つれづれ蕎麦 
    青梅街道 「佳蕎庵」 大多喜の筍と蕎麦の夕べ
    2012年04月27日 (金) 11:57 | 編集

    懸念されていた、大多喜のタケノコだったけど、
    よかった…naki.gif、無事セシウムが検出されなかったことが判明し、

    今年もまた、恒例の「多摩蕎麦」仲間に緊急で呼びかけた「筍蕎麦会」。
    急だったにも関わらず、11人参加してくれて…

    12-4-26 店遠目

    今年は、こちらのお店にお願いして、開催することが niko.gif

    12-4-26 店

    さらさら冷たい雨の降る中、心はうきうき期待が高まる。

    青梅街道 「手打ち蕎麦と酒 佳蕎庵」

    12-4-26 貸し切り

    今夜は我々で貸し切りにさせて頂いて…futt.gif

    祭りの前の静かさ…、ずらりとテーブルが寄せられて、

    12-4-26 祭りの前

    徐々に集まった第一弾メンバと、

    12-4-26 乾杯ビア

    今年も無事、筍祭りが開催された事への、乾杯~

    12-4-26 1来た

    と、くぅと喉を潤わせていると、
    「佳蕎庵」定番、「先附」の膳が目の前に出される。

    12-4-26 1前菜

    ちょこちょこと盛られた小鉢の品々は、すべてが良き酒のあて。

    12-4-26 1浅漬け

    漬け具合ぴたり、今が旬の「春キャベツの浅漬け」に、

    12-4-26 1しゃこ

    「しゃこと野らぼうの酢味噌がけ」

    12-4-26 1もずく

    さっぱりとした「もずく酢」が爽やかで、

    12-4-26 1わさび

    キーンっとした辛みが鮮烈な、「山葵菜の醤油漬け」。

    12-4-26 1板わさ

    弾力ある歯ごたえに旨みが濃い、上質の「板わさ」があり、

    12-4-26 1筍

    早速出ました 「筍の土佐煮」。
    しゃきしゃきっとした独特の歯ごたえがたまらなく、
    品のいい鰹出しで炊かれた筍は風味が濃く、美味し~い

    12-4-26 酒ずらり12-4-26 酒2

    この「先附」の膳を前にしたら、早速お酒。
    ずらり並べられたお酒の瓶が、また圧巻…

    12-4-26 乾杯酒

    早速、左から順に頂こうと、猪口片手に二度目の乾杯~

    と、ゆっくりと前菜の小鉢をお酒片手に楽しんでいる間に、
    ようやくほぼ全員集まり、さらに宴も賑わい初め…

    12-4-26 2お椀

    目の前に出された、蓋つき器で出された、「椀物」。

    12-4-26 2お椀の中

    空けた途端、「うわあ」とあちこちから声が漏れる、
    「浅利と筍の春の椀」。

    大ぶり立派な浅利から染み出た磯出汁の上品な風味、
    口にした途端うっとりとしてしまう程、この汁がとにかく美味しい love.gif

    その中に浸った筍からは、素材そのものの独特の風味がとても豊か、
    ゆっくり大事に、慈しむように頂いて…

    12-4-26 3お作り

    各々出される「向附」の一皿。

    12-4-26 3なめろう

    まったりとした新鮮な鯵のなめろうの、美味しさと言ったら…love.gif
    これまで食べて来たなめろうと、一味違う、
    これぞ、まさにプロの味、と唸ってしまう味わいに…

    12-4-26 3黒むつ

    爽やかでじっとりと脂の乗った、「黒むつ」が素晴らしく美味しい。
    ご主人の魚の目利き、腕前はやはりすごい…、と改めて感動していると、

    12-4-26 4海老新庄

    続いて「蒸物」、吉野餡がけ「海老真薯」。

    12-4-26 4たべ

    とろりかかった銀餡の美味しさはもちろん、
    真薯にはダイス状のタケノコが混ざり、
    ぷりぷりとした海老の濃厚な旨みに、筍の歯ごたえが加わり、
    海老好き、筍好きには、マタタビもの、こっ、これ又絶品~っlove.gif

    12-4-26 5椎茸ポン酢

    「焼物」は、身厚の立派な大多喜産の椎茸ポン酢。
    かぶりついた途端に、じわっと染み出るジューシーな椎茸も感涙もの。
    …と、これだけでもすっかり満足だったのに、、、

    12-4-26 6メバル

    うわあお、これ又すごい、うれしすぎる bikkuri.gif
    煮魚好きとしては、目の前に置かれただけで涎もの。
    「煮物」との、「メバルの有馬煮 筍添え」

    12-4-26 6めばるたべ

    立派なメバルまるまる一尾、各々出され、
    箸を入れれば、ほろりとほどける身ばなれのいいメバルは、
    しっかりと味が沁み、骨までしゃぶって食べたいほど buchu-.gif

    魚の出汁の染みた筍は、言うまでもなく、
    散らされた山椒の風味が、ぴりっと利き絶妙なアクセント 。

    途端にこのメバルに夢中、皆同様にメバルの虜。
    気付いたら無口でむさぼる、静かなひと時が流れ…

    12-4-26 7もつ煮

    意表を突く、ぐつぐつの鍋仕立ての、
    「強肴」、「もつ筍煮」がど~んと置かれる。

    12-4-26 7たべ

    モツは苦手な私だが…、よそってもらって食べてみたら、
    こっ、これは美味しい hahha.gif
    ぐにょっとしたところがなく、さっぱりとしてとても柔らか。

    八丁味噌仕立ての汁に、モツの出汁がしっかり沁み、
    こってりとした汁のしみた筍が、又格別、これに熱燗がたまらな~い buchu-.gif

    12-4-26 9天麩羅

    お料理最後は、待っていました、「筍と旬野菜の天ぷら」。
    衣薄くからりっと揚がった、ご主人の天ぷらはとても軽やか。

    12-4-26 9天麩羅 - コピー

    筍は、ほのかにトウモロコシを思わせる香ばしさに甘味があり、
    アスパラに椎茸は滴るほど瑞々しく、どれもが美味し~い天ぷらに、
    すっか~り、心の底から、体の芯から大満足 futt.gif

    よく食べ飲んだ…と、皆どの顔も満悦しきり。
    ではっ、そろそろお蕎麦を頂こう~。

    12-4-26 そば汁

    と、お声かけしてお願いすると、甘口、辛口二種のもり汁が銘々出され…

    12-4-26 そば1キタワセ常陸ニハチ

    一枚目、北早生と常陸秋そばのブレンド、二八そば。
    人数分小山に分け盛られた蕎麦は、艶やかで伸びやかな、端正な細切り。

    12-4-26 そば1あぷ

    手繰り口にすれば、きりっとした腰にするりと落ちる、喉越しが実に爽やか。
    二八ならではの良さを携えた蕎麦は、兎に角気持ちよく、
    飲んだ後に、するするといくらでも入ってしまいそう futt.gif

    これは、いいなあ…と、皆あっという間に食べてしまい、

    12-4-26 そば2

    続いて二枚目、八ヶ岳産 生粉打ち蕎麦。

    12-4-26 そば2あぷ

    手繰り上げた途端、ふわっと広がるふっくら丸みのある穀物の香り。
    先の二八に比べ、しっとり歯を包むような、もっちりとした腰があり、
    噛みしめれば、豊かな風味が広がり、これ又旨いっ

    12-4-26 そば3

    三枚目は、待っていました♪、
    茨城八千代産、常陸秋そばの「手挽き蕎麦」

    12-4-26 そば3あぷ

    やや太めに断たれた蕎麦の中に、蕎麦の粒がびっしり埋まり、
    深く香ばしい香りに、口に含めば心地のいいもちもち感。
    噛みしめていくと、じわじわと甘みが広がる、奥深さ。

    ほのかに感じる粒の感触もたまらなく…、これは美味しいlove.gif
    と、口数少なくなりながら、皆蕎麦に夢中になる中、

    12-4-26 そば4

    最後の一枚に、皆一瞬、目を光らせた、
    福井の蕎麦、玄ごと手挽きし打たれた蕎麦の、野趣さ溢れた姿。
    篩い18メッシュのグレーの蕎麦に、蕎麦の欠片が散りばむ粗挽き。

    手繰り上げた途端に広がる、豆系の独特の甘~い香り buchu-.gif
    お聞きすれば、やはり…熟成4日目の蕎麦だそう 。

    12-4-26 そば4 - コピー

    むっちりとして、ざらりと雄々しく掠める蕎麦の欠片。
    噛みしめた途端に広がる、香り以上のだだ茶豆に似た濃厚な味わい。
    汁などもはや、これはにはいらない…

    危険な程の魅惑を感じながら、もううっとり love.gif

    と、食べ終えた我々だが…
    「うどんも食べたい」の声があちこちから上がり出し、

    12-4-26 うどん汁

    さらに茹でて頂いた、小平産農林61号の「手打ちうどん」。

    12-4-26 うどん

    ぴかぴか艶々としたうどんは、心地よいコシに、つるりとした喉越し。
    肉汁風の暖かいつけ汁が相性よく、このうどんも美味しいな~futt.gif

    と、食べ終えたら、もーうお腹いっぱい大満足 niko.gif

    12-4-26 蕎麦湯

    とろりと白濁した蕎麦湯を、ゆっくりと頂き、
    ほおっと、余韻を噛みしめていると…

    最後にうれしい、デザートは、小平産紅ほっぺの「苺のムース」

    12-4-26 デザートたべ

    スプーンで掬えば、ぷるぷるふわとろ。
    ほの酸っぱく甘く、苺を食べているよりも苺をしっかりと味わえる。
    こっ、このデザート、美味しすぎる~love.gif

    と、あっという間だった、素晴らしき料理に蕎麦の饗宴。
    皆さんとこうした機会が今年も持てた事がなによりもうれしく…

    ご主人、本当にご馳走様でした~hahha.gif
    そして皆さん、ありがとうございました~hahha.gif

    来年も再来年も、又、こうして催せたらいいなあ…


    12-4-26 品そば
    「佳蕎庵 - KA KYOU AN - 」

    小平市小川町2-1362
    042-347-0655
    11:30~14:00(土日15:00) / 17:00~22:00
    月曜、第3火曜 定休日
    分煙 P4~5台



    2012年 3月25日 「ホッケづくしの宴」
    2011年11月 6日 「つけ玉湯だめそば」
    2011年 7月 2日 「冷やかけそば」に「もりうどんセット」
    2011年 3月20日 ランチのコスパ満点「カレーセット」
    2010年 5月 5日 「佳蕎比べ」に「おろし蕎麦」
    2010年 3月 2日 「三千盛」熱燗で「焼き味噌」、「味くらべ」
    関連記事
    スポンサーサイト

    コメント
    この記事へのコメント
    ひめはるぜみ様
    いえいえ、毎年、本当に素晴らしい筍の手配をして下さり、ありがとうございます。
    今回も、何よりもひめはるぜみさんのお陰です。

    いいメンバですよね(^^)。
    私も本当に、多摩蕎麦メンバ、大好きです。
    又やりましょう。
    2012/05/03(木) 08:03:23 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    tatenon様
    ほんと、申し訳ないくらい美味しかったですよね~。
    もっちろんです♪♪
    2012/05/03(木) 08:01:44 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    さすがに メンバが良いと違います
    予約で食べる宴は、ご主人の情熱が分かって、楽しいです。
    また、メンバーがメンバーだけに 感想がストレートに伝わってきて、私も嬉しかったです。
    音戸取りいただき ありがとうございました。良く集めていただき 感謝します。
    2012/05/02(水) 21:33:50 | URL | ひめはるぜみ #mQop/nM.[編集]
    ほんと良かったですね!
    ご主人気合い籠もりすぎかな、と思うくらい。堪能しました。ぜひまたやりましょう!
    2012/05/02(水) 21:18:47 | URL | tatenon #-[編集]
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >