深大寺 「松の木」 門前・初蕎麦

2012/01/04/22:27  [東京都下の蕎麦]調布市 画像あり

今年のお正月はなんだか慌しく…、
互いの両親のところへ行ったりしてて、ようやく今日、初詣

我が家恒例、深大寺は、三が日を過ぎてもまだまだ賑やか、
軒並み並ぶ、門前の蕎麦屋のどこもが、すでに行列ができ始めてる。

「今年はどこで食べようか~」
などと、ぶらぶらと歩き眺め、正月気分を改めて楽しんで、
植物園前の駐車場に車を停めた今年は、たまには違うところでも、
…と、比較的新しく、まだ入った事のないお店に行ってみよう niko.gif

12-1-4 店

神代植物園、正門のすぐ横の細道。
小綺麗でかわいらしい、和カフェのような佇まい。

何度か目の前を通り過ぎつつ、ちょっと気になっていたお蕎麦屋さん futt.gif

12-1-4 看板

深大寺 「深大寺そば処 松の木」

丁度お昼時、入口から見る店内は、ほぼ席が埋まっているよう。

12-1-4 品そば

お寺からは離れていても、さすがだ…
と、店先に置かれていた品書きを目にしていると、
アルバイトらしい初々しい女の子に迎えられ、気持ちよく店内へ通される。

真っ白な壁に包まれた、和風雑貨店のような小じんまりとした空間。
まだ新しい店内は、清潔感漂い心地がいい。

12-1-4 お茶

すぐに、にこやかなおば様(女将さん?)にお茶を出して頂き、
改めて品書きを手にし眺め…

日は照っていても、風は冷たく、暖かいお蕎麦が食べたいなあ、
と選んだ「たぬき山菜」に、ぐしゅぐしゅ風邪ひきの彼は「月見そば」。

12-1-4 品さけ

その間にも、入れ替わり、立ち替わりと入ってくるお客さん。
そんな忙しい応対でも、おば様の笑顔を絶えることなく、丁寧なもてなしで…

12-1-4 そばきた

さほど待たずにして、目の前にお蕎麦が到着~。

12-1-4 たぬき

ふかふか湯気を立てる、ちょっと豪華な「たぬき山菜」。

12-1-4 汁

まずは汁を一口…と、口にすれば、忙しくても熱々の汁がうれしく、
ほっとする、まこと東京の優しい味わいのしみじみとしたかけ汁 futt.gif

12-1-4 たぬきの山菜

しかも、さくさく軽やかな揚げ玉に、たっぷり盛られた山菜が美味しい。
しゃきしゃきっとした歯ごたえがあり、山菜の風味がきちんと広がる niko.gif
これは、もしかして自家製かしら。

12-1-4 そばたべ

と、下に沈む蕎麦を手繰れば、滑らかな表面のくっきり切り揃った細切りの蕎麦。
温蕎麦らしい良さがあり、可不足なく美味しく食べられる。

しゃきしゃき山菜に、さくさくふわとろりとした揚げ玉を絡め、
はふはふ食べていると、なんだか幸せ~な心地になり…

12-1-4 月見

彼の頼んだ「月見そば」も、これぞ、王道の丼の景色。

うんうん、いいねぇ、と二人で満足に食べ終えたら、
これも二人揃って、汗がじわじわ。
美味しかった、と素直に思える、今年の初蕎麦に…

ご馳走様でした~hahha.gif

落ち着いた頃合いにでも、ぜひ、限定十割も、食べに来てみようかな。


12-1-4 ご馳走様
「深大寺そば処 松の木」

調布市深大寺元町5丁目35-22
042-484-1855
多分禁煙



関連記事
トラックバックURL

http://chibiyukarin.blog4.fc2.com/tb.php/2125-edeef278

◄ prev next ►