FC2ブログ
    つれづれ蕎麦 
    茨城 堺町 「花の茶屋」
    2005年08月21日 (日) 22:20 | 編集
    そろそろ、醤油を買いに行かなくちゃね・・と話していたので、又また、お気に入りの野田の「板倉味噌醤油店」に買出しに。。
    ここは、「信玄公ご用達」とかいう「昔醤油」がおいしくて、定期的に買いに行っているところ。(味噌もおいしい♪)

    昨日のなが~い、ケンカの余韻は残しながらも出かける。。
    お目当ての醤油と味噌をゲットして・・さて、どこでお昼にしようか。。となり・・・、
    何度か通りがかって気になっていたお店に行こうと向かう。
    20050821221117.jpg
    野田からちょっと走らせ、一言主神社近くの、
    養鶏所で「生みたて卵」を買って・・・

    そう!ここ、気になっていたこの看板。


    20050821221519.jpg

     


      「十割蕎麦 石臼挽き自家製粉」   
        「花の茶屋」



    ここもやはり、古い民家を使ったお店で、よさそう~。。
    駐車場にも、車がいっぱい。。いいかもよ・・?と、入ってみることに。

    20050821222129.jpg
    前に回ると、
    のれんが、風にそよぎ
    田舎のいい風情を風と共にかもし出してる。

    扉の左横には、石臼の鎮座された部屋が見え、
    図らずとも、期待が。。


    ちょっと重たい扉を開け、中にはいると・・・・
    この猛暑でも、ひんやりとした空気が流れ込み、
    古い農家にある、日陰の持つさわやかな空気が回りを覆っている。

    20050821222104.jpg20050821222050.jpg

    天井が高く、古い柱時計がいくつも・・・。
    そして、座敷席の上には素敵な古い照明器具。
    骨董としての価値も、かなりのものではないかと、伺える・・・。

    奥の、テーブル席に腰を落ち着け、お品書きを広げると、
    「十割そば」と二八で打たれた「田舎そば」がこの店の蕎麦。
    11月までは、暖かい蕎麦はお休み・・というのも、何だか期待させる。

    お品書きの横に置かれた添え書きには、この店のこだわりが書かれていて、出汁、つゆ、そして、天ぷらの粉、水、醤油、すべてがかなり厳選されたもの。。

    結局、初めてのところなので、彼は「もりそば」大盛と、私が「十割そば」にして、ちょっと、交換して食べ比べよう~と。

    そして・・・、
    何度か聞かれた、歯切れのいい水を切る音がして来た、「もりそば」大盛。

    20050821222817.jpg

    黒っぽいのグレーの、中太切りの挽きぐるみの蕎麦。
    蕎麦の粒が豪快に散りばめられていて、おいしそう。。

    もりアップ
    つゆをつけず、口に含むそばから、蕎麦の風味が漂う程、蕎麦の味が濃いっ
    コシもしっかり。ちょっと太めであるにも関わらず、ぼそぼそした感じはなく、田舎そばのいい部分をもちながら、喉越しもいい。

    とにかくとにかく・・、蕎麦の風味がとっても豊か



    そして、私の頼んだ「十割そば」

    20050821222832.jpg

    「田舎そば」に比べ、色が薄くクリーム色の、やはり中太切りの瑞々しい蕎麦。やや・・、味が薄いか?と思いきや、
    十割アップ
    こっちの風味もまたまた、豊か♪
    しかも、こっちの方がコシが強く、しっかりとかみ締めると、ぎゅっとした中から、蕎麦の味がじゅわ~っとしてくる感じ。

    んー、どっちもいい~っ。。



    そして、蕎麦はもちろんのこと、ここのつゆがすばらしく美味しい。
    さすがにこだわっているだけのことがあり、辛口の中にまろやかな甘みがほのか~に含まれ、それを上等な出汁でくるまれている感覚。
    そのままでも、飲めてしまうくらい、至極上等なつゆ。
    こんなつゆは、あまり出会ったことがないかも。。

    出来ることなら、テイクアウトで分けて頂きたいくらい美味しい。。(テイクアウトなんてないけど・・・)

    蕎麦湯は、ナチュラルに白濁したものが出されるが、とにかくこのつゆがおいしく、言うまでもなく堪能・・・

    いやはや、ここはなかなかの発見!
    このつゆで納得した以上、たいそうなこだわりを持つ天ぷらも、是非食べてみたい。。
    苦手とは言え、ここの鴨汁そばも食べたくなってくる。。

    二人で大満足~
    すっかり、けんかの後のぎこちなささえ、どこかへ行ってしまった~

    なんて思いつつ、店を出ると後から後から、お客さんが・・。
    納得しつつ・・・、
    早くも、「今度来たら、何たべる?」なんて話しつつ、
    ごちそう様でした~~。。
    さて、「境道の駅」で新鮮野菜を買って・・・・。

    *お品書き
    田舎そば(二八) 600円、天もりそば 1,200円、鴨せいろ 900円、胡麻汁 800円
    十割そば 1,000円、十割天付き 1,600円、鴨せいろ 1,300円 

    いもがら煮つけ 400円、ざっこ煮 400円、そば味噌 300円、枝豆 300円
    天の戸など、日本酒500円~



    石臼挽き 十割蕎麦
      ひきたての新鮮蕎麦 歯ごたえ 香り抜群
     「花の茶屋」

    茨城県猿島郡境町伏木3361-2
    0280-86-6853
    11:00 ~ 19:00 月曜休 
    駐車場広くあり





    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント
    この記事へのコメント
    つくばランチ食べ歩き2 様
    コメントありがとうございます。

    あの、ずっしりとした民家の中で頂くこちらのお蕎麦。いいですよね~。
    とりわけ、つゆの美味しさが、今でも思い出されます。

    取手の「車や」さん、是非、行ってみたいです!情報、ありがとうございました(^^)
    2007/11/23(金) 10:14:46 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    行ってきました
    風流で、洗練されたお店すね。
    そばつゆと天ぷらの素材がとてもよかったです。

    取手市の車(くるまや)もよかったですよ。
    2007/11/22(木) 08:46:33 | URL | つくばランチ食べ歩き2 #WzzJX4NY[編集]
    ・・・様
    コメントありがとうございます。
    私も、できれば、蕎麦前あっての蕎麦・・なのですが、車での移動となるとそうもいかなくて、つらいところです。

    庄和町のお店はまだ未訪です。ぜひ、訪れてみたいと思っているところ。とても素敵なたたずまいらしいですよね。

    それと、お醤油の件、おやさしい心遣いありがとうございます。
    2006/11/11(土) 08:02:57 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2006/11/10(金) 18:37:14 | | #[編集]
    蕎麦~マン様
    コメント、ありがとうございます!

    田舎と、十割・・、本当に優越つけがたかった・・。
    いつも、こちらの蕎麦同様に、つゆの美味しさを思い出します。
    又、行きたいです。
    暖かいそばも、てんぷらも、
    気になってるんです。。

    この辺りも蕎麦激戦地区。
    でも、又訪れてみたいお店です。
    2006/05/24(水) 20:33:43 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    「花の茶屋」さんには何度も行ってますが
    田舎そばがお気に入りです。
    しっかりとした香りと歯ごたえに
    いつも満足!!
    室内の重厚で静かな民家風もいい。座敷きへの扉の一枚板なんて、最近ちょっと見ることがないです。こだわりなんでしょね。
    なるべくCMのポスターやカレンダーなんかも貼らないようにしているとのことです。
    2006/05/24(水) 17:04:06 | URL | 蕎麦~マン #-[編集]
    コメントありがとうございます
    あの辺りも、本当にお蕎麦屋さんが多いですね。醤油がなくならなくても、又行きたくなってしまいます。
    情報ありがとうございます!
    2005/08/23(火) 19:05:16 | URL | yuka #-[編集]
    うんうん

    あそこもなかなかいいよね、
    あの辺だと、まぁ好みが別れる
    一茶庵風の昇平と水海道の天寿庵かな

    ちなみに堺町ではなくて境町ですね
    2005/08/23(火) 00:49:07 | URL | ふつ~ #h2xkut0A[編集]
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >