つれづれ蕎麦 
    御殿場 「蕎廬庵」 5年ぶりに会った粗挽き
    2012年06月29日 (金) 20:53 | 編集

    雨だった予報も、打ち破り、からりと晴れ渡った今日、
    急遽決まった、大人の遠足、御殿場蕎麦漫遊 niko.gif

    東名高速を気持ちよく走り抜け…、昼時丁度、御殿場に到着。

    早速立ち寄ったのは、御殿場ICすぐ近くの「蕎廬庵」。
    かつて国立にあった折に親しみ、移転される最後の日に訪れ、
    再開店したらすぐにでも行きたいと思っていながら、…早5年。

    12-6-29 店

    ようやく訪れる事ができた、と感慨深く到着したお店は、
    国道沿いに広々とした敷地を構えた、上品な日本家屋の佇まい。
    あの…、小さな間口のお店が、こんな素敵なお店になってたんだ…hahha.gif

    12-6-29 店アプローチ

    ふっと昔の思い出が頭の中を過りながら、
    すっかり整えられた、品よく植え込まれたアプローチを辿っていくと…

    12-6-29 店正面

    すっと暖簾の下ろされた、落ち着いた扉が目の前に。

    御殿場 「自家製粉 粗碾き手打ち蕎麦 蕎廬庵」

    素敵なお店になってたんだなあ…と、扉を開けば、
    清潔感漂う、心地のいい、きんとした空気を肌で感じ、
    すぐ目に飛び込む、奥に作られた品格ある座敷の間。

    12-6-29 店内座敷

    反対側には、日差しがさんさんと差し込む空間に、
    白木のテーブルが目にも柔らかいすっきりとした客室が広がる。

    いいお店だなあ…と、ぐるり見渡し空いていたテーブルに腰を下ろし、
    早速、置かれていた品書きを吟味。

    12-6-29 品平日12-6-29 品おすすめ

    別に挟まれた品書きは、「おすすめメニュー」に「平日のセットメニュー」

    12-6-29 品酒

    お酒は何があるんだろう、と見れば、
    うんうん、いいなあ、静岡酒がきちんと並んでる futt.gif
    と確認し、この陽気にビールが飲みたい、まずは小瓶をお願いし…

    12-6-29 品一品

    一品料理の品書きから、「糠漬け」に「黒はんぺん」を添えて注文。

    12-6-29 ビア

    すぐに出されたビールで乾杯~♪、ぷはっと喉を潤わせてると、

    12-6-29 漬物

    これもすぐ、目の前に置かれた「自家製ぬか漬け」(200円)。
    胡瓜に大根、人参が盛られ、漬け具合ぴたりの申し分のないお新香。
    これが、200円なんて、うれしいな m001.gif

    12-6-29 はんぺん

    続いて出された「黒はんぺん」も、焼き立ての熱々。
    鰯の風味が丸ごと広がるはんぺんで、これにお酒が欲しくなり…

    12-6-29 酒

    即効お願いした、静岡の地酒「正雪」純米。
    これで、しばしこの優雅な空間を楽しんで…

    何より楽しみにしてた、5年ぶりに頂くお蕎麦をば niko.gif

    12-6-29 品そば

    と、改めて蕎麦の品書きを開いてみれば、
    温そばを置かない、という品書きも、昔のまま…futt.gif
    さらに、「蕎蘆庵」といったら、粗碾き蕎麦に桜海老、

    12-6-29 桜海老せいろ

    と、お願いした「桜海老の掻き揚げせいろ」。

    12-6-29 せいろ

    こっ、これは何て美しい…

    12-6-29 せいろあぷ

    笊に上品に盛られた蕎麦は、ほのかに透け、穀物感溢れた姿。
    角はピシっと鋭利に断たれ、その中にぷつぷつと埋まる蕎麦の欠片。

    12-6-29 せいろたべ

    手繰り上げれば、ふわと品よく広がる蕎麦の香りに、
    噛みしめれば、これがなんて凛々しい…。
    矢をしゅっと向くいたかのような、ピシっとした歯ごたえに、
    飲み込む瞬間に微かに感じる、欠片が掠めていく感触。

    ふっくらとした香ばしさに甘みがあり、
    喉越しは爽やか、これは、美味しい…love.gif

    12-6-29 桜海老

    さらに、こんもり揚げられた掻き揚げが、見るからに美味しそう。

    12-6-29 桜たべ

    箸を入れれば、軽やかにざざざっと崩れ、
    からりっとして、口に含んだ途端に広がる、香ばしい旨み。
    この桜海老の掻き揚げは文句なしっ、美味し~い buchu-.gif

    12-6-29 蕎麦湯

    しっかり濃い目の汁もよく、
    頃合い見て出された熱々の、程良く白濁した蕎麦湯で薄め頂き…

    ああ、来てよかった、美味しかった…futt.gif
    と、国立最後の夜に訪れた事を再び思い返し胸が熱い。

    ご馳走様でした~hahha.gif

    帰り際に、ちょっと顔を見せて下さったご主人が、
    ほとんど変わらないお姿で、しかも…
    5年も前の私の事を、覚えていて下さったのが、ものすごくうれしい 。

    又是非訪れて…、今度は、後ろのテーブルに運ばれていった、
    ものすごく美味しそうだった天丼セット、頂いてみたいな niko.gif


    12-6-29 看板
    自家製粉 粗碾き手打ち蕎麦
    「蕎廬庵」

    静岡県御殿場市東山288-3
    0550-82-8702
    11:30~15:30
    月曜、第1火曜定休
    禁煙 
    P多し



    2007年 3月17日 移転前、国立最後の夜に…
    2006年11月15日 「海老と三つ葉の掻き揚げせいろ」
    2005年 6月 1日 「せいろそば」
    関連記事
    スポンサーサイト

    コメント
    この記事へのコメント
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2012/07/09(月) 08:26:52 | | #[編集]
    蕎麦喰い師様
    確かに、あったらうれしいけれど…
    今のお店の雰囲気には合わないのかもしれないですね(^^;。
    でも、本当に懐かしかったです…
    2012/07/03(火) 08:14:52 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    静岡と言えば お で ん
    昔のようにセルフで取ってくる「おでん」があると良いのにな・・・
    2012/07/02(月) 16:08:54 | URL | 蕎麦喰い師 #VDz0rjeM[編集]
    うり坊様
    そんな事をお聞きしたら、ますます食べてみたくなりました~。
    本当にとても美味しそうでした。

    今度は、はしごナシで、蕎麦とのセット食べてみたいです。
    2012/07/02(月) 09:13:48 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    よしの様
    よしのさん、そうなんです、私も本当に懐かしくて…。
    あの、ちっちゃなお店がこんな素敵なお店になっていました。

    蕎麦、以前に比べ、繊細さが加わり、洗練された粗挽きになっていました。美味しかったです!。国立に居たおりから、静岡の縁を大切にしていたご主人、きっとのびのびとやられているのでしょう…(u_u*)~
    2012/07/02(月) 09:12:36 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    お蕎麦もさることながら
    >後ろのテーブルに運ばれていった、ものすごく美味しそうな天丼

    蕎廬庵の天丼はマジやべぇっす◎
    都内の天婦羅屋さんの天丼にひけをとらない美味しさだと思います。
    たぶん、あのグッとくる蕎麦汁の返しがどんぶり向きなんだろうなぁ…と、勝手に納得。笑
    2012/07/01(日) 21:39:02 | URL | うり坊 #-[編集]
    おお!
    これは懐かしい!

    桜海老、思い起こします…あれだけ贅沢にいただけるのは
    珍しい(~づくし)ですね。

    お蕎麦は以前に増してパワーアップしたように(謎;)見え
    ますが、量は少し減ったかな?(写真写り?笑

    御殿場に移られても変わらず矜持を持って励まれているご様子、
    当方は嬉しく拝見いたしました。
    2012/07/01(日) 12:46:06 | URL | よしの #-[編集]
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >