FC2ブログ
    つれづれ蕎麦 
    田無 「ほしの」
    2005年09月08日 (木) 22:11 | 編集
    「田無に"ほしの"あり」・・・
    と言われていたお店のご主人が亡くなり、その後を奥さんが継いで再開した・・・

    (「多摩のそばうどん77」より)
    という、経緯を読んでからずっとずっと、行ってみたいと思っていたお店。

    今は、予約のみだけの営業で、なかなか伺えなかったが、今日!やっとやっと念願がかなうことに。

    何日も前から、ウキウキする気持ちは隠せない。。

    田無・・というよりは、ひばりヶ丘。団地の前の、マンションの半地下に、あまりにもさりげなく、お店がある。
    20050908195744.jpg
    P9080100.jpg


    さりげなさすぎるくらいの、店構え。
    でも・・・、この看板は長い時間を語っているかのようにも・・・。

    ああ・・・やっと、だ。。




    「昼夜、予約となりました」という貼り紙のある扉を開け、中へ。
    んー・・・いいなぁ。。こういうの・・・。
    20050908200622.jpg20050908200651.jpg

    入ってすぐには、存在感のある木のテーブルが2卓。
    そして、その奥には座敷(というか床敷き)の席が4卓。

    「どこでもいいですよ」という奥さんの言葉でも、どこに座ろうか迷ってしまうくらい、どの席もいい感じ。。
    で・・・、じかに座って憩っちゃおう♪と、奥の広いテーブルに贅沢に二人で占領することに。

    お品書きを持ってきてくれたお女将さんは、とってもとっても気さくなおしゃべり好きな方。なんだか、いろいろ話し込んでいるうちに、もうずっと知り合いだったかのような気分にさせられる。

    お品書きはいたってシンプルで、
    「おまかせいろいろ」の花・月・雪・星。あと天もり。
    お女将さんのお勧めもあり、一番安い(1,500円)の「花」を頂くことに。

    で・・・、車を運転しないわたしはビールも♪
    20050908195731.jpg20050908200216.jpg

    ハートランドのビールと、一緒に出てきたのが、まずこの前菜?3皿。

    4点
    奥の4点盛り。左から・・・
    「すり身揚げの唐辛子味噌載せ」
    「イチジクの胡麻風味白和えがけ」
    これが絶品!イチジクのとろけるようなところにほんのり甘いペーストの絶妙なバランス。
    「蕗味噌」
    「蔵王の山菜のお浸し」

    20050908200747.jpg
    京都から取り寄せたという、
    「湯葉豆腐」
    大豆の味が濃厚でまったり、これもすこぶる美味。

    あ~・・・、お酒飲みたくなってくるものばかり。

    20050908200718.jpg
    「胡麻豆腐の引き上げ湯葉がけ」

    んー、湯葉がおいしいっ♪と思って食べてみると、
    中から、今まで食べた中で一番と思えるような白ごま豆腐。
    胡麻の繊細でいて、しっかりとした味のまったり感が、倒れそうなくらいおいしい。。

    と、早くも満足していると
    20050908200323.jpg
    大皿に、「蕎麦寿司の磯辺揚げ、シシトウ添え」
    これは、2人前。

    これが、非常においしい。蕎麦寿司の中に梅が巻かれているので、このままで十分な味。カラリとして香ばしい一品。

    20050908200407.jpg続いて・・
    「野菜の炊き合わせ」(これ1人分)
    さつま芋、レンコン、アスパラ、こんにゃく、高野豆腐、ごぼう、出汁巻き玉子・・・の盛られた一品で、どれもこれも非常においしい。素材毎に味付けを変えている辺りがすばらしい。

    ひとつひとつを別々に作っている、手間隙をかけらたことが伺える一品。


    ごぼうやさつま、しいたけなどは、京風の出汁の旨味たっぷりの味付け、アスパラは塩味の素材の甘さを生かしたもの。それでいて、レンコンはシャキシャキ感のある甘酢仕立て・・;。

    もぉ~・・・ここまでで、大満足
    20050908200253.jpg
    と、思いきや・・
    「試作品なんだけど・・」と出てきた、口直しの「杏のシャーベット」
    (これはサービス♪)
    これが、又おいしい。。

    で、さて・・いよいよ蕎麦か。。

    と、思っていると・・・
    20050908200806.jpg
    す、すごすぎるっ。。・・・さらに、
    「鴨ローストと野菜の和風マリネ」

    鴨もおいしく(苦手な私でも!)
    甘いカボチャのサラダ、ナス、かぼちゃ、パプリカ、ズッキーニが南蛮仕立てで添えられたもの。
    脇の甘い、トマトのローストも美味しい


    そして・・・いよいよ♪待っていた、「ほしの」のもりそば。
    ほしのそば

    自家製粉石臼挽き手打ちの生粉で打たれた、グレーの細切りの蕎麦。
    20050908195640.jpg
    まずは、つゆをつけずに口に運ぶ・・その間合いから、蕎麦の香りが漂う。手繰ると、蕎麦の風味が非常に豊かで、ここしばらくここまでの風味を味わってなかったような気分にさえ、させられる。
    旨いっ

    コシの感じも、絶妙な入り具合で私好みのもの。

    と・・・
    脇で聞いていたお女将さんが言うには、
    ここ最近腕を怪我して、思うように打てないんだけどね。。と。
    それを引いても、これはいい。
    単品だと600円で出してる・・とういうから、さらに驚き。。

    どこの蕎麦か・・と尋ねると、金砂郷村で契約した農家のものを使っているとのこと。他、すべての素材に惜しまなく、厳選しているらしい。

    つゆは、鰹と他に何かの出汁の感じられる、辛口よりの濃い目のもの。
    ちょっと不思議な味わいも感じられるが、私にはいい感じ。
    うーん・・・
    ひばりヶ丘の団地に引越ししてしまいたい~・・・。
    20050908200309.jpg
    ナチュラルに白濁した蕎麦湯に続いて・・

    ナント!デザートまで。。
    「蕎麦アイス」
    これが~~。。又おいしくておいしくて。
    香ばしい、蕎麦の風味のアイスに、ローストした蕎麦がトッピングされていて、もー別腹じゃなくてもおいしいっ。


    こ、これ全部で1,500円??

    今は、予約でしか客を取らない・・と言っていた女将さんの心なんだな・・と、しみじみと感じる。来た客には、心の隋までもてなそうとする、女将さん。手一杯で、それ以上のことはしないかわりに、こうやって、利益なんかないようなもてなし・・・。

    それでも、帰り際、「そうは言っても、蕎麦だけは自信を持って出していきたいのよ」と。十分・・・亡きご主人の後を継がれていると思います。。

    とはいいつつ、暗さの微塵も無い、とっても明るくて親しみやすい女将さん!私・・・、1人でも、遠くても、又是非来ます!

    今日は、心の底から満足できました。来れてよかった・・・。
    こんなお店があるなんて・・・。価値観が崩れていくような。。

    20050908195708.jpgP9080097.jpg

    とっくり、猪口には、「ほしの」の名入り。
    お店を出したときに、某芸術家の方に作っていただいたそう。。

    お女将さん~・・、ずっと元気でいつまでもやっていてください!
    今日は本当にありがとうございました。。

    *お品書き
    おまかせいろいろ
     (花 1,500円、月 2,000円、雪 3,000円、星 4,000円)
    天もり 2,200円、もりそば 600円
    ビール 600円、酒各種 700円~


    P9080099.jpg
    手打そば ほしの

    西東京市西原町5-4-19     
    0424-67-0654 (080-3026-6588)
    昼/夜 予約のみ





    Sさん、本当にありがとうございました。

    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント
    この記事へのコメント
    匿名様
    コメントありがとうございます。

    読んでいて・・・、隅から隅まで羨ましい気持ちでいっぱいです。私が「ほしの」さんを知った時には、すでにご主人は亡くなっていらして。
    ああ、本当に、頂いてみたかったです。

    女将さんが、ご主人の意思を残そうと、こうした心暖かいもてなしをして下さるのも、きっとご主人の心を受け継がれての事だと思っています。

    なかなか聞けなかったお話、本当にありがとうございました。
    2007/08/01(水) 20:36:09 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    昔のなじみ客
    僕はむかし、ほしののおやじさんが生きていた頃の馴染み客でした。おやじさんが打つ蕎麦は、それは旨かった。あんな旨い蕎麦は何処の店でも食えなかったです。いまだに、あれを超える蕎麦には出会っていません。あの頃は店が古くて狭くてね、僕が入っていくとおやじさん、腰をかがめて隙間から覗いて「いらっしゃい!」って、いつも笑顔を見せてくれました。それで、僕が食べてるときの表情を、嬉しそうに見てましたよ。たいてはもり蕎麦。冷たいのではほかに辛味大根のおろしも旨かった。温かいのでは小海老天蕎麦もよかったなぁ。ほしののおやじさんが揚げる天ぷらはどこの天ぷらやさんよりも旨かったですよ。蕎麦も天ぷらも芸術的なのに、店のつくりもおやじさんも、気取りがなくてよかったなぁ。まだ若かったのに、死んじゃって、残念です。
    2007/08/01(水) 17:15:19 | URL | 匿名 #-[編集]
    Manoa 様
    早速拝見させて頂きました♪。顔の見えない美女との・・・(^^)

    ちょっとづつ料理が違うようで、又、すぐにでも行きたくなってしまいました!しかも・・わたしはお酒はがまんしたから、次回こそ!と思っていただけに。。。

    天ぷらもすごいらしいですよね。えび天のでかさはすごいみたいで、次回はこれか?などと思っている今、瞬間です!
    2005/09/18(日) 21:52:16 | URL | yuka #-[編集]
    おかえりなさい
    yukaさま
    この記事を拝見して、昨日「ほしの」に約10年ぶりに行ってきました。
    駒ヶ根の蕎麦屋も素敵な店ですね。
    2005/09/18(日) 18:42:32 | URL | Manoa #-[編集]
    蕎麦喰い師様
    さすが・・・蕎麦喰い師さま。
    先代のご主人にお会いしていたのですね。。
    今思うのは、ご主人の蕎麦も是非食べてみたかった・・・と思います。

    名物のでっかい海老天は今も健在みたいです。わたしも、次回はそれを食べにきます♪と、奥さんに宣言してきました。

    いい・・・店でした。。
    2005/09/09(金) 22:47:06 | URL | yuka #-[編集]
    懐かしい
    もう数年行ってないな。
    相変らず馬鹿デカイ海老天なのかな・・
    初めて行った時「ウヮ~~ッ! デカイ海老!」と言ったら、今は亡きご主人がニコニコ嬉しそうな顔でこっちを見ていたのを思い出します。
    お蕎麦が昔よりかなり細打ちに変わったんですね。
    私も久し振りに行ってみたくなりました。
    2005/09/09(金) 12:03:58 | URL | 蕎麦喰い師 #ZEqp4aRo[編集]
    >aqua_santa様
    行かれていたんですか。。うらやましいぃ。
    今は、ぷらりとは寄れないようですが(途中、入ってこようとしてたお客さんをお断りしてました)。その変わり、予約して入ると絶対に満足できる、そういうお店でした。是非又・・

    一緒に行った人の話だと4年まえよりも、蕎麦がかなりよくなっていたそうです。

    >もり様
    そうなんです。場所、時間、予約・・などで、わたしもずっと行けずにいたんです。やっと・・、念願かない。

    でも1人でも平気そうでした。(という、気さくなおばちゃんです)もりさんが行くなら、お供したくなっちゃいます~(^^!
    2005/09/09(金) 08:52:47 | URL | yuka #-[編集]
    うらやましい

    もりです。

    うらやましい。あの「ほしの」に行ったんですね。
    かねがね行ってみたいと思っていたのですが、完全予約ということであきらめていました。

    このエリアには一緒に行く蕎麦好きの友人もいませんし、(逆にもっと遠くならば小旅行気分でということもありますが)一人で予約をするのも申し訳ないと思い、私にとってはまぼろしの蕎麦屋です。

    でも、おいしそうですね。う~、行きたい。
    2005/09/09(金) 01:40:40 | URL | もり #-[編集]
    また行きたいです
    数年前に仕事途中で寄ったことがありました。蕎麦湯があまりにポタージュで一緒に行った上司が驚いていたのを思い出します。yukaさんの記事を見て叉行きたくなりました。(一度行った後も何度か行っては振られていました・・・^^)
    2005/09/09(金) 00:38:26 | URL | aqua_santa #fol219KY[編集]
    皆様
    >むさたま様
    こんなお店、今どきあっていいのか・・
    (しかも東京っすよ)って思ってしまいました。是非・・・。予約する手間なんて・・って感じです。(電話一本!)
    行かれたら、是非是非、感想お聞きしたい・・・。

    >たろうママさま
    いつもありがとうございます。
    んっ♪ね!
    ねっ(^^)今度~・・

    2005/09/08(木) 23:48:50 | URL | yuka #-[編集]
    「予約」しても行く価値があるかも
    素晴らしいですねえ・・・

    でも、お店として赤字になって立ち行かないってことになるなら
    少し考えた方がいいのかも、ですねえ。
    (シミジミ)

    そういこと心配される立場の身において、何をか謂わん!!ですよね。

    2005/09/08(木) 23:12:33 | URL | むさたま #-[編集]
    よかったね!!
    yukaさん、よかったですね!
    私も行った気分でブログをみせていただきました。

    ありがとう・・・
    今度は、ね!
    2005/09/08(木) 22:58:06 | URL | たろうママ #LxvN8XNM[編集]
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >