つれづれ蕎麦 
    神保町 (残念なことに閉店)「九段一茶庵」 二色そば
    2012年09月07日 (金) 20:38 | 編集

    電車が遅れた為に、大幅に予定が狂い、
    やっとお昼を取れるようになったと思ったら、既に3時。

    こんな時には、中休みの無いお店 niko.gif
    丁度沿線上、久しぶりに伺ってみようかな…、と神保町で途中下車。

    かつて何年か働いていたこの界隈、懐かさに胸がきゅん。
    専修大学横を通り過ぎ、その先の路地を曲がると…

    12-9-7 店とおめ

    殺風景なオフィスビルの中に埋もれ、そっとみえてくる緑の茂み。

    12-9-7 店

    こんな無機質な街中に、息をひそめるように、
    江戸情緒の趣きを漂わせ、静かに静かに佇んでいる futt.gif

    神保町 「九段一茶庵」

    12-9-7 品季節

    扉に掛けられた「季節そば」の品書きを眺め、扉を開き店内へ…

    思えばおおよそ10年ぶりの店内は、記憶のまま変わりなく、
    ゴミ一つない清潔さに、凛然とした簡素さ。
    シンっとした静謐さが店内の隅々にまで満ちている。

    そっと足を踏み入れば、すぐに「いらっしゃいませ」
    と、暖かな声で迎えられ…

    12-9-7 品酒

    奥のテーブルに腰を下ろし、出されたお茶を頂きながら
    置かれていた品書きを手にし、早速お願いした「立山」の熱燗。

    12-9-7 酒

    程なく出されたお酒は、風情ある南部鉄瓶。

    猪口に注ぎそっと口にしてみると…、これがぴたり bikkuri.gif
    熱燗といいつつ、程良い加減の人肌ぬる燗、
    きちんと計って燗して下さったのだろう、
    優しく柔らかく、お酒の旨さがふわりと広がる、絶妙の温度加減。

    さすがだ…futt.gif

    12-9-7 品料理

    うれしく口に含み、充てにもなにか…と品書きを眺め、

    12-9-7 なす

    お願いしたのは「茄子田楽」。

    12-9-7 なすあぷ

    さっと素揚げされた輪切りの茄子に、たっぷり盛られた蕎麦味噌。
    皮目はパリっ、中はとろりとした茄子の果肉に、
    蕎麦味噌と共に口にすれば、甘みが濃く、これは美味しい…love.gif

    しばし、ゆるりとたゆたう空気の中、
    疲れをいやしながら、そっと一人憩うひと時。

    そろそろ、お蕎麦を頂こうか…futt.gif

    12-9-7 品そば

    12-9-7 品種物

    改めて品書きを手にし、ぱらぱらとめくりるも、
    10年ぶりに訪れたお店、やっぱり三色蕎麦を頂きたい。

    …とお願いしたら、…残念 gessori.gif
    季節の「レモン切り」はもう、終わってしまったそう。
    ならば、、とせいろと田舎の「二色蕎麦」でお願いする事に。

    12-9-7 二色

    程なく出された、舟形の蒸篭に盛られた「二色そば」。

    12-9-7 せいろ

    「せいろ」はかなり細めに断たれた、乱れなき端正な細切り。

    手繰り口にすれば、きりりとした気品ある、たおやかで心地のいい腰に、
    するりと、ふっと消えるように落ちる喉越しの軽やかさ。
    手繰るうちに次第に広がってくる、香ばしさに甘み…。

    正統なる蕎麦、江戸ならではの粋溢れ、
    汁はしっかりとした濃さに、円やかな出汁。
    添え口にすれば、さらに蕎麦の旨みがじわりと増す。

    旨い…futt.gif
    老舗の威厳に風格感じる蕎麦を、しっかりと味わい…

    12-9-7 田舎

    一方の「田舎」はかなり太めの、どっしりとした挽きぐるみ。

    12-9-7 田舎たべ

    口にすれば、むちむちょっとした、固めの食感。

    手繰るというよりも、もぐもぐ噛みしめる蕎麦で、
    個人的に、このタイプはやや苦手なのだけど、
    噛みしめているうちに、じわりと広がる香ばしさは、確か。

    でも…、せいろをもっとたべたかったかな…。
    などと思うも、久しぶりに訪れらた事が、密かにうれしく、

    12-9-7 蕎麦湯

    すっと出された蕎麦湯を注ぎ入れれば、
    この時間、しっかりと白濁した風味ある美味しい蕎麦湯。
    じっくりと蕎麦湯を頂きながら…

    12-9-7 店内

    夕方からの予約が入っているのだろう、テーブル席。
    これから賑わう前の、ひと時の静寂に包まれ、
    ほっと、寛がせて頂いた、ささやかな幸せ。

    ご馳走様でした~hahha.gif

    いつまでも変わらずに残されている、
    そして、いつまでも変わらずにあっていて欲しい…、
    素晴らしき、江戸情緒のこのお店も。


    12-9-7 品ことば
    「九段一茶庵 本店」

    千代田区神田神保町3丁目6−6
    03-3239-0889
    11:30~21:00(土~19:00)
    日曜定休
    禁煙
    お店のHP

    関連記事
    スポンサーサイト

    コメント
    この記事へのコメント
    DW様
    そうなんですよね…。最後に行きたかったんですが、年末のばたばたで行けずじまいになってしまいました。後を継ぐ方がなかったのか、と私もとても残念です。
    2017/05/04(木) 09:11:13 | URL | yuka #-[編集]
    2016年末で閉店してました
    道に迷ったかなと何度か思ったことがありましたが、何と昨年末で閉店していました。なくなると寂しいです。
    2017/04/20(木) 08:17:13 | URL | DW #-[編集]
    tara様
    そうなんです、そうなんです。
    ビルの中に、ひっそりと…

    これもいい感じですよー(u_u*)~
    2012/09/14(金) 09:37:50 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    ふ〜む....
    こんなところにあるんかぁ...
    2012/09/13(木) 21:36:54 | URL | tara #-[編集]
    せいがん様
    茄子揚げというと、どうしても縦切りが多いのですが、これは食感も(皮と中身の)違いもはっきり分かり、とてもよかったです。
    蕎麦味噌が又よく合って…
    ぜひぜひ(^^)。

    神保町って久しぶりに歩いてみましたが、やっぱり楽しいんですよね、古本屋覗きながら…
    2012/09/13(木) 08:56:29 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    うり坊様
    以前は、敷居が高いように思っていたのに、しっくりなじんできたのも、私が年を取ったからかもしれないです(^^)
    老舗の良さしみじみと感じる、いいお店だなあ、としみじみと思いました。

    私もここの汁、好きです(^^)
    2012/09/13(木) 08:54:18 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    わぁ~茄子田楽!
    いいなぁ~。
    蕎麦味噌付きで、美味しそうですねぇ~!

    うちでもしてみますね!
    神保町は、古本屋に入り浸ってたので、
    懐かしいです!
    2012/09/12(水) 23:38:47 | URL | せいがん #-[編集]
    九段一茶庵・
    町並みに馴染みひっそりした佇まいにかかわらず
    店内はとても清潔感ありお蕎麦も安定感あり『これぞ老舗!』って感じですよね~・
    上司や知人を安心して連れて来れるお店の一つです。

    個人の好みですが一茶庵系では、うりは横浜流れの汁より本店、九段流れの上品な汁の方が好きですね。
    2012/09/12(水) 10:41:53 | URL | うり #-[編集]
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >