FC2ブログ
    つれづれ蕎麦 
    船堀 「木香」
    2005年10月14日 (金) 23:35 | 編集
    江戸川区東小松川。
    船堀の駅を降り、船堀通りを歩くこと15分ほど。

    蕎友と落ち合うことになり、向かう。
    PA140161.jpg
    「東小松川小学校前」の停留所を過ぎ、そろそろ・・・と思いながら歩くと、ふと、ほんのりと明かりが。

    小さな間口の横に、また真ん中を切り抜いたような窓から漏れる明かりの感じ、木で作られた看板。
    ちょっっと喫茶店のような、ほんわかした雰囲気。


    「生粉うちそば -mokka- 木香」





    窓の横にある、ちょっと引っ込んだ細いドアを入ると、
    小さな小さな空間が、橙色の明かりで包まれてる。
    6人がけのテーブルと、窓に面した4人がけのテーブルだけ。
    PA140183.jpg
    「木香」というの名の通り、この空間すべてが木のぬくもりにつつまれた感じで、なんだか暖かさを感じて自然憩う。。

    つまみの品書きは、壁に貼られた手書きの紙。
    手作り感が、また和ませるなぁ 。。


    PA140171.jpg
    先に来ていた友のビールをもらって、まずは乾杯♪

    つまみに、「蕎麦のオイル焼き」が出される。
    んー、これ、珍しい。蕎麦を薄く延ばしてたたんだものを、オイルで塩焼きしたもの。揚げ蕎麦はよくあるけど、これは初めて。
    ぱりっとしながら、しっとりとしてこれはイケる


    頼んだのはこんなもの・・・
    PA140172.jpg
    蕗味噌。

    やさしい味付けで、ときどき歯にからまる蕗の破片がおいしい。
    日本酒にはもってこい。
    量も比較的たっぷり盛られてうれしい。

    PA140180.jpg舞茸の天ぷら

    舞茸とエノキ、ししとうとパプリカ。
    薄めの衣がさくっとして、いつまでもかりっとしたかなりおいしい天ぷら。見た目も美しくて、崩してしまいたくなかったほど。
    添えられた塩はパウダーで、これがまろやかでおいしい。

    PA140182.jpgご主人にお勧めを聞いてたのんだのが
    「自家製チーズ」

    これが・・また格別!
    カッテージチーズのようでありながら、まろやかで塩気は薄め。トマトの甘みも強く、素材を丁寧に吟味してるのが伺える。
    これにはまた違う、少し粗めの塩が添えられる。


    PA140181.jpg
    ここでのお酒はひといろで、
    秋田の「飛翔蔵」。

    一合ずつ、片口で施される。
    軽やかでフルーティなお酒で、私の好きなタイプのもの。
    これを、いくつか頂き・・・


    じゃあ・・と、いよいよお蕎麦を。。
    品書きをみると、蕎麦のバリエーションはなかなか豊富。
    「揚げナスせいろ」や「おくら納豆そば」「白雪そば」「天然海老天おろし」なんかも、ここの天ぷらだったらさぞおいしいだろうな・・。
    などと一通り眺めたけど、やっぱり「せいろ」を頂く。

    北海道音威子府産の生粉うち蕎麦。


    ちょっと濃い目のグレーの中太切りくらいの蕎麦。
    エッジは鋭くぴんっと張って盛られてる姿はなかなか美しい。
    薬味は、丁寧に切られたネギと山葵。
    PA140186.jpg
    口に含む・・・、かなり強い腰。ちょっと硬質感のある感じでしっかりと練りこまれたような感覚。すするというよりは、かみ締めて食べる。
    香りはほのかに漂い、かみ締めると蕎麦の風味がおいしい。
    あと、ほんの少し細いともっとやさしさも出そうだけど、これはこれでなかなか滋味深い。


    つゆは、鰹の風味の利いたもので、ちょっと甘みを含んだもの。ここのご主人は、気温によってつゆの甘さも変えるそうで、暖かかった今日はちょっと甘め。でも、そんなに嫌いじゃないかも。

    ナチュラルな蕎麦湯を堪能しつつ、ひとつふたつとご主人と話しを。
    まだ若そうなご主人は、まじめな熱心な方。とても丁寧に仕事をこなしているのが伺え、とても好感がもてる。まだまだ・・これからどんどん期待を持たれるものが。

    団体の予約がキャンセルになったんで・・・と言っていた隣の大テーブルも、一人、二人とお客さんが座り・・、愛されているのが伝わる。
    がんばってほしいなぁ。こういうお店。そしてこのご主人。。
    とっても応援したくなってしまうお店。

    ちょっと・・・遠いけど、また足を運んでみようかな。
    今度は蕎麦のピザも食べてみよう。

    *お品書き
    せいろ 800円、かけそば 800円、なすの素揚げ蕎麦 1,100円、
    オクラ納豆せいろ 1,200円、海老天おろし 1,400円、木香の冷たぬき 900円
    鴨せいろ 1,500円、鴨南 1,500円、舞茸天せいろ 1,200円、天せいろ 1,700円

    ビール 600円、焼酎 500円、冷酒 800円



    PA140164.jpg
    生粉手打ちそば 木香

    江戸川区東小松川2-25-7
    03-3652-1086
    11:30~14:00(土日~15:00)/ 17:30~21:00
    月曜休




    関連記事
    スポンサーサイト

    コメント
    この記事へのコメント
    夢八さま、新しいこと・・・
    楽しみですね。
    ご成功をお祈りいたします。

    ・・・私とyukaさんだと、親子みたいなコンビなんで、もしどこかの蕎麦屋でご一緒したらわかるかも~です(笑)

    2005/10/17(月) 19:59:30 | URL | たろうママ #LxvN8XNM[編集]
    本当にお会いできたら・・・
    夢八さま
    いろいろ教えて下さい。そして、新しくお始めなさること応援します!
    どこかで会えるといいですよね~。。顔?うーん、直感で・・なんて無理かしらん(^^)。
    2005/10/17(月) 18:33:21 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    たろうママ様、yuka様、ありがとうございます。肩と首を痛めて、お店やめまして、
    3年は、今違うことを11月末から始めます。近々に店を始められなくなりました。
    今食べる側にまわって、何かお役に立ちたいと思ってます。どこかのお蕎麦屋さんでお会いできるといいですね。(でも、お顔もわからないので無理ですか)
    2005/10/17(月) 17:28:04 | URL | 夢八 #-[編集]
    夢八さま、はじめまして。
    私も伺いたかったのですが・・・

    もうなさらないのでしょうか?お店。。。
    2005/10/16(日) 19:41:52 | URL | たろうママ #LxvN8XNM[編集]
    >たろうママさま
    私も、すごく期待をしてしまうお店です。
    何よりも、店主がいいですね♪
    また、寒くなったころ、訪れたいと思いました。いやぁ、でもてんぷらはおいしかった!

    >夢八さま
    やっぱり・・・。実は、そうだろうなぁ、と思いつつも確信がもてずにいたのですが・・

    何をかくそう!今年残念だったことのひとつは、お店にお伺いできなかったことなんです。。。。。。。行きたい、行こうと、ずっと地図を持ち歩いていた矢先のことで・・
    (多分、花まきさんのところでご存知かと思いますが。。)
    んーんーんー、感慨深いですが、これからもなにとぞよろしくお願い致します。。


    2005/10/15(土) 21:31:39 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    なんと、ビックリ
    木香は、僕の、家から歩いても3分。4年前位に開店されたような記憶があります。でも、行動力がすごいですね。情報網にもビックリ。
    天ぷらが美味しいので、娘と天ぷらや、
    蕎麦のオイル焼き、食べに、3回ほど行ってます。このところご無沙汰しています。
    そこから、2分くらいの蕎麦屋さんで、
    ふる川さん。
    今日、丁度、HPに載せたところでした。
    2005/10/15(土) 18:13:47 | URL | 夢八 #D2os1cdk[編集]
    あったかい感じのお店ですね。

    つゆは私が以前うかがったときは、もっと辛口だったのですが、やはりその日によって違えているのですね。

    きっとこれからも、「誰もがおいしいと言ってくれる蕎麦をめざす!」店主であると思います。
    2005/10/15(土) 13:35:39 | URL | たろうママ #LxvN8XNM[編集]
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >