FC2ブログ
    つれづれ蕎麦 
    阿佐ヶ谷 「薫屋」 小滝橋から阿佐ヶ谷に移転
    2013年10月16日 (水) 20:38 | 編集

    忘れもしない…、下落合からてくてく歩き向かったら、
    既に閉店されていて、愕然とした去年の春

    そのお店が、去年の秋、阿佐ヶ谷に移転していたなんて bikkuri.gif
    これはもう、すぐ伺わなくちゃ、
    逸る気持ちで、早速リベンジ niko.gif

    阿佐ヶ谷駅北口商店街を抜け、「よじな」こと「川名」を通り越し、
    嘗ての「庵」さんのあった辺りを過ぎたら…、
    路地中に、ひらりとなびく、「手打ちそば」の大きな旗。

    13-10-16 店

    一見喫茶店風の煉瓦の壁に、木枠の扉、
    そこにすっと下ろされた、紺地の暖簾。

    阿佐ヶ谷 「手打蕎麦 薫屋」

    13-10-16 店前品

    表に置かれた品書きには、季節の一品などが書かれ、
    壁には「新そば」の貼り紙が niko.gif

    扉を開き入れば、どこかの居抜きなのだろうか、
    ボックス風テーブル席がいくつか並び、
    厨房を前にしたカウンター席が何席か。

    「お好きなところにどうぞ~」
    おかっぱヘアの、かわいらしい女将さんにすぐ迎えられ、
    窓際の、打ち場を前にしたテーブルに腰を下ろす。

    すぐに出された蕎麦茶が美味しく、
    早速置かれていた品書きを開き…

    13-10-16 品酒113-10-16 品酒2

    ようやく叶ったリベンジ、まずは少々蕎麦前を futt.gif
    と見れば、なかなか素敵なラインナップ。

    13-10-16 酒

    中から、飲んだ事のない、山梨の「谷桜」をお願いし、

    13-10-16 新あ一品

    充てにも何か、と見る「一品料理」の後ろには、

    13-10-16 品天213-10-16 品天1

    様々な「天種」がずらり。
    野菜に天麩羅油への拘りなどしっかり綴られているところに、
    天麩羅に力を入れているようなので…

    充てには、天麩羅を頂いてみようと、
    「秋茄子」に「きす」を選び、続けて注文 niko.gif

    13-10-16 酒あて

    頼むと程なく…
    「天麩羅が揚がるまで、食べていて下さい」
    と出して下さった、よく浸かった「蕪の甘酢漬け」。
    しっとりしゃっくり味が染み、これいいなあ futt.gif

    13-10-16 店内

    厨房のご主人は、想像よりもずっとお若く、
    お二人仲良く切り盛りされ、ご夫婦なのかな niko.gif

    蕪をつまみつつ待っていると…

    13-10-16 茄子

    さほど待つ事なく、まず届いた「秋茄子」の天麩羅。
    衣薄めにカリッと揚がった天麩羅は、思った通り美味しそう。

    早速ほうばれば、衣さくっと中はじわっと瑞々しく、
    茄子の甘みが広がり、確かに美味しい hahha.gif

    13-10-16 キス

    続いて届いた「キス天」も、花衣美しく、さっくり揚がり、
    身厚でふっくら、軽やかな食感。
    揚がった先から出してくれるのもうれしい采配。

    すっきり爽やかな「谷桜」も美味しく、
    美味しい天麩羅を味わって…futt.gif

    13-10-16 品冷そば213-10-16 品冷そば
    13-10-16 品温そば213-10-16 品温そば

    改めてお蕎麦の品書きをじっくり眺め…

    初めてのお店、「せいろ」に決めお願いすると、
    「新そばなので、生粉打ちがお薦めです(^^)」
    と女将さんの言葉で、生粉打ち注文~niko.gif

    13-10-16 そばきた

    頼めばすぐ、もり汁に薬味が出され、
    続いて、蒸篭にふんわりと盛られたお蕎麦が到着。

    13-10-16 そば

    角がピシっと立った、微粉で打たれた端正な細切り。

    13-10-16 そばあぷ

    北海道の新そば、艶やかな蕎麦は、
    さぁ~っと清々しくも香ばしい香りが広がり、

    13-10-16 そばたべ

    口にすれば、しとやかな程良い腰に、滑らかに落ちる喉越し、
    後からふっと爽やかな蕎麦の風味が鼻に抜ける。
    派手さはないが、きちんとした江戸蕎麦の良さ溢れ、
    丁寧に打たれているのが感じる、端正な蕎麦 futt.gif

    円やかですっきりとした辛汁も蕎麦に良く合い、
    山葵も瑞々しくフレッシュ。
    そっと乗せ味わったりと、するすると喉落ちあっという間。

    頃合いぴたりで出された蕎麦湯は、
    さらさらとした、素の蕎麦湯。
    すぅっと伸びるもり汁の美味しさを改めて味わい、
    たっぷりと頂いて…

    居心地よく、感じのいい女将さんにご主人。
    ようやく出会えたお店に伺えたのが、何よりうれしく…

    ご馳走様でした~hahha.gif

    それはそうと、阿佐ヶ谷に来たらうれしく迷いそう。
    今や阿佐ヶ谷も、蕎麦激戦区だなあ…



    13-10-16 品こだわり
    「手打蕎麦 薫屋」

    杉並区阿佐ヶ谷北3-37-13
    03-5373-5188
    11:30~14:30 / 17:00~22:00
    火曜定休
    禁煙


    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント
    この記事へのコメント
    むすぬ様
    お礼忘れていました!
    教えて下さり、ありがとうございます。
    2013/10/28(月) 09:00:57 | URL | yuka #-[編集]
    むすぬ様
    確かにちょっと駅から離れているけど、その分、ゆっくりできそうです。
    お酒の種類も珍しいものも揃い、
    のんびりできる空気でした(^^)
    2013/10/28(月) 09:00:11 | URL | yuka #-[編集]
    駅から遠いから中々足が向かないですが、その分昼からゆっくり呑めそうですね。そばまえも豊富でお好み天麩羅なんて素晴らしすぎ!
    2013/10/24(木) 09:45:26 | URL | むすぬ #-[編集]
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >