調布 「原田」 里山

2005/10/19/18:25  [東京都下の蕎麦]調布市 画像あり

今のうちにどうしても食べておきたい・・・
そんな思いで、今日は調布経由で武蔵境に向かう。

先日訪れた時、臨時休業だったこともあって、ちょっとドキドキ。。
わいっ、今日はやってる・・ 
PA190171.jpg

調布駅から布田に向かう住宅街にふとある・・どこか、小料理屋のような店構え
  「手打 原田」。

ご主人も蕎麦もよくて、忘れられなかったお店のひとつ。
PA190173.jpg
ドアを開けようとしてふと見ると、
ここも新そばだ。

書体もいいなぁ。。

前回訪れたのは、夏のはじめ・・・
これは、いやでもわくわくしてくる。




久しぶりにドアを入ると、ちょっとしたエントランスがあって、そこをくぐると、ぱあっと明るい店内が広がる。
PA190177.jpg
何のきらいもなく、シンプルな、敷居もなくひとつの空間に、どんっどんっと、テーブルが5つほど並ぶ。
小さなカウンターは3人くらいかな。

でも、やっぱりここは、すごく清潔感があって、こういう店内もいいかもなぁ。なんて思ったりもしつつ、一番奥のテーブルに。


お茶が運ばれて、お品書きを見つめるけど・・・もう!決めてたの
前回来たときから、ずっと気になっていた・・・「里山汁」か「湯葉汁」
晴れ間も見えてきたけど、ちょっと肌寒い今日にはうってつけ。

ちょっと迷ったけど、やっぱり秋!
キノコの季節なので、山菜ときのこの温汁の「里山汁」をお願いする。

垣間見えるご主人のきびきびとした姿を眺めつつ、勢いのいい水を切る音がし、楽しみにしてた「里山汁そば」が目の前に。

PA190179.jpg

ほぉ~・・・ いい感じ・・。細かな蕎麦の粒が散った細切りの蕎麦はエッジもくっきり。湯気がたつ温汁もおいしそうで、横には小鉢が添えられる。薬味の切り方もとても丁寧だ。
PA190187.jpg
まずは・・と口に含むと、ほどよい腰。そして、蕎麦の風味もいい。何より、ここの蕎麦もたおやかさのあるしなやかな蕎麦。

かみ締め、食べ進めるうちに蕎麦の甘みが感じられ、非常においしい
これは・・以前来たよりさらに、いいっ♪


温汁は、つけ汁なので少々濃い目に。でも、出汁のとり方もおいしく、キノコと山菜がまたしゃきしゃきとおいしい。具が多すぎないのも、漬け汁として食べやすい。
PA190186.jpgPA190185.jpg

さらに、ちょいっと添えられた昆布の佃煮がまたおいしく・・・、お酒でも飲めそうなもの。
が・・・、これを口に含みながら蕎麦を食べても、これがおいしいのっ。。
ご主人・・さらに腕を上げられたよう・・・

いやぁ。。ここはいい店だなぁ。。
と、ほおっとしてると、次、次とお客さんが。
「ここ、大好きでねぇ。週に2回は来てるんだよ」なんて話しながら席につくサラリーマンの方まで。すっかり人気のお店になってたんだ・・。

PA190188.jpg
頃合を見計らって出された蕎麦湯は、文字通りナチュラルなものだけど、熱々で底に従い白濁してくる。その白濁したところを飲むと、蕎麦のやさしい風味が溶け出し、これもいいな・・・。

また、この湯桶も素敵・・・。


また、ぶっかけのお客さんには別にちょこと、湯桶を施しているようで、こういう気の使いのある店はうれしい。

いやはや・・・ここはいい店じゃないっ!調布で一番かもっ、なんて思ってきちゃう。
帰り際、どこの蕎麦粉か?と訪ねると、やはり(新そばだったので)
「北海道の幌加内なんですよ」と。しかも、前回来た事もちゃんと覚えていてくれて、ほんとうにここのご主人も気さくでいい方。
ぜひ、ゆっくりと訪れもっとお話をお聞きしたくなってくる。

又、来よう・・・。
いや、又来たい。そう思いつつ、のれんを後に・・・。



*お品書き
もりそば 700円、とろろ 900円、ぶっかけ 1,000円、山菜おろし 1,000円、
里山汁 950円、湯葉汁 950円、鴨汁 1,400円、天もり 1,500円、

田楽 150円、そば味噌 400円、板わさ 400円、鴨くんせい 700円など
麒麟山、緑川、真澄(500円~)


PA190174.jpg
手打 そば,うどん 原田

調布市布田1-15-9
0424-82-8122
11:30-14:30 17:30-20:30
月曜休









関連記事
トラックバックURL

http://chibiyukarin.blog4.fc2.com/tb.php/258-7724024d

◄ prev next ►