つれづれ蕎麦 
    自由が丘 「山久」 素敵なランチ
    2011年12月12日 (月) 21:26 | 編集

    所用で再び訪れた、自由が丘でのお昼ご飯は、
    前回、蕎麦売り切れで食べられなかった「山久」さんに行きたいな…

    11-12-12 店

    師走の慌しさ流れる中でも、この街はやっぱりエレガント。
    いそいそと向かった線路沿いに、ほっこりほのぼのとした風情で佇む。

    自由が丘 「手打蕎麦 山久」

    大丈夫、今日は足元に「蕎麦売り切れ」の札はない。
    と、扉を開こうとすると、内側からすぐに迎えて下さる花番さん。

    11-12-12 飾り

    一人の私は、コの字のカウンタの席に通されて、
    腰を下ろせば、壁際に飾られた小さな置物にほっと心が和むよう futt.gif

    11-12-12 品ランチ

    すぐに出されたお茶を頂き、出された品書きを早々に開く。
    ここにお昼に訪れたら、やっぱりこれ、「山久ランチ」 niko.gif
    花番さんに、お料理の内容をお聞きしたら…

    そ、それは、やっぱりお酒ナシではモッタイナイ。。

    と、お酒の品書きを見せて頂くと、ずらりと並ぶ地酒各種。
    やや迷ったものの、今日は(も?)熱燗が飲みたくて…
    先日某所で飲んで美味しかった、出羽桜の熱燗を選んで添えて注文~。
     
    11-12-12 酒

    程なく出された、置かれた徳利が実に風流。
    さすが、山久さんならでは、骨董品だろうか、珍しい酒かんぴん。

    11-12-12 盃

    しかも、猪口の下には、これも初めて、陶器の盃台が添えて出される。
    テーブルから直に手にするよりも、なんてしっくりと手に馴染むんだろう…
    これは、いいなぁ、と柔らかな熱燗を口にしひと心地 futt.gif

    11-12-12 豆

    添えて出された、お酒のお通し「山葵豆」をつまんでいると、

    11-12-12 料理

    お盆に小鉢が様々盛られた、ランチセットのお料理が出される。

    11-12-12 豆腐

    まずは、色の濃い、「黒胡麻豆腐」。
    とろりとした柔らかな豆腐は、胡麻の甘みが実に濃厚。
    これが、熱燗にとてもよく、これだけでもうれしくなりつつ、

    11-12-12 天麩羅

    「山芋の天ぷら」は、からりっと揚げられ、さっくりとして中はふっくら。
    塩加減も程良く、山芋のまったりとした風味もありとても美味しい。

    11-12-12 煮物

    さらに、大根に、パプリカ、白菜に牛蒡、人参などなど、
    様々な野菜の「野菜の煮物」。
    しっとりと味が染み、それぞれの風味豊かで、これも又熱燗にたまらない。

    「ゆっくりどうぞ~」とにっこりおっしゃって下さったお言葉に甘え、
    ゆっくり楽しませて頂いて…

    11-12-12 そば

    ようやくお声をかけて、お蕎麦をも。

    11-12-12 そばあぷ2

    簀の上にこんもり盛られた蕎麦は、穀物感溢れるざっくりとした断面。
    切り幅にややムラがあるのも、手打の良さと微笑ましく…

    11-12-12 そばたべ

    手繰り上げれば、新蕎麦らしい清々しい香りがふわり。
    たおやかで心地のいい歯ごたえに、素朴な蕎麦の風味がふわっと広がる。
    切り幅の違う感触も妙に楽しく、飲み込むと…

    うわっ、くぅっと喉元から返ってくる、香ばしい風味。
    そうだった、この味わい、これが「山久」さんの蕎麦だ… hahha.gif
    と、もううれしく、するるっと手繰ってしまう。

    11-12-12 いなり

    程良く白濁した蕎麦湯を頂きながら、おいなりさんを頂くと、
    今日の稲荷は、「おかかごはん」。
    ふっくらと含め煮されたお揚げも美味しく、これもぱくぱく。

    11-12-12 白玉

    最後に、うれしい、ちょこっと甘味の「白玉ぜんざい」も頂いて、
    お腹もいっぱい、大満足なお昼ご飯 niko.gif

    11-12-12 徳利

    丁寧でにこやか、心配りの利いた花番さんの応対もうれしく、
    やっぱり山久さんはいいなあ、としみじみと。

    ご馳走様でした~hahha.gif

    ランチのCPの良さは、やはり抜群。
    でも、あの地酒の種類を見ちゃったら、夜も又訪れたいなあ…。


    11-12-12 店正面
    「旨酒と蕎麦 山久 Thank you」
    ~蕎麦は人と人とのつなぎ役~

    目黒区自由が丘1-7-3
    03-5701-1180
    11:30~14:00 / 18:00~22:00
    火曜定休 店内禁煙




    2010年 7月26日 「俳句会」
    2009年 6月18日 「ランチ」田舎蕎麦
    2007年 7月28日 「山久ランチ」 せいろそば
    関連記事
    スポンサーサイト

    コメント
    この記事へのコメント
    まがり様
    出羽桜の燗、いいですよ!
    もったいないおばけ退治して、試してみて下さ~い(^^)。

    禽さん、私は今度こそ、そちらにも行ってみなくちゃですねえ。
    2011/12/17(土) 08:59:06 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    最近
    山久さん全然行って無い
    つい衾さんの方になってしまう
    でもこちらはお酒のお供がいいですね
    以前食べた牛筋の煮込みがばっちりでした
    出羽桜のお燗って珍しい
    香りが強すぎるような気がしますが
    どうなんすか
    家で試してみたいが
    どーしても勿体ないお化けの呪いが・・・
    そうそう、おいなりさん美味しいんですよね
    中身は関西風に味ご飯ででも形状は
    関東風の俵型
    美味しいのはやっぱ味ご飯で
    食べやすいのは俵型なので
    これいいんですよね~
    年内に自由が丘は~ちょっと無いかな~
    む~

    2011/12/16(金) 12:41:38 | URL | ☆まがり★ #-[編集]
    よしの様
    豊作ですね♪。10キロ取れたなんて(選別した後でも)素晴らしいです。
    しかし…、よしのさん、蕎麦屋になれちゃいそうじゃないですか(^^)。

    是非、玄挽きもちょっと作って欲しいナ。なんて。
    素朴庵…
    本当に、早く再開して欲しいと私も心から…
    にこにこ、蕎麦について熱く語っていた姿が今でも脳裏に残っています。

    場所を移しての、再開を考えておられるようなので、もうちょっとかかるかしら…
    2011/12/16(金) 10:19:15 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    本日は
    門前払い無く、晴天なり~、と(笑

    漸く寒さに似合いの冬日晴天が巡ってきましたね やれやれ;
    これからは、熱燗!蕎麦前は欠かせませんぞ(だから「釈迦念」!!

    今年の蕎麦収穫量が大体11キロくらいになり、来年用の種を
    選別したり(しなかったりのようなもんですが;;)で約1キロ
    ほどよけ、次作に備えます。

    今年『石抜き』号を導入しました。石臼で冷や汗を誘うガジゴリ
    音を発生させないために、です(笑
    磨き、石抜きを終えて、これからマルヌキに入ります。
    (それから製粉、ね!v

    素朴庵店主が、玄蕎麦の外殻を思いっきり混入したいと実験して
    おられた後姿が、何故か浮かぶんですよ。
    来年は早くに復帰してほしいと、願いを込めます。
    (田舎蕎麦粉も少しやってみたいかな~、と思いまして
    2011/12/16(金) 00:43:37 | URL | よしの #-[編集]
    桃猫様
    本当に…、山久さんは、やっぱりいいなぁ、としみじみ。
    織田・・・・、今は違うお店になっていて…
    でも、ここもいいですよ。ぜひ(^^)
    http://chibiyukarin.blog4.fc2.com/blog-entry-1189.html
    2011/12/15(木) 23:48:46 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    山久さん、好いですよね。自由が丘らしい、雰囲気を保った佳い店。昔は、奥沢に織田があって通ったものですが、中目黒に移り、消滅してしまったのでしょうか?
    2011/12/15(木) 23:33:24 | URL | 桃猫 #halAVcVc[編集]
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >