高遠 「ますや」 三種の蕎麦に蕎麦ピザ

2012/03/26/22:03  [甲信越の蕎麦]長野 画像あり

久しぶりに、例の遠征メンバから、「ますや」さん行こう、の話が持ちかかり…
蕎麦となれば、しかも「ますや」さんとなったら、迷う事なく二つ返事 niko.gif
日程合わせた今日、車に乗り込み中央道をまっしぐら。

12-3-26 八ヶ岳

からりと晴れ渡った、冬に逆戻りしたような済んだ青空の下、
幻想的な八ヶ岳の頂きを眺め、順調に車を走らせ長野に突入。

12-3-26 店とおめ

伊那ICを降り、記憶にもまだ新しい、ポレポレの丘の横の小高い一角に、
旗をパタパタと靡かせほっこりと佇む、ロッジ風のお店に到着~ niko.gif

12-3-26 店入り口

あれは一昨年の夏の終わり、
あの時訪れた感動が、ふっと走馬灯のように蘇る…futt.gif

伊那市高遠町 「高遠そば ますや」

雪が降るとの天気予報に心配していた雪はなく(ちょっと残念)、
それでも、車から降り立つと、肌に刺すような空気の冷たさ。
ああ…、ここは長野なんだ、やっぱり寒いっzozo.gif

12-3-26 天井

と、扉を開き入れば、入口すぐには薪ストーブが赤々と熾り、
高い天井のゆったりとした店内は、温度だけではない、心地のいい温かさ。
久しぶりにお会いするご主人にご挨拶をして…

12-3-26 お茶

窓際すぐのテーブルに腰を下ろし、
すぐに出された温かなお茶を頂けば、途端にほっと和んでしまう。

12-3-26 品さけ

ぐるり見渡し落ち着いたところで、品書きを回し見吟味。
…まずは、前回は頂けなかった、ここでの蕎麦前を楽しみたい niko.gif

12-3-26 酒

と、中から地元高遠のお酒「やまむろ」純米を選び、お願いし、

12-3-26 品ピザ

充てには、もう一度食べてみたいと思っていた、
ますやさんの「蕎麦ピザ」に、まだ頂いていない「そばがき」を。

12-3-26 ぴざ

程なく出された、デフォで出されたピザは、直径20センチ程ありたっぷり。

12-3-26 ぴざあぷ

鴨の燻製に地の物きのこが、とろりと溶けたチーズに埋まり、
その下は、ざくざくっとした粗挽き蕎麦粉で作られた蕎麦ピザ生地。

12-3-26 ぴざとり

取り分け早速頂けば、カリカリざくっとした蕎麦生地がとても香ばしい。
モッツォレラチーズに絡まる、鴨の燻製の深い味わいに、
風味豊かな様々なキノコの、シャキポリっとした歯ごたえの心地よさ。
ああ、これは、やっぱり美味し~い love.gif

と、鴨にチーズのピザはお酒にもよく合い、くいっくいっ。

12-3-26 そばがき

蕎麦ピザっていいなあ、もっと食べた~い、なんて思っていれば、
人数分に小鉢に分けて出してくれる配慮もうれしい、粗挽きそばがき。

早速お酒もお替り、木曽奈良井「杉の森」もお願いし…

12-3-26 そばがきあぷ

もり汁に浸され出される、ふっくらとした蕎麦がきは、
見た目にもすぐ分かる、かなりの粗挽き。

12-3-26 そばがきたべ

箸を入れれば、ほろんとしてもっちり。
口に含めば、ころころ転げまわる蕎麦の粒がなんとも心地よく、
とろりと溶ける間に、ふっくらとした香ばしさに甘みが広がる。

添えられた、フレッシュな山葵が又美味しく、
ああ、この蕎麦がきも美味しいなあ…futt.gif

じっくりと味わいながら、伊那の地酒「斬九郎」を追加して…、
いよいよ、お目当てのお蕎麦をば niko.gif

12-3-26 品そば

品書きにあるお蕎麦は、殻ごと挽き、芯に近いところだけで打つ「玄」に、
丸抜きの蕎麦を手挽きし、十割で打たれた「抜き」の二種。

12-3-26 品高遠

さらに、ここ高遠の蕎麦となれば、
焼き味噌と辛味大根で食べる「高遠そば」がここのメイン。

「ますや」さん初めての二人は、「高遠そば」を、
私は食べていない、長野でのきのこを堪能したいな、と「ねぎきのこざる」、
同じく二度目のSさんは、「鴨きのこざる」を選んで、
お蕎麦はもちろん合い盛りで、それぞれ注文~onpu.gif

12-3-26 玄

まずは、「ねぎきのこ汁」の添えられた、一枚目「玄」。

12-3-26 玄あぷ

地元高遠産の蕎麦を玄ごと挽き、その中心部分だけで打たれた蕎麦は、
うっすらグレーがかった透明感のある繊細な細切り。

12-3-26 玄どあぷ

その中に、蕎麦の欠片がきらきらと煌めき、まるでガラス細工のよう。
顔を寄せれば、爽やかな穀物の香りがふわっと広がる。

12-3-26 玄たべ

手繰り口にすれば、品のあるたおやかな腰が心地よく、
あっと思った瞬間に、ふっと喉元を落ちて行く。
清楚でエレガント、ソフィスティケートされた綺麗なお蕎麦。

12-3-26 ねぎきのこ汁

と、熱々たっぷり入った「ねぎきのこ汁」に浸してみれば…

12-3-26 玄ときのこ

様々なきのこの出汁が染みた汁は、上品で風味よく、
にわか暖まった蕎麦は、甘みが濃厚に引き出される。

しゃきしゃききのこの食感も楽しく、これは美味しい hahha.gif

12-3-26 鴨きのこ汁

ここで「鴨きのこ汁」とちょっと交換~onpu.gif

12-3-26玄と賀茂

同じきのこでも、鴨が入った汁は、鴨の脂がじわりと浮かび、
きのこの出汁に鴨の濃厚な旨みが溶けあい、がっつりとした旨さ。
玄にちょっと勝ちすぎちゃうけど、これはまこと美味しい鴨きのこ汁 buchu-.gif

12-3-26 てびき

と、あっという間に食べ終えれば、すかさず出される、二枚目「抜き」。

12-3-26 てびきあぷ

八ヶ岳山麓産の蕎麦の丸抜き、それを手挽きし打たれた、
すぐに見てとれる超粗挽き、やや太めに断たれた蕎麦のその断面から、
今にも蕎麦の粒が飛び出て来そうな野趣さいっぱい。

12-3-26 てびきたべ

手繰り上げ、日に透け見える、蕎麦粒の姿に見とれながら、
口にすればもちもち感が強く、頼もしい歯ごたえ。
噛みしめていくうちに、じわじわと香ばしさに甘みが濃厚に広がり…
ん~っ、なんて素朴で力強い味わいなんだろう~。

と、熱々きのこ汁に浸せば、むちっとした蕎麦がほろりとし、
解けるように蕎麦の芳しい香味に風味が濃厚に広がる。
ん~、これは美味し~い love.gif

…と、それぞれ汁を交換し手繰っていると…

12-3-26 田舎

「これは、まだ試作品なんですが…」
と出して下さった、玄ごと手挽きし打たれた粗挽き、(仮名)「田舎そば」。

12-3-26 田舎あぷ

ずっしり太めに断たれた、グレー濃く、透明感もあり、
その切り口は、荒々しく蕎麦粒が浮き出るごつごつとした断面。

12-3-26 田舎たべ

手繰り上げれば、途端に広がる馥郁とした香ばしい穀物の香りに、
噛みしめれば、もちもちとした粘りのある力強い歯ごたえ。
噛みしめれば、じわっと広がる蕎麦のもつえぐみぎりぎりの香ばしさがあり…

こっ、これ美味し~い love.giflove.gif

とそのままの蕎麦を楽しんでいると…

12-3-26 カレー

すっと各々出して下さったのが、試作品との「カレーつけ汁」。
所謂蕎麦屋のカレーとは異なる、朱色が濃く洋風の様相。

12-3-26 カレーと手びき

と、これに「抜き」を浸してみると…
おおっっ、これは美味しい hahha.gif

さっぱり薄めでありながら、カレー独特のスパイシーさはしっかり。
中にとろりと溶けかかったトマトが、どこかエスニック風な風味があり、
辛いけど甘い、上品だけどワイルド。
「抜き」に合わせれば、蕎麦の甘みがぐわんっと広がり…

続いて「田舎」を浸してみれば、これが又美味し~いっ buchu-.gif
力強い「田舎」はスパイシーなカレーと譲らずもがっつり手を組む。

さらりとして、辛味に甘み、それに酸味が寄りそうこの汁、
これは、夏にすごくよさそう…futt.gif

12-3-26 高遠と田舎

と、高遠汁に浸してみたり…と、それぞれの汁で楽しんだ三種の蕎麦。

とろりとした蕎麦湯で、さらに汁の飲み比べなど味わっていれば、

12-3-26 ぷりん

最後にうれしい、蕎麦湯で作られた蕎麦湯プリン。
さくっとしてとろり、程良い甘みに、ほのかに蕎麦の香ばしい風味があり、
これが、又とても美味しく…

12-3-26 デッキ

デッキの向こうには、雄大な山並み眺めながら、
ゆったりとした時間を、ご主人囲んでのんびりと寛いだ楽しいひと時。

ご馳走様でした~hahha.gif

もう時期、桜爛漫ピンク一色に埋まり、人々で賑わうんだろうなあ、
と、その景色を思い浮かべながら、満足な心地で車に乗り込み…

12-3-26 諏訪の街

帰り道、高遠の高台から見た、八ヶ岳に諏訪の街並み。
美味しいお蕎麦に、美しく雄大な景色に包まれた長野。
又、来たいな…futt.gif

運転して下さったT様、K様、S様ありがとうございました~hahha.gif


12-3-26 自転車
「高遠そば ますや」

長野県伊那市高遠町東高遠1071
0265-94-5123 
11:00~16:00
火曜定休(1,2月は、火曜水曜)
Pたっぷり

お店のHP


2010年 9月 5日 合い盛りで「高遠そば」
関連記事
トラックバックURL

http://chibiyukarin.blog4.fc2.com/tb.php/2198-ead53bd1

◄ prev next ►