つれづれ蕎麦 
    松陰神社前 「蕎麦 石はら」
    2012年05月31日 (木) 22:30 | 編集

    かつて、世田谷区役所近くにあった折に訪れたきりで、
    その後移転され、行こう行こうと思いつつ、思えば早何年…。
    駒沢で所用で来た今日、長年の想いを込め、行ってみよう futt.gif

    久しぶりに乗った、民家の軒先をくぐり走る世田谷線は、
    子供心に帰ったように、密かにわくわくさせられて、
    活気ある個人商店が連なる「松陰神社前」商店街は、
    スーパーにはない人情溢れ、やっぱり商店街っていいな~onpu.gif

    と、楽しくそこここ覗きながら出た、車行き交う世田谷通り。

    12-5-31 店

    その通り沿いに、融け込み佇むお店には、純白の暖簾がさらりと靡く。

    松陰神社前 「嘗庵 蕎麦 石はら」

    そろそろ2時になろうとする昼下がり。
    もうお客さんはなくなっている頃だろうか…
    と引き戸を開けば、思いを反してほぼ満席の活気ある空気。

    さすがだなあ…、と何とか開いていた席に通され、

    12-5-31 品おことば

    置かれていた品書きを手にすれば、まず目に飛び込む
    「肴とお酒で始まりお蕎麦で〆」
    の一文に、がっくり心掴まれて…niko.gif

    12-5-31 品さけ

    見れば、お酒の品書きが豊富に並んでいるのもうれしい限り。

    12-5-31 品料理112-5-31 品料理2

    12-5-31 品おすすめ

    お料理も、見ているだけも楽しすぎる、迷ってしまう程の豊富な品書き。
    とっ、取りあえず、お酒を頼もう ase2.gif

    12-5-31 酒

    と、選んだのは、初めて目にした新潟のお酒「米百俵」。
    すっきりとして柔らか、上品な口当たりは、新潟酒の味わい。
    これは好み、とうれしく…

    12-5-31 酒あて

    お通し(250円)には、これも好物のベビー帆立が添えて出される。
    これをつまみながら、再び品書きを眺めているのが又楽しい futt.gif

    12-5-31 たらこ

    楽しく悩んだ末にに頼んだのは、あまり深酒できない今日、
    見たら逃せない、大好物の「柚子明太子」。

    12-5-31 たらこたべ

    こっ、これが美味し~いっっbuchu-.gif
    粒々感がしっかりとした鱈子に、ふわりと爽やかに纏わる柚子風味。
    これだけで、許されるなら2合くらい飲めてしまいそ~う。

    と、しばしゆるり楽しませて頂いて…

    12-5-31 品そば冷12-5-31 品そば温

    頂くお蕎麦に、又迷う迷う。
    「二色せいろ」はもちろん、「つぶ貝せいろ」ってどんな蕎麦なのかしら。

    さらにランチまであり、あれこれあれこれ迷い迷い…

    12-5-31 品ランチ

    せっかくのランチタイムなのだから…、しかもお得、
    「天麩羅」も「お新香」も吟味できる、「天丼セット」を注文~onpu.gif

    12-5-31 そば

    頼むと程なく、まず出された、笊にふわりと盛られた「せいろそば」。

    12-5-31 そばあぷ

    凛っとして艶やか、ぴんっと伸びた、姿麗しき蕎麦は、
    顔を寄せれば、清々しい蕎麦の香りがふわりと鼻孔をよぎる。

    12-5-31 そばどあぷ

    細かく挽かれた滑らかな中に、微かに見え隠れする欠片を見つめ、
    手繰り口にすれば、きりっとした気持ちのいい腰に喉越し。
    手繰り続けていくうちに、じわじわと深みのある蕎麦の香ばしさが広がり、
    飲み込んだ後から、くうっと戻る芳香

    奥行き深く円やかな汁が実に美味しく、
    流石だ、と感じ行ってしまう、これは美味しい…love.gif

    12-5-31 そばとたらこ

    …そして、、、これが、ちょっと試してみたかった、
    禁断の「明太子蕎麦」 sunglass.gif

    残しておいた明太子をちょこっと乗せれば、
    粒々に鱈子の旨みのある塩気、ふわっと広がる柚子の風味
    これが蕎麦の香ばしさと交わり…、こっ、これはたまらな~い buchu-.gif

    12-5-31 蕎麦湯

    頃合いぴたり出された蕎麦湯は、熱々でしっかりと白濁し、
    汁の旨さを堪能しながら味わって…

    12-5-31 天丼

    セットの「天丼」に箸をつければ、
    甘み濃いブロッコリーの天ぷらに、レンコン、オクラ…、

    12-5-31 天丼たべ

    花衣はからりとし、かかった丼汁もきちんと美味しく、
    海老はふっくらぷりぷりで甘み濃厚~buchu-.gif
    これは…、天麩羅単品でも食べてみたい。

    12-5-31 漬物

    しかも、自家製糠漬けとの「お新香」が、実に美味しい。
    ん~、このお新香だけでも飲めちゃいそう futt.gif

    12-5-31 店内

    と、すっかり大満足なお昼ご飯。
    ああ、ここが…、沿線にあったなら、と切なく思ってしまう程 u-n.gif   。

    12-5-31 品コース

    この「レディースコース」も魅力的。
    これは、誰かとたっぷり蕎麦前も楽しんでみたいなあ、としみじみ。

    ご馳走様でした~hahha.gif

    まずは…、限定の「田舎そば」も、近々頂きに来なくっちゃniko.gif




    12-5-31 品一冊
    掌庵 「蕎麦 石はら」

    世田谷区世田谷1-11-16
    03-3429-6227
    11:30~15:30 / 18:00~24:00
    (土日祝)11:30~24:00
    年中無休
    禁煙

    お店のHP


    関連記事
    スポンサーサイト

    コメント
    この記事へのコメント
    株買い方様
    ありがとうございます♪。
    又ぜひ…(^^)
    2012/06/23(土) 08:37:40 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    とても魅力的な記事でした!!
    また遊びに来ます!!
    ありがとうございます。。
    2012/06/22(金) 17:48:37 | URL | 株買い方 #-[編集]
    shin様
    私も、なんだかんだで、移転してから初めての訪問でした。
    大盛況、人気の程をしかと感じてきました。

    どろどろの蕎麦湯…
    あ、ありましたね~、そういうメニュー(^^)。
    それと、私は笹寿司が美味しかった思い出が残っています。
    2012/06/05(火) 09:07:33 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    まがり様
    ねっ、食べてみたいですよね♪。
    つぶ貝大好きなので、ものすごく興味そそられました。
    今度行ったら、是非食べてみます(^^)
    2012/06/05(火) 09:05:40 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    そば行脚、第二号がここです
    蕎麦ブログの第一号は大岡山、世田谷区役所にあった「石はら」は第二号だったかな。
    移られてからも順調にやっているようですね
    温かい蕎麦でどろどろのそば湯の蕎麦を頂きました
    寒い日で美味しかったですね、もう7年前かな
    2012/06/05(火) 01:27:47 | URL | shin #ELD9pjOg[編集]
    松陰神社
    松陰先生のお墓に
    地面に額付けて拝んでる人を見たことがあります
    あそこまで拝むものなのか
    晋作もなんであの地に埋葬したのか
    すぐ近くにねぇあの人の菩提寺があるから
    行く行くそこに仇が眠ることになることは
    判ってたろうに

    つぶ貝のせいろう
    気になり過ぎる
    メニューから推測すると
    天せいろうやかき揚げせいろうより
    お値段が安いので天婦羅では無く
    鴨せいろうとかみたいに
    つけ汁につぶ貝が煮込んであるんでしょうね
    ちょっと食べて見たいわ

    2012/06/04(月) 11:51:35 | URL | ☆まがり★ #-[編集]
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >