FC2ブログ
    つれづれ蕎麦 
    新宿西口 「渡邊」
    2005年08月16日 (火) 22:52 | 編集
    ふとしたところで話題に出て、考えてみたら1年くらい行ってないな・・なんて思ったら、すごく気になる。
    一時は、新宿というとここくらいしか手持ちがなくて、よく来たもんだったけど。。

    帰り道…、そういえばいつも昼利用ばっかりで、夜訪れたことはなかったかも、と、久々に新宿西口に寄り道。

    ヨドバシや、サクライとか、派手な大きな電気屋や、がやがやした居酒屋がごちゃ…とした中で、ふと、しっとりした空間。
    わたなべ
    ここだけ、ぽっこり違う空気が漂っているよう。

    言うなれば…
    ここは、新宿西口のオアシス?

    「手打ち蕎麦 渡邉」


    周りの明るさから、ここだけぽこっと静寂した暗闇に、暖かい明かり。
    昼間は周りに埋まって、あまり目立たない店構えだけど、夕暮れにはいい感じで、
    ほぉっ…とした気分になる。


    中に入ると…、しずかにざわっとした、しっとりとした店内。

    20050816212205.jpg
    入ってすぐに、孤立したテーブル席があり、
    その奥に、四角の大テーブル。
    中央に飾られた花を囲んで、座るので、向かいの人とも気まずくないのがうれしい。

    たいてい私がここに来ると、この席のどこかに座ることに。


    その横奥に、テーブル席が5つか6つ並んでいて、ここでサラリーマン達が、ざわざわと憩ってる。
    静かすぎない、こういうおだやか~な夕暮れのざわめきって、なんだか疲れを癒してくれるよう。。

    ここまで、のようだけど、実はその奥に小上がりの席があって、一度だけ座ったことがあるけど、そこもなかなか憩えるスペース。

    表から見るよりも、意外と広い店内。

    さあて…どうしうよう。ここだといつも、うずらの卵がつく「ざるそば」ばかりさくっと食べてたけど…。
    今日は仕事明けだし、周りのサラリーマンの方々に釣られて、ビールを頼んでしまう。。お品書きを開くと、蕎麦屋の定番と、季節のものが並ぶ。

    「冷やしナスのオクラ添え」(430)に気を取られたけど、
    「貝柱のかき揚げ」(500) に惹かれてそれを頼んでみる。

    20050816212014.jpg
    ここでは、いわゆる「お通し」がないようで、待ちかねてきた「かき揚げ」。

    結構大振りな感じで厚みがあり、二つに切られて盛られ、塩が添えられる。

    んー、でもこれはちょっと…失敗??
    カリっとしてはいるけど、時々、中がちょっと半生っぽいかも。。


    貝柱ももっと入ってると、うれしいな~。。
    オクラや、茗荷、茄子の天ぷら(各500)にすればよかったかな。

    で…、今日は、シンプルに「もりそば」に。
    20050816210920.jpg

    四角のせいろに盛られた、薄いグレーの細切りの蕎麦。
    そうそう、こういう蕎麦だった・・・。
    20050817021457.jpg
    久しぶりに手繰る蕎麦は、腰がしっかり。
    手打ち独特のたおやかさのある蕎麦。
    香りはあんまりないけど、そこはか~となんとなく蕎麦の風味がしてきて、悪くはない。

    つゆは鰹の風味が香る辛口よりのもので、蕎麦とのバランスはいい。


    何より…550円っていう、街蕎麦の値段で、この蕎麦が食べられるんだもの、満足しちゃう。。

    薬味はちょっと雑な感じだけど、大きな急須のような湯桶で出される蕎麦湯は、ナチュラルに白濁しておいしい。
    飲んだあとには、特にうれしい。

    うーん、この店はおもしろいな。。
    昼時は、颯爽と駆込むサラリーマンで活気に満ちた店内。
    それでいて、店の人の客さばきは見事なもので、嫌な気分にさせない心使い。
    昼過ぎには、まったり…とした空気が流れ、中休みのない店ならではの、憩いのムードが穏やかに漂う。
    そして、夕暮れ。
    飾りすぎない店内の、ほどよいざわめき。一日の終わりがゆっくりと近づいてくる・・・、そんな安らぎのような空気も。

    はぁ。。
    久しぶりに、そして初めて夜に訪れた「渡邉」。
    ここは、やっぱり、新宿西口のオアシスだ・・・・。
    なんて思いつつ、感じのいい女の子にお勘定して、ご馳走さまでした。。

    横の電気街はまだまだ賑やかだ。。


    *お品書き
    せいろ 550円、ざる 650円、重ねせいろ 850円、おろし 850円、冷なめこ 850円
    とろろ 850円、納豆 900円、梅禅味 900円、冷揚茄子 950円、蕎麦三昧 1,200円
    天せいろ 1,450円、鴨せいろ 1,550円、追加せいろ 400円
    卵とじ 750円、花まき 750円、おかめ 850円、ちから 900円、穴子南蛮 1,100円

    枝豆 250円、板わさ 500円、だし巻き 500円、鴨焼き 980円‥色々
    清酒(菊正宗) 450円、純米冷酒 600円、吟醸冷酒 600円




    手打蕎麦  渡邉

    新宿区西新宿1-12-10 八洋ビル1F  
    03-3348-9126
    11:00 ~ 20:50   日曜休

    お店のHP







    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント
    この記事へのコメント
    をっ!渡邊さんでも、そろそろ新そば・・

    わたしも行ってみなくちゃ。
    なんといっても、ここはアクセスのよさと、
    女性一人でも(酒なしでも)憩えるのがいいですよね♪
    2005/09/14(水) 22:18:49 | URL | yuka #-[編集]
    おいしかったです
    yukaさん、「渡邊」行ってみました。
    夜でしたが、花のまわりの席には、お蕎麦だけ…
    という方も沢山みえて、私も緊張しませんでした。

    重ねせいろはつゆもたっぷりで、そばはつながりもよく
    美味しかったです。

    打ち場にはすでに「新蕎麦」の袋が…みえてました。
    2005/09/14(水) 11:18:35 | URL | たろうママ #LxvN8XNM[編集]
    >aqua_santa 様
    場所は、ここいいですよね。
    ところで・・・、よかったら「はすみ」について知りたいです。。(関係ないのですが。。^^;)

    >真秀さま
    真秀さまも、是非試してみてくださいっ。
    ここ改めてみると、雰囲気もなかなか・・。
    梅禅味食べたことないです。暑いうちに試してみます!
    2005/08/18(木) 05:28:52 | URL | yuka #-[編集]
    早い!
    YUKA様、早速行かれたのですか。
    やはり、お蕎麦の質が戻ってきている様子のようですね。
    久々に(2年ぶりぐらい?)、行ってみようかなと思っております。
    この時期だと「梅禅味」もさっぱりでお勧めですよ。

    2005/08/17(水) 23:50:25 | URL | 真秀 #p6owyR5Q[編集]
    オアシス
    新宿で仕事の途中で寄りました。6月でしたが既に暑かった記憶があります。若い店員さんが沢山いて、機微良く動きまわっていました。とろろのついた、蕎麦三昧(だったかな?)を頂きました。
    2005/08/17(水) 17:16:15 | URL | aqua_santa #fol219KY[編集]
    ぐい呑さま
    そう、昔は、もっとムラがあったような気もしてたんですが、十分おいしかったです。
    ここは、ここでいい店ですね。。と、改めて思いました。また、うずら付の、「ざるそば」食べに行ってみます。(これが、おいしいんですよ・・・)
    2005/08/17(水) 13:45:19 | URL | yuka #-[編集]
     そう、ここはおじさんたちの“オアシス”ですよね。CPもいいですし。蕎麦も昨年辺りから良くなってきているんです。手打ちの店が増えているという背景もあってしげきされたんですかねえ。
    2005/08/17(水) 13:08:54 | URL | ぐい呑 #-[編集]
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >