう、器がどれも素敵なので、うれしかったです。
    いいぐい呑み、欲しいですねぇ(u_u*)~。
    でもって、思い出せなくて、ものすごく悔しかったりしています(:_;)
    2011/12/14(水) 09:01:06 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    おやおや、すぐそこまで....
    夜は夜でそこそこやるのです
    まだまだyukaさん基準にはほど遠いかもしれません
    ただ若い人達なので伸び代が大きく、去年より今年は随分いいのです、頑張って欲しいですね
    2011/12/13(火) 23:36:06 | URL | shin #ELD9pjOg[編集]
    宮益坂って言うと
    専門時代の特別講師の
    先生の個人事務所があって
    一回連れてってもらったのが懐かしい
    その道の有名な人なのでHPくらい
    あるだろうって検索したら
    財団法人開設しててびっくりした
    脱線
    いいですな~
    器に凝ってるお店~
    いいぐい飲み欲しいっす
    ぶっかけの器も湯葉きのこも
    器が素敵だ
    そう、お酒って飲んだこと無いお酒~
    とか思って飲んだのが
    「あ~よくある山田錦って感じ~」
    ってのは割りと覚えてたりするのに
    「これ、すっごい美味しい!!」
    ってのに限って思い出せない
    よくあります
    2011/12/13(火) 21:53:45 | URL | ☆まがり★ #-[編集]
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >