FC2ブログ
    つれづれ蕎麦 
    静岡 「たがた」 愛おしき蕎麦・静岡在来
    2012年03月08日 (木) 23:22 | 編集

    先日、「いっこう」さんで頂いた、静岡在来種の希少なお蕎麦。
    あの蕎麦を独自で見つけ、守ろうと取り組んでいる「たがた」さん。
    そのご主人にお会いしたい、そしてご主人の打った蕎麦も食べてみたい。

    と、それから思い募らせて…
    ようやく日にちを合わせた今日、同じメンバーでいざ!静岡へゴーゴーniko.gif

    三寒四温とはならず二温で打ち止め、又寒さのぶり返した今日、
    薄雲の中にぼんやりと浮かび上がる、幻想的な富士山を眺めながら、
    順調に東名高速を走らせ、昼前に無事、静岡市街に到着。

    12-3-8 店

    静岡駅からほど近く、のどかな公園を前にしたビルの間に、
    柔らかな色合いのシャープな壁、覗きこまないと気付かぬように、
    そっと隠れるように、さりげなく掛けられた小さな看板。

    12-3-8 店あぷ

    モダンな中に、このほのぼのとしたロゴが温かい…futt.gif

    静岡 「手打ち蕎麦 たがた」

    どきどきわくわく、ゆっくりと扉を開くと…
    わあ、これは素敵な空間 hahha.gif

    すぐに出てきて下さった、にっこりかわいい花番さんに迎えられ、
    靴を脱いで上がれば、板間が足裏に心地よく、

    12-3-8 店内

    しっとりと落とされた照明の中、所々に落ちるダウンライトの柔らかな灯り。
    厨房に面して居心地良さそうなカウンターが一列、
    後ろにテーブルが何卓か置かれ、どの席も掘りこみで座り心地も良さそう。

    このカウンタに座り、一人のんび~り蕎麦前なんて、
    さぞ心地いいだろうなあ、などと思いながら、
    4人でテーブルを囲み腰を下ろせば、ふかふか座布団が気持ちいい futt.gif

    …と、出てきて下さった、お会いしたかったご主人田形さん♪。
    鍛え抜いた締った体格に、親しみ易い気さくな笑顔で、
    エネルギッシュで生き生きとした、男らしい素敵な方 hahha.gif

    ちょっとお話しさせて頂いただけで、蕎麦に対する熱意を感じ、
    お会いできた事に、すっかりうれしくなりながら…
    ご挨拶を済ませ落ち着いて、ようやく開くお品書き。

    12-3-8 品ワイン12-3-8 品ビア

    ビールや、サワー、さらにワインのリストもずらりと並び、

    12-3-8 品オススメランチ12-3-8 品日替わり

    お手頃なランチに、月がわりのお蕎麦は、魅力的な「温はまぐり」、
    さらに、「店主のお勧めランチ」のセットもあり、これいいなあ futt.gif

    12-3-8 品一品12-3-8 品一品2

    一品料理もずら~り並び、その豊富さにびっくり感心。

    12-3-8 品冷そば12-3-8 品温そば

    蕎麦もしたり、冷たい蕎麦に温かい蕎麦も豊富に揃う、
    見ているだけで迷ってしまう程の、楽しい品書き。

    と一通り目を通し、何はともあれ、来れた事にまずは乾杯 niko.gif

    12-3-8 ビア

    モダンアートの描かれた、静岡地ビール「ベアードビール」をお願いし、

    12-3-8 乾杯

    早速注ぎ、乾杯~
    とくぃ~っと口にしたビールは、爽やかでフルーティー、
    ホップの良い香りがふわりと立つ、美味しい地ビール m001.gif

    12-3-8 ノンビア

    運転して下さったSさん、すみませんっっ
    と喉を潤わせ、すっかり和み寛ぎ初めていると…

    12-3-8 ゼンサイ

    今日は16人の宴会が上であるそうで、(忙しい中すみません…ase2.gif
    我々にも作って下さった、各々に置かれた「前菜」の豪華な一皿。

    独特の香りがたまらない、しっとりしゃきの「独活のキンピラ」に、
    こりっとした歯ごたえが楽しい「なまこの酢の物」。

    味わい濃厚立派な「車海老」が真ん中に彩り、
    そこに寄りそう「蛍烏賊と菜の花の酢味噌和え」。

    春先がけ、好物の「筍の土佐煮」がとてもうれしく、
    カリカリ香ばしい「蕎麦チップ」に、「昆布の佃煮」。

    柚子味噌が添えられた、しっとりと炊かれた「風呂ふき大根」に、
    ほんのり甘め、私好み「出汁巻き玉子」に、杏が添えられ…

    12-3-8 品酒

    こんな素敵な一皿を前にしたら~~、たまらずお酒 onpu.gif

    12-3-8 酒1磯自慢

    ここでは、やっぱり静岡地酒だ、「磯自慢」を即注文 niko.gif
    すっきり軽快なお酒に、この器が又素敵。

    12-3-8 品一品オススメ

    と、お酒でじっくりこのお料理を楽しみながら、
    「今週のおすすめ料理」の品書きも見つめ、幾つか頂いたお料理数々。

    12-3-8 そば刺身

    まず出されたのは、産地違い二種盛りされた「蕎麦の刺身」。

    12-3-8 そば刺し山葵

    爽やで鮮烈な辛さがツーンと走る、ねっとりとした山葵が、実に美味しく、

    12-3-8 そば刺しかのや

    もちもちっとした、この蕎麦刺しの美味しい事~buchu-.gif

    12-3-8 そば刺したべ

    丸抜きの蕎麦粒がしっかりと見てとれる、粗挽き蕎麦刺し。
    徳島「祖谷」に鹿児島「かのや」、味わいが違うのが又楽しく、
    香ばしくて甘みが濃く、これで又お酒と共に舌包み。

    12-3-8 天麩羅

    「天麩羅」は、大好きな「百合根の掻き揚げ」に「春山菜」。
    大長皿に豪華に盛られた天麩羅は、見るからにカラリ。

    12-3-8 天うどふきのとう

    春先がけ、「独活」に「ふきのとう」は、山菜ならではの風味が新鮮。

    12-3-8 天百合

    「百合根」は、ほこほこっとして、しみじみとした甘みが優しく、

    12-3-8 天むかごふきのとう

    ほのかな苦みが春の息吹感じる「ふきのとう」に、

    12-3-8 天むかごたべ

    「むかごの掻き揚げ」というのは、初めて。
    ふっくらほっこりとして、これっ美味し~い buchu-.gif

    12-3-8 天麩羅塩

    しかも添えられた塩が3種も置かれる、拘りよう。

    ガリガリ削ってふりかける岩塩に、抹茶塩、
    そして、舐めているだけでもお酒が進みそうな極上塩、
    マドゥーラ島の粗塩が、びっくりするほど美味しい。

    12-3-8 酒2

    と、お酒もお替り、静岡の地酒続きで「志田泉」。
    漆器の酒器に揃いの猪口が、何とも風流。

    12-3-8 そばがき

    お料理も手際よく、続いて出された「そばがき」は、碗仕立て。

    12-3-8 そばがきあぷ

    熱々のかけ汁に浸った、揚げ蕎麦がきで、この汁が又旨いっ。

    12-3-8 そばがきたべ

    酒飲みに汁物のうれしさを楽しんで、
    中の蕎麦がきに箸を入れれば、これが柔らかとろ~り。
    優しく軽やか、汁にじわりと染み、蕎麦の香ばしさがじわ~じわ~。

    儚く溶けるこの蕎麦がき、これっ、これは美味し~い buchu-.gif

    12-3-8 鴨

    と、慈しむように汁もすっかり飲み干せば、
    続いて置かれたのは、「本鴨ロース」。

    12-3-8 鴨あぷ

    ピンク鮮やかな鴨ロースは、しっとりと柔らかく、臭み全くない旨みたっぷり。
    はらりかかったタレが又よく、野菜はシャキシャキ。

    12-3-8 酒3

    これに、再びお酒のお替りコール。
    「これ、是非飲んでみて下さい」と、出されたのが幻のお酒。
    2009年に惜しくも廃業してしまった吉屋酒造のお酒「海舟の山廃」。

    12-3-8 酒3ラベル

    黄色みがかった熟成3年もの、酸味に甘み、酒の旨みが一体となり、
    熟成酒ならではの、じんわり広がる洋酒に似た乙な味わいを感じていると…、

    12-3-8 山葵漬

    すっと出された、店主自信の「山葵漬け」。
    山葵の鮮烈な辛味に、品のいい粕の柔らかな甘みが溶けあい、
    これまで食べた中で一番と思わせる、極上の山葵漬け。

    これでじっくりとお酒を味わい、「たがた」さんのお料理をすっかり満喫。
    では、そろそろお蕎麦をば。

    今日は4種お蕎麦を打たれているそうなので、
    それぞれ一枚づつ皆で手繰ろうとお願いし…、

    12-3-8 蕎麦1

    まず出されたのが、念願お目当てだった「静岡在来」10割そば。

    12-3-8 蕎麦1あぷ

    穀物感みなぎる、ざっくりとしたその切り口、
    丸抜きの蕎麦の粒がびっしり繋がり重なり合う、悠然とした姿。

    12-3-8 蕎麦1たべ

    手繰り上げれば、飛び出てくるような蕎麦粒が目の当たり。
    芝生のような香りがふわりと広がり、
    口に含むと、もちもちとして歯を包み込む、頼もしい腰加減。

    噛みしめれば、しみじみと素朴ながら野生味溢れた豊かな味わいに、
    思わず静岡の山野の間に力強く咲く、白い小花が見えてくるよう。

    ダイナミックで堂々とした、力強い蕎麦の味わい。
    たがたさんが惚れ込んだこの蕎麦、確かにこれは美味しい…love.gif

    12-3-8 蕎麦2

    と、余韻にふけっている間に続いて二枚目、これがすごい、
    福井大野の蕎麦を窒素置換で保存していたという、
    10割で打たれた、2008年産の、3年ものの熟成蕎麦。

    12-3-8 蕎麦2あぷ

    これは又、なんて甘く香ばしい香りだろう。
    じっくりと落ち着き、ふっくらとして円やかな穀物の香り。

    噛みしめれば、円熟味を増した蕎麦の豊穣なる味わい。
    香ばしくて甘い、深く落ち着いたこの味わいに…、
    途端にうっとり、すっかり虜~love.gif

    と、酔いしれていると、間髪いれず…

    12-3-8 蕎麦3

    三枚目、四枚目と続いて出される。

    12-3-8 蕎麦3あぷ

    前の二枚に比べてやや細めに断たれた「祖谷在来」10割蕎麦。

    繊細で、品のいい香ばしさがふわりと口に広がり、
    ほろりと軽やかに喉を落ちる心地のいい食感。
    飲み込みながらじんわりと甘みを残し、これも美味し~い hahha.gif

    12-3-8 蕎麦4

    最後は鹿児島「かのや」在来種の九一蕎麦。

    12-3-8 蕎麦4あぷ

    粗挽きでありながら、細めに断たれた、凛然とした蕎麦は、
    繊細でありながら、力強い大地の香ばしさ。
    飲みこんだ後に、くっと穀物の芳香が込み上げ…、これ又たまらな~い buchu-.gif

    すっきりとした辛口の汁が、すべての蕎麦をそっと支え、
    各々の感想、感嘆が飛び交いながら、あっという間に手繰ってしまう。

    12-3-8 蕎麦湯

    程良く白濁した熱々蕎麦湯を頂きながら、
    じっくりと余韻に浸り、爽やかな笑顔のご主人としばしお話し。

    明るく快活に話すご主人のお話しはとても楽しく、
    その節々に蕎麦に対する愛情の深さと、強い思い入れ、
    静岡在来を想う気持ちが、しかと伝わってくる。

    お会いできてよかった、いやもっとお話しを聞いていたい…
    席を立つのが惜しまれながら、訪れられた事に感無量。

    ご馳走様でした~hahha.gif

    12-3-8 店内あぷ

    これまでに訪れたお店を想い返しつつ…、
    改めて、静岡のお蕎麦屋さんのレベルの高さを実感。

    ああ、もっともっと静岡が近ければいいのに…、とつくづくと。 u-n.gif
    でもっ、たがたさん、又行きますっniko.gif


    12-3-8 店あぷ - コピー
    「手打ちそば たがた」

    静岡県葵区常磐町2-6-7
    054-250-8555
    11:30~14:00 / 17:30~22:00
    月曜定休
    禁煙

    お店のHP



    途中のサービスエリアでゲットした、静岡産みかん「はるみ」。
    これが、中皮がとても薄く、甘み酸味がばっちりで美味し~いっ love.gif
    蕎麦もお酒もみかんも美味しい静岡、いいなー♪。

    12-3-9 みかん


    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント
    この記事へのコメント
    marsh様
    一緒に連れてって下さい~~っ
    2012/03/13(火) 19:59:19 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    回ってきます。
    > 静岡のお蕎麦屋さん、まだまだ回りたいところがあって、困ってしまいます。
    回りたいところを教えてください。
    代わりに回ってきます(笑)。
    2012/03/13(火) 17:56:13 | URL | marsh #EBUSheBA[編集]
    柚め様
    あと、ソビスケにも寄りたかったんです(かぶりもの好きなもので…^^;)。でも、お店の前まで行きながら、間に合わず。
    又静岡参ります!

    「はるみ」ほんっとに美味しい!
    こんなに美味しいみかん初めてかも、と思う程、帰ってきてすぐに、止まらず3個ペロリ。
    私も毎年買いに行きたくなってしまいそうです。

    8日…そうだったんですね!
    今度、静岡に行く時には、お声かけさせて頂いちゃおうかしら…(u_u*)~
    2012/03/13(火) 09:24:04 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    mayu-mayu 様
    これで、いっこうさんにも報告できるようになりました(^^)。
    本当に…、もっと近ければ…ですよねー
    2012/03/13(火) 09:21:08 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    蕎麦喰えず(?)師様
    やっとやっと行ってこられました(^^)
    えへへ、だって静岡在来が楽しみで楽しみで。
    でも、いいお店ですね♪
    まだお若いご主人、意欲的なお人柄に、これからの発展がますます楽しみになってきました。

    しかし、ここまで来たら・・
    藤枝の桜を愛でながら兄弟に会いもものすごく行きたい。
    富士の香味も又…
    あああ。

    どこでもドアがあればいいのに、とつくづくです。
    2012/03/13(火) 09:19:57 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    marsh様
    ぜひぜひ♪
    静岡のお蕎麦屋さん、まだまだ回りたいところがあって、困ってしまいます。
    2012/03/13(火) 09:15:00 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    ようこそ静岡へ♪
    静岡市は八兵衛という、本むら庵に似た(お蕎麦は違いますが) お店から独立するお蕎麦屋さんや、老舗含め多くの店があります!

    その中で多くの在来種を取り寄せて自家製粉で、十割もあるのはたがたさん位でしょうか。

    そうです!はるみ☆
    我が家は毎年、農家の方から直接買ってます。
    毎年、はるみに凄いお金使ってしまい、来年から控えようと主人と話してました。
    それにしても8日は仕事休みだったから、ゆかさんに一目お会いしたかったわぁあああ......
    2012/03/12(月) 19:35:43 | URL | 柚め #-[編集]
    「いっこう」さんと会話すると必ず登場する「たがた」さん
    ・・・伺ってみたいけど、静岡は遠いですなぁ~。
    お蕎麦もお酒も素敵ですねぇ。
    2012/03/12(月) 16:15:55 | URL | mayu-mayu #-[編集]
    間違い無きよう
    そうそう、勿論お蕎麦も食べましたが・・
    2012/03/12(月) 16:08:14 | URL | 蕎麦喰い師 #VDz0rjeM[編集]
    魔 の ゆ う わ く
    ウンッウンッ・・
     不思議だ??
      何故だっ??
    なっ なんで 何で蕎麦までたどり着けたの!? (x_x)ゞ
    あのメニューの誘惑に打ち勝つとは (>_<)
    嫌になるくらい「酒」を呼ぶ品々
     よくぞたどり着いた 蕎麦に
    以前伺った時は、その前に富士の香味、藤枝の三兄弟、等ちょっと味香りが濃~~いお店の後だったもので・・・

    HNもとうとう 蕎麦喰わず師 か・・

    これからどのように進歩してゆくのか見てみたいお店ですね
    それにつけてもの行動力
    また一つ二つ面白そうな情報でも・・
    2012/03/12(月) 15:04:30 | URL | 蕎麦喰えず師 #VDz0rjeM[編集]
    いいお店ですね。私も行ってみます。
    2012/03/12(月) 11:31:35 | URL | marsh #EBUSheBA[編集]
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >