つれづれ蕎麦 
    田無 「ほしの」 初夏の美味彩菜
    2012年05月19日 (土) 07:40 | 編集

    このお店に「是非行きたい」なんて言われたら…、
    もちろん、迷わず二つ返事。
    一人もいいけど、誰かとご一緒できるのはうれしい限り。

    遠方から来てくれたお友達お二人と、今夜はここで待ち合わせ niko.gif

    12-5-18 店

    初夏の女将さんのお料理を、いつものように楽しみにしながら、
    半地下の入口の扉へと、わくわく階段を降りて行く。

    田無 「手打ちそば ほしの」

    扉を開くと、すぐ目につく豪華に花開いた芍薬がお出迎え。
    「いらっしゃ~い」と、変わらぬ女将さんのあったかな声に、
    靴を脱ぐのももどかしく、すっかり馴染んだ懐かしさ感じる板間に上がる futt.gif

    12-5-18 ビア

    用意されていたテーブルに腰を下ろし、まずはハートランドを頂いて、

    12-5-18 乾杯

    今日の宴に、早速乾杯~

    12-5-18 初めに三皿

    くぅ~っと喉を潤わせていると、次々に出された三つの大皿。

    12-5-18 初めに三皿揚げそば

    塩加減も程良く、素朴な揚げ蕎麦は、ビールを進ませ、

    12-5-18 初めに三皿ピクルス

    カリフラワーに蓮根、パプリカに胡瓜、
    色鮮やかな、さっぱりと漬けられた「春野菜のピクルス」。

    12-5-18 初めに三皿漬物

    蕪に胡瓜、人参の漬け具合も絶妙なとても美味しい、自家製「糠漬け」。
    これらの品に、早速お酒に切り替えて…

    12-5-18 1前菜

    程なく、銘々に出された「前菜の盛り合わせ」。

    12-5-18 1前菜 あわび

    しゃきしゃき爽快な「塩ラッキョウ」に、

    12-5-18 1前菜 あわびたべ

    コリコリっとした歯ごたえもよく、これが美味し~い「さざえの煮漬け」buchu-.gif

    12-5-18 1前菜 こんにゃく

    しかも、一目見て歓喜してしまった、
    以前大阪で食べて以来のお気に入り、「子持ちコンニャク」。
    東京では手に入らない貴重な蒟蒻は、魚卵の粒々がたまら~い buchu-.gif

    12-5-18 1前菜 ふき

    きゃらぶきの一歩手前、味の染みた「蕗の煮物」にしみじみとさせられ、

    12-5-18 1前菜 そらまめ

    蚕豆に枝豆は、どちらも甘みが濃く、これも美味しい。
    きちんと両端切り落として蒸かしてあるひと手間かけられ、

    これだけで十分楽しめるお酒の充てに、すっかり話盛り上がる中…

    12-5-18 2筍

    これがうれし~い、「筍とこごみ、車麩の炊き合わせ」

    12-5-18 たけのこたべ

    味の染みた筍の美味しさは言うまでもなく、
    しっとりもちもちっとした、車麩は温もりのある美味しさ、

    12-5-18 たけのこのこごみ

    さっと煮られたこごみはしゃきっとして、煮物でも美味しいなあ futt.gif

    …と、「小佐衛門」に続いて、お替りは「春霞」うすにごり。
    すっきりとして爽やか、フルーティなお酒でまったりとしていると…

    12-5-18 3うど

    続いてのお皿は、「独活と若鮎の山椒煮」。

    立派な山独活はしっとりと味が染み、山独活独特の風味が濃厚~。
    ほのかに山椒の風味が広がる鮎は、ふわっとしてほろりと柔らか、
    鮎の上品な風味が広がり、これ又絶品~

    12-5-18 4アスパラ

    と、次の一皿は、がらりと一変、洋風テイストの盛り合わせ。

    立派なホワイトアスパラガスは、しっとり柔らかく円やかな甘みがあり、
    ブロッコリーとアボガドのディップが、巧妙な組み合わせ buchu-.gif

    プチトマトの蜜煮に、食用ほうずきが添えられ、
    柔らか~な旨み抜群、自家製のローストビーフ。

    12-5-18 5たまご

    まだまだお料理は続く続く、次の一品は「出汁巻き玉子」。
    ほっこりとした甘めの玉子焼きは、私の好み。
    ほのかな粘りが乙なわらびのお浸しに、再びしみじみさせられ、

    お酒もさらにお替り、「鍋島」をお願いすれば…

    12-5-18 6アスパラ天

    これが、思わずおおっと声が出てしまう、太く立派なアスパラ天 wao.gif

    12-5-18 6アスパラ天たべ

    男の人の指の二倍程もあるアスパラは、
    齧った先から文字通り、滴り零れ、濃厚な甘みがたまらない love.gif

    12-5-18 7ウド天

    さらに、からりっと揚がった独活の葉の天ぷらに、
    下に置かれた、「蕎麦寿司の磯辺揚げ」は私の好物 niko.gif

    12-5-18 コシアブラ

    軽やかな歯ごたえが心地のいい「コシアブラの天ぷら」が続き、

    12-5-18 行者にんにく

    「行者ニンニク」は、口にした途端に、ニンニク風味の香ばしさ.

    12-5-18 タラの目

    最後に、こんな見事なタラノメは初めて、のタラの芽の天ぷらが出され、
    山菜天麩羅のオンパレードに、大満足~buchu-.gif

    美味しく楽しい時間はあっという間に過ぎていき…
    そろそろ〆のお蕎麦をば niko.gif

    12-5-18 そば

    料理から接客、蕎麦打ちすべて一人で切り盛りされる女将さん。
    「あんまり香りがないのよねえ」
    などと出されたお蕎麦だが…、
    何々、ふっくらとした香ばしい香りがしっかりと鼻孔を過る futt.gif

    12-5-18 そばあぷ

    ざっくりとした穀物感溢れた、素朴な蕎麦の良さ携えたこの姿。
    自家製粉された蕎麦は、しっかりと蕎麦の粒が見える野趣さあり、

    12-5-18 そばたべ

    口にすれば、もちもちとした腰が何とも言えず、
    大地の香り旨みがしみじみと感じる、
    何か懐かしくなる、じわんと心に染みる美味しさ。

    女将さんの蕎麦は、懐深く暖かく…、感慨にふけってしまう futt.gif

    12-5-18 蕎麦湯

    そっと出された蕎麦湯は、しっかりと白濁して滋味溢れ、
    ゆっくり何度も注ぎ頂いていれば…

    12-5-18 アイス

    これも楽しみだった、最後のデザートは「そば茶アイス」。
    蕎麦の香ばしさが何ともいえず、さっぱりとしたアイスは、
    飲み食べした体を、すぅ~っと爽やかにし溶けていく。

    美味しかった…と、今夜もすっかり大満足。
    ゆっくり歓談できる機会を頂けたのが何よりもうれしく、

    ご馳走様でした~hahha.gif

    「遠くの温泉より近くのほしの」、まさにその通りだなあ…futt.gif

    A様、U様、ありがとうございました~niko.gif

     


    12-5-18 徳利

    「手打そば ほしの 」

    西東京市西原町5-4-19    
    0424-67-0654  (080-3026-6588) 
    昼/夜 予約のみ   
    P 1,2台  
    禁煙


    2012年 3月16日 「お一人様の贅沢」そばがきしゃぶしゃぶ
    2011年12月26日 「暮れの美味彩菜」
    2011年 6月 3日 「初夏の美味彩菜」
    2011年 2月21日 「お一人の贅沢」
    2010年11月27日 「秋の美味彩菜」
    2010年 6月18日 「初夏の美味彩菜」
    2010年 1月26日 「こういうのもいいなぁ、一人でまったり」
    2009年12月27日 「暮れの女将さんのおもてなし」
    2009年11月18日 ひとりでさくっと「もりそば」
    2009年11月16日 「秋の美味彩菜」
    2009年 7月 7日 「初夏の美味彩菜」
    2009年 5月18日 「初夏の味わい」
    2008年12月30日 絶品蕎麦掻き鍋の「暮れのご馳走」
    2008年10月29日 「きのこ三昧」に、初の「温きのこ蕎麦」
    2008年 5月26日 名物巨大大海老の天麩羅を頂く
    2007年 9月24日 美味蕎麦雑炊
    2007年 4月26日 山菜料理を味わう
    2006年10月20日 美味、若鮎のてんぷら
    2006年 8月17日 絶品蕎麦掻に、「鮎の甘露煮」
    2005年 9月 8日 憧れのお店に初訪問
    関連記事
    スポンサーサイト

    コメント
    この記事へのコメント
    DW様
    早っっ、
    私もそろそろ、計画しなくちゃ…
    2012/12/03(月) 08:40:25 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    2012年忘年会
    お陰様で、今年も忘年会の予約が出来ました。感謝です。
    2012/12/02(日) 23:45:25 | URL | DW #-[編集]
    Canapellini 様
    うふふ、確かに、確かに。
    読んでいて、私の気持ちにぴたりだと思いました(^^;;

    あ、でも、手打ちじゃない時もあるから、
    「けふは今日、翌日はあすとて、まずは蕎麦」
    かしら…(^^;;;
    2012/05/26(土) 09:09:53 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    DW様
    あっ♪、同じです(^^)。実は私も一度、「遠くの親戚より…」と書いて、ん?と、思い返し本を見て、書き換えたんです。

    続編・・・・
    私なんぞなんぞ、恐れ多いことですよ~・°°・(>_<)・°°・
    2012/05/26(土) 09:07:27 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    ご無沙汰しております
    yukaさまのブログを拝見していると、

    「けふは今日 翌(あす)はあすとて 手打ち蕎麦」

    という俳句の通りのような気がします。
    2012/05/26(土) 01:16:10 | URL | Canapellini #-[編集]
    「遠くの温泉より近くのほしの」
    まさしく名言ですね。
    この名言がのった「蕎麦屋で憩う」が絶版なのは寂しいです。
    yukaさん、この書名を借りて続編書きませんか。

    私はなぜか「遠くの親戚より近くのほしの」と思ってしまいます。
    2012/05/25(金) 11:48:07 | URL | DW #-[編集]
    かえで様
    品書きは、コース1500円、1800円のみなんです。その季節折々に女将さんが出して下さるお料理…

    そして何よりも、女将さんのお人柄が大好きで、私には二つ返事のお店です(^^)
    2012/05/23(水) 10:14:47 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    二つ返事でOKなほど、おすすめのところって、私にはありません。
    和のフルコースのような感じで、素晴らしいですね。
    朝から、よだれが出てきました(笑)
    2012/05/23(水) 04:03:35 | URL | かえで #-[編集]
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >