FC2ブログ
    つれづれ蕎麦 
    高田馬場 「傘亭」
    2005年08月29日 (月) 22:13 | 編集
    午前中で終わる予定が、午後にちょっと持ち越し。午後2時前、新宿。

    街中のランチタイムはそろそろ終わってしまう・・・。
    ・・行ってみよう!今日・・・。このタイミング。。

    この店に向かうのはこれで二回目。去年の年末の、冬の寒い中、歩いてたどりついたが、臨時休業で、落胆して駅に戻った記憶が。

    そして今日・・・。高田馬場を降り、右手のなだらかな坂を登る。
    この、がやがやとして、ごちゃごちゃ。それでいてなにか、明日に未来を感じるような活気のある街。物価の安さはぴか一で、なんでもありそうな街。こういう雰囲気って、学生時代をトウに過ぎた今でもやっぱり好きで、下北といい、スーツの似合わない街というのにどうしても惹かれてしまう。。

    そうのこうの、思いをめぐらしながらも、一心に歩いていると、いつしかふっと、静かな空気に変わってくる。
    シチズンが見えた・・・、「早稲田四丁目」のバス停があって・・・
    20050829203255.jpg
     
         .....「傘 亭」

    20050829203109.jpg

    かの「ソバ屋で憩う」の特選5店のひとつ。
    わたしの中での登竜門のひとつでもあるお店。

    よかった。。
    今日はやっているようだ・・・



    勇気を出して戸を開ける。
    もう、2時も過ぎようとした平日の午後。先客など無いであろう・・と思いきや、カウンターは2組の客で埋まってる。

    出迎えの言葉もなく、しばし佇み・・・。
    と、やっと主人が顔を出してくれ、
    「ここ、いいですか?」と、カウンターの後ろに、まるで片してあるようなイスとテーブルを指すと、「どうぞ」と、そのまま奥に。。

    さすが・・、噂通り愛想はない、そのもの・・?
    仕方なく、しばしその席に座り辺りを見渡す。
    20050829203000.jpg
    ほぉ~・・、お酒の種類もいろいろだ・・・。

    見ていると、一組づつ丁寧にひとつひとつ、蕎麦をもてなしているよう。これは・・、ゆっくりまとう。。

    飲む気はなかったけど、あんまり眺めていたら飲みたくなってきてしまっている。


    と、先客の一組の老婦人方々がお愛想をしたので、カウンター席に移ることに。

    20050829202944.jpg
    カウンターに座ると、目の前に素材についての細かい説明が手書きで書かれ、貼られている。すごい。。

    やっと、「何にしましょう」と声をかけられ、
    「崩れ豆腐」と「鷹勇」をお願いする。
    ここでは、急いではいけないのだ。。


    それから、少し待って目の前に丁寧に(本当に丁寧に)出してもらえる。。
    20050829202902.jpg
    「鷹勇」。

    小さめのすのこに敷かれ、切子のお猪口と碧いビイドロのようなトックリがとても美しい。

    鳥取の地酒「鷹勇」特別純米。吟醸のような軽快な喉越しが好き。


    ここにあるなんて♪と憩う・・・つもりが、やっぱり緊張。。
    20050829202831.jpg
    同時に出された「崩れ豆腐」

    器の中には、ほろ柔らかめの豆腐に、じゅん菜と枝豆、そして岩海苔が乗っている。
    豆腐が甘い・・おいしいっ。。枝豆のこりこり感と、じゅん菜のちゅるっ。。
    そして、岩海苔のすっきりとした塩辛さのバランスが素晴らしい。


    「これは・・・、だだ茶豆ですか?」と恐る恐る尋ねると、
    「いえ、天狗豆です。だだ茶豆は、もう少し後ですね」

    「お豆腐美味しい・・です」「作って3時間くらいのものですので」
    と、愛想は無いながらも、ぽつりぽつり返してくれる言葉がちょっと意外。もっともぉっと怖いかな、と思っていたので。。

    そして、頼んだのは「二色そば」。今日の変わりそばは「紫蘇切り」。
    20050829202101.jpg

    同時に目の前に、二つの山で。
    美しい・・・。透明感のある、瑞々しい蕎麦。
    紫蘇切り
    まずは、「紫蘇切り」から。
    細切りの丹精なもの。コシもあるのだが、たおやかな蕎麦でこれは好きなタイプ。かなり短めではあるけど、蕎麦のやさしい甘さが漂う。
    紫蘇の香りは・・・、あまりしないかな?

    その分、粘りのある蕎麦の香りがとても美味しい。


    もりアップ
    続いて、「もりそば」。
    「紫蘇切り」よりやや太めで、コシが強い。
    しっかりした弾力が跳ね返ってくる。

    こっちも、ちょっと短めなのが気になるが、それでも蕎麦の甘みが強い。香りも豊かで、なんだか楽しく手繰ってしまう。


    つゆの旨さは、カウンターに貼られた薀蓄どおり。
    突出した出汁の香りを出さず、まろやかな辛口。
    このまま舐めてもおいしいもの・・・。

    薬味は大根おろしのみで、これがたっぷりで、かなり辛い!
    トータルで、かなり満足できるクオリティであることに、疑いはない。。

    時をずらして出された蕎麦湯はナチュラルなものだが、つゆがおいしくて、一杯、又一杯と飲んでいたら、底の方はかなりは白濁してとろみがあり、すごくうれしい。
    こういう、だんだんととろみが出てくる楽しみは、やっぱりやめられない~
    20050829203022.jpg
    と、飲みつつ、上を見上げると、
    ここにも、「友蕎子」の額が飾ってあり、ああ・・ここもそうか、一茶庵の流れだったんだ・・と、改めて感じる。

    いろんなお店があるんだな・・。。
    少しだけ、この店のペースに慣れてきた感じも。。


    他に客もなくなり、私もお勘定を。
    最後まで、笑顔を見ることはできなかったけど、
    そうは言っても、わたしの尋ねる問いに、ぽつりぽつりと言葉短めながら、結構話し好きなという印象も。。

    店を出て、ちょっと肩をおろし、蕎麦の印象より店の印象が強く感じていた・・・・

    のだが・・、時間をおいて振り返ると、なぜが又、食べてみたいという不思議な感覚が呼び起こされてきた。。こういうのって、不思議。。
    店を出た直後は、そこまで思わなかった感覚が、時間を置いた今、無償に又、食べたくなってくるとは。。

    最高!か?と問われると困るのに、なんだかちょっと、クセになるような・・。そして、又、あの無口で無表情な主人に、ちょっと会ってみたくなるような。。

    「作ろうと思えば、300くらいの変わりそばなんて作れるんですよ・・」
    と、ぽつりと語ってくれたご主人。。
    、近いうちに伺います・・・・。

    *お品書き
    もりそば 800円、変わりそば 1,000円、おろし 1,200円、天せいろ 2,000円
    二色そば 1,200円、二色天せいろ 2,500円、そばがき 1,400円
    崩れ豆腐 500円、イか塩辛 450円、月見芋 800円、マグロの漬け 650円等
    地酒多し 700円~



    20050829201937.jpg
    傘亭

    新宿区高田馬場3-33-5    
    03-3364-5758
    金曜(祝日の場合は営業)
    12:00-売り切れまで。(17:00頃)



    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント
    この記事へのコメント
    aqua_santa様
    うわぁ、いいなぁ。。
    ちょっとうらやましいです。ここの玉子焼き、ちょっと珍しい感じですね。それと・・水晶餃子なぁんてのもあるなんて・・知りませんでした。

    >今日は飲みすぎですが、たまにはこんな日もあって良いですよね。
    もっちろ~んっ♪。わたしだって、そいうのの連続ですよぉ。えっ?でも、傘亭ではどのくらい飲まれたのかしら・・・(^^)
    ご主人・・・相変わらずぅ(^^;;。
    わたしも、そろそろちょいっと飲みに・・・もとい、お蕎麦を食べに行って見まーす♪
    2005/10/12(水) 23:22:41 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    また行ってきました♪
    今日は仕事が休みだったんですが、一度でいいからそんな時にゆっくり来て見たかったのでタクシーに乗ってわざわざ行ってきました♪至福の時を堪能して帰りには近くのお煎餅屋さんで焼きたての煎餅を買ってまたタクシーを拾って帰ってきました。もう飲めませんと言いながら、帰りに寄った酒屋で買ってきた長野県の「夜明け前」というお酒を飲んでます。今日は飲みすぎですが、たまにはこんな日もあって良いですよね。傘亭のご主人に「ご出身は?」と聞いたら「関東です」だそうです。「傘亭という名前は・・・」「京都にある傘亭です」と予想通りの答えですが、それ以上は話してくれませんでした。もっと沢山教えて頂くためにはまだ時間がかかりそうです(笑)でも、なんかあの店の空気がすっかり丁度いい感じに馴染んできた自分が恐い気もします(爆笑)写真は上手に取れませんでしたが抜きも頂いてきました♪
    2005/10/12(水) 22:29:16 | URL | aqua_santa #fol219KY[編集]
    aqua_santa 様
    真烏賊の沖漬っ!
    う~ん・・・これ、大好きなんです。わたしも今度はこれを頼もうかな・・。でも、玉子焼きも、天ぷらも、やっぱり豆腐も気になるし・・。

    わたしも行こうっと♪
    aqua_santa さんの又の報告お待ちしてまっす(^^)
    2005/10/03(月) 21:36:31 | URL | yuka #-[編集]
    鷹勇
    頂いてきました。暑かった外から中に入って鞄を置いて上着を脱いで腰掛け、まずは鷹勇を頼みました。く~っ!!!本当に美味しかったです。天抜きにしようか迷ったんですが、今日は真烏賊の沖漬にしました。これもまたうんまかった~。酒飲みにはたまらないメニューばかりですよね。今度行ったら玉子焼きも食べたいし、でもこの間食べた崩れ豆腐も最高だったし・・・と楽しみで一杯です。鴨せいろは出さない主義のようですが、あそこでだったら鴨うどんも挑戦したい気になります。今日は二色そばにしました。変わりは紫蘇切でした。またちょくちょく行くつもりなので報告しますね。
    2005/10/02(日) 21:04:13 | URL | aqua_santa #fol219KY[編集]
    私は、ちょっと。
    こっちが客なのですが、ブスッとした店主に気を遣って蕎麦食うというのは、やはり違うと言わざるを得ません。
    ここは純粋な蕎麦屋ではなく、日本酒と、それに合う料理を注文する客を大事にする店なので、下戸の私向きの蕎麦屋ではありません。なので、二度と行きません。
    2005/09/18(日) 20:44:35 | URL | 池津権太 #-[編集]
    Aさま
    コメントありがとうございます!
    そうだったんですか・・・。じゃ、わたしも又話かけてみようかな♪

    それと・・10月の、是非っ♪
    楽しみにしています。
    2005/08/31(水) 10:31:31 | URL | yuka #-[編集]
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2005/08/31(水) 01:11:40 | | #[編集]
    さまりす様
    いえいえ・・・そんな。。

    でも、わたしも、ちょっと「??」って思ったんです、このシャーベット。。
    今度頼んでみようかしら(^^)

    それはそうと、さまりすさまのブログもいいですね。文章のうまさに感動してます。
    2005/08/30(火) 08:28:52 | URL | yuka #-[編集]
    やりますね!かっこよすぎ!
    下手には入れない、と噂に聞く傘亭さん、私も行こう行こうと思いつつビクついてます。
    そんなお店でyukaさん、すごいですね。写真もバリバリ撮ってるし、それも月曜日の昼間っから冷酒とは!ただもんじゃないですね!隣にそんな女性が座ってたら、憧れちゃいます。
    ところで、薀蓄が書いてあるというカウンターに見逃せない「ピーチシャーベット」と言う文字。頭の中で膨らんでる傘亭のイメージがガラガラと音を立ててるんですけど・・。
    2005/08/30(火) 00:25:47 | URL | さまりす #-[編集]
    aqua_santa 様
    そうなんですよね~・・。不思議なんですが、今またすごく行きたくなっているの。今度は、天せいろにしてみます!(天然)ですものね(^^)。

    鷹勇もいいんですよ・・昼酒には。
    いつか、隣あわせになっちゃいそうですね(笑)
    2005/08/29(月) 22:55:04 | URL | yuka #-[編集]
    一日違い
    実は昨日行きました。ぼくは神亀(お替りも)を同じく崩れ豆腐で頂き、二色天せいろで〆ました。至福のひと時でしたよ。毎日通おうと思えば通えないこともないのですが、蕎麦屋にはまって破産したり夜の付き合いもできなくなるのもどうかと思うので我慢します。でもあの空間で他にあまり客がいないのって実は凄く嬉しい・・・。閑なる時空間を楽しむことが癖になりそうな・・・。これは何度か通った人でないと理解できないかもしれません・・・。あ~また行きたい・・・ウズウズ。
    2005/08/29(月) 22:39:23 | URL | aqua_santa #fol219KY[編集]
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >