つれづれ蕎麦 
    久地 「とみくら」 富倉そば
    2011年12月18日 (日) 23:22 | 編集

    幻の蕎麦と言われる、オヤマボクチつなぎの飯山の富倉そば。
    「はしば食堂」で、その蕎麦を食べたのはいつだったろう…

    そのオヤマボクチつなぎのお蕎麦を、東京で食べられるお蕎麦屋さん。
    行ってみたいなあ、と思っていながら早数年。
    先日伺った時には、運悪く「貸し切り」で食べられず仕舞だったので…、
    今日はそのリベンジ兼ねて、お昼を食べに行ってみよう~niko.gif

    11-12-18 店

    川崎市久地、殺風景な府中街道の通りに面して、
    うっかりすると通り過ぎてしまいそうな、食堂のよう質素な佇まい。

    が、しかし、小さな暖簾がちょこんと掛けられた入口上の看板には、
    しかと書かれた「北信州」に「手打ちそば」futt.gif

    久地 「北信州 手打ちそば とみくら」


    入った店内も、ほのぼのとした素朴な空間。
    飾り気ない、雑然とした中に、家庭的な温かみのある空気が流れ、
    奥には、テレビがかかってる。

    4人掛けのテーブル二つ、奥には大テーブルに掘り込みの小上がりがあり、
    手作りのようなクッションが置かれ、田舎の家に来たような温もり感 futt.gif

    すぐに、いらっしゃいませ、と気さくな女将さんに迎えられ、
    空いていたテーブルに腰を下ろす。

    11-12-18 お茶

    (ちょっと珍しい?)コップに注がれた暖かいお茶を口にして…

    11-12-18 品富倉蕎麦とは

    早速置かれていた品書きを開くと、まず目に留まる「富倉そば」の説明書き。

    これこれ、お目当てのオヤマボクチつなぎのお蕎麦 niko.gif

    11-12-18 品そば

    その蕎麦の、冷たい蕎麦、温かい蕎麦が、いくつか並び、

    11-12-18 品セット

    横には、ずらりと並んだセットの品書き。
    と見てみると、「富倉そば」750円で、セットだと850円?wao.gif

    …と言う事は、セットはものすごくお得だなあ。

    11-12-18 品ラーメン

    しかも、さらにもう一枚、別に挟まれた品書きがあり、見ると…
    えっ?ら、ラーメン?a.gif
    しかも、タンメンに、五目そば、海老チャーハンに中華丼まで!

    11-12-18 品ランチ

    裏を返せば、「ランチ」には、中華料理店そのもののお料理がずらり a.gifa.gif
    すぐに、彼の目がキラ~ンと輝き、ひっくり返し見ながら悩んだ挙句、
    「半チャーハン・ラーメン」に決めたよう。

    私は迷わず、お目当ての「富倉そば」、それのとろろご飯のセットで、早速注文~。

    11-12-18 オヤマボクチ

    待つ間にぐるりと店内を見渡せば、つなぎの原材料、
    「オヤマボクチ」がまるでオブジェのように掛っていて、しばし眺め…、

    11-12-18 品天麩羅

    その下には、天麩羅などのサイドメニューもちょこちょこと掛り、

    11-12-18 品ビア

    北信のお酒で、ぼんやりとちょっと一杯も良さそうだなあ…futt.gif

    11-12-18 品説明

    などと見ながら、じっくりと「富倉蕎麦」の説明文を読んでいると、

    11-12-18 そば

    程なく目の前に出された、「富倉そば」ととろろご飯のセットのお盆。

    11-12-18 そばあぷ

    笊に盛られた蕎麦は、ぴんとした張りがあり、スラリと横たわる、
    うっすらとグレーがかった細切りの蕎麦。

    11-12-18 そばどあぷ

    きりりと断たれた角はピンと立ち、艶やかな蕎麦の中に、
    所々に散る星は、蕎麦粒だろうか、それともオヤマボクチの欠片だろうか。

    11-12-18 そばたべ

    と、しばし眺め、手繰り口にすれば、これがしっかりとした歯ごたえ。
    もちもちっとして、細切りながら力強い腰があり、これが旨いっm001.gif
    茹で足りない硬さとは違う、この蕎麦の持つ弾力感。
    噛みしめれば、じわじわと蕎麦の甘みが広がって来て…

    これは、美味し~い love.gif

    汁は、甘さ控えめのすっきりとした味わい。
    信州らしく薄めの汁で、どっぷりと浸し食べれば、さらに甘みがじわりと増す。
    期待以上のお蕎麦に、うれしくて夢中で手繰っていたらあっという間。

    11-12-18 とろろごはん

    さらさらとした蕎麦湯で、ほっと一息いれて、とろろご飯を見れば、
    ご飯は、小判型の麦がたっぷり混ざった「麦ご飯」。

    11-12-18 とろろ

    予め味付けて溶かれたとろろには、ふわりと香る青海苔が掛り、

    11-12-18 とろろごはんたべ

    豪快にかけて頂くと、ぷりぷり麦飯にとろりとからんだとろろがとても美味しい。
    食べられるかな、と思っていたのに、するすると入ってすっかり完食~niko.gif

    11-12-18 ラーメンセット

    一方、彼の「半チャーハン・ラーメン」は、正真正銘の中華のセット。

    11-12-18 ラーメンあぷ

    表面に浮く油は少なめの、きちんとしたラーメンで…

    11-12-18 ラーメンたべ

    途中交換して食べてみると、懐かしい心地になる、昔ながらの中華そば。
    麺も程良い腰があり、優しい味わいのラーメンに、

    11-12-18 チャーハンあぷ

    チャーハンもぱらりとして、シンプルながらきちんと美味しい。

    彼も満足そうに食べ終えて、ぽつりとひと事、
    「今度は、チンジャオロースも食べてみよう」と楽しそう。

    東京でオヤマボクチつなぎの、美味しい蕎麦があったのがうれしく、
    二人してすっかり大満足 niko.gif

    お勘定をしながら、ご主人奥さんにお聞きすると、
    ご夫婦お二人、飯山富倉にいらっしゃったそう。
    正真正銘の、富倉そばなんだ、と暖かなお二人のお人柄も好印象。

    ご馳走様でした~hahha.gif

    今度はぜひ、あの蕎麦で、温かいお蕎麦もたべてみたいなあ。



    11-12-18 看板
    「北信州 手打ちそば とみくら」

    神奈川県川崎市多摩区堰3-16-11
    044-813-0562
    11:00~20:00
    木曜定休
    禁煙
    P2台ほど



    関連記事
    スポンサーサイト

    コメント
    この記事へのコメント
    さまる様
    そうそう、まろうど経由のつながりのなつきさんとさまりすさん♪(意味がごっちゃ?笑)
    懐かしいですね…
    すっかりこのブログ初めて、時がずいぶんたってるんだなぁ、としみじみです。

    ここ「とみくら」は、さまりすさんのブログを見た時からきになっていたんですよー。(何年かかったのやら^^;;)。
    そんなお近くだったとは知りませんでした。

    そうそう、店構えも内装も、ちょっと微妙(笑)
    でも、気さくで暖かなお人柄のご夫婦に、きちんと打たれた蕎麦、気に入ってしまいました。
    一緒にいたお客さんは、暖かいお蕎麦揃って食べていたのが印象的で、次回は暖かい蕎麦も食べてみたいともくろんでいます。
    2012/01/18(水) 09:55:11 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    ご無沙汰でございます
    またまた大変久しぶりになってしまいました。とうとう「とみくら」においでになったとのことで。私、その殺風景な通りの反対側、目の前に住んでます。
    ここは元々中華屋だったのが、確かおかみさんが富倉の方で、業態転換されたんです。店構えも店内も「微妙」でしょ?でもんな場所でありながらお客さんも入っているし、頑張ってらっしゃいますね。
    自分はブログにも書いたんですが、実はもう何年も行ってなくて、でちょうど最近久々にちょっと気にかかってたところでした。行ってみようかな。

    関係ないですが、私はyukaさんとコメントされてるなつきさんと、その時の「まろうど」繋がりだったようです^^
    2012/01/18(水) 00:08:01 | URL | さまる(exさまりす) #lVjAIwTo[編集]
    tara様
    是非♪。蕎麦も、とろろも、中華もよかったです(^^)
    2011/12/23(金) 12:04:54 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    ほっー.....!
    これは一度、ぜひ食してみたいとおもいます。ありがとうございます。
    2011/12/23(金) 09:35:18 | URL | tara #-[編集]
    aiz様
    うふふ、信州となれば、aizさんですよね♪
    そうなんです、外見は、んーって感じですが、お蕎麦、とても美味しかった!
    汁も、信州のものにしては、すっきりとしていて、珍しいですよね。

    ちなみに…
    ラーメン、チャーハンも、きちんと美味しかったですよ~(^^)
    2011/12/22(木) 07:53:38 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    LM2 様
    あ、郷土そば、やってましたものね(^^)。
    富倉ご出身のご夫婦のお店、ぜひ、LM2 さんのブログにも載せて下さい♪

    私も、プロネタリウムに行かなくちゃ(^^)。
    2011/12/22(木) 07:51:57 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    25¢様
    うふふ(^^)。
    なとなーく、気になっちゃいますよね~。
    でも、きちんと、カシャカシャカシャっと、チャーハンを炒める、軽快な音も聞こえ、どれもきちんと作って下さっていました。
    ぜひ、ここの富倉そば、私は気に入ってしまいました。
    2011/12/22(木) 07:50:01 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    まがり様
    そうそう、飯山行くより、ずうっと近い!(笑)
    長野や、福島の田舎の方だと、蕎麦屋が食堂を兼ねて、蕎麦意外もあったりするので、その名残なのかな、なんて思いました。
    あれば、私もついつい食べてみたいもの。
    ラーメンチャーハンも味見できてよかったです(^^)
    2011/12/22(木) 07:48:26 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    なつき様
    うれしい!おぼえていて下さったんですね♪。確か、TBして下さって…。
    私も、その頃から多分行きたいな、なんて思っていて、やっと行かれました。
    ぜひ、なつきさんも(u_u*)~
    2011/12/22(木) 07:46:38 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    懐かしいな5~6年前に「北信州」にひかれ行きました。

    http://cr2c-tsuzuki.dreamlog.jp/archives/1390273.html

    大衆食堂風のメニューには自分も一瞬引きましたが、
    お蕎麦はしっかりと富倉蕎麦そのもので感心しました。

    yukaさんの記事を見てまた行ってみたくなりました。(^^)

    2011/12/22(木) 00:23:22 | URL | aiz #kJo.AJT.[編集]
    ここは知らなかった
    「郷土料理のそば」もテーマにして食べ歩いていますが、ここは知らなかった。私も食べに行きます(^_^)
    2011/12/21(水) 18:33:30 | URL | LM2 #d65amsog[編集]
    気になるお蕎麦屋さんですね。
    行ってみたくなりました。
    半チャーハン・ラーメンがあると、
    つい頼みたくなりそうで恐いです。。
    2011/12/21(水) 16:41:11 | URL | 25¢ #dMtXu4sA[編集]
    おやまぼくちの蕎麦
    ちょっと前の鉄腕ダッシュでリーダーが
    打つのを挑戦してるのを見て
    相当技術が必要な蕎麦に感じたので
    相当な手練の御主人と思われるのに
    なんとラーメンもチャーハンも出すと
    一回食べて見たいので
    久地って久地円筒分水の近くなら
    一回高津から歩いて見に行ってるから
    って地図で確認したら・・・遠いっすね
    南武線で二駅
    でも長野行くよりは近い
    全然近い
    行って見よう
    2011/12/21(水) 12:20:49 | URL | ☆まがり★ #-[編集]
    ここも行ってみたい
    yukaさんと初めてやりとりがあったのが、
    飯田橋の「まろうど」だったかな?
    あそこで富倉蕎麦を初めて頂き、それをblogに書いたことで、
    久地の「とみくら」についても知りました。
    それ以来の宿題です。
    改めて行きたくなりましたよ。
    2011/12/21(水) 09:27:44 | URL | なつき #W5nQohCk[編集]
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >