つれづれ蕎麦 
    「JALPAK北海道」⑪ 芽室 「紀山」 黒い蕎麦の魅力
    2013年02月01日 (金) 02:00 | 編集
    3日目 10月15日 その2

    案内して下さった、トマムリゾートの美波さんに丁寧に見送られ…

    12-10-15-1 朝景色4

    素敵なホテル、トマムリゾートを後にした我々5人。

    kimimatsuさんは、帯広での肉料理を目指し出発し
    aiaiさん、isolaさんは、芽室駅前のコーン炒飯のお店へ

    そして私は…、
    長い事憧れていた「びばいろ」さんが、この旅の最終目的地 futt.gif

    とは言え開店時間には、まだ早い。
    芽室駅前をぶらぶらして時間をつぶそうとしていたら…
    んっ、これはっっ?bikkuri.gif
    思いがけず出会った「手打ち蕎麦」の看板 。

    これは何かの縁、事前情報も、予備知識もないお店、
    少々不安ではあるけれど…、
    入らずに見逃して後悔だけはしたくないっ

    しかも黒板壁の、斬新なこの佇まいに何かを感じ…

    12-10-15-2 帰山

    11時を丁度回ったお店に、暖簾が掛けられたのを見て、
    どきどきしながら扉を開き店内へ niko.gif

    芽室 「手打ち十割そば 紀山 -kisan- 」

    12-10-15-2 帰山 おすすめ

    板間がぎしぎしいう入口には、
    「店主おすすめ もりそば」に「すべて十割」の文字が頼もしい futt.gif

    「もう、いいですか?」と中の扉を開けば、
    明るい笑顔で気持ち良く迎えてくれたご主人。

    12-10-15-2 店内

    黒壁の異質な雰囲気の外観とは打って変わって、
    中はほのぼのとした、山小屋ロッジ風の和やかな空気。

    木材の風合いある一枚板のテーブルが何卓か並び、
    椅子は丸太の切り株というのが、微笑ましい…futt.gif

    「いらっしゃいませ」とお水を置いてくれた花番さんの、
    にっこりとした笑顔もうれしく、早速置かれている品書きを。

    12-10-15-2 品

    何故ここに…?、栃木の郷土蕎麦だの「にらそば」が…。
    さらに、「やまべの天もり」に、「やまべの天丼」、

    12-10-15-2 品2

    それぞれ暖かいお蕎麦も揃い、

    12-10-15-2 品新

    「新メニュー」には、これも珍しい「油そば」。
    胡麻油で和えた蕎麦に、のりと卵黄が載せられたぶっかけだそうで、
    これにものすご~く興味惹かれたが…

    やはり、「基本」の「もりそば」を niko.gif

    12-10-15-2 そばきた

    頼むとすぐ程なく、奥から聞こえる軽快な水切り音が聞こえ、
    陶器の器にこんもりと盛られた蕎麦が置かれる。

    12-10-15-2 そば

    く、黒い…a.gif
    艶々と輝くダークグレーの蕎麦に、一瞬目が釘付け。

    日高山麓の御影在来種を自家栽培、自家製粉、
    「まだ新そばではないのですが…」
    との蕎麦からは、むわむわと豊かに漂う、深く香ばしい香り futt.gif

    12-10-15-2 そばあぷ

    手繰り口にすれば、幅広の蕎麦は、むちっとしたしっかりとした歯ごたえ。
    力強い腰はうれしく、微粉故か、もっさりとした事なく喉越し滑らか。
    ほのかな粘りが程良く余韻を残し、
    手繰るうちに、じわじわと香ばしさが口に広がる。

    これは美味しい hahha.gif

    ほんのり甘めのまろやかな汁がこの蕎麦によく合い、
    浸し口にすれば、さらに蕎麦の濃い旨みが増し、
    噛む毎に、じわじわ焙煎したかのような風味が広がってくる。

    妙に病みつきになるような魅力があり、
    うんうん、これは美味しいよっ hahha.gif

    12-10-15-2 蕎麦湯

    頃合いみて出された蕎麦湯も、しっかりと白濁して熱々。
    添えられていた大根おろしを加えながら、ほっとひと心地。

    よかった…、食べずに寄らなかったきっと後悔してたはず。
    とお勘定をと席を立てば、優しい笑顔のご主人が顔を出して下さり…

    お聞きすると、ここは去年の年末にオープンしたばかりで、
    本店が、日高山麓の御影の「山女園」にあるのだそう。
    成程、それで「やまめ」が…futt.gif

    「来月辺りから、そこで栽培した新そばも出ますので、ぜひ」
    の言葉を暖かく受け取りながら…

    ご馳走様でした~hahha.gif

    本当に近ければ…、新そばはもちろん、あのしっかりとした蕎麦で、
    暖かい蕎麦も食べて見たかったなあ。


    12-10-15-2 帰山のれん
    「手打ち十割そば 紀山 kisan 」

    北海道河西群芽室町東2条2-9 
    090-1528-7561
    11:00~売り切れ仕舞い
    日曜祝日定休
    禁煙





    タグ

    関連記事
    スポンサーサイト

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >