FC2ブログ
    つれづれ蕎麦 
    豪徳寺 「あめこや」 素敵なコースのお料理
    2012年09月05日 (水) 23:34 | 編集

    仲良しご夫婦からの、急なお誘いがあり、
    とてもうれしい、大好きな方々との宴となったら…、
    予定を何とか切り上げて、是非ご一緒したい hahha.gif

    12-9-5 店

    しかも、随分ご無沙汰していて、行きたくていたお店、
    豪徳寺北口商店街の中に、ほっこりと佇む…

    豪徳寺 「あめこや」

    開店して早5年…、壁もすっかり飴色になってきてるよ…futt.gif

    17時開店のお店は、既に何人かのお客さんが集う、
    今は、予約をしないとなかなか入れない、人気のお店。

    12-9-5 かんばぴ

    久しぶりの再会に、座った途端にテンション高まり…
    早速ビールを頂き、乾杯~っ 乾杯_M~1

    12-9-5 ビア充て

    好きな人たちに囲まれてのビールは、又格別。
    お通しの「茹でピーナツ」に、「かぼちゃ煮」をつまみ…、

    今日は、初めての「あめこや」さんのコース料理、

    12-9-5 きんじ

    程なくすっと出された「先附」は、
    加賀野菜、「金時草のお浸し」。

    12-9-5 きんじあぷ

    しゃくっとして青臭さ全くなく、爽やかで味わい深い。
    この野菜から出るエキスで自然に汁が紫色に染まるそう。
    まるで、ワインのような出汁を見てたら…、早速お酒を niko.gif

    12-9-5 品酒1
    12-9-5 品酒2

    初めて伺った時に頂いたお酒、
    「あめこや」さんと言えば、私の中では「鳳凰美田」。

    奥様に縁のある土地のお酒、「純米」と「純米吟醸の冷やおろし」、
    両方をお願いして、飲み比べ。

    12-9-5 三種

    お酒と同時に、「前菜盛り合わせ」も置かれ…、

    12-9-5 三種なす

    瑞々しく、フレッシュな甘みがたまらない「水なす」に、

    12-9-5 三種鴨

    しっとり柔らかな「鴨ロースト」。

    12-9-5 三種鮎

    そして、これが、悶絶もの、「天然若鮎のパテ」
    肝の乙な苦みに鮎の香気がまったり絡まる、絶妙な味わい。
    これに、皆揃ってノックアウト buchu-.gif

    12-9-5 酒1

    これにお酒が、たまらな~いっ。
    鳳凰美田は、やっぱり大好き、冷おろしの方が、好みかな futt.gif

    12-9-5 冷やかけ

    とくいくと盃を交わしていれば、次のお料理は
    涼しげに盛られた、「トマトとモロヘイヤの冷かけそば」

    12-9-5 冷やかけたべ1

    すっきりとした気品ある冷かけ汁には、トマトの酸味に甘みが溶け、
    蕎麦は、汁に浸りしゃきっと締りとても美味しい。

    12-9-5 冷やかけたべ2

    モロヘイヤが軽やかに纏わる、ほのかな滑りも心地よく、
    これっ、丼一杯たべた~いっっlove.gif

    12-9-5 つくり

    と、汁もすっかり飲み干せば、次の一皿は、「洋風お造り」

    新鮮な清々しい鰹も、そろそろ脂がじっとりと乗り始め、
    大トロ鮪の刺身に、旬到来、秋刀魚の刺身を、
    カルパッチョ風に仕立てた一品。

    12-9-5 酒2

    このお料理に早速お酒もお替りすれば…、

    12-9-5 たまご

    置かれた瞬間に、ふわ~んと漂うだた茶豆の甘い香り。
    「だだ茶豆入り出汁巻き玉子」

    出汁たっぷりの玉子巻きに、零れるほど巻かれただだ茶豆、
    その食感が又楽しく、食べ応えのある一切れに…、

    12-9-5 そばがき

    ほかほかと湯気立てる、蕎麦がき登場。

    茨城桜川の常陸秋蕎麦、微粉で作られた蕎麦がきは、
    これも、ぷんぷん香り放つ、芳ばしさがとても豊か。

    12-9-5 そばがきたべ

    滑らかな口当たりに、食感はもっちりとやや固め。
    口の中でゆっくりと転がしていくうちに、次第に溶け、
    口いっぱい広がる、芳しい香ばしさ。

    すっかり、汁が出されていたのも知らず、そのままで食べてしまい…

    12-9-5 天麩羅1

    最後のお料理天麩羅は、揚げたてが都度出されるうれしい配慮。
    ゴーヤにシシトウ、アスパラが置かれ、

    12-9-5 天麩羅2

    続いて、ミニトマトに鯛の天ぷら。
    どれもが衣薄くからりっと軽やかに揚がり、満足な天麩羅を頂いて…futt.gif

    いよいよお蕎麦、
    久しぶりの「あめこや」さんの蕎麦にワクワク、
    産地違い、二種の蕎麦が出されるそうで…

    12-9-5 そば1

    まず出された、その美しい鶯色の蕎麦に、目を見張る。
    福井「大野」の蕎麦、十割。

    顔寄せる間もなく、目の前に置かれた瞬間に立ち上る、
    だだ茶豆に似た甘みのある香ばしさ。

    12-9-5 そば1あぷ

    すらりと伸びた品ある蕎麦は、しっとりとしてしゃきっとした腰、
    噛みしめると、甘みをまず感じ、後から芳ばしさが追いかけてくる。
    ああ、これは、美味し~い love.gif

    しかも、この汁が又美味しい。
    突出することなく、まろやかに溶け込んだ出汁の、しっかりとした辛汁。
    これが蕎麦の香ばしさをさらに高める、名わき役。

    12-9-5 そば2

    二枚目は、茨城桜川産の常陸秋蕎麦。
    ふっくら、蕎麦ならではの芳しい香りが、濃厚に広がり…

    12-9-5 そば2あぷ

    口にすれば、先のそばがき同様、馥郁とした香ばしさが、これも豊か。
    ん~…、どちらも美味しいなあ futt.gif

    12-9-5 蕎麦湯

    手繰り終えれば、頃合い見て出された蕎麦湯は、
    ほどよく白濁した、まろやかなもの。
    これもたっぷり頂き、汁の旨さを堪能し…

    ああ、美味しかった、と余韻にふけっていると、

    12-9-5 甘味

    最後にうれしいデザートは、
    「あめこや」さんにの人気ザート、「抹茶キューブ」。

    12-9-5 甘味横

    抹茶のババロアを凍らせたものだそうで、これも美味し~い buchu-.gif

    楽しい楽しいひと時に、美味しいお料理に絶品お蕎麦、
    奥様の、あったか~な笑顔にほっと心温められ…
    素敵な、夜のひと時に。

    ご馳走様でした~hahha.gif

    皆さま、本当に、ありがとうございました niko.gif



    *蕎麦コース(3500円、4500円、5500円)、今回はのは4500円のコース
    12-9-5 看板
    「AMECOYA - あめこや -」

    世田谷区豪徳寺1-46-14
    03-3439-3602
    17:00~23:00
    月曜、第一火曜定休
    禁煙

    お店のHP



    2010年 6月18日 アラカルト、青さべっこう汁、鴨汁、かけそば
    2009年 5月 2日 学生時代の友人としっぽりと。「蛤の潮そば」
    2008年 3月26日 お友達とまったり。「福島産青さべっこう海苔そば」
    2007年 9月 7日 おもしろいお店開店♪ 
    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント
    この記事へのコメント
    ・・・・様
    私もそう思っています。
    コメント、ありがとうございましたっっ!
    2013/01/04(金) 22:16:23 | URL | yuka #-[編集]
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2013/01/03(木) 21:20:19 | | #[編集]
    投資の初心者様
    ありがとうございますっ♪
    2013/01/03(木) 00:28:46 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    とても魅力的な記事でした!!
    また遊びに来ます!!
    ありがとうございます。。
    2013/01/02(水) 16:52:14 | URL | 投資の初心者 #-[編集]
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >