深大寺 「玉乃屋」 初蕎麦は日の丸山かけ

2013/01/02/23:20  [東京都下の蕎麦]調布市 画像あり

お天気にも恵まれた、新年2日。
毎年恒例の深大寺へ、初詣。
例年の混雑は今年はなく、すんなりと参拝を済ませ…

お昼も既に恒例、門前蕎麦で初蕎麦を頂こう niko.gif
「今年はどこで食べようか~」と話ながら、仲見世を流し見れば、
参道前のお店はどこも長い行列。

13-1-2 屋外席

喧騒を抜け、植物園裏門前の、手打ちの蕎麦屋。
今日はぽかぽか陽気で、外で頂くのも気持ちよさそう futt.gif

13-1-2 本日の蕎麦

入口にきちんと貼られている「蕎麦の産地」は、茨城県堺町。

13-1-2 品外

久しぶりに、今年はこちらで…niko.gif

13-1-2 店

深大寺 「石臼挽き自家製粉 手打ちそば 玉乃屋」

前に二組待つ列の後ろについて並び、
さほど待つ事なく、にこにこ感じよく通された、店内のテーブル席。
「相席になりますが、よろしいですか?」
の言葉を添えて、一緒に通されたのは、初々しいカップル。

入れ替わり立ち替わり、がやがやとした人の流れが、
正月の晴れ晴れとした気分を感じさせられ、
初詣ってやっぱりいいな…futt.gif

13-1-2 品13-1-2 品十割

すぐに出されたお茶を頂き、品書きを開けば、
まずは、「玉乃屋」と言えばの「十割そば」。
…だけど、せっかくの「十割」は「普段の日」に頂きたい。

「初詣には、「温そば」だよね」
などとわけのわからない会話をする我々。
「山かけそば」に「なめこおろし」に決め注文。

13-1-2 そばきた

一生懸命箸を使う小さな子供や、
ちょっと酔いが入ったおじいちゃん、
かわいい小さなおばあちゃんなどなど…
周りの様子を見ているのも楽しく、程なく丼二つが目の前に niko.gif

13-1-2 とろろ

真っ白のとろろの上に、ぽっこり鶉の卵が色鮮やか。
まさに「日の丸」、新年に相応しい niko.gif
さっと一筋、青海苔が散らされているのが、さらにうれしい。

13-1-2 汁

早速蓮華で汁を口にすれば、
すっきり柔らかな口あたり、ほっとする優しい味わい。

13-1-2 とろろそばたべ

中の蕎麦は外二の蕎麦。
手繰り口にすれば、温蕎麦でも全く腰を失わず、
しっかりと手打ちならではの穀物感が感じられ、
手繰っていくうちにじわじわと蕎麦の甘みが広がり、美味しいな futt.gif

13-1-2 とろろ絡め

とろろと絡め頂けば、ふんわり優しい粘りが蕎麦に絡まり、
滋味溢れた風味が何ともいえず、ほっとする。

13-1-2 とろろ玉子

ようやく最後に鶉の卵に箸を入れ…
分かっていても美味し~い。
まろやかな鶉のコクが途端に広がり、間違いのない旨さ buchu-.gif

13-1-2 なめこ

一方彼の「なめこおろし」には、なめこがたっぷり。
暖まった大根おろしは、清々しく甘みがあり、なめこにぴたり。
「美味しいけど、少ない…」と言葉を残しながら、

13-1-2 ご馳走様

あっという間に、汁まで飲み干し完食~。

ご馳走様でした~hahha.gif

長閑で素朴な、ほのぼのとした門前蕎麦。
お参りも無事済ませ、…いい年になりますように futt.gif


13-1-2 品ことわり
「深大寺そば 玉乃屋」

調布市深大寺元町5-11-3
0424-85-0303 
09:30-16:30 月曜休
お店のHP



2011年 1月 2日 「初詣蕎麦」は「たぬき蕎麦」
2008年 1月1日 「たぬきそば」

テーブルの下から…、りんも新年のご挨拶 niko.gif

13-1-2 りん

早くも2度目のお正月。
今年も宜しくお願いにゃん。

関連記事
トラックバックURL

http://chibiyukarin.blog4.fc2.com/tb.php/2469-255adb6f

◄ prev next ►