FC2ブログ
    つれづれ蕎麦 
    「JALPAKブロガーが行く上海」 2日目その2 街角のショーロンポー
    2012年07月02日 (月) 11:00 | 編集

    朝食を優雅な気分で頂いた後は…

    早々にロビーでミキさんに、はんつさんイートナポさんと待ち合わせ。
    上海に来たら行かなきゃ笑われますよ、と言われた、
    外灘と並んで、上海の二大観光スポット、「豫園」へ niko.gif

    上海の中でも中国らしいと言われるエリアの中心にあるそうで…、

    古の四川省の役人、潘允瑞が、父親、潘恩への孝行のためにと、
    18年の年月をかけ建設した庭園で、
    豫園の「豫」は「愉」、「楽しい園」という意味の庭園だそう。

    …と、ガイドを読み、急ぎ予習しつつ到着すると、

    12-6-9午前中 よ園

    ほお~、成程、ザ・中国、の景観が目の前にど~んっ wao.gif
    まだ10時だというのに、既にすごい人々が溢れ、熱気ムンムン。

    12-6-9 豫園入り口

    中へ入ると、小さな路地にびっしりとお土産屋さんが連なり、
    そのどこもが人で溢れ…、まるで浅草・浅草寺の仲見世のよう hahha.gif

    12-6-9豫園 ドレス屋

    チャイナドレス、買っておけばよかったかなー…
    右左に連なるお店を、ょこちょこっと覗き見ながら、

    12-6-9午前中 よ園広場

    抜けた先は、ここも人がいっぱい、の中広場。

    12-6-9午前中 よ園人ごみ

    とにかく、ここの活気はすごい、あちこち覗けば…
    不思議な飲み物やら、パンダグッズを始めお土産やさんがいっぱい。

    「いらっしゃーい」と日本語で声をかけてくるおばちゃんは明るく、
    日本の観光地でのお店と同じ、商売気マンマン ase2.gif


    ぐるり一回りして豫園の雰囲気を知ったところで…、
    (時間があれば、有料の庭園も観たかったところだけれど)

    せっかくなので土地の味、庶民のショーロンポーを食べてみたい、
    との我々の希望の元、ミキさんオススメのお店へと再び出発 niko.gif

    12-6-9午前中 昼1 店

    と到着したのは、东川路、上海交通大学近くの「老盛昌」。
    地元で人気の小籠包と麺の専門店だそうで… niko.gif

    これはすごいっ、
    まだお昼には時間があるのに、人々が溢れ賑わっている wao.gif

    人押し分け、並び入れば、
    入口すぐのレジで、壁にかかった品書きから食券を買うシステム。

    12-6-9午前中 昼1 品

    見ても分から~ん、ミキさんにお任せ、見つくろってもらって注文。
    とにかくとにかく、どれもが安いっ。
    一番高い「紅焼牛肉面」でも16元(約200円)!

    12-6-9午前中 昼1 ショーロンポー

    番号札をもらって、二階のテーブルで待っていると、
    程なく出された、蒸したての「ショーロンポー」は、6元(約80円)。

    食べて見れば、これが美味っし~いっ buchu-.gif
    肉汁じゅわ~り、ホテルのショーロンポーとは又違う味付けで、
    甘めで優しい、ほっこりとしたクセになる味わい。

    12-6-9午前中 昼1 スーラータン

    「スーラータン」(約50円)も、ここは辛さ控えめで私にも美味しく…

    12-6-9午前中 昼1 ワンタン

    「ワンタン」(約60円)のスープが、とても優しい。
    ほお~っとする塩味に、鶏ガラスープの旨みが染み、
    ああ、これが、中国マーマの味なのかなあ…futt.gif      

    しかも、スープのみの(セルフで)お替り自由がうれしい限り。

    12-6-9午前中 昼1 和え麺

    まるで湯葉を細切りにしたような麺に千切り野菜などと和えた一品は、
    柔らかい酸味で、どこか日本の冷し中華みたい。
    ソフトな味わいで、これも素朴に美味しいな futt.gif

    ビールや酒類がないのが残念だったけど、(コーラで食べた)
    これで1人100円程というすごさ。
    しかも美味しいとなったら、これはすごい…a.gif
    (金銭感覚が(反対の意味で)狂ってきそう~)

    日本語はもちろん、英語も通じない、文字通りのローカル食堂。
    ほんのちょっとだけ、上海の生活を垣間見られたようで、それも楽しく…

    ミキさん、大感謝です hahha.gif

    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント
    この記事へのコメント
    森のたぬき様
    この食堂、いいでしょう~(^^)(ビールがあればもっといいんだけど)
    日本に欲しいって感じですよね♪
    (100円マックなんて、目じゃないですよん)
    2012/07/09(月) 11:56:16 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    一個一元?!
    これでお酒が無いなんて~!
    yukaさんが干上がっちゃう(泣)
    今回の記事で一気に中国に行きたくなりました♪
    2012/07/09(月) 00:03:40 | URL | 森のたぬき #uG9d5srs[編集]
    よしの様
    はいっ、よく食べましたよう~~(^^;。

    まだまだまだまだ続きますです。
    2012/07/08(日) 22:20:25 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    DW様
    あ、南翔饅頭ですね♪
    そこも気にはなったのですが、この後に、ショウロンポーのお店に行きましょうと言う事だったので…(^^;。

    白酒、も、もちょっと待ってて下さい、そこに行きつくまでのドラマが…(?)
    2012/07/08(日) 22:18:45 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    豫園では
    酔えん(ダ、だじゃれ ;;)?
    しかし、皆さん良く食べられる(汗;

    当方は豫園の庭園に入ったので、ぐるりと回りました。コースの途中に、
    池を渡る橋があるのですが、そこは地上の波(例の人波)が押し寄せ、
    すんでのところで池に転落しそうだった・・・(んなバカな

    それにしても、観光地と言わず何処も人出が多く、流石に14億人も
    住んでいる国の大都会だわい~と感心したことでした。

    ・・・で、そろそろ、お次は「蕎麦」、かな?(笑;;
    2012/07/08(日) 18:28:29 | URL | よしの #-[編集]
    小籠包
    豫園に行ったら、六本木ヒルズにも出店している有名店(名前思い出せない・・・)で食べなければ、ツアー旅行記としてはいかがなものかと。それにしても、こう美味しそうな料理が次々に紹介されると、蕎麦道だけでは人生を謳歌できないと思わざるを得ませんね。「蕎麦屋で憩う」のノリで行くと、アルコールが不足気味ですね。白酒はいつ登場ですか?
    2012/07/08(日) 16:47:45 | URL | DW #-[編集]
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >