FC2ブログ
    つれづれ蕎麦 
    半蔵門 「そば処 三城」①
    2005年11月09日 (水) 20:25 | 編集
    ずっと、ずっと・・・行って見たいと思いつつも、なんだか私には敷居が高く、遠目でいた場所。。
    でも・・・、今日はなんとなく気分を紛らわせたくて・・・・わざと歯医者の時間をお昼の遅めにしてみる。水天宮1時半。
    ん、丁度いい・・・

    ひでさん曰く、「午後2時の三城」にばっちりだ。
    心の底の方で、それでもどきどきしながら向かう・・・。
    半蔵門の駅を上って程近く・・・。場所はわかっていながら、目の前に来たのは初めて。

    PB090358.jpg


    んーっさ、さすがシンプル・・。蕎麦の文字もなく、ただ「三城」と書かれたのれんのみ。
    営業してるかどうかさえ分からないような、ひっそりとした雰囲気が漂っている感じが・・・。

    思い切り・・・恐る恐る戸を開ける。

    ・・・と、土間のようなひとつの空間。照明をうんと落とした店内は、まるで歴史館のような、なんというか、しっとりと落ち着いた空気が、ゆるやかに流れているひとつの世界・・・。
    大きく活けられた楓、ぽつん、ポツン・・と配置された4つのテーブル。
    すべてがそれで、完成された世界のようで、一瞬立ち止まってしまう。

    どこか人を包み込むような、柔らかでありながら落ち着いた・・胎内のような感覚を覚える。。
    奥の4人がけのテーブルが辛うじて空いていて、ゆっくりとしたしぐさで、着物姿の女将さんに、「こちら・・どうぞ」と通される。

    まだまだ、どきどきした気分で席に着き・・・
    (そうそう、ここは黙って座っていればいいんだ・・)と自分に聞かせていると、
    ゆったりと優雅な振る舞いで、目の前におしぼりが出され・・それで一息つきつつ周りをぐるっと見回していると・・・

    目の前に、きのこの醤油煮におろしを添えた小鉢、そしてちょこにお酒が出される。

    周りのかたがたの静かに歓談しつつ、憩っている様子がとてもしっとりしていて、なんだか自分が場違いなような気もしていたが、女将さんは同じように、たおやかに迎えてくれるのがうれしい。。
    PB090359.jpg
    しずしずと、きのこを口に運び、お酒を口につける。
    おいしい。。

    派手な演出でなく、しみじみとした感じだ。
    お酒は、口当たりの優しくさらりと入っていくもの・・・。


    なるべく、ゆっくりと嗜み・・・、この雰囲気をちょっと楽しんでいたいが・・、程なくお酒も終わりになり。。。(もっと呑みたいような・・・)
    PB090361.jpg
    女将さんの細かな配慮で、わたしの箸の進み具合を見てくれていて、
    薬味とつゆが目の前に置かれる。
    (どうして、薬味が二皿なんだろう・・・??)

    「お蕎麦、そろそろ用意いたしましょうか」とお声をかけてくださる。


    「あ・・・はい。」
    待ちながら、つゆをちょっとなめてみる。
    おいしいっ。。。出汁のほんわか~と利いた、まろやかなつゆでそのままでも十分おいしい。

    そして・・、程なくして目の前に出された蕎麦。
    PB090363.jpg

    高足のざる盛られた、黒っぽいグレーの中太切りの蕎麦。
    ところどころに、蕎麦の粒が表面を飾り、瑞々しさをたたえている。
    PB090364.jpg
    口に含む・・・。香りは柔らかだが、風味が濃い。蕎麦の味が豊かでそのままでもおいしい。
    硬すぎないほどのしっかりとした腰は、もちもちとした感じで、のど越しも良いがかみ締めてもおいしい、絶妙なもの。

    つゆとのバランスもばっちりで、なんだかうれしくなる。

    しかも、見た目より底下げなので、量もたっぷり。
    期待していた以上の蕎麦で、とても幸せな気持ちに・・・。
    PB090365.jpg
    そして、やはり女将さんの細かな配慮の元、
    「そろそろ、蕎麦湯をお持ちしましょうか・・」のお声かけのあとに、蕎麦湯が出される。

    一人でもたっぷりの湯桶に、熱々のナチュラルに白濁した蕎麦湯。


    つゆのおいしさが、ここでさらに認識するほど・・・、で蕎麦湯を堪能していると、
    PB090369.jpg
    「諏訪のものなんですよ」とお漬物。
    あまり奈良漬は得意ではなかったが、これはおいしい。。

    濃い目なので、ばくばくっとはいかないけど、これと蕎麦湯がとても合う。。(お酒も飲みたくなっちゃう・・)

    PB090368.jpg
    続いて・・・
    「今だけなんですけど・・ね、これはカリンの砂糖漬け。丁度今だけ・・・」
    と出されたこれが、非常においしい。

    甘すぎず、しゃきしゃき感の残ったカリン・・、


    昔、喉の薬・・とかで母に飲まされたものとはまったく別物のよう。
    PB090370.jpg
    と、ゆっくりと味わっていると、
    「お茶をお持ちしましょう・・・」

    と、お茶も出され、
    「どこのお蕎麦なんですか・・?」と尋ねてみる。
    「長野ですよ・・・」と、優しい笑顔で・・・。


    ここで、初めて女将さんのお顔をしみじみと眺めたけど、
    なんて優しげな・・、心の母というか仏のような微笑。

    丸やかな声そのもので、なんだか、それだけで癒されてしまいそう。。
    「長野の・・・?」とさらに尋ねると、「乗鞍や長野各地なんですが、ねぇ」と。とてもおいしかった・・・と述べ、さらに尋ねると、つなぎは1割に行かないくらい・・ですね・・・と、ゆったりと上品に答えてくれる。
    「今は、新そばになったから・・・」とのことで、11月から新そばだそう。

    いやいや・・・新そばだからだけでない、この蕎麦の良さは十分。。

    こんな初見のわたしとも談話をさせて頂いて・・・、なんだかすごくありがたい気分・・・。「これも、たくさん召し上がってくださいね。蕎麦湯もたっぷりどうぞ・・・」

    しばし・・・一人でくつろぎつつ・・
    こんなお店もあったんだ・・・、とぼんやりと。

    うれしくて、なんだかほんわかした気分にはなったけど・・
    まだまだ、ちょっと緊張しつつ・・、
    こういうお店で、心の底から憩えるように・・いずれなりたい。。

    心からそう思いながら、店の戸を閉め、
    又来たいな・・・じんわりと、思った。。。
    PB090357.jpg

    そば処 三城

    千代田区麹町1-8
    3263-6762
    11;30~15;00 土曜・日曜・祝日休






    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント
    この記事へのコメント
    拝見させて頂きました。
    すごく・・・、なんだか、小説を読ませていただいた気分です。
    年内に読めてよかったっ(^^)

    mesinosukeさまも、よいお年を・・・。
    来年も又、よろしくお願いいたします♪
    2005/12/28(水) 21:56:33 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    よかったです♪
    mesinosuke 様
    L.doorでやってるんですね♪。是非是非、TB楽しみにしてます。

    三城、気に入っていただけて、よかった。わたしも又、行きたくなってきました・・・(^^)
    2005/12/09(金) 21:44:08 | URL | yuka #4tELNBNE[編集]
    mesinosuke様、はじめまして

    そうなんです・・・。ここは、お品書きがないんです。
    座ったら・・・、次々ともてなしてもらう・・・、そしてその食べ進めにしたがって、蕎麦を・・・と、いうお店なんです。
    お蕎麦は、追加ができますが、そうなると4,000円になります。
    んー、なんというか、不思議なお店なんです。
    でも、でも、それで、とっても満足しちゃえるんですよ
    2005/12/08(木) 00:09:49 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    行きたいです~っ
    今、ひっちゃかめっちゃかの中で生活してるので、早くほっとして行きたいですっ。

    そうそう、あそこ、もちょっとお酒ほしくなりますよね(^^)
    2005/11/30(水) 10:58:25 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    約束どおりに
    先日、ひでさんにつれて行ってもらいました。

    14時半頃で先客はおひとり、
    ゆったりといただきました。

    もう少し、おつけものでお酒をいただきたくなりますね・・・
    ついつい。。。

    yukaさん、また少し、お互いに時間のゆとりができたときに、ひでさんにご一緒してもらいましょぉ!
    2005/11/29(火) 21:42:58 | URL | たろうママ #LxvN8XNM[編集]
    はいっ。
    よかったです!

    じゃ、たろうママさま、有給取れたときには、わたしも便乗させてもらっちゃおうかしらんっ。。

    ありがとうー!!!ですっ。
    2005/11/10(木) 23:14:26 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    忘れてないっすよー(^∀^)
    いえいえ、ほんとうにごちそうさせて頂きますよ~♪
    有休取る前に教えてちょーだい(^_-)-☆
    2005/11/10(木) 21:23:48 | URL | ひで #mQop/nM.[編集]
    午後2時の三城で
    ひでさん、ごぶさたしております。
    確か三城で私にごちそうしてくださるというのは、私の勝手な夢だったでしょうか・・・?

    あ、今度有休とらなくちゃ~

    yukaさん、こちらはやっぱりおかみさんもお蕎麦も雰囲気もよかったですか・・・
    私もずっと行ってみたいと思っているお店です。
    2005/11/10(木) 20:49:00 | URL | たろうママ #LxvN8XNM[編集]
    わあいっ、ありがとうです♪
    いや・・・・、やっぱりここは、ひでさんのお店って気がしてたから。。(^^)

    わたしの感じたことが、気に障るものでなくて、よかったぁ、ってほっとしてます。いやはや・・、しかしまた、ひとつ違う世界を知ってしまった気分ですっ♪
    (ちょっとは大人の仲間入りできたかしらん・・)
    2005/11/10(木) 10:41:58 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    初コメ♪
    マニアな方々ばかりで“私なんぞが”と気後れして
    コメントせずにおりましたが、
    わざわざ名前を出してくだすったとあれば、
    コメントせねば礼儀に欠けちまうかの?

    yukaさんの描写がとても上手で、
    “うんうん”と頷きながら読ませて頂きました。
    イメージがすごくわいて鳥肌まで立ってきて…
    “うわー、行きてーよぉぉ”ふぅぅ。
    大好きなんだよねぇ、ここ。
    あー、ほんとにまた行きたくなってきたよ…。

    お気に召されたようで、よかったです(^-^)
    2005/11/10(木) 10:33:05 | URL | ひで #mQop/nM.[編集]
    空気かも・・
    真秀様もでしたか・・・。。雰囲気と、あと、空気かも。。

    砂糖漬けよかったですよ♪。わたしは、お豆を食べに・・また行ってみたいです。

    それはそうと、わたしも見たかったっ・・・d誌のパフォーマンス(^^)
    2005/11/09(水) 23:59:00 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    胎内のような...
    実は、私も同じ感想を持ちました。
    理由は?と問われると説明しづらいのですが。
    雰囲気かな。

    「かりんの砂糖漬け」いいですね。
    また、行ってみようかな。
    2005/11/09(水) 22:49:14 | URL | 真秀 #p6owyR5Q[編集]
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >