FC2ブログ
    つれづれ蕎麦 
    ときがわ町 「古民家茶屋 ほ」
    2012年05月05日 (土) 22:16 | 編集

    今日は朝からからりと晴れ、うっすら汗ばむほどの初夏の日差し。
    「こんな日は、美味しい冷奴が食べたいねー」と言う事で…
    わたなべさんのお豆腐を買いに、急遽向かった、ときがわ町 niko.gif

    お昼は前回のリベンジ、久しぶりに「玄家」さんのお蕎麦を食べたいな、
    と、向かってみたら…
    そっそんなっ、これは予想だにしていなかったっっ、
    時刻12時半で既に蕎麦売り切れ…itata.gif

    では…と、「とき庵」さんに向かうが、予想通り駐車場は既に満車、
    店の前にも、何人もの待ち人で溢れてる。

    「これじゃダメだね」と、うんざりした彼の言葉を聞き、
    慌てて、先月オープンした新しいお蕎麦屋さんを思い出し、即効彼を誘導~ase2.gif

    12-5-5 店遠目


    「都幾川温泉」の程近く、緑鮮やかな木々や、のどかな畑が広がる中に、
    程なく、「手打ちそば」の旗が閃く、古民家に辿り着く。

    12-5-5 店


    ここには、GWの異様な賑わいも混雑もない、
    ゆったりと静かに、のんびりとした田舎の空気が流れてる…futt.gif

    ときがわ町 「古民家茶屋 ほ」

    前の駐車場に車を停め、お店へと向かっていくと、
    中から出てきて迎えて下さる、気さくでお話し好きの花番さん niko.gif

    「どちらでも、お好きなところに座って下さいね」
    と、靴を脱いで上がった店内は…、これは素敵、
    すぅっと空気の落ちていく古民家ならではの、しっとりとした空気。

    12-5-5 店内いろり


    囲炉裏を囲んでの席に、並べられた座布団。
    骨董のテーブル席や、掘り込みのテーブル席など、
    年月培ってきた木の温もりが、足裏に気持ち良く…

    幾つかの席から掘りこみのテーブルに腰を下ろせば、
    ふかふか座布団が気持ちよく、ほっこりとした心地になる、居心地の良さ futt.gif

    12-5-5 店内天井


    見上げる天井は、高く、太く黒光りした立派な梁が何本も渡され、

    12-5-5 店内たんす


    置かれている箪笥などなど、古民家ならではの良さが隅々に。

    12-5-5 品ほとは


    築200年の古民家。
    母屋だったそうで、それを3年かけて改修再生させたそう。

    12-5-5 品


    と、すぐに出されたお茶を口にし、置かれていた品書きを見れば、
    「古民家カフェ」らしい、珈琲に紅茶、甘味が並び、
    お蕎麦はシンプルに「もりそば」と「もりそばセット」の二つ。

    茶碗蒸しに、蕎麦米おにぎり、甘味などつくセットはとても魅力的だけど、
    すでに2時を回った時分、今日は、単品の「もりそば」に、
    気になる「燻製たまご」を付けて頂く事に niko.gif

    12-5-5 店内まど


    窓からさ~っと入ってくる、木立を抜けてくる風は心地よく、
    さっきまで汗ばんでいた暑さも忘れ、肌寒い程の涼しく爽やかな風に、
    文字通り、「ほ」っとさせられ、寛いでいると…、

    12-5-5 そばきた


    「お待たせしました」と目の前に出された「もりそば」。

    12-5-5 そば


    陶器の器に盛られた蕎麦は、思わず目を見張る、
    黒々とした殻ごと挽きこんだ、挽きぐるみ。

    12-5-5 そばあぷ


    地元ときがわの蕎麦で打たれたそうで、
    艶々とした細切りの蕎麦は野趣さ溢れ、
    その中に、ぷつぷつと蕎麦の欠片が散りばむ粗挽き蕎麦。

    12-5-5 そばあぷ2


    顔を寄せれば、むわんと、熟しふっくらとした穀物の香りが漂い、

    12-5-5 そばたべ


    手繰り口にすれば、程良い腰に、心地のいい微かな粘り。
    喉を落ちる瞬間に、ざらりと掠める欠片の感触が何とも言えず、
    穀物の豊かな甘みが広がり、これはいいなあ…futt.gif

    と、添えれてた三つ葉のお浸しと一緒に口にすれば、
    三つ葉の新鮮な香りにしゃきしゃきとした歯ごたえが楽しく、
    醤油味のしっかりした味の汁に合わせ、するすると手繰ってしまう。

    12-5-5 たまご


    そっと置かれた玉子の燻製は、中は半熟の黄色鮮やか。
    口にすれば、ふわっと薫香漂い、塩加減ぴたりでこれも美味しい futt.gif

    と、さらりとした熱々蕎麦湯を口にし、しばし寛ぎさせて頂いて…

    ご馳走様でした~hahha.gif

    4月5日にオープンしたばかり。
    ときがわの景色に溶け込んだ、長閑で素敵な古民家蕎麦屋。
    暖かく気さくに持て成して下さるのも、ほっとさせられ、
    何よりも、座っているだけで心安らぐこの空間…

    今度は、ゆっくりと訪れて…「もりそばセット」を頂いてみたいな futt.gif


    12-5-5 店内テーブル
    「古民家茶屋 ほ」

    埼玉県比企郡ときがわ町桃の木432
    0493-65-1573
    11:30~17:30
    火曜・水曜定休
    禁煙
    Pあり


    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント
    この記事へのコメント
    ロキュータス様
    すごいっ!
    塩なし伸さない、寝かさない…という、蕎麦と同じ打ち方をするうどんですよね。
    私も打ってみようかなあ・・(u_u*)~
    2012/07/20(金) 09:13:01 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    因みに…
    今年の始めに発案者の新井氏の元で打ち方の手ほどきを受け…気がつけばもう弟子になってましたっf(^_^;


    美味しいお蕎麦のようなうどん…オススメですっ!

    2012/07/18(水) 22:35:25 | URL | ロキュータス #-[編集]
    ロキュータス 様
    そうなんです、そうなんです、
    ときがわ華うどん、是非食べてみたいと思っているんです。

    行ってみますね(^_-)
    2012/07/18(水) 21:59:29 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    やっぱり…
    次にときがわ町まで行かれたなら…絶対「玉川 大盛軒」でラーメンをどうぞっ!


    それに…今 話題になっている「もろやま華うどん」も きっと…



     
    2012/07/18(水) 17:55:48 | URL | ロキュータス #-[編集]
    よしの様
    小川町にまで行かれていたんですね~、いやはや奥深い…!
    小川町は、かつて骨折した際、担当してくれた先生が、小川町の日赤(だったかな?)に、移られて、、何度か経過診察に、えっちら通った事がありました。
    その折に、うなぎ屋さんが何軒もあったの、覚えています。あと、和紙やさんも結構あったんですよ♪

    酒蔵も確かに多いです。
    確か駅前にあったお店に、周辺の酒蔵のお酒を一堂に集めていた、きれいなお店があったような…。
    (しかも、そこで足湯までさせてもらえるところで)。。

    今回は、高麗の方の、「麻原酒造」に立ち寄り、「琵琶のさざなみ」を購入してきました。
    次回は、ちょっと足を伸ばして小川町の方にも行ってみます(^^)
    2012/05/11(金) 09:30:23 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    遅くなりました~(汗;
    >確かに鰻多いみたいです。
    >あと、「紙の町」?

    YUKA様、ご多忙中、ありがとうございます~(汗;

    小川町の「双葉」という旅館で鉄幹由来の禅味溢れる、一種のお茶漬けが
    有名でした。(「忠七めし」。コース料理みたいなもんで、身及び家族で
    何度か行きましたけど、なんだか段々と混んできて…

    爾来、お隣(?)のド派手な(?)「女郎うなぎ」なる、ま、鰻屋さん(笑)
    に寧ろ足繁く通うようになりましたっけ。

    そうです。「和紙」。これは多分(推測)小川に近い秩父地方の産物で和紙の
    原材料があったのではないでしょうか?
    今日でも東秩父村(今もあれば)で特産物店を構えているかと。

    当方は和紙はよく使うのに、当地(某所 笑)に来てからすっかりと払底して
    しまい、何処かに買い出しに行きたいと思っております。

    あと、小川町は『関東灘』と(自称か? 笑)呼ばれるほどに酒造業が盛ん。
    「青雲」(似たような「お◎香」とかあるけど、飲む方です)、「武蔵鶴」、
    「帝松」など中軸の酒蔵があちこちに。吟醸系が中心でしたが、今日如何かな?

    ・・・結局「ない」ということ、ですかね?(笑;;
    2012/05/10(木) 22:22:17 | URL | よしの #-[編集]
    よしの様
    地産地消、いいですよね~。
    私も、その土地で取れた蕎麦というの、大好きです(^^)。

    ええっと…
    確かに鰻多いみたいです。
    あと、「紙の町」?

    んー、私も土地のモノではないので、分からんとです~(>_<)
    2012/05/08(火) 08:39:27 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    旋風と用心棒 様
    素敵な古民家でした。
    きっと夏でも、自然の風が通り過ぎ、涼しいんだろうなあ、と思います。
    この辺りも、自転車の人がいっぱいでした(^^)。
    緑溢れた中で走るのは気持ちよさそうです。
    2012/05/08(火) 08:37:05 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    都幾川村
    産の蕎麦というのが好もしいですねー。
    当方は各地の産出の~というのがすごく大事!!だと思っています。

    そして、ってか、つまり、色々な意味はありましょうが食味だって
    救荒食としてだって、長い目で見れば蕎麦はお役立ちしたい!!
    ・・・~と申しております。(マジで~ 笑

    ところで、蕎麦のお店とか作付けの情報はこの地まで承っておりますが、

    「お店情報として!」

    教えてください、

    『小川町は忠七飯と女郎ウナギしかないのでしょうか?』
    (=蕎麦のナニガシはないのでしょうか?
    お願いします(ペコリ
    2012/05/07(月) 23:03:02 | URL | よしの #-[編集]
    こんばんは。

    ここ素敵なお店ですね~
    雰囲気が凄く良いですね!
    これから気候も良いから今度自転車で行ってきます。
    2012/05/07(月) 22:26:38 | URL | 旋風と用心棒 #GAkJEmLM[編集]
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >