FC2ブログ
    つれづれ蕎麦 
    五反田 「高はし」 不思議の透明純白蕎麦
    2012年12月01日 (土) 09:18 | 編集

    ちょっと前に、残念ながら参加できなかったプチ蕎麦会。
    そこで、皆で食べたと言う「鶉の卵の目玉焼き」が、
    気になり、ずっと心に残ってて…。

    折しも、今日は五反田にいるという、せっかくのチャンス、
    通り過ぎる事はできん、ちょっと寄ってみようかな niko.gif

    五反田駅西口、地図をざっと頭に入れて、川沿いへ。
    川面を渡って吹く風は強く冷たく、
    肩をすくめながら、目星を付けた路地を入ると…

    12-11-30 店

    すぐ行きあたったビルの奥に、思わず通り過ぎてしまいそうな程、
    そっと暖簾の下ろされたお店が目に留まる。
    ここだったのかぁ…wao.gif

    五反田 「そば処・地酒 高はし」


    蕎麦屋というよりは、小さな居酒屋風情のお店にやや躊躇しつつも、
    思い切って扉を開けば、テーブルがいくつか並んだ、
    明るく小じんまりとした、中も同じく居酒屋風。

    やや場違いなような心地もしたけど、大丈夫、ここは蕎麦屋 niko.gif
    空いていたテーブルの椅子を引き…、
    まずは熱燗を頂き、何はともあれ、暖まりたい。

    12-11-30 品酒

    早速、置かれたお酒のリストを眺めながら、
    「あの、熱燗頂きたいんですが…」とお願いすると、

    12-11-30 熱燗

    「どれでも燗できますが、うちでは『千福』が熱燗のお酒で…」
    と瓶を見せて下さり、お薦めに従い、それを注文。

    頼めば程なく、きちんと湯煎し燗しているのが垣間見え…、

    12-11-30 酒きた

    程なく、気の利いた陶器の酒器に注がれ、
    揚げ蕎麦のお通しが添えて出される。

    燗付け具合も程良く、気どりなく飽きのこない味わいのお酒に、
    なんだかほっとさせられ、口にしながら…
    充てにも何か、と、ふと壁を見れば、

    12-11-30 品料理

    手元に料理の品書きはなかったが、
    壁にはずらりと貼られた豊富なメニュー。
    右から順に目で追っていくと…
    あ!あったあった、「鶉の玉子の目玉焼き」hahha.gif

    即頼もうかと思ったが…、
    ん~鶉の玉子15個、は、、流石に一人では多すぎる?。
    見てみたいのは山々だけど、
    小さくても鶉も、鶏も玉子一個のコレステロールは同じだし…(涙)_M~4

    12-11-30 品黒板112-11-30 品黒板2

    止むなく諦め、他の品書きを見れば、どれもがとても美味しそう。
    自家製糠漬けと迷ったが、温かいものが食べたくて…

    12-11-30 肉とうふ

    お願いしたのは「肉豆腐」(390円)。
    おっ、これは思ったよりもたっぷり bikkuri.gif

    熱々湯気立てた、絹越し豆腐に、豚バラ肉に葱。
    そば汁で煮こまれ味が染み、しみじみとして美味しい futt.gif

    と次第に落ち着き、ゆっくり熱燗と頂いていると、
    一人、又一人…と、慣れた風に入ってくる、男性のお客さん。
    焼酎キープボトルを前にし、ご主人と交わす言葉を聞いていると、
    皆、馴染みの常連さんのよう。

    さらに花番のおば様も出勤したと思ったら、
    ぞくぞくと4人連れ、2人づれのお客さん。
    人気のお店なんだなあ…、と俄か賑やかになった店内で、
    私は、そろそろお蕎麦を頂こう niko.gif

    12-11-30 品そば

    改めて品書きを手にすれば、土用寒、豊富に揃うお蕎麦に、

    12-11-30 品セット

    お昼じゃなくても、手頃な値段のセットもずら~り。

    12-11-30 品そば季節

    さらに、これは季節の品かな?、暖まりそうな品書きがあり、
    「鶏きのこそば」に、ちょっとそそられ迷ったが…

    12-11-30 そば

    やはり…、初めてのお店、「もりそば」を niko.gif
    しゃっしゃっと心地のいい水音が聞こえ、

    12-11-30 そばあぷ

    出された蕎麦の姿に一瞬目をうばわれる。
    なんて、繊細な、美しい蕎麦だろう…bikkuri.gif

    12-11-30 そばどあぷ

    かなり細めの極細の蕎麦は、クリスタルのように透け透明。
    角は鋭角に、キラキラ輝く姿に見とれながら…

    12-11-30 そばたべ

    手繰り口にすると、ぷるるっとしてしゃきっとした、不思議な食感。
    香り風味は強くはないが、この唇をふるわせるような感触に、
    飲み込もうと思う瞬間には、喉元を消え落ちる軽快さ。

    ふと、「ひろ作」の蕎麦を思い出す、
    繊細で澟とした毅然としたものさえ感じられ…futt.gif

    もり汁はストレートでやや甘め。
    出汁の奥深さがもう少し欲しいところだが、
    不思議な感覚に奪われながら、止められずにするする。

    美味しいよ、これ…と気付いたら、笊は空、
    頃合い見て出された、さらりとした蕎麦湯を頂きながら…

    なんだろう、妙にクセになる蕎麦だ…futt.gif
    表の外観とは想像だにしなかった蕎麦の余韻を噛みしめて、
    まだまだ入ってくるお客さんに席を譲ろう。

    ご馳走様でした~hahha.gif

    花番さんの笑顔は優しく温かく…、
    又近くに来たら、よってみたいな futt.gif



    12-11-30 看板
    「そば処・地酒 高はし」

    品川区五反田1-3-3
    03-3490-5735
    11:30~14:00 / 17:00~23:00
    日曜・祝日定休
    全席喫煙


    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント
    この記事へのコメント
    高塚持丸様
    書き込みありがとうございます。
    気さくで値段も手ごろ、お蕎麦は不思議な美味しさのあるお店、お近くでしたら是非(^^)
    2012/12/17(月) 08:45:47 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    ありがとうございます。
    初めまして。時々拝見しています。参考にさせていただいてます。
    五反田は地元のようなもの、ぜひ行ってみたいと思いました。ありがとうございます。
    2012/12/16(日) 12:14:30 | URL | 高塚持丸 #-[編集]
    yuppy様
    ありがとうございます♪
    2012/12/08(土) 11:41:09 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    おつかれです^^
    2012/12/07(金) 17:44:45 | URL | yuppy #-[編集]
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >