つれづれ蕎麦 
    「JALPAK北海道」⑦ 帯広 「おびひろ縹」
    2013年01月31日 (木) 22:00 | 編集
    2日目 2012年10月14日その3

    「目分料」を後にし、再び車に乗り込み、
    十勝平野の雄大なる風景を眺めながらの、楽しいドライブ niko.gif

    12-10-14-3 十勝風景

    どこまでもどこまでも続く大地に、見えるのは地平線のみ。
    遮るものなど何もない、こんなにも大きな空や、
    180度見渡せる風景なんて、初めて…hahha.gif

    12-10-14-3 防風林

    畑の真ん中に、美しく一筋に並ぶ木々は、
    実は、防風林だという事を教えて頂いたり…

    12-10-14-3 防風林たて

    ここに住む人々の知恵や、苦労などなど、
    おだやかな口調でお話ししてくれる牡丹さん、
    昨日に引き続き、風景を胸いっぱい感じて…futt.gif

    窓を空ければ、すぅ~っと入ってくる爽やかな風が心地よく、
    渋滞なんてもちろん、信号もないまっすぐの道をひたすら走り…

    ようやく住宅が増えてきて、お店も見え始め、
    いよいよ帯広市街に到着。

    12-10-14-3 はなだ

    帯広に来たら是非、と思っていたお店は、

    12-10-14-3 暖簾

    通りに面して、目立たぬ程にさりげなく佇む、
    真っ白な壁に薄紺の暖簾がかかる、穏やかな店構え futt.gif
    この暖簾の色が、縹(はなだ)色…

    帯広 「そば処 おびひろ縹」

    お店の前で、牡丹さんのお友達とも落ち合って、
    ご紹介して頂き、ご挨拶 niko.gif

    皆さんの後に続いて、暖簾を潜り入れば…、
    外観とは裏腹、なんて素敵な空間 hahha.gif

    照明が程良く落とされた店内に、ぎしぎしいう板の間、
    白壁にダークブラウンで統一したテーブルに椅子、
    しっとり落ち着いた、どこか古民家カフェのよう…futt.gif

    12-10-14-3 店内

    牡丹さんにMさんご夫妻と、テーブルを囲み腰を下ろせば、

    12-10-14-3 店内カウンタ

    奥には壁に面して作られたカウンター席などもあり、
    一人で、ほっこりと憩うのにも良さそう…futt.gif

    12-10-14-3 そば茶

    ぐるり店内を見ていれば、程なく出された蕎麦茶は、
    これも、心にしっとり染みる「縹色」の陶器の湯のみ。

    名前をつけた、この色への想いを感じながら…
    4人で品書きを覗き、それぞれのお蕎麦を早速注文 niko.gif

    12-10-14-3 そばきた

    寡黙に厨房を守るご主人に、楚々と応対する奥様。
    手際のいい応対で、程なくお蕎麦が目の前に到着。

    12-10-14-3 そば2

    私が頼んだのは、やはりこれ、「せいろ蕎麦」(700円)

    12-10-14-3 そばあぷ2

    蒸篭に盛られた蕎麦は、キリっとした角が立ちやや細め、
    道内の新蕎麦で打たれた、二八蕎麦。

    12-10-14-3 そばたべ

    手繰り上げれば、新蕎麦らしい、爽やかな香りがふわり。
    口にすれば、ほのかにざらりとした舌触りの穀物感。

    しっかりと言うよりは、優しめの歯ごたえに、
    ほろっと解けるように、あっという間に落ちて行く。

    12-10-14-3 そばたべ2

    汁は、やや角を感じるものの、鰹の出汁が染みたきりっとした辛口。
    浸し口にすれば、蕎麦が引き立ち甘みが広がる。

    派手さはないが、するすると軽やかに入って行く蕎麦で、
    ほっとする心地にさせられ、いいなあ…futt.gif

    12-10-14-3 かしわそば

    さらに…、M夫人の選ばれたのは、暖かい「かしわそば」
    これも気になって、ちょっと食べさせて頂けば、
    鶏の上品な旨みが染み、これは美味しい hahha.gif

    「かしわせいろ」も頂いてみたかったなぁ、
    などと思いながら、さらりと白濁した蕎麦湯をじっくりと頂いて…

    ご馳走様でした~hahha.gif

    昔...昔の庶民の着ていた普段着の裏地に
    使われていた布の色、それが "縹(はなだ)色" 。
    藍色よりも、もう一つ薄い色。

    おそばは庶民の食べ物です。

    毎日着れる...食べられるもの。
    みんなが気軽に立ち寄れる、
    そんなお店にしたいという思いを込めて...


    夜には、一品料理なども揃うお店。
    この空間でしっぽりと蕎麦前を頂いて…、

    …なんて、いつかやってみたいな futt.gif


    12-10-14-3 看板
    「そば処 おびひろ縹」

    北海道帯広市西九条南13丁目3-1
    0155-25-5507
    11:30 - 14:30 / 17:00 - 20:00
    月曜定休、日曜昼のみ
    禁煙
    P8台



    お店を後にし、早速向かったのは、
    帯広に来たら、何と言っても、やっぱりスイーツ niko.gif

    12-10-14-4 観光ろっかてい

    東京でも物産展があれば、行列必至の老舗洋菓子店「六花亭」

    12-10-14-4 ろっかてい菓子

    (東京で買えない)帯広限定の「サクサククリームパイ」をゲットし、
    バラ売りされているのもうれしいお菓子は、どれも安くて、
    あれも、これも、こっちもー
    と、テンション上がりっぱなし love.gif

    お待たせしちゃって、すみません~(^^;

    12-10-14-4 柳月看板

    さらに人気を分かつ、「柳月」直販工場にも連れていって頂いて、
    ここでも、あれこれ買い求め…、
    ん~、帰ってからスイーツ三昧になりそ~う buchu-.gif


    タグ

    関連記事
    スポンサーサイト

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >