つれづれ蕎麦 
    出雲蕎麦遍路⑤ 奥出雲 「亀嵩駅 扇屋」 駅舎の中の手打ち蕎麦
    2013年12月15日 (日) 09:48 | 編集

    奥出雲まで来たら、ここも是非寄らなくちゃ niko.gif

    駅舎の中に併設された、…というか、駅舎が蕎麦屋。
    しかも、2代目店長は、駅長兼任 sunglass.gif

    2013-12-13駅 看板

    松本清張の小説「砂の器」の舞台となった、
    トロッコ列車の「亀嵩駅」。

    2013-12-13駅 店

    白い煙を靡かせる煙突が情感たっぷり、
    ほのぼのとした、小さな駅。

    創業三十余年
    奥出雲 「亀嵩駅 手打そば 扇屋」

    入れば、改札横には素っ気ないサッシのガラス戸があり、
    まさにこれが、蕎麦屋の入口。

    2013-12-13駅 ドア品

    「割子そば」や「釜上げ」の品書きの中には…

    2013-12-13駅 品あぷ

    なんと、「乗車券」までもっ bikkuri.gif
    お蕎麦を食べながら乗車券も買えちゃう。

    2013-12-13駅 店内

    年季の入ったテーブルに椅子、
    懐かしいダルマ型の薪ストーブが煌々と燃え温かく、

    2013-12-13駅 店内小上がり

    奥には、線路を眺められる、ほっこりとした小上がりまで作られ、
    何とも言えない、郷愁を誘う店内。

    2013-12-13駅 品文字

    蕎麦は石臼挽き、仕込水は奥出雲の天然水…
    ご主人(駅長)と奥様お二人で切り盛りされ、

    2013-12-13駅 わりご

    程なくまず届いた、「割子そば」は、

    2013-12-13駅 わりこ並べ

    それぞれに、浅葱に鰹節、刻み海苔が載せられ、

    2013-12-13駅 わりこあぷ

    駅の蕎麦とは言え、きちんと打たれた手打そば。
    角はキリっと立った、出雲そば独特の挽きぐるみ。
    ん~、香りもいいなあ…futt.gif

    2013-12-13駅 月見

    そして…、私の「山月そば」も続いて到着。

    2013-12-13駅 月見あぷ

    あ、これも美味しそう hahha.gif
    「かけそば」ではなく、釜上げというのもうれしく…

    2013-12-13駅 月見たべ

    熱々の蕎麦湯に浸った蕎麦を手繰れば、
    もっちもっちとした腰に、甘みがじんわり。
    うんうん、これは、美味しい hahha.gif

    2013-12-13駅 月見たべ2

    太いのや細いのが時折混ざる、素朴な手打の良さもあり、

    2013-12-13駅 月見たまご葛井

    添えられたもり汁を注げば、甘めの汁がやっぱりいい

    とろろを絡めたり、卵を崩して絡めたり、
    手繰る毎にとても楽しい buchu-.gif

    2013-12-13駅 ご馳走様

    蕎麦湯の汁を飲み干せば、心も体もぽっかぽか。

    2013-12-13駅 切符

    駅の改札に回って切符を買おうとしたら…、
    やっぱり、出て来て売ってくれたのは、今の女将さん futt.gif
    記念に一枚購入~。

    ご馳走様でした~hahha.gif

    旅情溢れる、温もりいっぱいの出雲そば。
    いいなあ、こういう駅、東京にもあればいいのにな futt.gif


    2013-12-13駅 駅看板
    亀嵩駅舎のそば屋「手打そば 扇屋」

    0854-57-0034
    9:00~18:00
    火曜定休

    駅のHP



    せっかくなので、駅から程近くの、
    74年に映画化された「砂の器」の記念碑に寄り道。

    2013-12-13駅 砂の器全景

    残念ながら、映画を見ていないのだけど…

    2013-12-13駅 砂の器

    大ケヤキに囲まれた湯野神社は、
    静かで落ち着いた、厳粛なる景観。

    2013-12-13駅 砂の器 鳥居

    寒さに勝てず…、下からで勘弁して頂き、手を合わせ…、

    2013-12-13 3道の駅 景色

    いつしか雪止み、太陽も顔をのぞかせ、
    きらきら輝く、白銀の山並みを眺めつつ…

    2013-12-13 3道の駅

    お腹も満たされたら、お買い物 niko.gif
    最後のお土産を物色しに立ち寄った「道の駅」は、
    「酒蔵奥出雲交流館」

    2013-12-13 3道の駅 酒冷蔵庫う

    「酒蔵」とうたっているだけあり、保冷ケースには、
    奥出雲の地酒がずら~り。

    2013-12-13 3道の駅 酒一滴2013-12-13 3道の駅 酒大吟醸

    気前よく、次々に試飲させて下さるお兄さん niko.gif
    もちろん、お土産にゲットして…

    2013-12-13 3道の駅風景

    名残惜しい気持ちいっぱいの中、
    いよいよ帰路、再び、米子空港へ…。

    関連記事
    スポンサーサイト

    コメント
    この記事へのコメント
    …様
    ありがとございます!
    退屈されちゃうかなあ、とちょっと不安だったので、うれしいです。

    ちょっと早いですが…
    来年もよろしくお願い致します(u_u*)~
    2013/12/25(水) 09:13:26 | URL | yuka #0kufgj3.[編集]
    Nick-Velvet 様
    行かれたんですね!
    そこにも、行ってみたくなりました(u_u*)~。

    こちらも、いいですよ(^^)
    2013/12/25(水) 09:12:15 | URL | yuka #-[編集]
    tatenon様
    私にもたまらなかったので、鉄さん達は、さぞかし…。

    > 東京どころか、全国でもここくらいですかね?青梅線の無人駅でやってほしいですね。
    本当に!。
    きっと一時間に2本くらいしかない鉄道だからこそ、
    のんびり、お蕎麦を食べられるのかもしれないです(^^)

    遠江一宮駅「百々や」は、長坂で修業されたとか?
    お友達が前に食べて、すごく美味しかったと言っていました。
    ちゃんと、お酒もあるんですって(^^)
    2013/12/25(水) 09:11:30 | URL | yuka #-[編集]
    グスタフ様
    こっち(東京)の出雲蕎麦は、今一つピンと来ていなかったのですが、
    やっぱり現地で食べなくちゃダメですね!
    本当によかったです。
    出雲の地もすっかり大好きになって帰ってきました。

    親戚がいらっしゃるグスタフさんが、羨ましいです(u_u*)~
    2013/12/25(水) 09:09:06 | URL | yuka #-[編集]
    文字通りの、駅そばと言えば
    私の場合は、天浜線の遠江一宮駅々内の「百々や」を訪れましたが、此方のメニューは「もり」&「田舎」のみ、と言うストイックさが何とも堪りません。
    2013/12/25(水) 06:31:00 | URL | Nick-Velvet #3jFtzAWg[編集]
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2013/12/25(水) 00:23:27 | | #[編集]
    「鐵」にはたまらない店ですね
    駅長を兼ねるそば屋って、郷愁をそそりますね。
    東京どころか、全国でもここくらいですかね?青梅線の無人駅でやってほしいですね。
    天浜線(静岡)の遠江一宮駅「百々や」(達磨G)と二俣本町駅「葉月」(「鉄子の旅」に登場)はどうなんだろ?行ってみたいものです。
    2013/12/24(火) 15:37:58 | URL | tatenon #-[編集]
    この土地にも親戚が住んでいるので、なんだか嬉しくなりました。今まで、つれづれであまり出雲蕎麦に関してとりあげられることが少なかったから、ほっとしてます(笑)

    遠出、お疲れ様でした!
    2013/12/24(火) 12:36:14 | URL | グスタフ #KV4Y6n0.[編集]
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >