FC2ブログ
    つれづれ蕎麦 
    早稲田 「ちくま」
    2005年10月12日 (水) 19:57 | 編集
    都心での用事を終え、武蔵境に向かう。
    だったら・・・、東西線で三鷹経由で向かえば、早稲田に寄れる。

    と・・・、ちょっと気になっていたお店へ。
    早稲田駅を上り、早稲田通りを歩く。確か、このとおり沿いにあるはず・・・?が、それっぽそうな気配のまるでない、殺風景な通り。
    おりょ、こりゃ、外苑通りにぶつかっちゃう・・・、通りすぎちゃったか?

    と・・・思いきやいきなり視界にお目当ての看板が。
    PA120167.jpg

    これだっ
    と・・・、男の人が出てきて、看板をしまい始めてる・・・?



    そ、そんな・・・と思い、小走りで駆け寄り、
    「もう、終わりですか?」と尋ねると、「はい」と答えるではないか。。
    でもすかさず、「あ、でも蕎麦一枚くらいならいいですよ」とおっしゃってくれて、ほっとする。

    のれんを下げながら中へ入るご主人の後に従って、何とか中へ。。
    PA120161.jpg
    なかは、簡素で細い作り。カウンターが横に並び、奥に4人がけのテーブル、カウンターの後ろにはおおよそ一人がけのテーブルがふたつだけ。

    この感じ・・・どこか、馬場の「もり」や「傘亭」に通じるところがある感じで、わたしは結構こういうの好き。


    おしゃれとか、凝った・・・というのはないけど、こういうのって、ふっと寛げるような気がして。
    PA120164.jpg
    カウンターに腰を下ろすと、目の前にお品書きがぶら下がっている。それに目を通し、今日は蕎麦をとにかく堪能できれば・・と、目を通すと、今日の蕎麦は「並」「田舎」「生粉」らしい。

    ならば、やはり基本の「並」をいただくことに。



    頼むと、カウンターから出てきて、
    「こちらが辛口、こっちが甘口です」とふたつのとっくりと、蕎麦猪口、薬味が出される。
    薬味は、ねぎ、大根おろし、そして鮫皮の卸と生山葵。
    これを摺って待つらしい。
    んー、こういうのってすごくうれしい。


    そして、ほどなく、やはりカウンターから出てきて出された「並」蕎麦。
    20051012200006.jpg

    グレーの中細切りくらい?わたしとしては、一番好きな太さのもの。
    並アップ
    エッジの鋭い、みずみずしさ・・

    まずは・・と口に含む。
    しゃきっとしたコシがいい感じだ。蕎麦の風味もいい。繊細なようでいつつ、勢いの感じる蕎麦でなんだか非常においしい。


    辛口のつゆは、かなり濃い目のものだが、蕎麦とからむとさらにおいしく感じるもの。一方甘口はこれに、煮切っていない味醂を加えたような、ちょっと酸味を感じるもの。これも・・・珍しい。堀井の甘口のつゆとはぜんぜん違う。

    個人的には辛口がよくて、それでいただいてしまった・・・
    つゆをつけずに、そして、つゆをつけて・・とあっという間。。
    あんまりおいしかったものなので、「生粉」も頂くことに。

    ご主人の、流れるような手さばきにうっとりしつつ、出される「生粉打ち」
    生粉

    「並」より、やや細めの感じ。
    生粉アップ
    全体の感じは、変わらないのだが、こっちのほうがたおやかな蕎麦。風味のいいのは同じだが、やさしい感覚。
    生粉とはいえ、つながりも申し分もなく、それでいてのど越しもつるりちしている。


    どっちもよかったけど、わたし的には、口の中で躍動感を感じた「並」の方がすきかも知れないな・・。

    つなぎを聞くと、「並」は十二対二の割合とか・・・(うーん、細かい)
    なんだか、ちょっともっと座っていたいような気分になりそうだったけど、無理を言って入れてもらったのだし!さくっとおいとませねば・・。

    が、ここはちょっと気に入っちゃったな。
    ぜひ、、ここでちょっとひとときを憩いたい、そう思わせる何かが・・・。

    ご主人、今日は、無理を言って入れていただきありがとうございました。
    必ず・・また来ます!

    *お品書き
    並そば 730円、田舎 730円、生粉打ち 840円、
    辛味おろし 1,360円、掻揚げ天もり 1,730円、舞茸天 1,470円、
    とりきのこせいろ 1,520円(これ食べ見たい!)、カキ蕎麦 1,780円、鴨汁 2,350円
    玉子焼き 630円、日本酒一号 650円~


    手打そば専門店 ちくま

    新宿区弁天町2         
    03-3209-5796
    12:00~14:00、17:30~21:00 (土日祝~20:30)月休

    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント
    この記事へのコメント
    ・・・様
    わざわざ、コメント・・・
    ありがとうございます。
    又、伺いたいと思っています(^^)
    2007/03/05(月) 08:24:32 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2007/02/24(土) 22:35:46 | | #[編集]
    わたしも・・・
    わたしも、今度はゆっくり伺って、掻揚げと、玉子焼きも頂いてみたいなぁ。。と。。

    ご主人、いい方でしたよ♪
    ちょっと、お話もできたし・・・

    高田馬場近辺は、濃厚すぎます!ずるーいっ。な~んて・・(^^)
    2005/10/12(水) 23:24:56 | URL | yuka #-[編集]
    良かったですね♪
    間に合って良かったですね♪僕ももう一度行ってみたいと思っています。
    2005/10/12(水) 22:20:06 | URL | aqua_santa #fol219KY[編集]
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >