つれづれ蕎麦 
    神楽坂 「和み」
    2012年10月03日 (水) 23:34 | 編集

    開店早々にお昼に伺い、夜にも訪れたいな、と思っていたところ、
    広報部長(?)華麗麺麭さんから、うれしいお誘いを頂いて、
    楽しみに向かった、雨の夜の神楽坂 futt.gif

    12-10-3 神楽坂夜道

    表通りから一本路地を入れば、しっぽりと闇が包み、
    ぽつりぽつりと足元に灯篭が灯る、花街の趣残す小路。

    12-10-3 店2

    古民家など魅力的なお店が並ぶ、情緒深い通りを歩いていくと、
    笹の生垣が茂る、風情ある入口に行きあたる。
    夜の景観は昼とは又違い、素敵だなあhahha.gif

    12-10-3 入り口

    と、横の階段を上って行けば、
    開け放たれた扉から、ほっこりと灯りが洩れこぼれ、

    12-10-3 入り口さき

    扉を入れば、石畳の敷かれた、シックなエントランスに出迎えられる。

    神楽坂 「soba dining. 和み - nagomi -」

    店内に入るまでの演出にわくわくさせられ、
    先の扉を開けば、厨房を前にすっと伸びたカウンターに、テーブルが並ぶ、
    ほっとする、暖かな空気の広がる店内。

    12-10-3 ビア乾杯

    既に到着していたお二人に追いつこうと、急ぎビールを頂き乾杯~乾杯_M~1

    12-10-3 ビアアプ

    ビールは、プレミアム樽生「白穂乃香」、
    きめ細やかくクリーミィーな泡が立ち、香りよくまろやか、美味しいなーfutt.gif

    12-10-3 ビア充て2

    お通しの、「鶏とオニオンのマリネ」を頂き、
    落ち着いたところで、品書きを開き回し見て…

    12-10-3 品112-10-3 品2

    会津に縁のあるお店、部長さんのお勧めに、
    地のものなど含めて、あれこれ注文 niko.gif

    12-10-3 ポテサラ

    まず出された「ポテトサラダ」は、枝豆入り、
    ほっこり滑らかでクリーミィー、上品な味わいに…

    12-10-3 サラダ

    カリカリ香ばしい揚げ蕎麦が、ざっくり盛られた「和みサラダ」
    盛り付けも女性らしく、見目楽しくファンタスティック

    12-10-3 ふ

    蕎麦粉ともち米を練って作った「蕎麦ふ田楽」は、
    モチもち、とろ~ん、味噌に蕎麦の風味がじんわり広がり、
    お土産にしたい程、美味し~い buchu-.gif

    12-10-3 とうふ

    カリカリじゃこがたっぷり盛られた「じゃこネギ豆腐」と、
    次々と置かれて行くお料理を前に、早速お酒 niko.gif

    12-10-3 酒奥12-10-3 酒奥裏

    出して頂いたお酒は、「大吟醸」の微発砲。
    福島の地酒「奥の松」、純米大吟醸プレミアムスパークリング。

    12-10-3 酒乾杯

    上品なカルピスのような、優しい甘みのスパークリングは、
    まるでシャンパン、グラスを変えて、再び乾杯~

    12-10-3 いかにんじん

    さらに、福島の郷土料理「いかにんじん」に、

    12-10-3 にしん

    会津地方の名物料理、山椒醤油に漬けた身欠き鰊の
    酒飲み心をがっしり掴む、「ニシンの山椒漬け」。

    12-10-3 マコモ

    東京ではなかなか手に入らない、大好きな「マコモタケの漬け物」に、

    12-10-3 茗荷

    サービスで出して下さった、「茗荷の甘酢」

    12-10-3 たまご

    福島県伊達産の卵使用、「伊達たまごのだし巻き」(ねぎ入り)は、
    玉子の味濃く、ほんのり甘めで好みにぴたり、
    葱が又風味よく、これも、美味し~い buchu-.gif

    12-10-3 酒原

    お酒も変えて、「原田」特別純米酒で頂くお料理は、
    どれもこれもが美味しく、すっかり満喫、大満足 niko.gif

    女将さんのお母様、大女将さんのあったか~な笑顔は、
    親戚の家に来たかのような、温もりを感じさせられ、
    すっかり、居心地良く寛ぎ楽しませて頂いて…futt.gif

    いよいよ、お蕎麦を頂こうhahha.gif

    12-10-3 品そば

    前回は、一種類しか食べられなく、
    何より楽しみにしていた、珍しいここでの蕎麦。

    12-10-3 品和みは

    三種類全部頂きたい、と三種の蕎麦を、
    一枚づつお願いして、三人で食べ比べ niko.gif

    12-10-3 そばせいろ

    まず出された一枚目は、ノーマルな「十割蕎麦」。
    「会津のかほり」で打たれた生粉打ち。

    12-10-3 そばせいろあぷ

    きりっとした角が立ち、すらりと伸びた美しい麺線。
    どこか透明感があり、ほのかに透け見える蕎麦の粒。

    顔を寄せれば、ふっくらとした蕎麦の香りがふわ~り。
    手繰り口にすれば、しゃきっとした心地のいい歯ごたえに、
    喉越しは爽やか、するりと軽やかに落ち、香ばしさを残す。

    食べた後に、ほっとした心地になるお蕎麦で、美味しいなあ futt.gif

    12-10-3 そばシルク

    二枚目は、以前から気になっていた「シルク蕎麦」

    蕎麦粉に、京都産の食用シルクを混ぜ打たれたそうで…
    肝臓機能回復、コレステロール、血糖値の抑制などなど、
    生体自浄作用の促進効果があるそう wao.gif
    (さらに美肌効果まで♪)

    12-10-3 そばシルクあぷ

    見た目にシルクは分からないが、ややクリーム色がかり、
    口にした食感は、滑らかでシルキー。
    しなやかな優しい感覚があり、ほのかな甘みが口に残る。

    お酒を飲んだ後に食べれば、肝臓もばっちりniko.gif

    12-10-3 そば赤

    そして、これも珍しい「赤米蕎麦」
    蕎麦粉に、赤米を混ぜて打たれているそうで、色も赤みがかった小豆色。

    12-10-3 そば赤あぷ

    先の二枚に比べてやや太め。
    ぷつぷつ見える欠片は、練りこまれた赤米だろうか…、
    炊きたてのご飯を思い出す、小豆に似た甘くふっくらとした香り。
    ん~ん、いい匂い futt.gif

    口にすれば、もちもちとした歯ごたえが楽しく、
    噛みしめる毎にじわじわと豊かな甘みが広がり、
    これは、美味し~い buchu-.gif
    蕎麦粉と赤米のコラボ、こんなお蕎麦があるなんて…
    と、感動しながら美味しく三人で手繰りのも又楽しい。

    さらりとした蕎麦湯を頂をゆっくりと頂いて…
    お母さんの笑顔に、心底癒された、「和み」のひと時。

    ご馳走様でした~hahha.gif

    気付いたら、店内はほぼ満席に人々が寛いでいる。
    皆、お母さんの頬笑みに癒されに来てるんだろうな…futt.gif


    華麗麺麭さん、Aさん、ありがとうございました~ hahha.gif
    12-10-3 看板
    「soba dining 和み 」

    新宿区神楽坂3-2-31 2F
    03-3267-5666
    11:00~15:00 / 17:00~22:00(L.O.21:30)
    月曜定休
    禁煙

    お店のHP


    2011年 2月25日 ランチのおにぎりセット、「十割蕎麦」
    関連記事
    スポンサーサイト

    コメント
    この記事へのコメント
    蕎麦リエ様
    夜、お母さんとゆっくり話ながら飲むのも楽しいです(^^)。
    あ、ここなら、ワインもあったような♪
    2012/10/21(日) 08:10:56 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    懐かしい
    去年行きました。
    私は昼間でしたが、夜も素敵ですね。
    2012/10/20(土) 15:26:10 | URL | 蕎麦リエ #8csJuzlQ[編集]
    たろうママ様
    こちらこそ、ご一緒でき、うれしかったです。
    赤米のお蕎麦、不思議な美味しさがありましたよね~(^^)。
    又、ぜひ。
    Yで一杯やりたいです♪
    2012/10/16(火) 10:08:00 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    お久しぶりに、蕎麦屋で(笑)ご一緒できて嬉しかったです。
    やはりyukaさんの舌の確かさをあらためて感じ入りました。
    こちらあても気がきいていてよかったですね。
    赤米のお蕎麦は食感がとてもよく、また食べてみたいです。
    2012/10/13(土) 08:54:41 | URL | たろうママ #LxvN8XNM[編集]
    よしの様
    あ、そう言う事で…(^^;
    ちょっと安心(?)しました。

    でも、本当に地域地域で、それぞれの蕎麦があって、今、それが他の地方に紹介されているのは、楽しいことです。

    そろそろ、千葉の蕎麦も収穫でしょうか…
    2012/10/12(金) 08:57:47 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    いえいえ~ぃ!
    >よしのさんもそれを目指している、ん、ですねっっ!?

    ではなくて、例の「報告書」にどこまで○○に近い報告ができるか?と
    いうことなんです。

    当地で何故?? 会津そば??

    ってのは、こちらとして感じていることなんで。。。

    でも、『ここで!』というのが、きっとあるんだろうと。
    でないと、・・・(まあ、人それぞれ・・・
    =どうでもいいんです、つまり。 笑!
    結果的に、地方の蕎麦を各地に知らしめるのであれば、嬉しい人も
    多かろうと。
    それは言えるね。

    しかし・・・蕎麦って結構『際限のない可能性』を秘めていますよね。
    頼もしいというか、栽培のし甲斐があります。

    お店の方、さぞ迷惑ですよね...分かっちゃいるが...
    でもゴメンなさい。(笑;;

    2012/10/11(木) 22:31:10 | URL | よしの #-[編集]
    よしの様
    篩いだけでは取れない…!
    想像するばかりですが、いかにも美しそうです。
    見てみたい…

    ん?、ということは、よしのさんもそれを目指している、ん、ですねっっ!?
    2012/10/11(木) 09:20:11 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    ん~とですねえ…
    「例のところの報告書」にて詳細はお伝えしたいと思いますが、
    透明感の強さは江戸蕎麦のさらしな級なんです。

    とにかく微粉で、製粉の特殊さがお店としては分かってほしい
    ポイントのようです。
    単なる篩いだけでは取れない、そういう粉なんだろうなと、
    漠然と想像するばかりですが、今のところ。どこまで迫れるかな?
    (汗;;
    2012/10/10(水) 13:09:39 | URL | よしの #-[編集]
    よしの様
    透明感があって、淡い茶の色合い…
    しなやかですぱっ…
    んー、そのお蕎麦、食べてみたいです!
    一口に会津の蕎麦といっても、様々。

    よしのさんの食べたお蕎麦、昔、山都で食べたお蕎麦の感想に似ているかも。
    会津も蕎麦が生活に密着した土地。
    会津食べ歩き、私もしたいですっ。
    2012/10/10(水) 08:55:28 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    実は私も
    昨日、地元の「会津のかおり」を使う会津さらしなのお店に行きました。
    十割のお店です。

    写真で拝見する限り、多分相当違う十割だったかな?と思われます。
    端正な細打ちで透明感豊かですが、微妙に茶系統の薄い色合いが含まれて
    います。欠片系統は見当たらない、半透明の蕎麦です。きりりと麺線が
    出て、食感滑らか、噛んで弾力を感じ、モチモチ感があるかと思うが、
    スパッと切れる。実に独特な口当たり、食感です。
    甘みがあり、香りに淡い蕎麦らしさが残ります。

    粉を見せてもらったことがあるのですが、非常に微粉で、一番粉~さらしな
    粉の風合いがあるが、蕎麦と似た淡い茶色があります。
    実際に産地を訪れ、複数店食べ比べてみたいものだと思いました。
    場所も移動しつつ。

    2012/10/09(火) 13:46:00 | URL | よしの #-[編集]
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >