FC2ブログ
    つれづれ蕎麦 
    毛呂山 「もろやま田中屋」 荒挽きそば
    2011年12月11日 (日) 23:31 | 編集

    以前ふらりと寄って買った、毛呂山「麻原酒造」の「琵琶のさざなみ」。
    きれいな味わいで、とても美味しかったので、
    そろそろ新酒が出てるかも、とドライブがてらに買いに行ってみたのだが。。。

    11-12-11 浅原

    残念すぎる~っu-n.gif、新酒は今週土曜からの出荷だそうで、
    ブリューワリーには、日本酒が全く置かれておらず。
    やるかたなし…にも、無い物は仕方なく諦めて…、

    変わりに、丁度切れてた「弓削田醤油」を買い行こうか、と引き返す途中、
    通りがかった、老舗の貫録感じる、立派な佇まいのお蕎麦屋さん。

    気付けば昼も過ぎて、そろそろ午後2時。
    お腹も空いたし、偶然行き当たったというのも、何かの縁。
    ここでお昼を食べて行こう~hahha.gif

    11-12-11 店

    毛呂山 石臼挽き自家製粉「手打そば もろやま田中屋」


    お店の裏側に、広々と取られた駐車場に車を停め、
    年季の入った格子扉を開き入ると、どこか民芸風のほのぼのとした店内。

    11-12-11 石臼

    が、入口近くには、しかと石臼が鎮座され、ゆっくりと回ってる。
    こんな時間でも、店内はほぼ満席に埋まる賑わいを見せ、
    人気のお店なんだなぁと、感心しながら入口で見ていると…

    「今片づけますので、こちらにどうぞ~」
    と、仲居さんのような花番さんに、優しい笑顔で通されてる。
    窓際に面した席に座り、すぐに出されたお茶を頂き・・・

    11-12-11 品料理11-12-11 品そば

    早速置かれていた品書きを手にし吟味。
    冷たい蕎麦、温かい蕎麦、丼などがひと揃い、

    11-12-11 品酒

    おっ、お酒のメニューには、買えなかった「琵琶のさざなみ」が書かれてるぅ~naki.gif
    車でなかったら、一杯頂きたいところだが…

    11-12-11 品あらびき

    と、壁に貼られていた品書きを目で追うと、
    をっ♪、「荒挽きそば」の文字があるっ。(しかも限定品というのに価値感じ…)
    すぐに、私は、これに決めた onpu.gif

    11-12-11 品昼

    …と彼は、「毎日のサービス・メニュー」にするという。
    見ると、蕎麦に小天丼、さらに温泉玉子が付くセットのよう。

    「温泉玉子」??m001.gif…その文字に、心がふらふら。
    荒挽きでも出来のかお聞きすると、どのメニューも50円増しでできるそうで、
    「量、多いですか?」の質問に、
    「いいえぇ~、ぜんぜんっ、皆さんペロリと食べていかれますよ(^^)」
    と、自信ありありでおっしゃるので、私もセットでお願いする事に。

    帰るお客さんがいれば、又すぐ入ってくるお客さん。
    その流れが、なんだか微笑ましく眺めていると…、

    11-12-11 そば来た

    思ったよりも早く、目の前に出された薬味にお蕎麦、
    ワンテンポ遅れて、温泉玉子と小天丼がすっと出される。

    11-12-11 せいろ

    「せいろ」蕎麦は、丸い蒸篭に二段重ね。

    11-12-11 せいろあぷ

    つるりとした表面の、艶やかで伸びやかな端正な細切り。
    彼は、「うん、うん」と、満足そうに手繰り始め…

    11-12-11 あらびき

    目の前の真四角の蒸篭に盛られた「荒挽きそば」を目にしたら、
    その姿に、途端にうれしくなってしまう。

    11-12-11 あらびきあぷ

    透明感のある繊細な蕎麦は、ざっくりと断たれ穀物感溢れ、
    びっしり透明な蕎麦粒が重なり合った、美しい荒挽きの蕎麦

    11-12-11 あらびきたべ

    その姿にすっかりトキメキ、手繰り上げれば新蕎麦らしい香りがふわり。
    口に含むと、その粒のざらつきが感じられ、
    噛みしめれば、きしきしっと粒を噛みしめる感覚がしっかり。

    こ、これは…、美味しい love.gif

    心地のいいもちもちっとした腰もよく、じんわり広がる蕎麦の甘み。
    汁はやや甘めながら、この蕎麦にもよく寄りそい、
    うれしく、じっくり味わいながら、蕎麦の美しさを愛で夢中で手繰り…、

    11-12-11 たまご

    そして…、これが楽しみだった「温泉玉子」。

    11-12-11 あらびきとたまご

    最後にこれを絡めてみれば、荒挽きの溝にとろり絡まる、
    まったりとしたコクが加わり、これがたまらな~い buchu-.gif

    彼も、真似して絡め食べ、「あはは、これ旨い」とくすりと笑う。
    途中交換して食べてみた「せいろ」も、滑らかな口当たりに、
    しっかりとした腰があり、これもきちんとした美味しさで…

    11-12-11 蕎麦湯

    ナチュラルに白濁した蕎麦湯を頂いて…
    思ってもいなかった美味しい荒挽き蕎麦にうれしくて仕方ない。

    11-12-11 天丼

    次に「小天丼」に向き合えば、小海老三本というのもうれしく、
    食べてみれば、これが美味しい小海老の天ぷら。
    かりかりさくっと揚げられ、甘辛の丼汁がとても美味しい。

    花番さんの言葉にウソはなし、薄盛りのご飯で量もぴったり。
    丁寧で暖かく持て成してくれた花番さんの応対もうれしく、
    思いがけずのお蕎麦に、期待以上の大満足。

    ご馳走様でした~hahha.gif

    車を走らせれば、まだまだお蕎麦屋さんがそこそこに何軒も。
    「琵琶のさざなみ」リベンジしがてら、又訪れたいなあ。


    11-12-11 看板
    石臼挽き自家製粉「手打そば もろやま田中屋」

    埼玉県入間郡毛呂山町岩井西5-5-18
    049-295-3335
    11:00 - 20:00
    木曜定休(祝日営業、翌日休)
    Pたくさん




    弓削田醤油を無事ゲットして、帰りに寄り道した「鎌北糊」。

    11-12-11 景色2

    紅葉終わりかけの、湖も神秘的…
    11-12-11 景色5

    今度は、滝も見に行ってみたいな…futt.gif

    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント
    この記事へのコメント
    ひめはるぜみ様
    お疲れ様でした~(^^)。

    それはそうと、こちら行かれていたんですね♪
    全く期待もなく、美味しい蕎麦に出会えた感動はひとしおです。
    そう言う出会い、たまらんですね(^^)
    2011/12/15(木) 23:44:16 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    意外といいですよね
    ふらりと入って おいしくて しかも値ごろなそば屋を見つけるのは すごくいいことですよね。

    私も 田中屋さん 好きですよ。
    2011/12/15(木) 17:35:46 | URL | ひめはるぜみ #-[編集]
    たかみのみかた様
    スルドイっ!さすが…!!

    そうなんです、即効、キウイは食べちゃって、レモンももちろん、取り出しておきました(^^;
    私個人的には、どうよ?って感じかも、です。

    蕎麦は、とても美味しかったです(^^)
    2011/12/15(木) 10:27:29 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    とあ様
    ものすごく(じつは)残念だったのですが、仕方ないです((:_;))
    ここのお蕎麦よかったですよ、ぜひぜひ。
    日曜日でなければ、お昼のサービスのセットなんて、CP抜群♪。

    坂戸のお風呂、気になっていたんです。
    そちらも行ってみます(^^)
    2011/12/15(木) 10:26:03 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    お蕎麦も美味しそうだし、使い込まれた蒸篭がいい感じですね。
    温玉にレモンとキウイが添えてあるのは・・・どうなんですか?
    2011/12/14(水) 18:29:05 | URL | たかみのみかた #-[編集]
    おっ、麻原酒造は残念でしたね~
    お蕎麦が美味しそうっ
    こんなところがあったんですね~

    坂戸のふるさとの湯も結構
    いいですよ(^^)
    2011/12/14(水) 11:51:18 | URL | とあ #-[編集]
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >