FC2ブログ
    つれづれ蕎麦 
    (閉店) 浅草橋 「茶の間 美登里」
    2005年09月27日 (火) 14:21 | 編集
    20050927141527.jpg
    浅草橋。
    ビーズを始め、服飾関係の問屋が並んでいていつ来てもほんとに楽しい街。

    ぶらぶら歩いていると「新そば入荷」の旗。
    でも・・・蕎麦屋はどこに??

    20050927141558.jpg



    あるのは、緑の屋根のかわいらしいお店。パスタとかオムライスでも出てきそう。 

    「茶の間美登里」
    うんうん 茶の間って感じだ。。


    「円龍のそば行脚」に出てる記事を読んでとっても気になっていたお店。

          

    丁度昼時。広いとはいえない店内はほぼ満員!
    テーブル席は5つ6つくらい?そしてカウンター席が4席。すでにカウンターしか空いた席はなくそこに座る。
    20050927141546.jpg
    「昼の部」と称するランチタイムは、表にあった「日替わり家庭料理」と「石臼挽き手打蕎麦」のみ。
    席につくと「お蕎麦?ご飯?」と聞かれて、「あ、お蕎麦を・・」とお願いする。

    出された麦茶がおいしい。


    席について周りを見渡すと、近くで働くサラリーマンやOLがいっぱい。カウンターはオープンで、ご主人と奥さんの仕事ぶりが目の前。とても手際よく、魚を焼いたり、並べたり、そして蕎麦をゆでる。。
    ほぉ~・・・

    お客さんとのやりとりを聞いていても、この辺りでとっても人気なお店なんだなぁ・・・というのがよく分かる。
    立てかけてあったメニューを見ると、夜に出されるつまみの安いこと!
    しかも、どれもこれもとても美味しそう。。見てるだけで来て見たくなってくる。

    と、ほどなくして「石臼挽き手打蕎麦」が目の前に出される。
    うわぁ~・・ こ、こんなにっ??

    蕎麦に、いなり寿司に、きゅうりのサラダに、お味噌汁に、デザート!
    20050927141707.jpg

    20050927141457.jpg
    とはいえ・・蕎麦は本格的。挽きぐるみの黒っぽい、蕎麦の粒が表面を覆った田舎風の中細切りの蕎麦。
    およそ十割であろうもので、ぎゅっと蕎麦が締まったようなしっかりとした腰。食べ応えがあり、かみ締めると滋味な蕎麦の味がおいしい。
    こんなしっかりとした蕎麦は久しぶり。これはなかなか


    まろやかな辛口のつゆとの相性もよく、薬味の山葵やネギ、大根おろしもきちんと作られている。
    これは・・・蕎麦だけだって十分満足できるものだ・・。といなり寿司の分、蕎麦を多くして欲しいかも、なんて思ったりも。

    しかも!蕎麦湯も白濁した柔ポタージュでおいしいんだから、うれしくなっちゃう。
    20050927141403.jpg
    そして、これが稲荷ずし。
    甘辛の味付けがよく、おいしい稲荷。割と大きめ。

    奥のきゅうりも瑞々しくて、食べられるかな~・・・なんて思ったのに、不思議とペロリと食べてしまった。。

    20050927141608.jpg
    「これはサービス」なんて、ちょっとお茶目な感じで出してくださったお味噌汁。
    味噌汁というよりは、もやしと豚肉、根菜の和風スープといった感じのもので、やさしくて、どこかなつかしいような味でおいしい。
    ひとつひとつがなんだか、手作りの心温かなものばかり。


    最後に・・・と食べた、カボチャのスフレケーキ?みたいなのも、とってもおいししく。。すっかり、大満足。。これで、800円なんて・・すごい。。こういうお店こそ、近所に欲しいなぁ・・と心から思う。

    20050927141443.jpg
    壁に貼られていた、こだわり・・を読むと、
    ここの蕎麦は茨城県の石下町で自家栽培しているものを、旬の野菜と共に収穫し、玄そばから磨き、石臼で挽き打っているそう。。

    手間隙をかけた、愛情一杯のお店なのだ。


    又、ご主人も奥さんもとても暖かい人柄で、初めて来たのに、なんだかわたしも常連のひとりになった気分にさえなってくる。
    いいなぁ。。こういうのは。。

    今度は、夜に奥さんの手料理と、ご主人の蕎麦をゆっくりと堪能しに来て見よう・・と、しかと心に思い、次々と入ってくるお客さんに席を譲ろう・・・。
    ふぅ~・・・、こんなお店もあるんだなぁ。。

    *お品書き
    (昼)石臼挽き手打蕎麦(いなり漬物付き)、日替わり家庭料理 各800円

    (夜)〆鯖 400円、身欠きにしんの煮付け 400円、ゲソと野菜の炒め 400円、きびなご唐揚げ 400円、ふぐ唐揚げ 400円、さつま揚げ 300円、等多数
    石臼挽き手打蕎麦 800円、お酒各種

    20050927141510.jpg

    茶の間 美登里

    東京都台東区浅草橋4-4-6
    03-3851-5141
    11:30-14:00  /  17:30-21:00
    土曜・日曜・祝日休




    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント
    この記事へのコメント
    お「連れ」様はともかく、ふつ~さんの感想も聞きたかったです。
    2005/09/29(木) 13:59:53 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    うむ~
    ふつ~は連れの感想ではイマイチでした、出てくるタイミングが悪すぎました、運が悪かったのかもでも一期一会ですからね
    浅草橋も選択肢は少なくないですからね、ガード下の「更科」は恵み屋風、それなりの雰囲気の「更里」、ちょっと離れるけど憩える「あさだ」、夜は混み合うけど人気の「玉椿」などなど、どんどん開拓してくださいませ

    2005/09/28(水) 00:52:08 | URL | ふつ~ #h2xkut0A[編集]
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >