FC2ブログ
    つれづれ蕎麦 
    巣鴨 「菊谷」 菊酔会 筍の宴
    2012年04月20日 (金) 07:54 | 編集

    巣鴨「菊谷」で、月毎行われる「菊酔会」。
    今月は、林君が腕をふるっての筍がテーマと聞いたら…、
    そりゃあ、何としてでも伺わなくちゃ niko.gif

    12-4-19夜 店とおめ

    考えてみたら、夜に訪れるのはこれが初めて。

    昼時は賑わう「とげ抜き地蔵通り」も、夕暮れにはしっぽりと夕闇に沈み、
    お店から洩れこぼれるほっこりとした灯りに、
    「手打ちそば」の旗がひと際目を惹く futt.gif

    巣鴨 「手打ち蕎麦 菊谷」

    19時スタートの会に、徐々に集まる、今日を楽しみに訪れた各々。

    12-4-19夜 品

    早速、今日の「献立」が回されて…

    12-4-19夜 酒ずらりあぷ

    ずらりと並べられたお酒は、一律五勺300円 onpu.gif

    12-4-19夜 酒四季桜

    それぞれ好みのお酒にビールを頼む中、
    夕暮れになって肌寒く、私は「四季桜」の熱燗をお願いし…

    12-4-19夜 乾杯

    各々のお酒を手にし、筍に乾杯~。
    しかも、産地は筍の最高峰とまで言われる、京都の物集女(もずめ)。
    期待に、わくわくしていると…

    12-4-19夜 前菜

    銘々に出された「前菜」の一皿。
    筍に鴨肉の入った、ほんのり甘めの「出汁巻き」は、味も好みとても美味しく、
    桜味噌の添えられた「筍豆腐」に、「筍のピクルス」。

    12-4-19夜 前菜姫皮

    玉味噌に海老の旨みが絡まる「姫皮と海老の木の芽和え」、
    姫皮はふんわり柔らかで、これ美味し~い love.gif
    さらに薫香ふわりと漂う、好物の「帆立のスモーク」。

    うんうん、前菜の滑り出しから、これはいいなあ futt.gif
    と、熱燗がくくくっと進む中…

    12-4-19夜 鱒

    次のお料理、「碗替」との「桜鱒の若筍蒸し」。

    12-4-19夜 鱒あぷ

    なんとっ bikkuri.gif、竹の子の摺り下ろしの銀餡がけ。

    12-4-19夜 鱒たべ

    鱒はほっこりとして旨み十分、
    かかった筍摺り流しの銀餡も、品よく美味しい。

    12-4-19夜 鯛

    続いて出された「向附け」は、「桜鯛の筍巻き」。

    12-4-19夜 鯛たべ

    昆布〆された鯛は、しっとりと〆具合に風味よく…

    12-4-19夜 焼き竹のこ

    香ばしく焼かれた、竹の子料理には外せない「筍の木の芽焼き」。

    12-4-19夜 おかゆ

    そして、これが意表を付く、冷製の「筍粥漬け」。

    12-4-19夜 おかゆよそり

    銘々取り分け頂くと…

    12-4-19夜 おかゆたべ

    とろ~りまったりとした粥が筍に纏わる不思議な味わい。

    12-4-19夜 若竹煮

    これも外せない、定番「若竹煮」が出され…

    12-4-19夜 そばがき

    これは又面白い、「筍蕎麦がき」。

    12-4-19夜 そばがきたべ

    もっちりとろ~っと柔らかな蕎麦がきは、とても美味しく、
    中にぷつぷつと埋まる筍が、又面白い。

    12-4-19夜 フリッタ

    最後には、天麩羅ではなく、これも意表をつく、「筍のフリッター」。
    斬新な筍料理を楽しませて頂きながら…

    12-4-19夜 酒しのみね12-4-19夜 酒仙介

    頂いたお酒、「しのみね」に「酒仙介」。

    12-4-19夜 蕎麦杉山

    〆のお蕎麦は二種、まずは杉山君の打たれた、新潟産の二八そば。

    12-4-19夜 蕎麦杉山あぷ

    かなり細めに断たれた端正な蕎麦には、
    微かに蕎麦の粒が盛り込まれ、はかなく美しい繊細な蕎麦。

    12-4-19夜 蕎麦杉山たべ

    手繰り口に含めば、飲んだ後にも心地のいいしゃきっとした感触。
    気持ちのいい腰に、飲んだ後に、ぐわっとこみあげてくる香ばしさがあり、
    二八とは思えない、味わいの濃さ。
    これは美味しい…love.gif

    12-4-19夜 蕎麦おさむ

    続いて二枚目、ご主人菊谷さんの打たれた、茨城ひたち秋蕎麦の十割蕎麦。

    12-4-19夜 蕎麦おさむあぷ

    これが又、馥郁とした香りに、味わいが実の濃厚 love.gif
    ぐわ~っと喉元から戻ってくる香ばしさに、しばし酔いしれながら…

    程良く白濁した蕎麦湯を頂き、

    12-4-19夜 デザート

    最後のデザート、「筍干菓子酒粕抹茶ムース」を美味しく頂いて…

    ご馳走様でした~hahha.gif

    まだお若い林君の、発想豊かなお料理に、
    これからが、ますます楽しみ、又頂きに来てみたいな futt.gif


    12-4-19夜 店
    「手打そば 菊谷」

    豊島区巣鴨4-14-15
    03-3918-3462
    11:30~21:00(中休みなし)
    火曜日定休
    禁煙
    お店のHP 品書きなど





    2011年11月28日 杉山君の野菜料理に「かき玉そば」
    2011年 9月 9日 お料理いろいろ、「季節野菜のぶっかけそば」
    2011年 7月25日 「杉山シェフの野菜料理」に「ぶっかけそば」
    2011年 6月 6日 移転開店「プレオープン」
    2011年 2月24日 「石神井公園菊谷」の見納めに…
    2011年 1月 5日 初蕎麦屋酒「粗挽き蕎麦」に、「かき玉そば」
    2010年10月26日 「菊酔ひ膳」で、「利き蕎麦」を堪能
    2010年 8月10日 「つけ玉そば」
    2010年 6月 3日 「揚げ玉ぶっかけそば」
    2010年 3月 5日 「鯵のなめろう」にキンピラ、「小海老天ぶっかけそば」
    2009年11月17日 旨い肴に、「スパイシーごま汁ぶっかけそば」
    2009年 9月 4日 「多摩蕎麦の会」
    2009年 8月18日 「ぴり辛鴨そぼろ胡麻汁ぶっかけそば」
    2009年 6月30日 美味しい「松前漬け」に、利き蕎麦三種
    2009年 4月 9日 「練馬産キャベツ蕎麦」
    2009年 2月13日 杉山君の蕎麦
    2009年 2月 5日 「つけ玉そば」
    2008年11月 4日 「鴨そぼろとキノコの蕎麦」
    2008年 6月25日 「つけ玉蕎麦」
    2008年 3月28日 「菊酔い膳」 そば茶プリン
    2007年12月21日 「ごま汁蕎麦」
    2007年 9月14日 「新蕎麦の会」
    2007年 8月17日 至極の「手挽き蕎麦」
    2007年 4月 5日 「ぶっかけ蕎麦」
    2007年 1月25日 「手挽き蕎麦を味わう」の宴
    2007年 1月 5日 「卵とじ蕎麦」
    2006年11月18日 「菊祭り」
    2006年 8月30日 「葱天のぶっかけ蕎麦」
    2006年 7月 8日 友人と共に…「かけ蕎麦」
    2006年 5月26日 「菊酔い会」松葉杖を付きながら…
    2006年 3月 7日 昼酒を楽しむ
    2005年 6月 2日 石神井公園に新しいお蕎麦屋さん
    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント
    この記事へのコメント
    蓼喰人様
    もしかしたら、いらっしゃるかしら…、と思っていたので残念でした。
    なかなか伺えないでいた、菊酔会、お二人(林君、杉山君)の、活躍ぶり、楽しいですね。

    こちらこそ、又ご一緒できる機会ありましたら、よろしくお願い致します。
    2012/04/25(水) 06:23:54 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    林君は腕を上げていますね
    こちらの「菊酔会」には何回か参加しておりますが、今回は所用があり欠席いたしました。
    林君はどんどんと腕を上げているように思いますね。
    一方、杉山君も負けずに野菜料理で繊細な仕事振りを見せています。
    弟子たちの切磋琢磨の状況に、主人もまんざらではなさそうです。(杉山君は7月いっぱいで実家の蕎麦屋に戻るそうですが)
    こちらでは頻繁にイベントを催していますので、いずれお目に掛かることもあるかと思います。その節はよろしくお願いいたします。
    2012/04/24(火) 09:37:36 | URL | 蓼喰人 #-[編集]
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >