FC2ブログ
    つれづれ蕎麦 
    「JALPAK北海道」⑤ 富良野の朝日に雲海
    2013年01月31日 (木) 20:00 | 編集
    2日目 2012年10月14日その1 

    興奮していたのか、夜明け前からすっきり目覚め、
    ぼんやりと、窓を空けたら…、

    12-10-14-1 雲海

    な、なんて見事な景色っ
    飛行機から見るのとは又違う、雲の海原が広がる「雲海」。
    富良野盆地をすっぽりと覆う雲に、頭を覗かせる山の頂き。

    12-10-14-1 雲海日が

    しばし心奪われ眺めていると、
    微かに太陽が山頂から顔を出し始め…

    12-10-14-1 雲海日があがった

    ダイヤモンド富士ならぬ、ダイヤモンド雲海。
    思いがけずの朝の風景に、感動と共に始まった2日目 hahha.gif

    シャワーを浴びて、まずは朝食。
    地下のレストランで頂ける朝食ビュッフェ。

    12-10-14-1 朝食ヨーグルト

    富良野ヨーグルトから始まり…
    (このヨーグルトがものすごく美味しい )

    12-10-14-1 朝食212-10-14-1 朝食1

    12-10-14-1 朝食312-10-14-1 朝食4

    12-10-14-1 朝食512-10-14-1 朝食6

    どの料理の前にも「ようこそ!富良野へ」の文字がうれしく、
    富良野を中心に北海道の地元料理が並び、迷う程の品数。

    ホテル特製「スープカレー」に、「ソーセージポトフ」などの洋食や、
    北海道産「明太子」に「にしん漬け」、鮭と白菜の「はさみ漬け」やら、
    「烏賊そうめん」に「いかの塩辛」など並んで、
    朝から飲みたくなってしまのを、ぐっと堪え…

    12-10-14-1 朝食7

    ご飯は、北海道米「ななつぼし」niko.gif

    お昼の為に少々控えめに美味しく頂き、

    12-10-14-2 ホテル全景

    お世話になりました、とタクシーに乗りこみ、
    再び「富良野駅」へとホテルを後に。

    12-10-14-2 タクシから

    朝の清々しい空気の中、森閑とした中のドライブは気持ちよく、
    今日は、いよいよ帯広のお蕎麦だ niko.gif

    タグ

    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >