つれづれ蕎麦 
    前橋 「浅川」 超粗挽き
    2012年01月09日 (月) 23:50 | 編集

    恒例になりつつある、冬の青春18きっぷの蕎麦の旅。
    連休最終日の今日、いつもの3人で、去年のリベンジも兼ね、出発~ niko.gif

    それぞれの駅から乗り込み、がったんごっとんと電車に揺られ、
    到着したのは、すっかり新しくなった前橋駅。

    12-1-9-1 駅

    駅前ロータリーも整い、以前の駅前の風景から様変わりしていてびっくり。
    お天気にもめぐまれた、冬の柔らかな日差しの中バスに乗り込み…

    12-1-9-1 店

    群馬に来たらやっぱりこちらに寄らなくちゃ。
    ほぼ一年ぶりの、お気に入りのお蕎麦屋さん niko.gif

    前橋 「手打そば 浅川」

    11時半前に到着し、きっと今日の一番のり♪
    と暖簾を潜り、白木の格子扉を開き入ると…

    さ、さすがっ、浅川さんだ…、こりゃすごいase2.gif
    既に二組のお客さんがいらっしゃり、一組はもうお蕎麦を食べている!

    と、浅川さんの人気の程を改めてしかと感じ、奥のテーブルに腰を下ろす。

    12-1-9-1 品そば

    すぐに出して下さったあったかお茶が、凍えた体にうれしく、
    置かれていたした品書きを眺めるも…

    今日は、予めお願いしていた、おまかせ料理にお蕎麦のコース niko.gif

    12-1-9-1 品料理

    どんなお料理が出るのかなあ、などと思い、ついつい品書きをじっくり吟味。

    12-1-9-1 品とろ玉

    と、…ん??これは新メニュー?「桜えび天とろ玉せいろ」
    こ、これっ、食べてみた~い…

    12-1-9-1 前菜並んだ

    と思っているところに、各々に出された「前菜」の一皿。

    12-1-9-1 前菜の酒

    しかも、うれしいなぁ futt.gif
    祝い酒としてふるまって下さった、「十四代」龍の落とし子。

    12-1-9-1 前菜

    すっきりとして優雅、香りよくすぅと入るお酒を口にし…
    美しく盛り付けられた前菜の品々を。

    12-1-9-1 前菜そば米

    まるで「鹿の子」のようにしつらえた、
    鶏の煮こごりでまるめ固めたという「蕎麦米煮こごり」。

    ぷりぷりの蕎麦米の歯ごたえが楽しく、
    そこにぷりんっとした煮こごりが合わさる絶妙な口辺り。
    上品な鶏出汁が、途端にじわ~と溶けだし、これは美味しい hahha.gif

    12-1-9-1 前菜たまご

    ほっこりとしてしっとり、甘めの「玉子焼き」は、私の好みのど真ん中。

    12-1-9-1 前菜にこごり

    浅川さん定番の「赤城鶏の煮こごり」の美味しさは、言うに及ばす buchu-.gif

    12-1-9-1 前菜のざわな

    しっとりと煮含められた「野沢菜煮」は、
    しゃきっとしてジャコの香ばしさが合わさり実に美味。

    12-1-9-1 品酒212-1-9-1 品酒

    この前菜のお料理に、お猪口一杯のお酒じゃ、当然足らず、
    浅川さんの選りすぐりのお酒の品書きを拝見するも…

    12-1-9-1 燗酒

    まだ寒くてとかく暖まりたくお願いした、「九頭龍」の熱燗。
    注ぎ注がれつつ、じっくりと熱燗で「前菜」の一つ一つを味わって…、

    12-1-9-1 さらだ

    続いて出されたのは、彩も美しい「水菜と桜海老の和風サラダ」。

    12-1-9-1 さらだアプ

    ざくざくとした鬼下ろしがたっぷり盛られ、しゃきしゃきとして爽やか。
    それにかりかりの香ばしい桜海老に、瑞々しい水菜が絡む、素敵な一品。

    12-1-9-1 そばがき

    さらに…、製粉、水回しを研究し尽くして完成したという、
    渾身の「粗挽き蕎麦がき」。

    12-1-9-1 そばがきたべ

    箸を入れれば、もっちりほろろん。
    びっしりと埋まる、まるで粒だけでできているかのような粗い蕎麦がき。

    口にすると…、うわっ、と思わず声が出てしまう、濃厚な香りが鼻を抜ける。
    口の中では、ぷつぷつと転がる蕎麦の粒。
    飲み込めば、再びぐっとこみあがってくる、蕎麦独特の香ばしさ。

    こ、これは…、すごいすごい、美味し~い love.gif
    しかも、ここで、うれしいハプニングまでっっ。

    12-1-9-1 酒太平海

    我慢できずに、お酒もお代り。
    お酒の品書きから、気になった茨城のお酒「太平海」をお願いすると…

    12-1-9-1 野菜あんかけ

    続いて出された、「色々野菜のべっこうあんかけ」。

    さっくりと揚げられた、さつま芋に南瓜、レンコンなどなど、
    さらに、これがクセになる美味しさ、揚げ蕎麦団子に、
    とろりとかかった上品な味わいの餡が絡まり、これが又お酒を進ませる。

    浅川さんの野菜料理は、本当に美味しいなあ、としみじみと味わって…
    いよいよ待っていました、ようやくお蕎麦に niko.gif

    …と、わあい、これはうれしい!

    12-1-9-1 とろ玉汁

    蕎麦猪口にもり汁が出された後に、続いて置かれたのは、
    食べてみたいと思っていた、「桜海老のとろ玉汁」

    12-1-9-1 とろ玉汁あぷ

    さくっとした桜海老がちょこんと盛られた汁は、
    ふかふかと湯気を立て、ひらひらと玉子が舞うとろりとした熱々の汁。
    これは美味しそ~う♪…と見入っていると、

    12-1-9-1 満点

    すかさず出された、浅川さん定番の「満天せいろ」。

    12-1-9-1 満点あぷ

    艶々として端正に断たれた細切りの中に、文字通り、
    満天の夜空を思わせる蕎麦の欠片が優雅に散りばむ、美しき蕎麦。

    12-1-9-1 満点たべ

    口に含めば、ふんわりと広がる香ばしい香りに、
    しなやかで心地のいい歯ごたえ、ほのかに感じる欠片の感触があり、
    噛みしめれば、じんわりと蕎麦の味わいが口に広がる。

    ああ、美味しい…futt.gif
    これが、680円で食べられるなんて、前橋の方々が羨ましい…。

    12-1-9-1 満点とろ玉

    と、たまらず、「とろ玉汁」に浸してみれば、
    とろりと玉子に熱々の汁の絡まった蕎麦の美味しさに、もう言葉がない。
    こっ、これ、毎日食べた~い buchu-.gif

    12-1-9-1 常陸

    と、感動している隙もなく、続いて出されたのは、
    浅川定番、拘りの「金砂郷蕎麦」。

    12-1-9-1 常陸あぷ

    先の「満天」に比べ、上品な色合いの蕎麦の中に、
    これもびっしり詰まった、透明な蕎麦の粒々。

    12-1-9-1 常陸たべ

    手繰り上げれば、浅川さんご自身で選びぬいた蕎麦だけある、
    ふわりと広がる香りに味わいは流石のもの。

    しなやかな腰に、ほろりとほどけ、ほのかに掠める粒の感触。
    噛みしめれば、くっと広がる香ばしさ、
    満天もいいが、洗練された蕎麦の風味があり、これはやはり美味しい…futt.gif

    と、ほおと感動しつつ味わっていると、

    12-1-9-1 粗挽き

    さらにもう一枚、おっ、これはすごい bikkuri.gif
    特別に作ったと言う「金砂郷蕎麦」の「粗挽き蕎麦」。

    12-1-9-1 粗挽きあぷ

    思わず、この姿に、、、しばし目が釘付け。
    どこか透け透明感のある蕎麦の中に、びっしり埋まる見事な程の蕎麦粒。

    12-1-9-1 粗挽きたべ

    手繰り上げた途端に広がる香りに、口に含んだ途端に、
    うわっと目が見開いてしまった、強烈に広がる濃厚な旨み。
    こ、これだこれっ、金砂郷の蕎麦の大地の味わい love.gif

    蕎麦の息吹をがっしりと感じつつ、食べてしまうのが惜しい程。
    もう、幸せ、至福な心地でいっぱい…
    と、この蕎麦の魅惑にうっとり、忘我の中に入ろうとしていると・・

    12-1-9-1 超粗挽き

    な、なんだこれはっっ…a.gif
    さらに一枚出された蒸篭に、思わず息をのんでしまう 。

    12-1-9-1 超粗挽きあぷ

    こっ、これはっっっ、すごすぎる!
    「金砂郷蕎麦」の、超粗挽き。

    粗挽きと言いくるめてしまえない、ごつごつ飛び出てくるかのような蕎麦の粒。
    荒々しいまでに、蠢いてくるかのような躍動感に溢れ、
    手繰るまでもなく、強烈に漂ってくる蕎麦の香り。

    12-1-9-1 超粗挽きたべ

    口に含むと、ざらりぷつぷつ、と激しくダイレクトに感じる蕎麦の感触。
    噛みしめようと、その途端に弾けるように広がる、
    鼻から脳天に突き抜けて行くような、強烈な香りに味わい。

    悩殺ものの、この濃縮した味わいに、すっかり言葉さえも失ってしまう。
    すごい、すごい、すごい、これは、…すごい love.giflove.giflove.gif

    12-1-9-1 粗挽き粉

    呆然としているところに、忙しい中、ちょっと顔を出して下さり、
    「これを打ったんですよ(^^;;」と見せてくれた、その蕎麦粉。

    まるで砂利のようなこの粗さ。
    それを、きちんと繋げて打たれているのに、改めて感心感動し…

    まだ興奮やめやらぬまま、さらりとした蕎麦湯で、
    沈めつつも、しかとこの感動を心に焼き付けていると…

    12-1-9-1 デザート

    さらに最後の甘味、「蕎麦クリーム韃靼そば蕨餅」。

    12-1-9-1 デザートたべ

    ほろりとろ~とした、この甘さが最後にうれしい futt.gif
    まろやかなクリームシロップに、もっちりふんわりとした韃靼わらび。

    苦みは全くなく、カリカり蕎麦茶のトッピングがさらに香ばしさを加え、
    ほっこりとした心地にさせる、蕎麦デザートに、心から大満足。

    あああ、美味しかった…
    やっぱり浅川さんは、おかしい程にすごすぎる。
    としみじみと思いつつ…

    連休昼時のお忙しい中、本当に、
    ご馳走様でした~hahha.gif

    毎度思う、東京にあれば、いいのになあ…。(続く)



    12-1-9-1 看板
    「手打そば 浅川」

    群馬県前橋市日吉町3-41-12
    tel:027-231-7294
    11:15~14:30 / 17:30~21:00(LO20:30)
    水曜定休 (火曜昼のみ)
    禁煙 Pあり




    2010年 7月29日 おまかせコースに大満喫
    2010年 1月 9日 産地違い「常陸秋そば」食べ比べ、「かき玉そば」
    2008年 3月29日 お料理いろいろ「満天せいろ」、熟成食べ比べ
    関連記事
    スポンサーサイト

    コメント
    この記事へのコメント
    horikosimさまぁっ
    曇ってっていうより、汚れてました~っっ(+o+)。
    ありがとうございます!

    さすが・・・です。。
    2012/01/13(金) 09:13:10 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    horikoshim様
    行きましょう~♪、行きましょう~(^^)。
    …って、ここまで自転車で行くんですかっっ??(@_@)

    それはそうと…
    ありゃっ、又?
    ふきふきしてみます(・・;)
    2012/01/13(金) 09:10:09 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    行列のできる様
    そうなんですそうなんです、
    今回は、前もって予約していたので、こんなのが出て来ましたが、レギュラーのお蕎麦だけでも、ものすごく満足できると思います。
    千葉から…素敵です♪。
    遠くても、行ってよかった、と思うお店ですよね(^^)
    2012/01/13(金) 09:08:36 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    浅川の粗挽き、いいですね!
    また食べたい。

    しかも「桜海老のとろ玉汁」は思いっきり惹かれますね。
    暖かくなったら、誰か、ポタリングに連れてってくれないかなあ・・・。

    ところで、最近、yukaさんのカメラ、曇ってないですか?

    2012/01/12(木) 23:49:47 | URL | horikoshim #N5gprbWI[編集]
    すばらしいお店でした。
    わたくしも先日浅川さんまで千葉から遠征していただいて参りました。

    予約なしのお一人様でしたので、ここまではいただけませんが、それでもお料理、お蕎麦のおいしさや、お店の方の気配りに大満足の遠征となりました。

    写真を拝見していたら、またご夫妻にお会いしたくなりました。
    2012/01/12(木) 09:58:00 | URL | 行列のできる #-[編集]
    よしの様
    強烈でした。
    篩いはかけてないそうで、一度挽きと言っていました。つなげられるまでに、試行錯誤されたようです(そりゃそうだろう…)。

    粗挽きのそばがきだけでもすごかったのに、それが麺線になるとインパクトすごいですねぇ。
    よしのさんのチャレンジ、楽しみです!
    できた暁には、画像だけでもいいので、見たいです…(u_u*)~
    2012/01/12(木) 09:20:39 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    tatenon様
    見ただけでも、強烈ですよね~。
    思わず、なんだこれはっっ、って思わず(本当に)声が出ちゃいました。
    一度食べる価値ある、蕎麦です。
    味に香りがすごかったです…。
    (まだ胸の奥に残ってる…)
    2012/01/12(木) 09:17:39 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    なるほど、これが
    (笑

    石臼でどのように(どこまで?って言うか…)挽いているのかな?
    というのが玄蕎麦粉挽き屋の興味かな?(笑

    使い古した(と言うより、使い込まれて手に馴染んだ?)ボールに
    入れられた粗挽き粉。
    ・・・これは多分、「10何メッシュ」の類いでしょうね。

    蕎麦でつなげるのは大変だ!!良く行っても切れますからね。
    角が出ないほどの粗挽きというのは、何時拝見しても『スゲ~』の
    一言。(勿論、他店にもたまにはありますが、どこまで?

    しかし、粗挽きで言うなら、ちょっと待てよ・・・(笑
    打てはしないが、迫れるかもしれんな~…
    なんて 笑;;

    そうですね、昨年末までに2種類玄蕎麦の殻剥きしていただいたモノで、
    色々とチャレンジしてみたいと思いました。

    新年早々、モチベーション?インテンシブ?ありがとうございました!
    2012/01/11(水) 21:51:40 | URL | よしの #-[編集]
    粗いなんてもんじゃないですね
    見た目だけでも強烈です。どんな味なんでしょう。蕎麦の味と言えばそうに決まってるけど、やっぱりどんな味なんだろう、と興味津々。それにしてもよくつながるもんだ…
    2012/01/11(水) 21:43:05 | URL | tatenon #-[編集]
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >