つれづれ蕎麦 
    牛込神楽坂 「志ま平」 新・深山そば
    2013年04月11日 (木) 23:00 | 編集

    すっかり桜も葉桜、今、街路樹を彩るのはハナミズキ。
    夕暮れになってもまだ明るく、
    いつの間にか、随分日が伸びたなあ futt.gif

    12--7-24 店

    今夜は、素敵な紳士3人と、蕎麦屋酒 futt.gif

    牛込神楽坂 「巽蕎麦 志ま平」

    扉を開き、靴を脱いで上がれば、
    強面ながら、愛嬌たっぷりの笑顔のご主人。

    13-4-11 ビア

    全員揃うまで、生ビールを頂きながら、
    カウンター越しにお話しするのが、楽しく…

    13-4-11 前菜

    ようやく皆揃ったところで、改めて乾杯をしていると、
    すっと出される、お決まりの「前菜」4品。

    ほこほこ「醤油豆」に、「山葵菜の醤油漬け」
    そろそろ山菜が揃う季節「蕨」に、「蕗味噌」

    どれもすぐにお酒が飲みたくなる品々ばかりで…futt.gif

    13-4-11 酒

    早速お願いした、「東洋美人」純米吟醸。
    爽やかできりりと、口当たり爽やかなお酒で楽しみ初めていれば…

    13-4-11 スープ

    待っていました hahha.gif、「蕎麦スープ」
    ぷるぷる蕎麦の実が沈む、優しくまろやかミルキィ、
    カリカリ炒り蕎麦の実が香ばしく、

    ほんっと~に、このスープは美味しいなあ love.gif

    13-4-11 すし

    寿司酢加減も絶妙、中の海老が味わいの、
    これも大好き「蕎麦寿司」を頂き、

    13-4-11 盛り合わせ

    続いて、まるで宝石箱のような「酒肴の盛り合わせ」
    今日は一段と豪華、八寸どころか、十三寸。

    13-4-11 盛り たけ

    具もたっぷり、ほんのり甘めの「出汁巻き」に、うれしい「若筍」、
    「蛸の煮漬け」は、とても柔らかく味が染み、

    13-4-11 盛り いか

    「ホタル烏賊」煮付けに、「蓮根酢漬け」

    13-4-11 盛り さわら

    ふわっふわの「鰆の有馬焼き」に、うっとりする程美味しい「煮穴子」

    13-4-11 熱かん

    これには熱燗を頂き、一つ一つ楽しんで…

    13-4-11 そばがき

    私はミニで作ってもらった、出来たて「蕎麦がき」

    13-4-11 そばがきたべ

    もっちりとろ~り、口当たり滑らかな蕎麦がきは、
    湯気と共にプンプン香り立つ蕎麦の香り。
    口の中で溶けながら、くっと芳ばしさが込み上げ、たまらな~い buchu-.gif

    13-4-11 クレープ

    香味野菜が巻かれた「蕎麦クレープ」が又絶品。
    話もすっかり盛り上がった、楽しく美味しいお料理の後は、

    13-4-11 そば

    全員揃ってお願いした「二色蕎麦」

    13-4-11 そば せいろ

    クリーム色優しいせいろの角は、ピンと立ち、

    13-4-11 そば せいろたべ

    手繰り上げた途端に、ふっくらとした香ばしい香りが濃厚に漂う。
    口にすれば、きりっとして絶妙な歯ごたえに、
    口いっぱいに広がる、香ばしさ。

    ん~ん、美味しい love.gif
    鰹の香り立つ、出汁が豊かに利いた汁が又素晴らしく、
    あっという間に手繰ってしまい、

    13-4-11 そば みやま

    横の「深山」を見ればこれがすごいっwao.gif
    「今日はちょっと変えてみたんだよ」
    との深山の、荒々しいまでに野趣長けた姿に息を飲む。

    13-4-11 そば ミャマたべ

    手繰り上げれば、むわ~と押し寄せる深く香ばしい濃厚な香り。
    香りだけで、既にくらくら love.gif

    ぷつぷつと浮き出た蕎麦の、もっちもっち、
    噛みしめた先から、弾けるように濃厚な味が口に広がる。
    謎の(?)「こそば」が入っているそうで、

    すっかり虜、美味しいよぅ~love.gif

    汁などいらない、蕎麦独特の味の濃さ。
    やや短めだが、そんな事などどうでもよくなるこの旨み。
    無心のうちに手繰ってしまう。

    ご主人に手渡され注がれた蕎麦湯で余韻にどっぷりと浸り…

    13-4-11 だんご

    最後は、これも忘れず食べたい「伊吹だんご」niko.gif

    13-4-11 だんごたべ

    もちもちふわふわ、塗された黄粉が香ばしく、
    中はとろ~り滑らかな小豆が埋まり、これが絶品。
    ああ、幸せ…futt.gif

    素敵な方々との、興味深いお話もいっぱできて、
    素敵な「志ま平」さんでの夜のひと時。

    ご馳走様でした~hahha.gif

    食べ終わった先から、食べたくなる。
    5月からはお昼の営業がなくなり、夜のみは寂しいけれど、
    又、この蕎麦に会いに来よっと niko.gif



    13-4-11 店
    「巽蕎麦 志ま平」

    新宿区納戸町33
    03-5261-8381
    12:00~14:00ごろ / 18:00~22:00ごろ
    *5月から、夜18:00~のみ
    日曜休 (祝日営業)
    禁煙



    2012年11月28日 「小粒そば」と極上「鴨の陶板焼き」
    2012年 7月25日 「熟成そば」食べ比べ
    2011年 5月20日 おまかせコース
    2011年 4月27日 お昼に、前菜と「二色そば」
    2006年 6月21日 おまかせお料理に「二色そば」
    関連記事
    スポンサーサイト

    コメント
    この記事へのコメント
    よしの様
    遠くてまだ行けていないのですが、「ふなつ」さんのお蕎麦は、こんな感じなんですね♡♡(たしか「たか志」さんの修業先…)

    確かに喉越し、というのとは対極、
    何とか繋がった、本当に蕎麦の粒の結集体麺。
    「蕎麦」と真向かいに対峙できる嬉しさたっぷりでした。

    熟成蕎麦の豊潤を作ってみたり、
    こういう蕎麦を作ってみたり、
    ご主人、とても楽しんでいられるのが分かって、頂く方もとても楽しいです。
    蕎麦って本当に素敵ですね…(u_u*)~
    2013/04/22(月) 10:13:38 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    うり坊様
    そうだったんですね~(^^)。
    お一人で行かれたんですか?
    この深山もいいですよね♪
    2013/04/22(月) 10:10:15 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    「深山」を見ればこれが
    というところで、見てくれしか分からぬ当方は、例の「出雲そば ふなつ」の思いが
    よぎりました。

    結構こういうのはありかな?つまり、喉越しの対極というか、少なくとも麺になって
    いますけど、噛みしめて、歯触りで、舌で、鼻腔で存分にこの蕎麦というものが持つ
    味わい、香り、個性、植物(穀物)が実現してくれた生命をいただく。

    そういうのって、「ド下手の蕎麦打ち」で、幸い当方は少~し嗅ぎつけてはいます。
    これからは、どういうものにしていくか?ということでしょうか。植生としてのソバの
    工夫と、調理方法・様々なタイミング(熟成なんかは参考にしたいです)、食しかた
    (釜揚げ・湯盛り・蒸し…)等々・・・

    蕎麦は深いけど、楽しい深み。
    食べられることの幸せを感じています。
    2013/04/20(土) 23:01:11 | URL | よしの #-[編集]
    志ま平
    実はつい何日か前に自分も行きましたよ♪
    何日か前にYUKAさん来たんだよ~ってうかがいましたよ^^
    だいたいメニューは一緒でした。
    2013/04/20(土) 12:35:23 | URL | うり #-[編集]
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >