FC2ブログ
    つれづれ蕎麦 
    田無 「ほしの」 最後の…、女将さんのおもてなし (残念すぎる閉店)
    2013年12月27日 (金) 21:38 | 編集

    「還暦も迎えたし、辞め時を考えているのよ」
    と女将さんが言っていたのは、春の事。

    それが、ついこの間の秋口に伺った時には、
    「まだ、もうちょっとやろうかな(^^)」
    とおっしゃっていたのだけれど…

    腕の骨折を機に、いろいろと考えて、
    「急なんだけどね、年内いっぱいで辞める事にしたの」
    との女将さんの言葉は、私にとって正に青天の霹靂。

    そそそ、そんなっ、女将さんっ m002.gif

    きちんとお話しが聞きたくて、腕の状態も心配で…、

    13-12-27 看板外

    一人で、即効向かった、
    この看板も…、見おさめになっちゃうのかな hanamizu.gif

    13-12-27 店

    田無 「手打そば ほしの」

    初めて伺ってから、すでに10年余り。
    思い出いっぱいの扉を見つめ…、
    引き戸を開けば、変わらなぬ、明るい女将さんが迎えてくれる。

    今日は、私一人で、お店も女将さんも貸し切り。

    13-12-27 酒1

    「寒いし、ビール、じゃないよね(^^)」
    と、燗してくれたのは、「大次郎」純米吟醸。

    13-12-27 熱かん

    朱色の瓢箪型徳利は手に馴染み注ぎやすく、

    13-12-27 熱かんあて

    カリポリ、揚げ蕎麦をつまみながら、
    厨房越しに、話をしていれば…

    13-12-27 盛り合わせ

    程なく置かれた、定番の「盛り合わせ」。
    わーお、今日は又一段と豪華に、びっしり盛られた一皿

    13-12-27 盛り1

    「パプリカのマリネ」に、
    「ピーマンのモッツォレラチーズ焼き」

    13-12-27 盛り2

    名残惜しい、お気に入り「蕎麦の磯辺揚げ」の横には、
    「豆腐の味噌漬け」に、「蕗味噌」が盛られ、

    13-12-27 盛り6

    佃煮風「牛ハラミ肉のしぐれ煮」に、
    「牡蠣の山椒煮」が二つ、

    13-12-27 盛り7

    その後ろには、イクラをまとった「鮭の麹漬」が盛られ、

    13-12-27 盛り3

    「ロマネスクのクリームチーズ和え」に、
    ガーリック風味の、スティックセニョール

    13-12-27 盛り4

    「炒り銀杏」に、からりと揚がったほくほくの「ミニクワイ」

    自家製山葵漬がたっぷり盛られた、
    ぷりっとした歯ごたえの、極上「板わさ」二切れに…

    13-12-27 盛り5

    「赤蕪甘酢漬け」に、「すんき漬け」

    13-12-27 盛り8

    さらに、とても美味しい、自家製「瓜の奈良漬」

    これだけでも~う、私には十分な酒の充て niko.gif
    ゆっくりとつまみつつ、前に腰を下ろす女将さんと、
    あれこれすっかり話込み…

    頃合いみて、すっと立ったと思ったら、

    13-12-27 大根

    食べ終えたタイミングぴたり、置かれたのは、
    菜花の彩も美しい「風呂ふき大根」

    13-12-27 大根あぷ

    こっくりと煮られた、厚切りの大根に、
    零れる程盛られた、牛肉にしめじ。

    13-12-27大根たべ

    飴色に味染みた、とろりと柔らかな大根が心に染みる u-n.gif

    洗練された、とかキレあるとか、そういうのとは違う、
    あったかで胸に響く、心の籠った味わい。

    思わず涙が出そうになっていれば、
    「次、つけようか(^^)?」

    13-12-27 酒2

    明るい女将さんの言葉に、熱燗お替り~。

    13-12-27 ぶり

    燗したお酒と一緒に、
    目の前に置かれたのは、どっしり切り身の「ブリの照り焼き」

    13-12-27 ぶりたべ

    箸を入れれば、ふっくらと柔らかく脂が乗り、
    大根おろしをたっぷり乗せ、口にする鰤の旨さと来たら

    「私も一緒に食べちゃおう」
    目の前で、女将さんも同じものを食べてくれる幸せに、
    焼き魚、煮魚が好き、という話をしたら…

    13-12-27 赤魚あp-う

    これも食べてみて、と出された「赤魚の干物」。
    表面ぱりっと焼かれ、身はふっくら。
    身離れよく、しっとりとして品のいい旨みが乗り、

    ああ、いいなあ…futt.gif
    何度、ここでこうして、焼き魚を頂いて来ただろう。

    13-12-27 酒三種

    せっかくだから、残っているお酒、味見程度にでも飲んでって。
    と注がれた、三種のお酒。

    13-12-27 海老

    さらにど~んと出された、名物大海老天は、
    20センチはあろう、知ってはいても驚く。

    大きくても身はしっかりと詰まり旨み濃く、
    衣はさくっと香ばしく軽く、海老の風味で口いっぱい。
    (流石に一人では食べきれず、お持ち帰りさせて頂いて…)

    そろそろ、女将さんのお蕎麦、食べたい niko.gif

    13-12-27 そば2

    出して下さったのは、「すんき蕎麦」

    すんきの風味がじんわりと染みた、
    優しく柔らかく、この汁が飲んだ後の体に染みたまらない。

    13-12-27 そばたべ

    中の蕎麦を手繰れば、
    やや太めに断たれた蕎麦は、きりっと角立ち、
    もちもちしっかりとした腰が心地いい。

    噛みしめれば、じわりと広がる香ばしさに甘み。
    ああ、美味しい…love.gif
    懐かしい、蕎麦の温もりある味わいいっぱい。

    ああもっともっと、
    ずっとずっと、このお蕎麦、食べていたかったのに…
    感慨深く、汁一滴残せず頂いて…

    13-12-27 店内1
    13-12-27 店内2

    あの時にも、あの日も、
    そして、あんなひと時もあったなあ…

    たくさんの想いが頭の中をぐるぐると駆け回る。

    女将さん、長い間、ありがとうございました。
    そして、御苦労さまでした niko.gif

    寂しくて、とても寂しくて、
    私の中でひとつの時代が終わったような気持ちを感じながら…涙_M_3~1

    でも又、ふらりと遊びに伺います futt.gif



    13-12-27 看板
    「手打そば ほしの 」

    西東京市西原町5-4-19    
    0424-67-0654  (080-3026-6588) 
    昼/夜 予約のみ   
    P 1,2台  
    禁煙



    2013年10月21日 「秋の美味彩菜」じょっぱり汁うどん
    2013年 3月27日 「春の美味彩菜」すんき蕎麦とかけ蕎麦
    2013年 2月 4日 「冬の美味彩菜」 辛味おろしぶっかけ
    2012年12月26日 「一人でそっと暮れの挨拶」辛味ぶっかけ
    2012年 5月19日 「初夏の美味彩菜」
    2012年 3月16日 「お一人様の贅沢」そばがきしゃぶしゃぶ
    2011年12月26日 「暮れの美味彩菜」
    2011年 6月 3日 「初夏の美味彩菜」
    2011年 2月21日 「お一人の贅沢」
    2010年11月27日 「秋の美味彩菜」
    2010年 6月18日 「初夏の美味彩菜」
    2010年 1月26日 「こういうのもいいなぁ、一人でまったり」
    2009年12月27日 「暮れの女将さんのおもてなし」
    2009年11月18日 ひとりでさくっと「もりそば」
    2009年11月16日 「秋の美味彩菜」
    2009年 7月 7日 「初夏の美味彩菜」
    2009年 5月18日 「初夏の味わい」
    2008年12月30日 絶品蕎麦掻き鍋の「暮れのご馳走」
    2008年10月29日 「きのこ三昧」に、初の「温きのこ蕎麦」
    2008年 5月26日 名物巨大大海老の天麩羅を頂く
    2007年 9月24日 美味蕎麦雑炊
    2007年 4月26日 山菜料理を味わう
    2006年10月20日 美味、若鮎のてんぷら
    2006年 8月17日 絶品蕎麦掻に、「鮎の甘露煮」
    2005年 9月 8日 憧れのお店に初訪問
    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント
    この記事へのコメント
    りう様
    良かったです、何よりも、蕎麦前できるようになったのを、祝します!!
    やっぱり、蕎麦前ナシはちょっと寂しいですよね(^^)。
    ほっとしました。

    「武蔵野藪さん」。
    近くに、こういう老舗があるのは、うれしいです。
    2014/01/14(火) 07:01:26 | URL | yuka #-[編集]
    おかげ様で、勤めに出られるようになり、そば前も1合ぐらいはイケるようになりました。
    おそば屋さんに行く楽しみ倍増です。

    そうそう、武蔵野やぶそばさんに行ってきました。
    とても気に入りました。(^o^)

    遅くなりましたが、今年も宜しくお願いします。
    2014/01/12(日) 21:55:38 | URL | りう #x4UmOO7.[編集]
    りう様
    本当に…
    私も、目の前にしたら、もう何も言えず、
    ただ、お疲れ様という思いでいっぱいでした。

    りう様、その後体調は如何ですか?
    密かに心配していました…。
    2014/01/11(土) 09:13:00 | URL | yuka #-[編集]
    N様
    もうちょっと続けるつもりだったようなのですが、
    ご主人亡くなったあと、ずっとがんばってこられた女将さん。

    ちょっと休みたくなられたようです。
    残念ですが、
    ずっと心の中で大事にしておきたいです。。
    2014/01/11(土) 09:11:44 | URL | yuka #-[編集]
    驚きました
    残念です。
    10月に伺った時は、女将さんは骨折で苦労をされていて、自分は病後で酒を呑めず、また出直そうと再訪リストにエントリーしていました。
    他のお店で替え難い魅力を持ったユニークなおそば屋さんなので、本当に惜しいです。
    女将さん、お一人でいろいろとご苦労がお有りなんでしょう。
    お疲れ様と申し上げたいです。
    2014/01/10(金) 22:03:46 | URL | りう #x4UmOO7.[編集]
    本当に残念です。

    以前は良く行っていたのですが中々ゆっくりする時間が取れずご無沙汰になってました。

    11月に電話をした際に「骨折しちゃったけど来月から再開するわ」って仰っていたので安心していたのですが。。。

    年明けに伺おうと思っていたので後悔してます。

    でもご主人亡き後もずっと頑張ってこられた女将さんだったので少しゆっくりして頂きたいですね。

    本当に長い事お疲れ様でした。
    そして有難うございました。
    2014/01/08(水) 07:59:15 | URL | N #GYGJMHtc[編集]
    みけこ様
    寂しいですよね。
    あの、家庭的であったかなお料理は、本当にどこにもない味わいで、
    私も、いつも癒されていました。

    でも、今は…
    お疲れ様とお礼の言葉でいっぱいです。
    2014/01/08(水) 07:58:27 | URL | yuka #-[編集]
    sobanomicafe様
    あの、女将さんの笑顔には、
    私も何度励まされ、慰められたことか…

    お店は辞められても、
    又会いにいってしまいたくなりそうです。
    2014/01/08(水) 07:57:24 | URL | yuka #-[編集]
    sino様
    体の調子というのは、やっぱり大きいですよね。
    いろいろ考えた上での決断だったようです。
    とても寂しくて残念ですが、
    私も、もっとやって、とはもう言えませんでした。

    sinoさんも、どうぞどうぞお体を大切に。
    私も、ですが…(^^;
    2014/01/08(水) 07:56:31 | URL | yuka #-[編集]
    DW様
    本当に…
    私も、それ以上もう、何も言えなかったです。
    「お疲れ様でした」そして、本当にありがとうございました。
    素敵な沢山の時間を、本当に感謝しています。

    最後に行けてよかったですね!
    女将さんと、DWさんのお話しでちょっと盛り上がりましたよ~(^^)
    2014/01/08(水) 07:55:11 | URL | yuka #-[編集]
    gun様
    行ってほしかったです…。
    2014/01/08(水) 07:53:34 | URL | yuka #-[編集]
    グスタフ様
    突然の事で、私もちょっとパニってしまいそうでした。
    本当に残念です。
    でも、いろいろと考えになったうえでの決断。
    心から、お疲れ様でした、とお伝えしました。

    ずっと忘れず、心の中に大事にしていきたいです。
    2014/01/08(水) 07:53:03 | URL | yuka #-[編集]
    little_reo様
    行かれてなかったんですね~・°°・(>_<)・°°・。
    残念です。
    本当に…
    行って欲しかったです。。
    2014/01/08(水) 07:51:55 | URL | yuka #-[編集]
    まあやん様
    もうちょっとできるかな、と思っていたそうなのですが、
    やはり、腕の怪我が大きかったようです。
    とてもとても残念ですが、
    静かに、お疲れ様伝えたいです。
    2014/01/08(水) 07:51:05 | URL | yuka #-[編集]
    残念です
    そんな・・・
    おかみさんの腕の具合が良くなったら、予約の電話を入れようと思っていたのに。
    そうなんですね。

    毎回思いもかけない素材の組み合わせの、でもやさしい味に驚いていました。
    あの味わい深い手づくりの器にも、もう会えないなんて。

    おかみさん、これまでどうもありがとうございました。本当に、ごちそうさまでした。
    2014/01/08(水) 07:33:59 | URL | みけこ #-[編集]
    突然に・・・
    あまりにも突然すぎて・・・
    涙しました。
    自分の進む道、迷っていた時「ほしの」さんに伺い、いろんなことが腑に落ちました。おかみさんに励まされました!
    また、会いたいです。
    2014/01/08(水) 00:37:31 | URL | sobanomicafe #8RbG.4m2[編集]
    え~~!びっくりです。
    伺いたい伺いたいと思いつつ膝を痛めてからあまり遠出しなくなって、遠のいてしまっていた「ほしの」

    あ~残念でなりません。行きたいとき即行動に移しておけばよかった(T_T)

    私も今年で還暦。骨折したり半月板損傷の手術したり・・・仕事やめようかなってその都度思ってましたが、身体と相談しながら続けてます。

    女将さんもまた、やっぱりやってみようかなって思ってくださると嬉しいなぁ。
    2014/01/07(火) 23:36:03 | URL | sino #-[編集]
    長い間ありがとうございました
    「もっと続けて下さい」などとは申しません。長い間、ありがとうございました。5年連続、忘年会もやらせていただきました。僕も名著「蕎麦屋で憩う」でお店を知ってから、自転車でいけるところに住んでいたので、何回も寄らせていただきました。とても居心地が良く、美味しくて安い。「ほしの」の様な店を他で見つけるのはとても難しいです。
    残念ですが、女将さん、これからの人生を楽しくすごして下さい。
    2014/01/07(火) 23:01:25 | URL | DW #-[編集]
    それは残念。いつかは行ってみたいと思ってたけど、予約オンリーがネックで行けなかった。
    2014/01/07(火) 20:04:01 | URL | gun #nEx7PFYA[編集]
    残念過ぎます!
    東京で仕事するようになったら、絶対行ってみたいお店でした。
    ショックが大きすぎます!

    yukaさんの喪失感は相当でしょうが、個人的なお付き合いはこれからも続くといいですね。
    せっかくのご縁ですし。
    2014/01/07(火) 11:43:53 | URL | グスタフ #KV4Y6n0.[編集]
    残念至極
    ほしの、一度は行きたかったのに、いつでも行けるとたかをくくっていたら、店仕舞いされてしまったのですか!

    まったく、残念至極。


    お疲れ様でした。
    2014/01/07(火) 11:20:07 | URL | little_reo #-[編集]
    あちゃ~っ(**)
     やめられちゃったんですか!
     健康のこともあるし、致し方ないとはいえ、寂しいですね。チャンスを見つけて、行こう行こうと思っていた矢先なので残念です。
     
    2014/01/07(火) 08:58:56 | URL | まあやん #-[編集]
    コメントを投稿する
    URL :
    コメント :
    パスワード :
    秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    fc2bookmark
    copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: sukechan

    Copyrite(C)2005ー2008 yuka. All rights reserved.

    本サイトの写真の著作権は 作成者にあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

    Copyright(C) 2006 つれづれ蕎麦 All Right Reserved.
    1. オンラインカウンター
    >