(閉店) 浅草橋 「茶の間美登里」

2012/02/10/23:54  [東京の蕎麦]台東区 画像あり

この2月で、お店を閉めてしまうってっ…!?a.gif

又行きたい、と思いながら気づいたら随分ご無沙汰していた、「美登里」さん。
あの暖かな空気に、お母さんお父さんの優しい笑顔がふとよぎり、
閉められてしまうと聞いて、寂しさに胸がきゅん…

行かなくちゃ、もう一度お二人にお会いしたい。
と、早速今夜、早いもので、7年ぶりに訪れる。

12-2-10 店

浅草橋高架下、人通りもなくなった、ひっそりとした路地沿い。
夕暮れの暗闇の中に、ほっこりと柔らかな灯りが窓を通して零れてる。

浅草橋 「茶の間 美登里」

扉を開き入れば、暖かく体を包む和やかな空気に、
すぐにほっこり気分にさせられて…futt.gif

随分ご無沙汰してしまった、ご主人、女将さんにご挨拶。
そうそう、あの時もここに通され座ったんだ…
と、カウンタに座れば、途端に記憶が蘇り、懐かしさで胸がいっぱい。

12-2-10 ビア

早速、グラスのビールで乾杯し、

12-2-10 お通し

お通しに出された、しっとりと炊かれた切り干大根の煮物に、

12-2-10 あげそば

太くて素朴な揚げ蕎麦をつまんでいると、
朗らかな笑顔で、ぽつりぽつりとお話しして下さる。

62歳で店を始めて、10年蕎麦屋をやったらやめよう、
と決めていたそうで、それが今年。
ひと月延長して、3月いっぱいで本当にお店を閉めてしまうそう hanamizu.gif

茨城石下町に自家栽培の畑を持ち、そこで無農薬の野菜を作り、
秋には、蕎麦も収穫してきたお二人。
出してくれる野菜料理はどれもが自家栽培のお野菜…。

12-2-10 ピーナツ

このピーナツも自家栽培だそうで、その甘みの濃さにびっくり。
早速、お勧めの「採り立て野菜セット」(1000円)をお願いする事に。

12-2-10 コロッケ

まず出されたのは、衣がカリッとした揚げたて「ミニコロッケ」。
しっとりとしたひき肉がたっぷりと入り、じゃが芋はほっこりクリーミィ。
じゃが芋の甘みが優しい、素朴なコロッケはとても美味しく、
すかさず、これでビールをぐびぐび niko.gif

12-2-10 小松菜

それから次々と小鉢が出され、野菜好きにはうれしい饗宴。
それだけでも甘みがある、「小松菜の柚子味噌がけ」に、

12-2-10 山芋

しゃくしゃくの歯ごたえに、醤油がじんわり染みた「山芋の醤油漬け」。

12-2-10 泡盛

これらに、早速お酒をお願いすると…
開店した時に娘婿さんに頂いて、10年寝かしていた「泡盛」の振舞い酒 onpu.gif

「沢山の人が集い楽しめるお店になりますように」
とピレゼントされた「萬座」を、心を籠めて口にして…futt.gif

12-2-10 大根

焼き目が食欲掻き立てる、厚みのある「大根ステーキ」は、
箸を入れた途端に、じゅわりと染み出る程、柔らかジューシー。
添えられた葱味噌が大根の甘みをさらに引き立て、
大根ってこんなに甘かったんだ…と、心に染みる美味しさ futt.gif

12-2-10 酒

泡盛で、かっと体も暖まり…、改めて日本酒をお願いすると、
出されたのは、「一人娘」立春朝絞り 純米吟醸生原酒。
2月4日立春の日にのみ、限定発売される希少なお酒。

12-2-10 白菜みそ

まだまだお野菜料理が次々と。
採れたてならではの、瑞々しい白菜に、蕎麦味噌が添えられ、

12-2-10 白菜大根塩辛オイル

さらに、塩辛オイルに漬けて食べれば、
フレッシュなコクが白菜にとろりと絡み、実に乙な酒の充て

12-2-10 里芋

ほっこりとろ~り柔らかく炊かれた「里芋の煮っ転がし」は、
郷愁誘う、懐かしい心地にさせられて…、

12-2-10 ほうれんそう

とにかく素のお野菜が美味しくてたまらない、
葉の厚みがしっかりとした「ちぢみほうれん草の胡麻和え」は、
本来のほうれん草の味わいが濃く、まぎれない昔の畑の大地の味わい。

12-2-10 漬物

自家製漬け物の、白菜の浅漬けは、漬け具合ぴたり、白菜の甘みが感じられ、
しっとりと漬かった、「聖護院大根の甘酢漬け」が又美味しい。

12-2-10 乾杯2

何時の間にか、お隣に座られた常連の仲良しご夫婦とも和気あいあい。
お店を介して心が通い合う、この出会いに、思わず乾杯~onpu.gif

暖かくてぬくぬくとした、このお店の空気がたまらなく、
心から安堵して、すっかり寛ぎ癒され、楽しませて頂いて…

そろそろ、久しぶりのご主人のお蕎麦を頂こう niko.gif

12-2-10 そば

そうそう、このお蕎麦だ…!。
玄蕎麦を丁寧に磨き、石臼で挽き、ご主人が打ったこのお蕎麦。

12-2-10 そばあぷ

どっしりと太めに断たれ、透けるような透明度のある瑞々しい姿。
生き生きとした躍動感があり、ざっくりとした穀物感に、散りばめられた蕎麦の星。

12-2-10 そばたべ

口に含めば、跳ね返るようなぷりっと心地のいい弾力感。
噛みしめると、じわりと豊かに広がるふっくらとした香ばしさに甘み。
喉越しは、するりするりと軽やかで、
ああ、これは、しみじみとしみじみと、美味しい蕎麦だ…love.gif

既にお腹もいっぱいだったのに、
このお蕎麦、なんだかいくらでも食べられそう。

と、すっきりとしてそれぞれの出汁がまろやかなに染みた汁に浸せば、
さらに、蕎麦の風味が引き立てられ、これも美味しい。
…と、手繰っていたら、あっと言う間。。

12-2-10 蕎麦湯

頃合いみて出された蕎麦湯は、とろ~り濃厚。
余韻をかみしめながら、ゆっくり大事にこれを頂いて…futt.gif

にこにこ笑顔の女将さんから、おまんじゅうのデザートまで頂いて、
すっかり心から暖かな心地に浸ったこのひと時。

ご馳走様でした~hahha.gif

お料理が好きで、人を持て成す事が何よりもお好きな女将さん。
飄々として大らかで暖かな笑顔のご主人のこのお店。
しみじみと、お店を閉められてしまう事が寂しくて仕方ない。

3月いっぱい…、是非とももう一度、又伺いたいな…futt.gif

K様、ご一緒下さり、ありがとうございました hahha.gif




12-2-10 看板
「茶の間 美登里」


東京都台東区浅草橋4-4-6
03-3851-5141
11:30-14:00 / 17:30-21:00
土曜・日曜・祝日休
禁煙


2005年 9月27日 ランチにて「石臼挽き手打ちそば」
関連記事
トラックバックURL

http://chibiyukarin.blog4.fc2.com/tb.php/2160-88886f6d

◄ prev next ►