つれづれ蕎麦 
    神楽坂 「東白庵 かりべ」 納豆そば
    2012年06月04日 (月) 20:58 | 編集

    移動途中、乗り換え継いでの神楽坂。
    今日は朝から、又伺いたいな、とずっと思っていた「かりべ」さんで、
    前回頂けなかった「田舎そば」を頂こう~onpu.gif

    …と、決めていたのに、大幅に時間が押し、昼過ぎた午後2時。
    流石に、もう、「田舎そば」はないかもしれない、
    と思うも、今日は頭がすっかり「かりべ」さん niko.gif

    ラストオーダー15時というのに、勇気づけられ、
    まだ残っていますように…と、願いながらお店へと。

    12-6-4 店

    神楽坂の路地の中の、さらに細い小径を入った、密かな空間。
    その一角に、初夏の日差しに映える、白木の門が清々しい。
    夜の景色とは又がらりと変わり、この景観もいいなあ…futt.gif      

    12-6-4 店入り口2

    「営業中」の札をしかと確かめ、アプローチを歩き、入口への扉へと。

    神楽坂 「手打ち蕎麦 東白庵 かりべ」

    すでに2時半になろうとする、昼下がり。
    もうお客さんはいないだろうなあ、と思いながら入った店内にびっくり。
    まだまだ何人ものお客さんが、店内を満たし楽しんでいる…wao.gif

    12-6-4 店内

    さすがだなあ…、と見ていた私に、忙しそうにしつつも女将さんが、
    入れ替わりに空いたテーブルを急ぎ片して下さり…

    前回とは違う、窓際のロマネティックな空間の、
    ゆったりとしたテーブルに、一人贅沢に腰を下ろす。

    12-6-4 品さけ

    この雰囲気だったら、ちょっと一杯頂いてもいいかしら。
    と、置かれた品書きの、まず開いたお酒の品書き。

    12-6-4 酒3

    燗酒好きだけれど、今日のこの陽気には冷酒がいい。
    とお願いした「八海山」には、お通しに、二つの小鉢が添えて出される。

    12-6-4 長芋

    しっとりと味の染みた「山芋のかえし漬け」はしみじみと美味しく、

    12-6-4 えび

    「才巻海老の頭の唐揚げ」、それも4尾分が出され、
    海老の頭の唐揚げは、大好きな一品、これはうれし~い buchu-.gif

    12-6-4 えびたべ

    カリカリ、軽やか香ばしく、海老の旨みが濃厚~
    これだけで、十分一合楽しめちゃいそう。

    12-6-4 品つまみ212-6-4 品つまみ

    とつまみつつ、一品料理の品書きを眺めるも…
    もうすぐ3時になる時間、これは次回にすることにして、

    12-6-4 窓

    不揃いに並んだ木板窓から、すぅ~っと入ってくる心地のいい風を感じながら、
    しばし、ゆるりと楽しませて頂いて…

    12-6-4 品そば

    悲しいかなそろそろ、ラストオーダー。
    ダメ元でお聞きした「田舎せいろ」は、さすがにもう売り切れ hanamizu.gif

    12-6-4 品納豆

    予期はしていたけど、やっぱり残念…。
    とは言えないものは仕方なし、ならば、食べてないお蕎麦を食べてみよう niko.gif

    12-6-4 納豆2

    と、お願いした「納豆そば」は、これがとっても美味しそ~う

    12-6-4 納豆あぷ

    挽き割り、…というよりは、
    滑らかに叩かれとろりとした納豆に、はらりと散らされた切り胡麻。
    刻み葱に、艶やかな削り節、磯の香り高い海苔が盛られ、
    真ん中に輝く、黄金のぷっくりとした卵黄…

    12-6-4 そばたべ

    「よく混ぜて頂いて下さい」との言葉を聞きつつも、
    まずは、そろ~り下の蕎麦を手繰り上げれば、
    キリッと角の立つ、端正に細切りされたノーブルな姿。

    口に含めば、しゃきっと心地のいい腰に、するりと落ちる喉越し。
    その後で、ふわっと後を追う香ばしい風味が残り、
    蕎麦って本当に美味しいなあ…と、しみじみと感じさせる素晴らしさ futt.gif

    このまま混ぜずに、手繰ってしまいたい…
    と、ふと思ってしまう美味しさを噛みしめ、

    12-6-4 納豆たべ

    そっと納豆だけ口にすれば、これがたまらない。
    まったりとして、濃厚円やか深い滋味なる醍醐味は、
    豆腐の味噌漬けに似た、お酒が欲しくなってしまう妙味 buchu-.gif

    わずかに残しておいたお酒を、この一掬いでくぅ~っと楽しみ…

    12-6-4 たまごまぜたべ

    これもやっぱり、やらずにおれない、
    玉子にとろりと蕎麦を絡めて口にすれば…

    んんん~っ、やっぱりこれは、美味しーいっ love.gif
    と、汁を纏った蕎麦の玉子絡めの蕎麦に、ぞくぞくさせられたら、

    12-6-4 たまごまぜ

    後はもう、豪快にざっくりとすべてを混ぜ混ぜ。

    12-6-4 まぜたべ

    すべての具を絡めたところで、食べれば、
    こっ、これは、さらにさらに美味し~いっlove.gif

    納豆のこく味にまろやかさ、そこに玉子が溶け込み、
    海苔と削り節の風味が混ざる、贅沢きわまる味わい。

    我わすれ、後は夢中で笑みこぼれながら、あっという間に手繰ってしまう。

    12-6-4 蕎麦湯

    食べ終え、ほおっと忘我の中、
    頃合い見て出された蕎麦湯を、注ぎ入れれば、
    熱々の蕎麦湯ならでは、ぱあっと俄か煮え立つ玉子に再び心そそられ、

    12-6-4 蕎麦湯2

    添えて出された猪口には、そっともり汁が注がれているのもうれしく、
    余韻噛みしめながら、たっぷり蕎麦湯も堪能…futt.gif

    「田舎せいろ」は、又しても食べられなかったけれど、
    そのおかげ(?)で頂いた「納豆そば」に、大満足。

    ご馳走様でした~hahha.gif

    今度は、もっと早くにゆっくりと訪れて、
    蕎麦前も楽しみ、念願の「田舎せいろ」を頂きに来ます niko.gif



    12-6-4 じく
    「手打ち蕎麦 東白庵 かりべ」

    新宿区若宮町11-7
    03-6317-0951
    11:30~15:00 / 18:00~22:00
    水曜定休
    禁煙

    お店のHP


    2011年 9月24日 おまかせお料理「天ぷらそば」、「せいろそば」
    関連記事
    スポンサーサイト

    コメント
    この記事へのコメント
    よしの様
    そうなんです、ここは、竹やぶワールドではあるけど、奥様、ご主人のお人柄か、ヒルズにあった時に比べて、とても和みやすい雰囲気になってました。
    初めて、ぷらり一人で訪れたのですが、餅つけましたよん(時間がなかったのがザンネン)。

    ウッツミの方にも、行かねば…。

    それはそうと、神楽坂の街を、ふらりふらりと歩いているのは楽しいです。路地裏が楽しい。
    又、来て下さい…(u_u*)~
    2012/06/11(月) 09:33:16 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    竹やぶワールド
    ですけど、神楽坂の方が少し気楽かな(汗;

    「ウッツミ庵」の方もそうだけど、数度訪れないと、ナンか純粋に
    落ち着けないというか、小心なんでアート(!!)にアットーされて
    しまうんですよ...。(笑;;

    神楽坂にお勤めの方も(当然)おられますよねー。出版関係も多い所
    のようですね。
    たまにはうろつきたいよな~、懐かしい。

    2012/06/08(金) 18:50:44 | URL | よしの #-[編集]
    まがり様
    まぁ、神楽坂で働いていらっしゃったんですね♪。神楽坂は蕎麦屋の密集地、羨ましいです。
    是非、今度は、蕎麦屋にも('-^*)
    2012/06/08(金) 06:22:12 | URL | yuka #-[編集]
    う~ん
    神楽坂で働きながら
    まだこんなこ洒落たお店には
    まだ踏み入れて無いへたれです
    お蕎麦屋もですが
    ワインバーが多いんですよね~
    今朝のめざましTVでも
    昼はスタンディングの蕎麦屋で
    夜はワインバーってお店が紹介されてた
    もう何軒あるんだろうって感じです
    2012/06/07(木) 13:57:15 | URL | ☆まがり★ #-[編集]
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >