FC2ブログ
    つれづれ蕎麦 
    西国分寺 「山泉」
    2005年09月21日 (水) 19:37 | 編集
    ちょっと久しぶりに武蔵境の日。
    今日は、ちょっと前から、再訪したくうずうずしてたお店に寄って行く。

    府中からバスで「泉町交差点」下車して程近く。
    料理でも高い評価のある「潮」を、今日は素通りしてほんの数メートル。

    なんだか味のあるお店が見えてきた。。
    そうそう、ここ。

      「山泉」



    20050921192326.jpg



    かれこれ・・・
    一年ぶりの再訪。

    初めて訪れた時に、とても感動した蕎麦の思い出。
    なんだか、久しぶりに会う恋人みたいな気分だ。。



    昼遅く。店に客はもうなく、入ってすぐのテーブル席ふたつ、奥の座敷席2つ、小上がりどこも空いている。

    今回もまた・・、テーブル席に腰を落ち着ける。
    ちょっと、ぎこちない笑顔の奥さんは相変わらずで、でも、前回よりなんだか親しみを感じてしまったりも。
    お茶と品書きを出され、やっぱり注文を待っている様子。
    とっさに「ビール小瓶」の文字が目に入ったので、ま、ビールくらいなら・・と頼んでしまう。

    20050921192514.jpg
    乾いたのどにおいしいビールをくっと飲んで前の壁を眺めると、いくつかのおつまみが書いてある。何か頼もうかな・・・。

    あまり時間のかかるものはよして・・・、
    と、「ゴーヤのおひたし」の文字。


    昨日の、「にがうり」が気になっていた気分が残っていたのでこれも頼んでみる。
    P9210164.jpgP9210165.jpg

    ほとんど待たされずに、出されたおひたし。
    これが、苦味が薄くしゃきしゃきとしておいしい。出汁の加減もいい感じで、いいっ

    そうこう、BGMもない静かな店内で思い切り1人ぼんやりと。こういうのも悪くない。ほっといてもらえる幸せ・・かな。などと。。
    ここの接客について、あれこれあるけど、私は決して嫌いじゃない、と改めて思う。いいじゃない?こういうのも・・・、なんて。
    20050921192504.jpg
    前の品書きを、さらに目で追い、「煮物」(350円)なんてのも食べたいなあぁ・・なんて思って、横に視線を移すと、なんとっ「新そば」の文字。

    とっさに、奥さんに「新そば・・・なんですか?」と尋ねると、「ええ・・・、昨日から」とのこと。
    すごい!ラッキーっ


    で・・・と、そろそろと、「お声掛かり」のせいろを頼む。

    さすがにこの時間・・・、未食の「田舎」は終わっていたので。
    そして・・、一年ぶりの「せいろそば」
    20050921192029.jpg

    四角の深い朱塗りの蒸篭に盛られた、グレーの細ぎり。
    そうそう♪、これ、このそば。粗びきの十割のそばは、思い出よりもおいしそうに目に映る・・・
    20050921192415.jpg
    まずはそのまま・・・

    うぅ~んっ 旨いっ。。
    蕎麦のフレッシュな香りが豊か。。
    しっかりとした腰に、穀物のざらつきを感じつつ、喉を通る頃にはそばの風味がいっぱい。。
    これは・・・やっぱりいいっ


    「硬い」のではなく、この腰はなんというか、噛みごたえがあるというか、ぎゅっと詰まったそばの強さ・・というものなのだろうか。
    20050921192446.jpg
    薬味のねぎ、山葵も丁寧。

    つゆは、これまた変わらず濃厚なつゆ。
    どっぷり浸すより、下半分つけて食べると、蕎麦の甘みを引き立たせるもの。
    美味しい・・・美味しい・・と食べ進めてしまう。


    蕎麦湯は、やっぱりナチュラル。
    でも、この濃いつゆを薄めるとなんだか、ほっとするような美味しい。

    はぁ。。ここ、なんで1年も来なかったんだろう・・・と思うほど。
    しかもしかも!中休みもなくやっているなんて。。

    やっぱり、ここの蕎麦は絶品だ。
    奥さんは無愛想なのではなく、接客があまり得意じゃないだで、ちゃんと笑顔で対応してくれるではないか。。
    しかも・・・、こうやってのんびりと寛げて、美味い蕎麦が食べられる!
    これは・・・、ちょいっと改めてランドマークにしてしまいたい。。

    帰り際、どこの蕎麦かと尋ねると、控えめに「まだ・・北海道なんです」と奥さん。遅れて、実直そうな素敵な風情のご主人も顔を出してくれて、挨拶してくれる。
    「美味しかった・・・」ほんとにそう思いながら店を。。

    今度は、伸もつれてこようかな・・
    あ、田舎も食べてみなくちゃっ。。


    すごく満足な気分・・・。なんだけど、
    えっと・・・、西国分寺の駅はどっちだったっけ・・・?

    *お品書き
    せいろ 700円、田舎そば 800円、揚げなすそば 1,050円、きのこそば 950円
    辛味おろしそば 950円、鴨せいろ 1,250円、天せいろ 1,350円、

    エビス小瓶 350円、中瓶 500円、酒450円~(今月の酒あり)
    ゴーやのおひたし 300円、鴨やき 750円、とりわさ 550円、焼なす 500円~


    20050921192433.jpg
      山 泉 (さんせん)

    東京都国分寺市西元町2-17-16
    11:30~18:00(売り切れじまい)
    木・第2水休




    20050921192555.jpg
    おまけ・・・
    お隣にある
    「ラ・カンパーニュ」というパン屋さん。

    ここが又、とってもおいしぃ♪♪



    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント
    この記事へのコメント
    此処は落ち着けますね。
    かなり以前に伺ったときには、山口瞳の書が架かっていたようでしたが。
    お蕎麦も変わりない様子、再訪してみます
    2005/09/25(日) 20:21:31 | URL | ミズトリ #-[編集]
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >