つれづれ蕎麦 
    目黒 「川せみ」 冬せみ(牡蠣けんちん)
    2012年01月19日 (木) 21:48 | 編集

    春せみ、夏せみ、秋せみ、冬せみ…
    季節毎に創作のお蕎麦で楽しませてくれる「川せみ」さん。
    今年の「冬せみ」はどんなのかしら、と目黒でのお昼はこちらへと niko.gif

    11-1-19 店

    裸木が並ぶ、冬の目黒川の寒々しい景色を眺め、
    大通りから入った、長閑な通り沿いに、すっと下ろされた粋な暖簾。

    目黒 「手打ちそば 川せみ」

    11-1-19 品ランチ

    入口前に置かれた「ランチメニュー」にちょっと目を通し…、
    ふぅむ、「季節のそば」(冬せみ)は、中に入ってからのお楽しみ sunglass.gif

    扉を開きはいれば、すぐに感じのいい花番さんに迎えられ、
    一人である私は、カウンターの席に通される。
    コートを脱ぎながら、前の壁を見ると…

    11-1-19 品冬せみ

    あった、「冬せみ蕎麦」の品書きが貼られてる hahha.gif
    見れば、これも美味しそうな季節メニュー、「ぴり辛牡蠣けんちんのつけ汁」。

    お茶を出してくれた花番さんに、即座に、
    「どの位辛いですか?」
    と、辛さにはちょっと苦手、それがやや不安でお聞きすると、
    「そん~なに、辛くはないですよ(^^)」
    との言葉に安心し、早速これを注文~onpu.gif

    11-1-19 品打ち手

    待ちながら、ふと目線を上げれば、しかと置かれている今日の打ち手さん。
    練馬田柄?、…と、いくつかのお店が脳裏をかすめる中…

    11-1-19 冬セミ

    程なく、目の前に出された、楽しみにしていた、今年の「冬せみ」。

    11-1-19 汁2

    ほかほか湯気を立てた熱々の汁には、ぷっくりとした牡蠣が見え隠れ。
    これがものすごく気になるも、まずはお蕎麦を…

    11-1-19 そば

    と蒸篭に盛られた蕎麦は、以前に比べてやや太め。
    温蕎麦が多く出る季節だからか、田舎蕎麦に近いどっしりとした姿。

    11-1-19 そばたべ

    手繰り上げれば、強くはないが、ふわりと蕎麦の香りが漂い、
    口に含めば、跳ね返すような弾力のあるしっかりとした腰加減。
    噛みしめると、じ~んわりとほのかに蕎麦の風味が広がってくる。

    これは頼もしい歯ごたえ、これで温蕎麦はいいかもなあ、
    と、二三そのままの蕎麦を味わい…

    11-1-19 そば浸し

    目の前の「牡蠣けんちん汁」にそっと浸してみると…

    こ、これは美味し~い buchu-.gif
    ほのかにとろみのつけられた熱々の汁は、牡蠣の出汁がじんわりと染み、
    様々な根菜の出汁が加わり、とても美味しい。

    この汁で俄か暖まった蕎麦は、穀物の甘みがぐんと広がり、
    その後で、心地よい辛さがぴりっと残る、よい加減。

    11-1-19 牡蠣

    中の牡蠣は片栗でコーティングされ、でプルンと滑らか、ぷっくらジューシー。
    かぶりつけば、牡蠣の旨みが口に広がり、これは旨いっ buchu-.gif

    11-1-19 レンコン

    しかも、「けんちん」ならでは、レンコンに牛蒡、人参などなど、
    根菜がたっぷりと入って、この歯ごたえも楽しく、
    蕎麦と一緒に手繰っていたら、あっという間に蒸篭は空に…。

    さらりとして程良く白濁した蕎麦湯を注ぎ入れれば、
    じわじわと体も温められ、このつけ汁は本当に美味しいなぁ futt.gif

    11-1-19 ご飯

    ランチサービスで付く、日替わりご飯、「かつおご飯」も頂いて、
    お腹もいっぱい、今年の「冬せみ」にも大満足 niko.gif
    次の季節のお蕎麦はどんなだろう…と又楽しみに思いながら、

    ご馳走様でした~hahha.gif

    いや、まだまだ、今年も「冬せみ パート2」があるかも…♪



    11-1-19ご馳走様
    手打そば、天ぷら、お酒を味わう店
    手打の匠 蕎麦 「川せみ」

    目黒区下目黒2-17-23
    03-3490-5959
    11:30~14:30 / 18:00~22:00
    年中無休




    2011年 3月17日 「冬せみパート2」「胡麻味噌仕立て鶏肉と玉ねぎのそば」
    2010年10月21日 「秋せみ」
    2010年 1月14日 「冬せみ」「冬野菜と鶏挽肉の胡麻坦々せいろ」
    2009年 1月 8日 「冬せみ」九条ねぎと揚げ餅の蕎麦
    2008年 3月27日 田舎で天せいろ
    2007年 8月23日 鴨せいろ
    2006年11月10日 秋せみ
    2006年10月10日 天せいろ
    関連記事
    スポンサーサイト

    コメント
    この記事へのコメント
    えんじゅ様
    そういえば、去年もこの時期は、「冬せみパートⅡ」で、同じような蕎麦でした。
    もう、牡蠣もそろそろおしまいなんですね…。
    (喜多見も早々に終わっています)。

    それはそうと、お酒情報♪ありがとうございます。
    私も、桜が咲いたら昼酒(^^)
    しに行ってみます♪
    2012/03/12(月) 08:25:42 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    冬せみだったけど・・
    目黒美術館に行く前に お昼はここで
    ぜひ冬せみの「牡蠣」をと向かったのですが
    壁の冬せみは

    「胡麻味噌仕立 あったか鶏そば」となっていました。

    これ せいろではなく 温そば(なんだかラーメン風の外見)
    もちろん 味噌の味が美味しくて汁まで完食しましたが
    そうかー もう牡蠣はおしまいなのねと帰宅後この写真を眺めております。

    (昨夜 飲んでいた料理屋でも言っていたし・・・)

    そうそう お酒が随分と変わったようで そんな話を
    お店の方としている常連さんの声に興味シンシン。

    そして ただでさえリーズナブルな地酒が

    「昼酒 すべて600円」と書かれていたのには心が動きましたが今日はガマン。

    春せみがでたら 桜が咲いたら 昼酒だ! 
    2012/03/12(月) 01:34:27 | URL | えんじゅ #-[編集]
    森のたぬき様
    そ、そんな、遠く離れたわけじゃいですもんっっ。
    こちらに来た時には、今度ぜひ、早速早速行きましょう!
    連絡まっています(u_u*)~。

    2012/01/21(土) 22:45:48 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    心残り
    いいなあ「けんちん」に「カツオ御飯」♪
    西東京での心残りは、
    三晃庵さん「けんちんヌキ」でyukaさんと一献!
    2012/01/21(土) 22:03:30 | URL | 森のたぬき #uG9d5srs[編集]
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >